認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道西興部村のふるさと納税・地域の情報

西興部村/にしおこっぺむら

北海道西興部村の地域情報

北海道西興部村は、北海道の北東部、オホーツク振興局管内の西北端に位置する、わずかに北に細長い形をした、オホーツク海とは接していない内陸の村です。東と北はオホーツク海に面する母町である興部町、西は川上郡下北町、南は滝上町と接しています。また、北見山脈の北東域に位置しており、村の南北には高くそびえる北見山脈を見ることができます。そのため、村の地形は大部分が平均400mほどの標高となっており、一部は険しい地形を様しています。
オホーツク海高気圧の影響を受けるため、年間の平均気温は5.76℃と概ね低温、平均降水量は920mm、平均降雪深は1.2m、夏は海流の影響で濃霧が見られることもあります。年間を通して低温となる日が多く、夏場でも最低気温が15℃を下回る日もあります。

北海道西興部村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ふるさと「にしおこっぺ」の保健・医療・福祉・子育ての振興や支援に関する事業
・ふるさと「にしおこっぺ」の街づくり・人づくりの振興に関する事業
・ふるさと「にしおこっぺ」の地域産業の振興に関する事業
・ふるさと「にしおこっぺ」の教育・文化の振興に関する事業

出典:西興部村ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)
(http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/section/kikaku/feeuub00000dpam3.html)

北海道西興部村についてのイメージ調査

北海道西興部村はオホーツク総合振興局管内の北部にある村です。人口は千人を超える程度で、 村名の由来は母町である興部町の西に位置することから名づけられています。今回はそんな西興部村についてのイメージ調査をし、50人の方が回答をしてくれました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:西興部村北海道西興部村

【回答数】
自然:27
伝統:1
観光:14
経済:4
人情:1
閑静:2
便利:1


アンケートの結果、多くの方が自然というイメージを持っていることがわかりました。

・ウェンシリ岳などの山々がそびえていますので、風光明媚な光景を眺められるエリアです。さらに、興部川や藻興部川などの美しい河川がエリア内を流れているために、豊富な水資源に恵まれていることで知られています。(50代/女性)
・ここは、オホーツク総合振興局管内の北部に位置する村ですね。積極的な地域情報化政策を行ったことで知られていますね。イメージキャラクターは、セトウシくんですね。観光は、行者の滝、赤岩の滝、黒岩の滝などがあります。(40代/男性)

コメントからもわかる通り、観光名所も自然に由来する場所が多いという理由で選んでいる人が多いようでした。特に河川や滝など水辺の自然が人気の観光名所のようです。

次に多いのが観光というイメージを持っているということがわかりました。

・道東オホーツク方面にある田舎町で、とても寒いところです。観光として有名なのはやはりホテルリムがあるからでしょうか。森の中に建てられたホテルとして知られており、自然をたっぷり感じることのできると評判です。(30代/女性)
・北見山脈の北東に位置する自然環境豊かな観光地だと思います。村内には行者の滝や赤岩の滝、黒岩の滝、ウェンシリ岳など美しい景観を楽しめるスポットが多く存在します。また森の美術館や西興部村森林公園などの観光スポットも多く、むら興しまつりや行者の滝祭りなどのイベントも楽しめる魅力ある観光地だと思います。(40代/男性)

コメントからも分かるように、豊かな自然を利用した宿泊施設やイベントを行っているため、観光というイメージを持っているようです。自然を感じられる観光名所が多いことが伺えます。

また、他にも経済や閑静といった意見も見られました。

・西興部村はオホーツク総合振興局管内の北部に位置します。村名の由来は、母町である興部町の西に位置することから来ています。積極的な地域情報化政策を行ったことで知られています。 イメージキャラクターにセトウシくんがいます。(40代/男性)
・村名の由来は、興部町の西に位置することで、積極的な地域情報化政策を行ったことで知られている。 イメージキャラクターにセトウシくんがいる。美しい自然と温かい人情で暮らしやすいところで、時が静かに流れるようでゆったりと過ごせます。のんびりと人間関係もあまり煩わしくないように思えます。(50代/男性)
・ここは、オホーツク総合振興局管内の北部に位置する村ですね。積極的な地域情報化政策を行ったことで知られていますね。イメージキャラクターは、セトウシくんですね。観光は、行者の滝、赤岩の滝、黒岩の滝などがあります。(40代/男性)

地域情報化政策を行っていることから経済というイメージを持っているようです。また、人間関係が煩わしくないように思えることから閑静というイメージがあるようです。

アンケート調査の結果、豊かな自然とそれを利用した観光の町というのが北海道西興部村が持たれているイメージのようです。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ