認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道音更町のふるさと納税・地域の情報

音更町/おとふけちょう

北海道音更町の地域情報

北海道音更町は道東の十勝平野のほぼ中央に位置する町で、十勝川を隔てて南を帯広市と幕別町と接しています。帯広駅から車で約15分、とかち帯広空港からは車で約40分の距離です。帯広市のベッドタウンとしても発展し、北海道の町村の中では一番人口の多い町です。町の大部分は平坦な地形で、十勝川支流の音更川などが流れる肥沃な土壌と恵まれた気候条件のおかげで、道内でも有数の農業地帯となっています。また酪農や畜産も盛んです。
音更町には日本でも珍しい植物性のモール湯が湧き出す十勝川温泉があり、美人の湯として人気があります。温泉の近くには直径18メートルの花時計がある十勝が丘公園、広大な十勝平野を見渡せる十勝が丘展望台があり、一年を通して観光客が訪れています。

北海道音更町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・子どもたちの健全育成
・活力を育む産業振興
・景観整備や環境対策
・安心して暮らせる福祉の向上
・特に指定が無いとき

出典:ふるさと応援寄附(ふるさと納税)制度にご協力を|税金|毎日の生活|くらし|音更町ホームページ
(http://www.town.otofuke.hokkaido.jp/life/mainichi-seikatu/zeikin/furusato-ouenkifu.html)

北海道音更町についてのイメージ調査

北海道音更町とはどのようなところでしょうか。50人にアンケートを行って尋ねました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道音更町

【回答数】
自然:22
伝統:0
観光:11
経済:6
人情:2
閑静:4
便利:5



1位は自然という結果になりました。
・広大な十勝平野、悠々と流れる十勝川と大自然に囲まれた自然そのものという場所です。おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華は東北海道7大まつりの一つです。おすすめは、秋の夜に星空の観察会やナイトバルーン体験ができる「オータムフェスタin十勝川」です。(50代/女性)
・北海道の真ん中あたり、十勝にある音更町は、農業が盛んな町です。小麦や小豆を栽培していることから、お菓子がおいしいことで有名です。また、世界的にも珍しい、植物起源の有機質を含んだ「十勝川温泉」があり、その温泉は北海道遺産にも認定されています。(40代/女性)

十勝平野の広大で緑豊かな大地がまずイメージされるようです。小麦や小豆などの栽培が盛んで、小豆を使ったお菓子も人気があるということでした。十勝川温泉は珍しい植物起源のモール温泉として知られています。

2位は観光となりました。
・音更町はまさに北海道らしい雄大な自然を満喫できる町です。高台や展望台から望む景色はザ・北海道といった感じです。また、温泉も有名で世界的にも珍しい植物性の温泉「モール温泉」の十勝川温泉があります。農業も盛んで、周辺の市町村を含め十勝の牛乳や小豆を使ったスイーツの開発が盛んに行われています。パラグライダーや熱気球など自然を満喫できるアクティビティもあり、まさに北海道を体験できる町です。(40代/男性)
・農業を基幹産業としており、十勝平野には耕地防風林が多く、四季折々に変化する農村風景は見応えが有ります。十勝川沿いに十勝川温泉がありますが、これは世界的にも珍しいモール温泉で北海道遺産に選定されています。十勝牧場白樺並木は多くの映画やドラマの背景に使われました。(60代/男性)

音更町には北海道の大自然を感じさせる観光スポットがいくつもあります。十勝川温泉は美肌効果が高い温泉として知られています。十勝の牛乳や小豆はお菓子づくりの材料として新たな観光資源となっています。

その他には経済、便利、閑静などのワードも挙げられていました。
・音更町は、北海道内の町村の中で最も人口が多く、農業が盛んなので、経済のワードを選択しました。音更町は農業を基幹産業としていて、小麦や小豆の作付面積・収穫量が日本一です。また、ニンジンの作付面積・出荷量が北海道一となっています。(30代/女性)
・広い北海道ならではの広々した区画にのっとって作られた町です。適度に都会で適度に田舎なのでのんびり住むのには最適です。日本一長いベンチはポプラ並木に縁どられて素敵な景観を醸し出しています。街中から少し離れると大自然に触れられます。(40代/女性)
・町名の由来は、アイヌ語の「オトプケ」(毛髪が生ずる)が転訛したもの。音更川と然別川の支流がたくさん流れているところからついたと言われている。農業を基幹産業としており、小麦や小豆の作付面積・収穫量が日本一となっているほか(平成26年産)、ニンジンの作付面積・出荷量が北海道一となっている(平成25年産)。(40代/男性)
・音更は「おとふけ」と読むんですよね。でも実は北海道の東側の田舎なんです。すごく静かでなにもないのです。音がしない。音が消えていく、更けていく、音更、というわけではないでしょうけれど、そんな気分になります。(30代/女性)
・音更町は小さな町ですが、中心部は大型スーパーやレストラン、カフェなどが充実しており、大変住みやすい地域だと思います。足りないものがあれば、車またはバスを利用して、すぐ隣に位置している帯広市に買い物に行くこともできます。中心部は年々発展しているので、これからの町づくりにも期待できると感じます。(20代/女性)

音更町は農業が盛んで収穫量も多く、経済的には潤っているイメージです。人口も多く、発展している町というイメージがありそうです。音更町の町名の由来はアイヌ語ですが、音がしないほど静か、という気持ちで見ている方もいました。

アンケート調査の結果、北海道音更町は十勝平野の恵みや北海道らしさを感じられる自然豊かなところというイメージが大きいことがわかりました。町そのものは小豆などの農産物の収穫量も多く、経済的にも潤っており、発展しているイメージがあります。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ