認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道豊浦町(とようらちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道豊浦町の地域情報

北海道豊浦町は北海道の南西部にあり、胆振地方の中では最西端に位置します。胆振総合振興局の庁舎がある室蘭市から豊浦町を見ると、北西約44.8kmの地点にあります。それから、道庁のある札幌市から見た場合の方角は南西です。

町の東側には洞爺湖町と真狩村が位置していて、北にはニセコ町が、西には蘭越町と黒松内町が隣接しています。また、南に広がるのは太平洋に繋がる内浦湾(噴火湾)です。

道央自動車道のパーキングエリアに造られた噴火湾と町が一望できる噴火湾展望公園は、一大レクリエーション公園として多くの家族連れに人気があります。特にジェットコースターのように大型のローラー滑り台が設置されているのが特徴で、無料で利用が可能です。

北海道豊浦町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・日本一の秘境駅「小幌駅」の存続応援基金
・第一次産業の振興、生活環境の整備、健康及び生きがいづくり福祉の推進に関する事業
・教育、文化及びスポーツの振興に関する事業
・使途は町にお任せします

出典:寄付(ふるさと納税)申込書
(http://www.town.toyoura.hokkaido.jp/hotnews/files/00002700/00002714/20161017121039.pdf)

北海道豊浦町についてのイメージ調査

北海道豊浦町についてどんなイメージを持つ人が多いのか、50人の方にアンケート調査を実施しましたので結果を見ていきましょう。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道豊浦町

【回答数】
自然:30
伝統:1
観光:12
経済:2
人情:1
閑静:2
便利:2


アンケートの結果、自然を選ぶ方が圧倒的に多いという結果になりました。
・農業や漁業が盛んだから。農業では苺の産地である他、ジャガイモや水稲の生産もある。又、乳牛や肉牛、養豚といった畜産にも力を入れている。水産業は、ホタテの養殖発祥地で、今も主力である。又、農協や漁業に関しては、とうや湖農業協同組合豊浦支所やいぶり噴火湾漁業協同組合豊浦支所の管轄下に置かれている。(20代/男性)
・豊浦町は内陸湾に面しています。森林の多さと気候が対馬海流の影響を受け夏は涼しく冬は暖かい環境にあり農業と水産業が基幹産業となっています。お勧めは、そんな自然に囲まれた中にある「天然豊浦温泉しおさい」です。大きな客船のような外観の大浴場があり、和風・洋風のデザインで両方に露天風呂、ジャグジー、サウナがあり11種類のお風呂を楽しめます。泉質は硫酸塩泉で疲労回復の効能があり疲れた身体を癒してくれます。(50代/女性)

農業や漁業など豊かな自然によって育まれる産業が盛んであることから、自然をイメージする人が多くいました。また、自然の恵みである温泉などがあることもこのワードが選ばれた要因でしょう。

次に多かったのは、観光です。
・観光スポットが充実しているようだったので、観光を選んだ。大きな客船のような外観の大浴場・露天風呂・ジャグジー・打たせ湯・サウナなど11種類の多彩なお風呂が楽しめる天然豊浦温泉 「しおさい」や様々なアクティビティを楽しめる自然体験学校「洞爺湖・豊浦校」に是非いってみたい。カヌーなどに乗れるそうなので、是非乗ってみたい。(20代/女性)
・ゴルフやキャンプなどを楽しめる観光名所です。インディアン水車公園や噴火湾展望公園などたくさんの公園や、温泉ももちろんあり、北海道の自然を楽しむことができます。海産物も豊富で、有名なホタテのほかに、カキやウニも楽しむことができます。(40代/男性)

このように、温泉やさまざまな公園、キャンプなどが楽しめる観光という印象を強く持っている方が多く見られました。海産物なども有名なので、食の面でも観光を楽しめるというイメージのようです。

これ以外には、経済や閑静といった回答がありました。
・豊浦町は北海道胆振総合振興局の西部にある町で、農業と水産業に力を入れています。農業ではイチゴ・ジャガイモ・水稲の生産、水産業はホタテの養殖発祥地となっており、乳牛・肉牛・養豚といった畜産も盛んになっています。(30代/男性)
・森林に多くあるキャンプ場ではバードウォッチングを、豊浦海浜公園では海水浴や釣り、天然温泉を満喫できるからです。個人的なお勧めは特産品のいちごで、コンビニでは豊浦産いちごのソーダが売られていて、農園ではいちご狩りも楽しめます。(40代/男性)
・ランドマークは洞爺湖、昆布岳である豊浦町は、北海道胆振総合振興局の西部に位置する町であるということくらいしか知りません。他にはこれと言ってイメージがなく、自然がたくさんあってのどかな雰囲気がただよっている町だと思います。(20代/女性)

農業や漁業、畜産などに力を入れており、それが経済を支えているという印象のようです。

アンケート調査の結果、豊浦町は広大な自然に抱かれて、その自然によって観光や経済が発展している地域だというイメージを持たれていることがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ