認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 ベーコン特集

ベーコン特集

厳選した原料で作られたベーコンは、素材の旨味が濃縮した芳醇な味わいが特徴で、そのまま食べるだけでなく、さまざまな料理に利用できるとても便利な食材です。全国のとっておきのベーコンをぜひ味わってみてください。

北海道

北海道では広大な土地を生かし、各地の牧場で畜産がさかんに行われています。ふるさと納税のお礼品にも、北海道産の質のよい豚肉で作ったベーコンがずらりとそろっています。
たとえば、「温屠体製法」という屠畜直後の鮮度のよい肉を使ったベーコンが選ばれています。豊富な牧草の広がる広大な土地で放牧飼育された豚肉は脂が甘く、臭みのないおいしさです。
他には、農家のお母さんが手作りしたベーコンがあります。北海道産の豚肉を使用し、丁寧に手作りされたベーコンは、奇をてらわない素朴なおいしさが魅力です。
その他、平成24年度北海道枝肉共励会豚の部の最優秀賞を受賞した豚肉を使ったベーコンなどの加工肉ギフトセットがあります。ワクチンや抗生剤の使用を極力抑え、北海道産の小麦とアルカリイオン水を与えてのびのびと育てられた豚はアクが少なく、臭みがないすっきりとしたおいしさ。豚肉の旨味をぎゅっと閉じ込めたベーコンは絶品です。

東北地方

自然豊かな東北地方も畜産がさかんな地域で、農業の産出額ではお米を上回るほどの生産量を誇ります。
たとえば、日本三大火祭「松明あかし」の松明(たいまつ)を模して作られたベーコンがあります。職人が安心安全にこだわって丁寧に作ったベーコンは、福島県の魅力を伝えるギフトとしてもおすすめです。
他には、新鮮な国産豚肉を使用したこだわりのハム・ベーコンのセットがあります。保存料を使用せず、職人が手間ひまかけて作ったベーコンは、豚肉の旨味がぎゅっと詰まった香り豊かな逸品です。
その他、地元置賜(おきたま)産豚肉を使用した100%手作りにこだわったベーコンがあります。

関東地方

関東地方でも各地にこだわりの豚肉がそろっており、良質な豚肉を使ったベーコンがお礼品に選ばれています。
たとえば、ブランド豚「ローズポーク」で作ったベーコンがあります。5年という開発期間を経て誕生した「ローズポーク」は、弾力のある肉質と、柔らかくてきめ細かな食感が特徴で、2002年全国銘柄食肉コンテストで最優秀賞、2013年銘柄ポークコンテストグランドチャンピオン大会で第3位を獲得しています。
ローズポークの良質な脂を生かすよう、桜の薪を使ってじっくりと燻製したベーコンは、長期間熟成することで、肉の旨味が十分に引き出されています。
他には、食肉専門の職業能力開発校「全国食肉学校」が作るベーコンがあります。「ものづくりマイスター」や「1級ハム・ソーセージ・ベーコン製造技能士」といった食肉のプロが作るベーコンは、ドイツ伝統の製法で作られた本物の味。2週間たっぷりと熟成された芳醇な味わいをぜひお楽しみください。
その他地元香取産の豚肉を使用したベーコンがあります。飼料に乳酸菌を加えることで健康に育てた豚は、肉に臭みがなく、程よい甘味のある脂身が特徴です。化学調味料を使用せず、2週間たっぷり熟成させたベーコンは、豚肉本来の旨味が味わえます。

中部地方

中部地方ではブランド豚など地元産の原料を使った、昔ながらの正統派ベーコンが各地で作られています。
たとえば、飛騨高山のハム職人が作ったベーコンがあります。地元百貨店と関市、美濃加茂市がコラボして作ったベーコンはあっさりとした塩味が特徴で、加熱せずにそのまま食べるとおいしさが引き立ちます。
他にはブランド豚「岩船豚」を使ったベーコンがあります。地元で栽培された飼料米を与えた豚は、程よい甘味の脂がジューシーで、肉のおいしさを生かすために化学調味料や甘味料などを使用せずに、ドイツ岩塩と香辛料だけで仕上げています。
また、静岡県の名産品である緑茶を飲んで育った「TEA豚」を使ったベーコンもあります。「TEA豚」はあっさりとした脂と濃厚な旨味が特徴です。
その他地元能登産の原料にこだわったベーコンがあります。能登のおいしい天然水で育った「能登豚」はもちもちとした肉質と口の中で広がる甘味が特徴。ベーコンは素材の味を生かすように、石川県産の海水塩でシンプルに味つけされています。

近畿地方

近畿地方にも、各地で作られたこだわりのベーコンがあります。
たとえば自然豊かな鈴鹿で育てられた「さくらポーク」を使用したベーコンがあります。養老山地から湧き出るミネラル豊富な天然水を与えた豚は、加熱処理をした安全な飼料を使用し、大自然の中でゆったりと育てられています。
他には地元産「鈴鹿豚」を使用したベーコンがあります。肉の旨味を引き出すドイツ岩塩を使用し、温度管理された氷温庫で氷温熟成を行い、本場ドイツと同じブナのチップを使用して燻製にしています。香ばしい香りと肉の旨味が味わえる本物のベーコンをぜひ味わってみてください。
また、紀伊山地の自然の中でのびのびと育った「イブ美豚」を100%使用したベーコンがあります。乳酸菌で発酵させた飼料や、きれいな水と空気で育ったイブ美豚は臭みがなく、ほどよい甘味が特徴です。

中国地方

中国地方では、大山(だいせん)の麓鳥取県で作られる味わい深いベーコンがお礼品に選ばれています。
たとえば、経験豊かな職人が作る旨味たっぷりのベーコンがあります。豚バラ肉を5日間以上じっくりと塩せき(発色剤と共に塩漬けすること)することで、肉の色素を固定、熟成させたベーコンは、深い味わいと風味が楽しめます。
他には、年間100頭しか生産されない貴重な豚肉「ととりこ豚」を使用したベーコンもあります。「ととりこ」とは韓国語で「どんぐり」の意味で、地元産のお米や大豆に加え「どんぐり」を与えて育てられることから名づけられました。
また、鳥取県では全国でも珍しい和牛を使ったベーコンがあります。平成27年度特産品コンクールで優良賞を受賞した和牛ベーコンは、A4ランクA5ランクの鳥取和牛のバラ肉を使用しています。(鳥取県商工労働部兼農林水産部市場開拓局「食のみやこ鳥取県」より)。和牛ベーコンは、低温でじっくりと加熱した後燻製にしたブロックタイプのベーコンで、豚肉とは違ったおいしさが楽しめます。

九州地方

九州地方でもバラエティー豊かなベーコンがお礼品にそろっています。
たとえば。「ハーブ豚」はオレガノ、ナツメグ、ジンジャーなどのハーブを飼料に混ぜ、久住高原の天然水を与えることで大切に育てられています。「ハーブ豚」は豚特有の臭みがなく、ベーコンにぴったりです。
また、五島市の自然いっぱいの牧場で育った豚肉を使ったベーコンがあります。ガイドラインの約4倍の広さでのびのび育てられた豚肉は、ストレスが少ないことで肉質がよく、抗生物質なども使用していません。
他には、九州を代表するブランド豚「和豚もちぶた」と「芳寿豚」を使用したベーコンがあります。
その他「観音池ポーク」を使った生タイプのベーコンがあります。観音池ポークは2017年第60回宮崎県畜産共進会肉豚枝肉の部にてグランドチャンピオンを受賞した実力派で、広葉樹を蒸し焼きにして作った粉末に木酢酸を配合した「ネッカリッチ」という飼料を使用しています。

ベーコンの歴史は古く、紀元前にデンマークで誕生したと言われています。当時、世界の海で活躍していた海賊は、長い航海中の保存食として塩漬け肉を利用し、火で炙って調理をしていました。ある時、薪が湿っていたために煙が大量に発生し、肉が煙で燻されてしまったことがありました。煙で燻された肉は想像以上においしく、保存性も高いことがわかり、その後塩漬け肉を煙で燻す現在のベーコンに近い料理が広まっていったと言われています。
ベーコンは幅広い料理に使えるだけでなく、通常の肉よりも格段に保存性が高く、冷蔵庫に備えておくと重宝する食材です。今までベーコンをあまり使っていなかったという人も、お礼品にあるとびきりのベーコンをぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか?噛めば噛むほどに広がる肉の旨味や脂の甘さ、鼻に抜ける香ばしい燻製の香りは、丁寧に作られたベーコンならではの楽しみです。さまざまな料理にベーコンを使うことで、ベーコンの魅力を再発見することができるでしょう。
お礼品のベーコンは、ソーセージやハムなどとセットになったものも多く、大切な方へのギフトにもぴったり。全国のこだわりのベーコンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ