認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道積丹町のふるさと納税・地域の情報

積丹町/しゃこたんちょう

北海道積丹町の地域情報

北海道積丹町は、北海道の西海岸の中央部分、北西に突き出した積丹半島の先端部に位置しています。積丹町は、北海道後志総合振興局内の積丹郡に属し、隣接する自治体は、古平郡古平町と古宇郡神恵内村です。
積丹町の名は、アイヌ語のシャク(夏)とコタン(村または郷土)を合わせたもので、シャクコタン(夏場所)に由来しています。積丹町は明治から開拓が始まり、昭和初めにかけてニシン漁の大漁場として発達し、ソーラン節のふるさととしても知られています。
積丹町の産業の中心である漁業では、一年を通じて多種の魚の水揚げがあります。また積丹半島は、ニセコ積丹小樽国定公園に含まれ、断崖絶壁や奇岩などの海岸、神威岬などがあり、北海道で唯一の海中公園に指定されています。

北海道積丹町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・自然や風景を大切に誇りのもてるまちづくり
・誰もが安心して楽しく暮らせるまちづくり
・生き生きと活気あふれるまちづくり

出典:ふるさと納税にご協力ください
(http://town-shakotan.com/modules/pico/content0195.html)

北海道積丹町についてのイメージ調査

積丹町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道積丹町

【回答数】
自然:22
伝統:3
観光:19
経済:3
人情:0
閑静:1
便利:2


アンケートの結果、1番多かったのが自然という印象を持っているということがわかりました。
・積丹町は神威岬が有名です。そのため自然のワードを選択しました。神威岬は、積丹半島北西部から日本海に突き出していて、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属しています。遊歩道の高台からは左手の行く手方向に起伏に富みダイナミックな景観を造る神威岬の景観が、右手には「水無しの立岩」が望めます。(30代/女性)
・神威岬や黄金岬など岬が多くあり、その伝説も残されているからです。自然豊かで、海が青く透き通っているため「積丹ブルー」と呼ばれています。積丹半島の歴史は古く、江戸時代からニシンをとる漁区として繁栄していたため、古くから自然が守られていたといえます。(20代/女性)

日本海に面している積丹半島は、「積丹ブルー」と呼ばれるほど海の景色が素晴らしく、その岬からの眺めは積丹ならではの自然を感じることが出来る場所となっていることがわかります。

2番目に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・積丹町は、北海道の積丹半島の突端にある町。日本海にせり出した神威岬や黄金岬は、美しい光景に多くの観光客が訪れます。積丹町には、サクラマスサンクチュアリーセンターがあります。サクラマスの生態を楽しみながら学ぶことができます。(50代/男性)
・人を遠ざけるような断崖絶壁と吸い込まれるような透き通った青海。積丹ブルーと呼ばれており、観光はもとより北海道有数のダイビングスポットになっています。また、海の幸も豊富で古くはニシンの漁場として有名です。(30代/女性)

コメントからもわかるように、積丹半島の素晴らしい景観には多くの観光客が訪れ、他にもダイビングスポットとして有名であるため、この土地には多くの人が集まってきているということがうかがわれます。

3番目は伝統・経済という印象が同率でした。
・積丹町の魅力は何といっても「積丹半島」です。積丹半島は道央に位置する半島で日本とは思えない美しい海と断崖絶壁の続く美しい海岸線で、多くの岬があります。その中で、神威岬にはちょっとした逸話があります。鎌倉時代に逃れてきた義経がアイヌの娘と恋に落ちましたが、悲しい別れがきて悲観にくれた娘は神威岬から身を投じました。その身は「神威岩」になり、女性の乗る船はことごとく海に沈められたといいうことです。(50代/女性)
・大正時代まではニシン漁で栄えた。神威岬(かむいみさき)といった断崖絶壁の海岸はニセコ積丹小樽海岸国定公園の一角を成し、北海道で唯一の海域公園に指定されている。ソーラン節のふるさとでもある。(30代/男性)
・積丹町は北海道後志総合振興局管内にある積丹郡の町積丹半島の先端部を占め、美国、入舸、余別といった漁港がある。大正時代まではニシン漁で栄えた。現在は、漁業、農業、観光業が中心である。(20代/女性)

積丹町の歴史は義経の伝説があるほど古くからの言い伝えがあり、大正時代まではニシン業で栄えましたが、現在は漁業や観光業などが経済を支えているということがわかりました。

積丹町のイメージ調査の結果、日本海の絶景を望むことができる観光スポットに多くの人が集まり、それと共に歴史ある漁業を中心とした産業によって町が活性化している町だということが判明しました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月5日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月5日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ