認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道仁木町のふるさと納税・地域の情報

仁木町/にきちょう

北海道仁木町の地域情報

北海道仁木町は北海道の西部の積丹半島の付け根に位置し、後志総合振興局に属します。余市町から内陸方向に直線距離で約11.2キロです。交通アクセスは、札幌から車で、小樽から国道5号線を通るルートと小樽からフルーツ街道を通る2つのルートがありますが、両方とも約70分で到着できます。町の中央には国道5号線が通っていて、余市から仁木町、その先には共和町や倶知安町へつながっています。余市川が流れており、町の南東から北へ抜けています。仁木町はこの川の中流に位置しており、この水を使って農業が行われています。また、頂白山があり、頂上からは余市市街が一望できる絶景を見ることができます。大小の山々が多数存在し農耕適地は12パーセントです。

北海道仁木町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・放課後児童健全育成事業の拡充
・出産祝い事業
・高齢者集いの場の創設事業
・へき地保育所遊具修繕ほか
・乳幼児医療費助成事業の拡充
・不妊治療補助金
・乳幼児検診等事業の拡充
・生活習慣病 予防講演会ほか
・学校給食費補助事業
・仁木小学校開校130周年記念事業
・小学校特別支援教育支援員の拡充
・中学校特別支援教育支援員の拡充
・学校図書の拡充
・中学生の芸術文化に触れあう事業
・有害鳥獣対策に向けた狩猟免許取得助成事業
・にき果実とやすらぎの里大使によるプロモーション事業
・ふるさとまちづくり協働事業補助金

出典:ふるさと納税寄附金の使い道について|仁木町
(http://www.town.niki.hokkaido.jp/section/kikakuka/jg7dqg000000013g.html)

北海道仁木町についてのイメージ調査

北海道仁木町のイメージについて50人からアンケートを集めました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道仁木町

【回答数】
自然:33
伝統:0
観光:12
経済:2
人情:0
閑静:2
便利:1



アンケートでは多くの人が自然を選ぶ結果となっています。
・北海道仁木町は、自然が豊かな地域だと思います。水資源も豊富なようで、その豊かな水資源を利用してフルーツ栽培やトマト作りも盛んに行われているようです。綺麗な水と地元の美味しい食材もたくさんあり、住むには最適な土地だと思いました。(40代・女性)
・仁木町は、北海道南西部の積丹半島の付け根にあります。町域は、余市川の中流域とその周りの山地で、サクランボ、りんご、ぶどうなどの果樹栽培、トマト、イチゴなどの施設野菜、お米の生産など農業を主産業とする豊かな自然環境とおいしい水が流れるのどかな農村地域です。(60代・男性)

豊かな水資源を利用した農業が行われていることが自然のイメージに繋がっているようです。
北海道仁木町は積丹半島の付け根に位置しています。豊かな自然環境に恵まれており、果樹栽培、施設野菜、米の生産などが主産業となっていることも自然を選ぶ要因になっていると考えられます。

観光を選ぶ人も多い結果となっています。
・観光農園が多い町だから。果物狩りに何度か行きましたが、結構人が多かったです。特にさくらんぼが美味しくて、時期になるとよく買いに行きます。本州の親戚や友人にも送って喜ばれています。仁木産のプルーンを食べたことがありますが、プルーンってこんなに食べやすくて美味しいんだって驚きました。(50代・女性)
・仁木町は北海道最大のフルーツパークと謳っているだけあって、南国でしかとれないような果物以外はほとんどが生産されていて、札幌からもさほど遠くないため多くの人が果物狩りなどに足を運びます。バスツアーなどもあり四季ごとの様々なフルーツを楽しめます。(40代・男性)

観光農園が多く、バスツアーなども行われていることが観光を選ぶ理由となっているようです。
北海道仁木町では四季ごとの様々なフルーツが楽しめるそうです。南国でしかとれないような果物以外はほとんど生産されているそうで、多くの人がバスツアーなどを利用して果物狩りに足を運ぶことが、観光をイメージする要因になったと推察できます。

閑静や経済といったイメージもあるようです。
・北海道仁木町は、海沿いで山々にも囲まれた、自然豊かな地域という印象だからです。北海道仁木町といえば、「さくらんぼ山観光農園」が有名です。仁木町の町並みと日本海を眺めながら果物狩りを楽しむことができます。(30代・女性)
・ここは、北海道の後志総合振興局の北部に位置する町です。果樹栽培が盛んなところですね。りんご、ぶどう、さくらんぼ。野菜もいっぱい作られていますね。立地企業も多くこの町に貢献していますね。いってみたいですね。(40代・男性)
・農業が盛んだから。米作に加えて、果樹栽培ではメロンも産し、イチゴやサクランボ、ブドウやリンゴなどのもぎとりができる観光農園が多い。養豚や採卵鶏の飼育も活発である。林業や食品製造業、木材・木製品製造業も営まれる。又、かつては西部の大江鉱山からはマンガンが産出されていたが,昭和59年に閉山された。(20代・男性)

自然豊かな周辺環境から閑静をイメージするといった意見が見られる一方、立地企業の多さから経済をイメージする人もいるようです。
北海道仁木町は海沿いにあり、周辺には山々もあるそうです。自然が豊かで農業が盛んなことが完成といったイメージに繋がっていると考えられます。また、農業以外にもかつては大江鉱山があったことに加え、現在でも林業、食品製造業、養豚、採卵鶏の飼育など、様々な産業が営まれていることが経済を選んだ理由になっていると分析できそうです。

北海道仁木町のイメージ調査の結果、自然をイメージする人が最も多いことが分かりました。また、観光農園が多く、自然環境に恵まれていることが観光や閑静といったイメージに繋がっているようです。コメントには立地企業の多さから経済を挙げる意見も見られます。以上の意見を総合すると、北海道仁木町は、恵まれた自然環境を活かした農業、観光、産業に力を注ぐ町と言えるのではないでしょうか。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ