認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道士別市(しべつし)のふるさと納税・地域の情報

北海道士別市の地域情報

北海道士別市は、北海道の北部に位置する上川地方に属します。道立自然公園の天塩岳を含む山脈や道内2番目の大河である天塩川が流れ、水と緑が豊かな町です。約75%が山林で、田園都市として栄えてきました。気候は内陸性気候で四季がはっきりしています。夏は真夏日になる日がある一方、冬は豪雪地帯となり、最低気温が-25℃を下回る日も過去にはありました。
交通網は比較的整っておりJR宗谷本線と北海道縦貫自動車道が利用できます。なお、JRで利用できる駅は士別駅のほか、下士別駅と多寄駅、瑞穂駅の4駅です。士別駅を中心に市街地が形成され、士別市役所もこのエリアに構えています。北海道札幌市まではJRで約2時間、自動車で約2時間半の所要時間となります。

北海道士別市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・すくすく子育てプロジェクト
・すくすく子育て支援事業費(充当額411,000円)
・はつらつ産業プロジェクト
・復活!朝日町商店街開催事業費(充当額850,000円)
・指定事業なし
・移住促進事業費(充当額997,000円)
・協働のまちづくり推進事業費(充当額1,000,000円)
・士別まちづくり塾事業費(充当額630,000円)
・天塩岳・天塩川魅力発信プロジェクト事業費(充当額1,700,000円)
・北海道日本ハムファイターズ連携事業費(充当額665,000円)
・じゃんじゃんジュビリー開催事業費(充当額900,000円)
・地域資源を活用した学校教育の推進事業費(充当額3,751,000円)

出典:ふるさと納税|【new】☆士別市のふるさと寄附について
(http://www.city.shibetsu.lg.jp/www/contents/1455786271692/index.html)

北海道士別市についてのイメージ調査

北海道士別市に対するイメージはどのようなものなのか、アンケートをとってみました。結果は次の通りとなりました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道士別市

【回答数】
自然:32
伝統:2
観光:9
経済:2
人情:0
閑静:2
便利:3


最も多かったのが、自然でした。
・山々に取り囲まれているエリアですから、ダイナミックな景観を満喫することができるエリアです。自然を活かした施設も建てられており、つくも水郷公園は誰もが気軽に訪れることができる観光スポットとして有名です。(50代/女性)
・天塩岳や温泉、牧場があるからです。スケートリンクがあるところなので、冬にはスケートやそりを楽しむことができると思います。士別市といえばめん羊牧場だと思います。いろいろな種類の珍しいめん羊が飼育されているそうです。(20代/女性)

回答者50人中、32人が自然を挙げていました。雄大な風景に加えて、観光業・農業・畜産業などに自然資源が活用されているというのが主な理由となっています。

次に多かったのが、観光でした。
・士別市には岩尾内湖があります。この湖は天塩川をせきとめたダム湖で、湖を横切る岩尾内大橋が湖面に映え、自然と人工の造形がすばらしい調和を見せています。周辺にはキャンプ場、テニスコート、貸し別荘が整備されており、湖ではつり、カヌー、ボートなどを楽しむことができます。(50代/女性)
・北海道北部中央に位置する寒い街です。羊の放牧で有名で、サフォークラムを作っています。ジンギスカンがとてもおいしいです。そして放牧期間であれば羊と遊ぶことができるという素晴らしい体験をすることができます。行ってみたいです。(30代/女性)

自然と触れ合える観光スポットが充実しているというイメージがあるようです。グルメについてのコメントも多く見られました。

その他の回答としては、便利・伝統・経済・閑静がありました。
・旭川市に近くて、自然豊かな土地、羊が有名で羊のお肉料理のお店が多いです。街は閑散としているけれど、イベントでは盛り上がります。雪が多く夏は暑い土地なので北国らしい土地です。農家も多いので新鮮な野菜も手に入りやすいと思います。(40代/女性)
・最後の屯田兵村の一つであり農業の集散地として発展してきたエリアなので、色々と歴史が深いところがあると思います。そのため伝統がふさわしいワードだと思いますし、士別剣淵インターチェンジの東にある「かわにしの丘」は観光スポットとしておすすめです。(30代/女性)
・大正時代には澱粉製造、昭和初期からは製糖で知られ、現在も甜菜糖の工場があり、主要な産業となっている。そして、農業、林業、畜産業が経済の中核を担っている。「サフォークランド士別」をキャッチフレーズに羊の牧畜に力を入れており、サフォーク種を中心に約30種類のめん羊が市営の牧場で飼育されている。(40代/男性)
・北海道士別市は、北海道中央部より少し北のほうにあります。名前だけはある程度有名ですが、特徴は何かは聞かれると答えられる人はあまりいない気がします。実際に沢山の観光地がある北海道においてはあまり有名な観光スポットはなく、何のイメージもない市という感じです。そして札幌ともだいぶ遠く便利でもないので人の出入りが少なめという意味で閑静が合うと思います。(30代/男性)

開拓地としての歴史を持つ地域として認知されているのが分かります。都会から離れた静かなまちというイメージもあるようです。


アンケート調査の結果、北海道士別市は雄大な自然の中で人々が第一次産業に従事しつつ、観光業の発展も見られるエリアであるというイメージを持たれていることが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ