認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道中富良野町のふるさと納税・地域の情報

中富良野町/なかふらのちょう

北海道中富良野町の地域情報

北海道中富良野町は道内のほぼ中央部に位置する、人口約5千人程度の小規模自治体です。町名はアイヌ語の「フーラヌイ」に由来し、古くより先住民アイヌの暮らした歴史ある街です。東部の富良野岳や西部の夕張山脈など、幾つもの山々に囲まれたエリアですが、町内は平坦部や緩やかな丘陵地でほぼ占められています。気候については夏場は約30℃、冬場にはマイナス25℃前後にもなる、寒暖差の激しい街です。この寒暖差を活かし、稲作をはじめ果実や生花などの栽培が盛んです。なお町章は稲の豊作を図案化したデザインを採用しています。市内にはJRの中富良野駅をメインとして、複数の駅があります。また北海道ガーデン街道や一般国道などの広域幹線道路が整備され、交通の利便性は比較的良好です。

北海道中富良野町のふるさと納税情報

~皆様からの応援をお待ちしています。~
ラベンダーの香るなごみのまち「中富良野町」
まちの将来像「クリーン・グリーン輝く未来笑顔あふれるなかふらの」の実現に向け、町民と行政の協働によるまちづくりを目指しています。
美しい自然に包まれた、豊かで素敵な未来を築く。
次世代に、そしてさらに次の世代へ。
これまで受け継がれてきた、自然と共に生きる中富良野の歩みは、今も休むことなく続けられています。

出典:中富良野町ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)について|ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)を募集しています!!!
(http://www.town.nakafurano.lg.jp/hotnews/detail/00000096.html)

北海道中富良野町についてのイメージ調査

北海道中富良野町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道中富良野町

【回答数】
自然:26
伝統:1
観光:19
経済:1
人情:1
閑静:1
便利:1



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・テレビのニュースでも「ラベンダーのまち」として紹介されることで有名な街です。紫色だけではなく、赤色や白色など種類が豊富にあるため、毎年見事な開花で、見に来る人達の素敵なため息を得ることが出来ています。(30代/女性)
・富良野と聞くとラベンダー畑を思い出します。自然の魅力にあふれた街だと思います。各地からラベンダー畑を見にやってくる観光客も多いことだろうと思います。北海道でも有名な街のひとつという印象を持っていますね。(30代/男性)

コメントでは、ラベンダーの印象が取り上げられています。色の種類の豊富さを思い浮かべるなど、ラベンダー畑の光景が自然のワードを選んだ理由になっているようです。

自然の次には、観光という印象を持っている人が多かったことが分かりました。
・ドラマや映画の影響や、初夏から夏の時期にテレビの旅番組でよく取り上げられることもあり、観光客がよく行くところという印象。ドラマのロケ地が観光名所になっているし、夏の時期の美しい自然は外国から来られる方にも人気が高いようだ。(40代/女性)
・北海道の中富良野町を表していると思うワードは観光です。夏には多くの観光客が、中富良野町の美しく広大な景色を求めてやって来ます。中富良野町といえば、ラベンダーです。辺り一面のラベンダーはとてもきれいで、その香りに癒されます。(20代/女性)

ドラマのロケ地とラベンダー畑が、観光名所として取り上げられています。ラベンダーの香りに癒される気持ちなども、観光を選んだ理由になっているようです。

また、自然と観光の他には、伝統や経済、人情、閑静、便利といったワードを選んだ意見もありました。
・何となくですが、静かなイメージがあります。中富良野町はラベンダーの町として有名だそうです。そこからの想像ですが、とても落ち着ける場所なのではないかと思います。落ち着ける場所は好きなので気になりますね。(20代/男性)
・いろんな人に優しい作りになってます テラス席に充電コーナーが付いていたり カレーは普通ですがテラスに座り気分は良いです。普段食べているメロン味とは全く違い、香りも良く、甘い味に深みを感じましたね。コーンスープも美味しかったです。(40代/男性)
・中富良野町といえば絵のように美しい畑が魅力的です。これは実際には観光用ではなく、農作物の生産が行なわれているわけですが、その風景や色合いの美しさから、毎年たくさんの人が国内だけでなく、海外からも訪れています。(50代/女性)

農業の視点から書かれたコメントや、落ち着いた場所をイメージするという意見がありました。経済や閑静のワードを選ぶ際の要因になったようです。

北海道中富良野町のイメージ調査の結果、自然を選んだ人が多く、それに続く観光を合わせると全体の9割にのぼり、自然と観光の印象がかなり強いことが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月29日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月29日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ