認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 馬肉特集

馬肉特集

馬肉はさっぱりとした味わいで食べやすいのが特徴で、低カロリーでヘルシーなのも大きな魅力です。牛肉や豚肉に比べると食べる機会は少ないものの、馬肉は知る人ぞ知る美味なお肉です。 ふるさと納税のお礼品にも、おいしい馬肉が多数用意されています。この機会にご家庭で馬肉のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北地方には古くから馬肉を食べる文化の根付いた地域がいくつかあり、馬肉は普通に食べられてきました。こういった背景から、東北地方のお礼品には、おいしい馬肉がそろっています。
福島県の馬肉のお礼品としては、複数の部位がセットになった馬刺しがあります。ロースとモモがセットになっており、それぞれの味わいの違いを楽しむことができるでしょう。なお、福島県では馬刺しに辛子味噌をつけて食べるのが一般的です。そのため、お礼品には辛子味噌もセットでついているので、通常のわさび醤油と地元での食べ方との食べ比べをしてみるのもいいかもしれません。馬肉は真空パックになって届くので、すぐに食べることができます。さっぱりとした馬肉そのもののおいしさを賞味してはいかがでしょうか。
青森県の馬肉のお礼品には、上馬刺しとロース馬刺しのセットがあります。選び抜かれた飼料で育てられた馬の肉なので、そのおいしさは格別です。冷凍で発送されるため、馬刺し本来の味わいがそのままで届き、冷蔵庫に入れておけば、3~4時間で解凍することができます。馬刺し用に作られたタレもついてくるので、通常の食べ方以外に地域の食べ方を体験してみるのもいいでしょう。
東北地方の馬肉をお礼品として選べば、地域で実際に食べられているのと同じ馬肉のおいしさを満喫することができるでしょう。

中部地方

中部地方にも馬肉を食べる独特の食文化が根付いている地域があります。山梨県では富士山に登る際の荷物を運ばせる目的で、馬の飼育が古くからさかんだったといわれています。そのため、馬肉が手に入りやすい環境が整っており、馬の肉を食用にする習慣ができました。お礼品にも、地域で親しまれてきたおいしい馬肉があります。
中部地方には、馬肉を使用して作った丼の具やもつ煮などのお礼品があります。パックに入った状態で届くので、湯煎を行うだけですぐにおいしい馬肉料理を食べることが可能です。地域で長く営業を続けている老舗割烹旅館が作っているため、本物の味を堪能することができるでしょう。ご家族で味わうのももちろんよいのですが、おもてなしにも使える特別感があります。「馬肉を食べてみたいけれど、どうやって調理したらいいか分からない」という方でも、簡単においしく食べることができるのではないでしょうか。
ほかにも、ペットのワンちゃんに与えることができる馬肉のお礼品もあります。いつもと少し違ったおいしいお肉をワンちゃんにも食べさせてあげてみてはいかがでしょうか。馬肉は肉質的に、年をとっていたり体型が気になっていたりするワンちゃんでも安心して食べられます。
中部地方のお礼品として用意されている馬肉なら、地域で食べられているそのままの味を手軽にご家庭で楽しむことができます。

九州地方

九州地方は全国でもっとも馬肉が食べられている地域です。とくに熊本県は、馬肉の生産量において全国第1位を誇っています(※農林水産省 平成27年度馬肉の地域別生産量<枝肉>の推移より)。これは、近世になって馬肉を食べる習慣が始まったのが熊本だからだと考えられます。そのため、お礼品としてもかなりたくさんの馬肉が用意されていて、それぞれの生産者のこだわりが詰まったおいしいものばかりです。
馬肉の名産地である熊本県には、馬肉を使ったさまざまな食品があります。お礼品としては、馬肉の燻製や馬肉を使用したカレーをセットにしたものが用意されています。燻製は馬肉の旨みがしっかりと凝縮されており、生の馬肉以上に馬肉の深い味わいを感じることができます。またカレーは、馬スジを使ったものとブランド牛を使用したものがセットになっています。それぞれのお肉の味の違いが分かって面白いのではないでしょうか。
ほかにも、馬のホルモン煮込みのお礼品があります。秘伝の味付けで、馬のホルモンのおいしさをベストな状態に引き出しています。馬ホルモンを食べるのが初めてでも、このお礼品なら手軽に味わうことができます。普段食べている牛ホルモンとは一味違うおいしさを味わうことができるでしょう。
九州の馬刺しといえば熊本県というイメージがありますが、福岡県産の馬刺しのお礼品もあります。新鮮な状態で届くので、お酒のさかななどとしてもおいしく食べられます。九州の馬肉を選んで、おいしい馬肉料理を心ゆくまで味わってみませんか。

馬刺し

「馬肉といえば馬刺し」ともいえるほど、馬刺しは馬肉の代表的な食べ方です。馬刺しは新鮮なほど鮮やかなピンク色になるといわれています。馬肉は牛肉や豚肉などよりも新鮮さを保ちやすい性質を備えているため、生の馬刺しは安心して食べることができます。
お礼品の中にも新鮮でおいしい馬刺しが多数そろっています。例えば、馬刺しの名産地である熊本県のお礼品としては、特上馬刺しがあります。丁寧に育てられた馬肉の極上の味を堪能することができるうれしいお礼品です。馬肉のおいしさを引き出す専用のタレもついてくるので、地元で食べるのと同じおいしさを存分に味わうことができるでしょう。
また、馬刺し用の肉をミンチにしたお礼品もあります。これをご飯にのせれば、贅沢な馬刺し丼になります。馬刺しをご飯の上にのせるという食べ方は、馬刺し好きの人でもあまり試したことがないのではないでしょうか。お礼品の馬刺しだからこそ味わえる贅沢な食べ方をぜひこの機会に体験してみましょう。味付けはわさび醤油がよく合います。
馬肉のお礼品には、おいしい馬刺しがたくさんそろっています。どの馬刺しも冷凍またはしっかり密封された状態で届くため、品質的にも安心して食べられます。お好みの馬刺しを選んで、ご家庭でそのおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

馬肉は鍋で食べるのも絶品です。お肉はさっぱりとしていてヘルシーなので、スープの脂っこさが気になることもありません。スープにしみ出した馬肉の旨みが鍋の味を引き立てています。生のお肉が苦手だという方でも、お鍋にすればおいしく馬肉を味わうことができるはずです。
青森県の馬肉のお礼品には鍋のセットがあり、丁寧に育てられた馬肉なので、安心して味わうことができます。専用のタレと野菜やこんにゃくがセットになっているため、お礼品が届いたらすぐに鍋を作ることができます。地域で食べられている味をご家庭でそのまま作ることができ、さらに、青森の郷土料理の「せんべい汁」に使う、鍋に入れて食べるためのせんべいもついています。せんべいは汁がしみてふやけると食べ頃です。このように、青森県の馬肉鍋のセットは、馬肉とともに地域ならではの味が楽しめる鍋となっています。寒い地域だからこそ好んで食べられる鍋料理。古くから親しまれているその味は、ホッとできるおいしさです。馬肉の鍋料理を食べる機会というのはなかなかあるものではないでしょう。ぜひこの機会にお礼品に選んで、そのおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

赤身

馬肉は赤身のイメージが強いお肉です。そのため、お礼品の中にもおいしい赤身の馬肉がたくさんそろっています。どれも地域の生産者のこだわりが詰まったものです。赤身のお肉はさっぱり感が特徴で、低カロリーでヘルシーなのも大きな魅力です。また、たくさん食べても胸やけしにくいので、満喫するまで食べても安心です。
お礼品の馬肉は、そのほとんどが赤身のお肉になっていますが、お礼品ごとに特色があるので、迷ってしまうかもしれません。例えば、上赤身と赤身がそれぞれ楽しめるセットになっているもの、馬肉に合うタレがついているものなど、どれもおいしく食べることができる組み合わせで用意されています。すべてのお礼品でとても新鮮なお肉が用意されているので、安心して食べることができます。
馬肉を食卓で食べる機会はほとんどないという方が多いでしょう。お礼品としておいしい赤身の馬肉を選べば、ご家庭でその贅沢な味を堪能することができます。たくさんの種類のお礼品中から選ぶことができるので、セットの内容をみてお好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。いつものお肉とは一味違う赤身の馬肉をぜひご賞味ください。

霜降り

馬肉には霜降りのお肉もあり、鮮やかなピンク色にこまやかな白い脂が入っています。赤身とはまた違ったやさしい甘みが特徴で、病みつきになるおいしさです。バランスのとれた霜降りの馬肉はとても貴重で、めったに食べることができません。お礼品にはそんな価値ある霜降りの馬肉がいろいろ用意されています。どのお礼品を選んでも新鮮な状態のお肉が届くので、馬肉本来のおいしさをしっかり味わうことができます。この機会を生かして、霜降りの馬肉を選んでみてはいかがでしょうか。
お礼品の中には、馬のバラやウデ(肩)などさまざまな部位の霜降り肉を味わうことができるセットがあります。それぞれの味の違いを食べ比べできるのはとても贅沢な体験です。ほかにも、赤身と霜降りの両方と燻製が詰め合わせになったものなど、さまざまなラインナップがあります。中には、馬肉特有のコウネと呼ばれる馬のタテガミ下の部分がセットになっているものもあります。コウネは白くてプリッとした食感が特徴的です。お好みの組み合わせを選べば、馬肉のおいしさをしっかり堪能することができるでしょう。ふるさと納税で馬肉の霜降り肉を選び、めずらしい、貴重なおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

馬肉は古くから日本の各地で食べられています。馬肉が一般的に食べられてきた地域では、現在でも食用の馬肉の生産がさかんです。ほかのお肉よりもさっぱりとした味わいなので、馬肉ファンも大勢いますが、家庭で馬肉を食べる機会はなかなかないという方が多いのではないでしょうか。ふるさと納税のお礼品として馬肉を選べば、ご家庭でも簡単に本場の馬肉のおいしさを味わうことができます。定番の赤身をはじめとして、さまざまなおいしいお肉がそろっており、中にはめずらしい貴重なお肉もあるので、ぜひこの機会に味わっておきたいものです。
現代では、馬は食用というイメージがさほど強くありませんが、大昔は野生の馬が狩猟の対象とされていました。そして、紀元前3500年頃の中央アジアで馬が家畜として育てられるようになったとされています。そこから少しずつ、馬を飼って生活に利用するという習慣が世界各地へ広がっていきました。
日本人が馬とともに生活するようになったのは、いまから2千年以上前の縄文時代のことです。4世紀くらいになると、乗馬技術も海外から伝わってきたようです。馬肉は古くから食用とされていましたが、675年に天武天皇によって肉食禁止令が出されると、その歴史も一旦は途切れています。この肉食禁止令は、牛や馬、サル、ニワトリ、犬などを食べることを禁ずるものでした。
近世になって日本で馬肉が再び食用として利用されるようになったのは、いまから約400年前の熊本だといわれています。戦の際に食料が底をつき、馬の肉を食したことがきっかけだったようです。それ以来、熊本のみならず全国的に馬肉を食べる文化が広まっていきました。特に庶民が馬肉を食べるようになったのは、江戸時代に入ってからのことです。普段の食事として食べるだけでなく、体によい薬膳料理としても親しまれてきました。
現在でも馬肉の生産量が最も多いのは熊本県です。馬肉は熊本県の名産品として親しまれており、多くの人に愛されています。熊本の馬肉はさし(赤身の中に網の目のように入っている脂肪)が入っているものも多くあります。また、福島県では、赤身の馬肉が主流となっていて、辛子味噌をつけて食べるのが福島流です。福島県のお礼品の馬肉には辛子味噌がセットでついているものがあるので、そういったものを選べば、その地域ならではの食べ方で馬肉のおいしさを味わうことができるでしょう。
馬肉は「桜肉」と呼ばれることもあります。桜肉というのは古くからの呼び名で、その由来には諸説あります。例えば、馬肉の色が鮮やかなピンク色だからという説です。この説では、馬肉の切り身を並べると桜の花びらがたくさん集まっているように美しく見えることから、桜肉という名前がついたとされています。実際、馬肉はとても鮮やかな色をしているので、誰もが納得のいく説といえるでしょう。
ほかにも、獣肉の隠語として「桜肉」という言葉が使われるようになったという説もあります。江戸時代は、動物の肉を食べることが禁止されていたわけではありませんが、あまり堂々と動物の肉を食べることはできませんでした。それは宗教上の理由があったり、保存環境が悪いことから肉が貴重なものであったりしたからともいわれています。それでも、動物の肉のおいしさを味わいたいと考える人は大勢いたため、隠語としての呼び名が定着しました。馬の肉は「桜」、猪は「牡丹」、鹿は「紅葉」など、それぞれの動物ごとに呼び名があったようです。
さらに、千葉県の佐倉の地名に由来するという説もあります。佐倉には江戸幕府の牧場があり、馬がたくさん育てられていたといわれています。そのため、「馬といえば佐倉」というイメージができあがり、次第に馬肉が桜肉と呼ばれるようになったと推測されています。
そしてほかにも、馬肉を牛肉と偽って販売したことから、牛肉の「サクラ」という意味で桜肉と呼ばれるようになったという説もあります。これは明治の文明開化の頃のことで、当時は牛鍋が流行っていました。牛肉よりも馬肉のほうが安価で簡単に手に入ったため、こういった偽装を行う店があったようです。いずれにせよ、馬肉が多くの人に親しまれてきたということを示すエピソードばかりだといえます。
桜肉という呼び方は、見た目にも美しくておいしい馬肉を表すにはぴったりだといえるでしょう。なお、桜肉という名前にちなみ、馬肉を使用した鍋のことを桜鍋と呼ぶこともあります。馬肉の名産地では、よく食べられている鍋料理です。
一般的には馬肉は、馬刺しとして食べられることが多くなっています。馬刺しとして食べられているのは、主に肩ロースや肩バラ、モモなどです。肩バラ肉は霜降り馬刺しになる部位です。そのほかにも、リブロースやサーロイン、ヒレなどの部位もおいしく食べることができます。部位によっては厚めに切ってステーキとして食べることも可能です。馬特有の部位としては、たてがみの位置にあるコウネが挙げられます。コウネは首部分の脂であり、白い色が特徴です。脂なのにあっさりした味わいで、食感はコリコリとしていて、病みつきになるおいしさがあります。コウネを食べないと馬肉を食べた気にならないという馬肉通の人もいるほどです。
確かに馬肉は、頻繁に食べるほど身近なものではないでしょう。スーパーマーケットでも馬肉はほとんど販売されていません。一般的には、家庭料理に馬肉が使用される機会はとても少ないはずです。しかし、馬肉はとてもヘルシーでバランスのとれた食材です。おいしくて健康的な食事を作るにはもってこいのお肉だといえます。ふるさと納税のお礼品には新鮮でおいしい馬肉が多数そろっています。そんなお肉を選べば、食卓でも馬肉を楽しむことが可能です。馬刺しなら解凍したり、パックから出したりするだけで食べることができます。また、鍋用のお肉もタレなどがあらかじめ付属しているものもあるため、そういったものを選べば調理に戸惑うこともなく、馬肉を食卓で手軽に味わうことができます。
また、お礼品の中には、地域の自慢の食材とともに作った料理のパックなどもあります。そういったものなら温めるだけで食べることができるので、いっそう簡単です。おかずが足りないときや作る時間がないときにサッと出して食べることができるという点も便利です。普段は食べることがないため馬肉というと身構えてしまいがちですが、選び方によっては無理なくそのおいしさを味わうことができるようになっています。とくにお礼品として用意されている馬肉は、初めて馬肉を食べる場合でも食べ方が分かりやすいように工夫されているものが多くあります。そのため、誰でも本場の味をそのまま食卓で再現して食べられるようになっています。
馬肉の味は、牛肉や豚肉などとはまた違って、脂っぽさがなくあっさりしているので、お肉の脂身が苦手だという人でもおいしく食べることができるでしょう。馬肉に限らずお肉は、人の体にとって重要なタンパク源だといえます。お肉が苦手だという人は、タンパク質が不足してバランスの悪い食生活になってしまうこともあります。そんな方でも馬肉を選べば、ペロリと平らげてしまうことができるかもしれません。
ふるさと納税のお礼品には、地域の自慢の馬肉がそろっています。こだわりの飼育法によって丁寧に育てられた馬肉は、見た目もとても美しく、味もおいしく、新鮮な状態で届くので安全なお肉といえます。馬刺しは生で食べるため衛生面が心配だという方でも、きちんと安心して食べられるような工夫が凝らされています。そういった配慮がなされているのも、生産者のこだわりの一端といえます。新鮮でおいしい馬刺しは家族で食卓を囲んで味わうこともできますし、お酒の特別なおつまみとして食べることもできます。
生のお肉が苦手だという方でも、鍋料理や調理済みの馬肉ならあまり抵抗なくそのおいしさを味わうことができるでしょう。あっさりしている馬肉の肉質は、いろいろな料理の味にマッチします。お礼品の中にもいろいろとアレンジされた馬肉料理がそろっているので、普段はなかなか食べることのできない味を家族みんなで楽しむことができるはずです。馬肉は比較的軽い味わいですが、しっかりとした肉質で食べごたえは十分です。一度しっかり馬肉を味わうと、何度も食べたくなってしまうおいしさがあります。ふるさと納税を検討するなら馬肉のお礼品を選び、おいしいお肉を食卓で気軽に味わってみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ