認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道北竜町(ほくりゅうちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道北竜町の地域情報

雨竜町の北に位置していたことから、その名前が称された北海道北竜町は北海道のほぼ中央に位置しており、南北には国道275号線、東西には国道233号線と道道94号線が走っています。北竜町から北東にある旭川市まで車で約1時間、南西にある札幌までは約2時間で到着します。また、総面積158.70平方キロメートル、東西に28km、南北に14kmの広さがありながらも北竜町は全面積の約70%が山林となっており、増毛山脈とその支脈が町内を走っている他、豊富な水資源のもと肥沃な土地が特徴となっているため、豊かな自然が感じられる地域となっています。さらに、北竜町役場から北へ向かった先には日本一の面積を誇るひまわり畑が位置しています。

北海道北竜町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・観光・農林業・商工業などの産業の振興に活用します。
・子育て支援や児童生徒の教育向上に活用します。
・健康で安心して暮らせるまちづくりに活用します。
・町政全般に活用します。

出典:ふるさと納税|北竜町ホームページ
(http://www.town.hokuryu.hokkaido.jp/content/townplan1.php)

北海道北竜町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

北海道北竜町の印象について50人からアンケートを募りました。
アンケートでは自然の項目が1位となりました。
・自然がとても豊かで動物と出会うことが多い。森林もたくさんあるし散歩するにはとてもいいところだと思う。友達が住んでいて1週間ほど観光案内をしてもらったり家に泊めてもらったことがあるが食べ物もおいしく川もきれいだった(20代・女性)
・ヒマワリの作付面積は日本最大規模だということが印象的です。ヒマワリがたくさんある街なのだというイメージがかなり強くあり、ヒマワリを中心とした町づくりを行っているのがとても素晴らしいなということを思っています。(20代・女性)

ヒマワリを中心とした町づくりや、たくさんある森林などが自然を選ぶポイントになったことが伺えます。
北海道北竜町はヒマワリの作付面積が日本最大規模なのだそうです。町の周辺では動物と出会うことも多く、きれいな川も流れていることなどが、自然豊かなイメージに繋がっていると分析できます。

第2位には観光といったワードがランクインしています。
・北海道のひまわりの里が北竜町にあります。夏になると黄色く染まる大地に150万本のひまわりが夏の北海道観光での人気スポットです。北竜町産米などの地場食材と天然温泉、ペンション、ロッジ等の宿泊施設も充実してるので観光にはとても楽しめる町です。(30代・男性)
・北竜町は「ひまわりの里」で有名な、広大なひまわり畑がある観光地です。日本海側のため夏でも快適に過ごせて、特にひまわりのシーズンである7月~8月には、多くの観光客が訪れます。北竜町といえば、ひまわりソフトクリームが有名です。(40代・女性)

コメントからは「ひまわり」や「温泉」といったキーワードが数多く見つかります。
北海道北竜町には「ひまわりの里」があり、北海道観光の人気スポットになっているようです。広大なひまわり畑や天然温泉も満喫できることに加え、宿泊施設が充実し夏でも快適に過ごせるエリアであることなどが観光を選ぶ大きな要因になっているようです。

3位以下では閑静や経済といったポイントに注目する意見も見られます。
・北竜町は、北海道の空知総合振興局管内北部にある町である。雨竜郡に属する。町名は母町の雨竜町北部に隣接することによる。ヒマワリの作付面積は日本最大規模であり、ヒマワリを中心とした町づくりを行っている。基幹産業は農業(稲作、畑作)。ヒマワリの作付面積は日本一。メロンは道内でも指折りの甘みがあり、青肉でさっぱりしている。(40代・男性)
・北海道北竜町は、田畑が広がっている閑静な地域というイメージだからです。北海道北竜町といえば、北竜町ひまわりの里が有名です。毎年夏には約1か月間ひまわりまつりが開かれ、多くの観光客が訪れてにぎわっています。(30代・女性)
・稲作と畜産、メロンやスイカの栽培が盛んであり、ヒマワリの作付面積が日本有数だから。ヒマワリ油を特産し、「ひまわりの里」として町おこしを行っている。国有林などの森林面積も広い。暑寒別岳北東麓一帯は暑寒別天売焼尻国定公園に属する。(20代・男性)

日本最大規模の作付面積を誇るヒマワリや豊かな森林から経済や閑静をイメージする人も多いようです。
北海道北竜町では農業が盛んなようです。ヒマワリの作付面積が日本有数であることが経済を思い浮かべるポイントになったと分析できます。また、ヒマワリ畑以外にも暑寒別岳北東麓一帯は暑寒別天売焼尻国定公園に属していることが閑静といったイメージに繋がっているようです。

北海道北竜町のイメージ調査の結果、自然が最も多くの票を集めました。また、町内には観光スポットや施設なども充実していることも考え合わせると、北海道北竜町は自然を活かした農業や観光といった分野で高いポテンシャルを持つ町だと言えそうです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

北海道北竜町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

北海道北竜町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

アンケート調査の1番人気は、糖度が高くて日持ちもする、ひまわりメロン
・ひまわりメロンは、とても肉厚な果肉が魅力的です。糖度も高く濃厚で、また食べたいと思って選びました(40代/女性/パート・アルバイト)
・ひまわりメロンは食べたことがなく他の産地のメロンとの違いを味わいたい(40代/男性/正社員)
・北海道はなんといっても食べ物がおいしいです。なので、何をもらってもうれしいのですが、こういった機会には普段食べないような高価なメロンなどがあると家族も喜ぶと思います(20代/女性/無職)
・メロンを使ってメロンタルトを自宅で作って食してみたいなと思い、これにしました(50代/男性/個人事業主)
・日持ちするメロンであるひまわりメロン。自家製のメロンでは再現できない糖度の高さなので、一度食べてみたい(20代/女性/専業主婦)
最も回答が多かったのは、糖度の高さとすぐれた食感が特徴のひまわりメロンです。北海道北竜町の特産品のひとつで、すっきりとしたさわやかな甘さの青肉メロン。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、中にはメロンタルトを作ってみたいという人もいました。日持ちがするという特徴があるので、手土産にしやすいのも魅力。ひまわりメロンは食べたことがないという人も多く、ほかの産地のメロンと食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。
ひまわり畑をイメージできる! 「焙煎ひまわり油」も人気
・北竜町で思い浮かぶのは、まずひまわりなので、焙煎したひまわり油が気になります。それで贅沢に揚げ物をつくったらおいしいのでしょうね(40代/女性/パート・アルバイト)
・北竜町はヒマワリが有名で、ヒマワリ油も作っている町だから。健康的なイメージもある(30代/男性/正社員)
・焙煎ひまわり油がお勧めです。それは北竜町産100%のひまわりの種で作っているからです。価格が高めなのは、原料と製法にこだわっていることが理由に挙げられます(60代/男性/無職)
・ひまわり油って珍しいですよね。北の大地一面にひまわりが咲くのが目に見えるようです(50代/男性/正社員)
・とても丁寧に作られた感じがあります。体にも良さそうなので使いたいです(40代/女性/パート・アルバイト)
夏にはひまわりが咲きほこる、ひまわりの里・北竜町では、焙煎ひまわり油も生産されています。ひまわりの種子も一番搾りのものだけが使用された、こだわりの一品。使用するたびに、広大な大地一面に広がる元気いっぱいのひまわり畑が頭に浮かぶことでしょう。
栄養価が高い! 黒千石大豆の豆腐を使った黒千石ハンバーグ
・黒千石大豆の豆腐を使ったヘルシーなハンバーグなら、食べてみたい(50代/男性/個人事業主)
・北海道北竜町の特産品についてはあまり知りませんでしたが、ハンバーグは好きなので北竜町でふるさと納税をするなら黒千石ハンバーグがいいですね(30代/男性/正社員)
・豆腐ハンバーグということで、ボリュームはあるけれどヘルシーなのでうれしいです(40代/女性/専業主婦)
・ひまわりをたくさん作っている印象があります。黒千石ハンバーグはジューシーで肉の旨味も凄いです(30代/男性/派遣社員)
・私も夫も子どももハンバーグが大好きなので、迷うことなく黒千石ハンバーグを選びました(20代/女性/正社員)
・普段の食事におかずとして手軽に取り入れられるものが好きです。ハンバーグは子どもも喜んでおいしそう(40代/男性/正社員)
黒千石大豆の豆腐を使って作られた、ジューシーな黒千石ハンバーグを選んだ人もいました。黒千石大豆とは、光沢のある北海道在来種の黒大豆。その栄養価の高さや、ボリュームがありながらもヘルシーなことが人気の理由です。ハンバーグは子どもが大好きという人も多く、夕飯の一品として出すなら家族に喜ばれるに違いありません。
薬剤防除を減らしたクリーンなお米きたくりん
・北海道のお米はおいしいと最近話題ですが、きたくりんは農薬を減らした新品種とのこと。普段食べているお米とどれくらい味が違うのか、試してみたいです(40代/女性/専業主婦(主夫))
・北竜町近辺は米の栽培が盛んな地域、また北竜町のお米は北海道基準の約半分の農薬というイメージのため、安全で良いと思いました(40代/女性/専業主婦)
・「きたくりん」というのを聞いたことがなかったので選びました。北竜町ではどのような時に、どのような方法で味わうのかも含めて知りたいです(40代/女性/専業主婦)
・比較的新しくできたお米で、農薬の使用量を減らして安心して食べられるということで、いつも食べているお米の代わりとして食べたいと思ったから(20代/女性/無職)
・冷涼で自然豊かというイメージがあります。最近話題のお米「きたくりん」を食べてみたいです(30代/女性/個人事業主)
北海道で開発された新品種のお米「きたくりん」。親品種である「ふっくりんこ」をベースにしながら、「北」と「クリーン」という二つの語句をかけ合わせて命名されました。薬剤防除を減らしたクリーンな栽培を目指したお米で、ほど良い甘さとしっかりした粘りが特徴。今回のアンケートでも、農薬を減らしているので安心して食べられることが高く評価されていました。食に対する安全意識が高まっているため、今後さらに注目を集めるかもしれません。
北の大地の恵みを実感できる北竜町のお礼品
ひまわりの里として知られる美しい町、北海道北竜町。地元生産者は「食べ物はいのち」の思いを大切にしながら、おいしい食料を生産することを心がけています。お礼品でも、ひまわりメロンや焙煎ひまわり油、きたくりんなど町を代表する特産品が人気です。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ