認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 ステーキ特集

ステーキ特集

地域の恵まれた自然環境の中、それぞれの土地でとれた作物を飼料として与えられて育ったお肉は、その地域でしかなかなか味わうことのできない絶品ばかりです。ステーキを食べるなら、こだわり抜かれたお肉を味わいたいと思う方も多いのではないでしょうか。地域を代表するお肉は、味だけでなく見た目も鮮やかで美しいという魅力があり、お肉を焼くところから目で見て楽しむこともできますよ。

北海道

北海道地方の牛は、のびのびとした自然豊かな環境で育っています。北海道は面積がとても広いため、かなり多くのブランド牛の展開がみられるのが特徴です。お礼品としても、はやきた和牛、東藻琴(ひがしもこと)牛など、地元以外ではなかなか食べることのできない貴重なブランド牛のステーキ肉が用意されています。さらに、オホーツク海を見下ろすことができる牧場でのびのびと過ごし、ハーブ入りの飼料で育った牛肉のロースステーキもあります。ハーブを食べて育つ牛は、体の自然治癒力が高くなる傾向にあり、余計な抗生物質やホルモン剤を与える必要がありません。そのため、安心しておいしく食べられる牛肉に仕上がっています。また、ステーキのお礼品としては、牛肉以外にも、かみふらのポークというブランド豚のロース肉もあります。かみふらのポークは、出荷前の飼料に麦を使用することにより、身が引き締まっているおいしいお肉です。さらに、お礼品の中には、北海道に生息するエゾ鹿のお肉のセットもあります。エゾ鹿には鉄分など体にうれしい成分が多く含まれており、カロリーが低いのが特徴です。強いこだわりをもって管理されたエゾ鹿のお肉は、鮮度も抜群で豊かな風味を感じることができます。モモステーキやブロック肉がセットになっているので、食べ応えも抜群です。北海道のお礼品には、食べてしっかり満足感を得られるステーキ肉がそろっています。

東北地方

東北地方にもおいしいステーキ肉のお礼品がたくさんあります。東北地方は、ほかの地域よりもかなり広い面積を有し、豊かな自然環境が広がっているという特徴があります。そのため、牛の育成も盛んに行われています。たとえば、岩手の前沢牛は、味の芸術品ともいわれるほど、お肉のおいしさが評価されています。前沢牛の特徴は、見た目にも美しいその霜降りです。牛たちが穏やかな環境で育成されていることが、そのとろけるような肉質につながっています。さらに、三大和牛の1つと称されることもある、山形の米沢牛のステーキ肉のお礼品もあります。高い品質を誇るロースのブロック肉はかなりの大きさがありますが、脂肪分が少ない部位なのでたくさん食べることができるでしょう。そのまま焼いて食べられる大きさにカットされたサーロインのお礼品もあります。サーロインは霜降りが多く、脂の甘みを感じられるのが魅力です。また、青森の十和田湖和牛もランクがA4以上であり、品質が高い牛肉として名を馳せています。地元の名産品であるりんごの粉末を混ぜた飼料によって育てられているというのも、青森で育つ牛ならではの特徴です。十和田湖和牛は、希少でなかなか手に入りにくい銘柄でもあるため、お礼品としてその上質な味を堪能してみてはいかがでしょうか。東北のステーキ肉はどれもジューシーなので、余計な味付けをしなくても焼くだけでおいしく食べられます。

関東地方

関東地方は日本の中心部というイメージが強いため、お肉の産地は少ないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、関東にも全国に誇ることができる質の高いお肉がたくさんあります。ふるさと納税の関東のお礼品を見てみると、たとえば、茨城の高級ブランド牛である常陸(ひたち)牛のサーロインステーキがあります。常陸牛は、高い飼育技術のもと、選び抜かれた飼料によって育てられています。やわらかい肉質と、豊かな風味を味わうことができるお肉です。さらに、栃木の豊かな自然環境で育った、とちぎ和牛のヒレステーキやサーロインステーキもあります。とちぎ和牛は、さまざまな品評会で日本一となった経歴もあり、その品質が専門家から高く評価されています。やわらかな肉質が特徴的なので、焼き過ぎに注意してその食感をしっかり味わいたい逸品です。さらに、関東のお礼品としては、ドライエイジング加工を施した国産牛の赤身肉も人気です。一般的な赤み肉と比べても旨みややわらかさは、群を抜いています。霜降り肉にも負けないやわらかさで、まさに絶品です。素材の旨みを味わいたいお肉なので、岩塩もセットになっています。ほかに調味料などを用意する必要はなく、届いたらすぐに焼いて食べることが可能です。質が高く、おいしい関東のステーキ肉のお礼品から好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方は、地域によって気候が違うため、場所によってお肉の生育環境も大きく異なります。そのため、中部は、それぞれの土地の特徴を活かした、さまざまな種類のお肉を楽しむことができる地域でもあります。たとえば、福井の自然の中で育った吟醸牛は、新鮮な水やおいしい米を食べることで、食品としての安全度も高い牛肉に仕上がっています。吟醸牛は、肥育にかける期間が比較的長く、さしが多く入っていることや身がやわらかいことが大きな魅力です。また、富山の氷見牛は、高級な黒毛和牛として高く評価されています。知名度はそれほど高くありませんが、氷見牛全体の品質をみればA5ランクが占める割合がとても多いです。見事な霜降り肉のおいしさを堪能したいなら、氷見牛のお礼品に申し込んでみてはいかがでしょうか。さらに、静岡するが牛のステーキも人気の高いお肉です。美しい川の流域で育てられており、安心しておいしく食べられるお肉であるというのも大きな魅力です。独特の旨みをもっており、口に運ぶと病みつきになるほどのおいしさが広がっていきます。とてもやわらかいので、焼き過ぎずにその質感を堪能したいお肉です。中部は、知る人ぞ知るおいしいお肉の宝庫といえるでしょう。厚みのあるステーキ肉なら、その味をしっかり堪能することができます。

近畿地方

近畿地方は、全国的に有名な高級牛肉が多い地域です。そのため、お礼品としてもたくさんのおいしいお肉が用意されています。たとえば、神戸ビーフは日本だけでなく、世界でも高い評価を受けているお肉です。脂肪が少なくてキメが細かいのが特徴で、赤身のおいしさが最大限に引き出されています。神戸ビーフのおいしさの秘密は、お肉の定義が非常に厳しいというところにもあります。お礼品にはステーキ用としてずっしりと厚みのあるお肉が用意されており、食べ応えも抜群です。さらに、近畿にはほかにもおいしい赤身のステーキ肉があります。それは、和歌山の熊野牛です。熊野牛は、和歌山の山麓という自然豊かな土地で育ったお肉です。肉質はやわらかく、噛めば噛むほどにおいしさがあふれます。大きくカットされているので、そのボリュームを思う存分堪能することができます。さらに、近畿といえば、日本各地のブランド牛の素牛である但馬牛も外せません。但馬牛は古い時代から、優れた牛として知られていました。いまでもその遺伝子は脈々と引き継がれており、程よく締まりのある体に脂肪がつくことで、美しい霜降りのお肉を完成させています。甘みを感じさせる脂ややわらかい肉質は、現在でも多くの専門家から高い評価を得ています。お礼品として、但馬牛を選べば、さまざまなブランド牛のルーツを感じられるかもしれません。こだわり抜かれた近畿のお肉をぜひ食べてみてください。

中国地方

中国地方のお肉は、どれも絶品なものばかりです。とくに、牛肉の生産が古くから行われており、長い歴史をかけておいしいお肉を作るための方法が確立されてきました。まず、岡山のつやま和牛は、もともと出荷される牛の数が少ないため、とても希少なブランド牛です。こだわりの飼料をたくさん与えられて育っているため、贅沢なほどの旨みがお肉にしっかり凝縮されています。なかなか手に入れることが難しいお肉なので、お礼品として選び、そのおいしさを堪能してみたい一品です。また、広島の世羅みのり牛のステーキ肉もあります。世羅みのり牛は、牛の健康を配慮して牛が暮らす牛舎が作られており、健康的なお肉に仕上がっています。お肉からはたっぷり旨みを感じることができますが、それでいて脂はさっぱりとしているのでしつこくありません。赤身のお肉がもつ深い味わいを堪能することが可能です。さらに、牛肉以外にも、阿新(あしん)豚のロースステーキのお肉もあります。阿新豚は岡山のブランド豚で、無菌状態の環境下で安全に育てられています。全体的に脂肪の量が多く、加熱してもやわらかさが保たれるのが特徴です。ジューシーですが、脂がさわやかな風味をしているので、あっさりとした心地よい後味が残るお肉となっています。おいしい中国地方のお肉を、厚切りのステーキ肉で堪能してみませんか。

四国地方

温暖な気候で過ごしやすい四国地方では、おいしいお肉も多く生産されています。たとえば、香川のブランド牛であるオリーブ牛は、香川の名産品のオリーブの実を飼料として与えられています。搾油後のオリーブの実を乾燥させたうえで牛に与えており、それぞれの牛に合わせた細やかな飼育法を実践しているそうです。香川の恵まれた環境で育ったオリーブ牛は、甘みのある脂がとろけるような口当たりを実現しています。おいしい豚肉とセットになっているお礼品もあるので、そういったものを選べば、四国のおいしさをより深く堪能できることでしょう。さらに、こだわりの製法によって作られた豚肉に特化したお礼品も用意されています。仙高ポークは、愛媛の山間という豊かな自然の中で育つ豚です。豚は意外と神経質な性格をしているので、育つ環境によってはストレスを感じやすいといわれています。仙高ポークは、衛生的な環境の中で丁寧に育てられており、安全なおいしさを楽しむことができます。季節や成長に合わせて飼料を変えているという細やかな育て方が、やわらかい肉質や深みのある味わいを生み出しています。四国の暖かくて豊かな自然の中で育まれたおいしいお肉を選べば、満足度はかなり高いでしょう。

九州地方

豊かな水と自然環境があふれる九州地方では、畜産も盛んに行われています。このような九州の大地で育った牛肉は、厚みのあるステーキ肉として食べるのにふさわしいお肉ばかりです。たとえば、豊優牛は、九州で育った選りすぐりのお肉です。厳選された農場で、丁寧に育てられています。飼料にはビール粕が入れられているなど、牛の食欲増進を図り、おいしいお肉を育てるための工夫が施されているのが特徴です。お礼品のお肉はロースのステーキです。熊本、鹿児島、宮崎、長崎のいずれかで育ったおいしい豊優牛を堪能することができます。また、博多和牛は、やわらかい食感と、ジューシーな深い味わいが魅力的なお肉です。博多和牛は稲わらを主食として与えられており、大切に育てられています。お礼品としてはサーロインが用意されているので、よりやわらかくてきめ細かなおいしさを味わうことができるでしょう。さらに、ハーブを飼料として与えられた宮崎ハーブ牛交雑種も人気です。肥育期において、厳選した4種のハーブを与えることにより、鮮度がよりしっかり保たれるお肉となっています。宮崎ハーブ交雑種は、黒毛和牛とホルスタインの掛け合わせで生まれた牛です。脂肪がやわらかくとろけるような味わいで、病みつきになるおいしさです。九州のステーキ肉のお礼品なら、安心しておいしいお肉を食べることができます。

それぞれの地域には、こだわりの詰まったお肉がたくさんあります。それらは、それぞれのお肉がもつ特性を活かしたおいしいものばかりです。地域の気候や環境などに合わせた飼育方法を実践することで、上質なお肉に仕上げるための工夫が施されています。飼料についても、肉質をよくするためにさまざまなものが取り入れられていることが多いです。とくに、それぞれの地域の特産品となっている食物を与えるなど、地域性を存分に活かした飼料は、ブランド肉ならではともいえるでしょう。厚みのあるステーキ肉を選べば、各地を代表するブランド牛をしっかり噛みしめて味わうことができます。ところで、ブランド牛とは一体どのような定義のものかご存知でしょうか。ブランド牛とは、地域の生産組合などが基準を定義して販売している牛肉のことです。その定義は、それぞれのブランド牛によって大きく異なります。お肉がもともともつ素質や特徴にもよりますが、牛の重さや霜降りの具合など細かい基準が設けられていることが大半です。そういった厳しい基準をクリアしたものだけが、ブランド牛の名前を背負うことができ、地域の自慢の味として出荷されていきます。こういったこだわりがあるからこそ、地域の一押しのブランド牛は、値段も高く設定されています。そのため、普段食卓に気軽に並べることはなかなかできませんし、そもそも入手するのも簡単ではないでしょう。だからこそ、ふるさと納税のお礼品として、そういったおいしいお肉を選ぶことができれば、貴重なお肉を堪能することができるまたとないチャンスとなるはずです。気になっているお肉があるならば、ぜひお礼品として選んでみてはいかがでしょうか。お礼品には、それぞれの地域がこだわりをもって育て上げたお肉がたくさん用意されています。お礼品は、地域の素晴らしいものを紹介することができる絶好の機会でもあります。そのため、それぞれの地域はこぞって自慢のお肉を用意し、地域が生産するもののよさをアピールするのです。そのため、お礼品として用意されている品々は、品質が高いものがそろっています。お肉やブランド牛の種類はとてもたくさんあるため、普段はどれがおいしいのかよく分からないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ふるさと納税のお礼品の中からおいしそうなものを選べば、必ずといっていいほど高品質でおいしいお肉が手に入るはずです。お礼品のお肉は、徹底的においしく作るための努力が重ねられているので、本物のおいしさを味わうことができるものばかりです。また、ステーキ肉といえば牛肉だというイメージが強いかもしれませんが、実際には牛肉以外にもステーキとして食べるとおいしいお肉はたくさんあります。とくに、お礼品として用意されているお肉は、どれも味は絶品です。豚肉の厚切り肉は、旨みがしっかりと凝縮されており、ナイフを入れると甘い肉汁があふれ出ます。豚肉は牛肉とは違い、中までしっかり火を通して食べる必要があります。とはいえ、こだわりの飼料によって育てられた豚肉は、火を通してもやわらかいままです。一般的にも豚肉は牛肉に比べるとさっぱりとした味わいなので、牛肉の味わいが濃厚過ぎると感じる方でもおいしく食べることができます。豚肉はさっぱりしていながらも深いコクがあるので、お肉としての食べ応えも十分に感じることができるでしょう。さらに、お礼品の中には、普段は食べる機会がほとんどない鹿肉のステーキもあります。プロによって仕上げられた鹿肉は、とても新鮮で獣臭さもほとんどありません。初めての方でも、抵抗なく食べられる上等のお肉が用意されています。普段とは少し違った味わいをお礼品として選んでみてはいかがでしょうか。日常では手に入れることができない、離れた地域の特産品に申し込めるということが、ふるさと納税の醍醐味の1つでもあります。地域で食べられている味をそのまま食べることができるというのは、なかなかないことですよね。このように、それぞれの地域で生産されているお肉は、ブランド牛だけではありません。牛肉以外にも地域ならではといえるおいしいお肉がたくさんあり、お礼品として多数用意されています。なお、仮にブランド牛だとしても、畜産農家の数だけ生産方法にはそれぞれに違ったこだわりがあるということも忘れてはいけないポイントです。いずれも、それぞれの生産者が丁寧に育てたお肉であり、おいしさに対する強いこだわりが詰まっています。お礼品としてそういったこだわりのステーキ肉を選ぶことで、ぜひそれぞれの地域の味を堪能してみましょう。生産者の手によって丁寧に作られたおいしさを感じ、その味から産地の様子に思いを馳せてみると、それまで知らなかった地域の顔を知るきっかけになることもあります。お肉をおいしくするために与えられている飼料には、その土地の特産品が混ぜられていることも多いです。そういったところにまで注目したうえでお礼品を選ぶと、お礼品選びがより楽しくなるかもしれません。せっかくふるさと納税のお礼品として受け取るのであれば、その地域の特徴やよいところをよく理解したうえで選びたいですよね。お肉や特産品について知ることは、地域の成り立ちや環境を知ることにもつながります。おいしそうなステーキ肉のお礼品をみつけたら、生産されている土地やこだわりについて注目してみましょう。必ず地域によって独特なこだわりがあったり、おいしさを引き出すための工夫があったりするはずです。ステーキ肉は、焼き加減にさえ注意すれば、フライパンにのせて火を通すだけでおいしく食べられます。豪華なイメージが強いですが、調理方法はとてもシンプルです。味付けも塩コショウなどなるべく薄味で仕上げることで、素材のおいしさを心行くまで堪能できることでしょう。それぞれの地域で育った絶品のステーキ肉のお礼品の中から、食べてみたいと思うお肉をぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ