認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. 肉特集  > 
  4. しゃぶしゃぶ特集

ふるさと納税 しゃぶしゃぶ特集

しゃぶしゃぶ特集

鍋料理の中でもしゃぶしゃぶは肉や魚をたっぷりの野菜とともに食せる料理として、根強い人気を博しています。熱々のだし汁にさっとくぐらせたお肉は、余分な脂分が落ちてヘルシーです。加えて火を通す時間が短いため、肉本来のうま味とジューシーさを逃さず味わえます。上質なお肉を味わうには理想的な調理法といえるでしょう。 しゃぶしゃぶで味わいたい上質な牛肉や豚肉、魚介類を豊富にご用意しています。

北海道

北海道の一番の魅力は、その雄大な自然です。山、川、湖を抱く広大な大地と澄みわたる空気の中で、様々な産業が営まれています。
畜産業もその一つで、牛肉や豚肉の生産が盛んです。特に牛肉は、肉牛の飼育頭数全国1位であり(※農林水産省 平成27年畜産統計)、豚はその飼育頭数が全国で第5位という堂々たるもの(※農林水産省 平成28年畜産統計)。いずれも恵まれた環境の中、大切に育てられた結果、高品質で美味しい肉が生産されています。
2008年洞爺湖サミットにて提供されたふらの和牛は、松阪牛や神戸ビーフなどと同じ黒毛和牛を十勝岳の広大な大地で育てたもの。ジューシーでとろけるような脂身が絶品と評判です。
きめ細かでうま味の強い肉質と甘みのある脂身が特徴の北里八雲牛は、生産から加工、販売まで自社で手掛けている安全安心のお肉です。
自然の恵みをいっぱいにうけた広大な牧場で、我が子のように大切に育てられたはやきた和牛もあります。はやきた和牛は、飼育頭数を限定し、徹底管理の下に生産される希少な黒毛和牛として知られています。その肉質はジューシーで、細かい霜降りが柔らかさをひき出します。北海道以外の市場に出回ることは極めて少ないらしく、ふるさと納税のお礼品として入手するのはおすすめかもしれません。
牛肉はしゃぶしゃぶの定番ですが、さっぱりとした豚しゃぶもおすすめです。しゃぶしゃぶは素材の鮮度や品質、味がよくわかる調理法だけに、北海道の高品質な豚肉はしゃぶしゃぶにうってつけと言えるでしょう。
例えば、抗生物質、遺伝子組み換え穀物飼料を使わず育てた放牧豚は、自然放牧のため赤身は引き締まり、うま味が濃く、脂身はさらっとして甘みがあるという美味しいお肉です。
新鮮で豊かな海の幸は、しゃぶしゃぶ料理としていただくことができます。
北海道の海で育ったプリプリのずわいガニを熱いだし汁の中にさっとくぐらせていだだく「カニしゃぶ」は、その濃厚な甘さととろけるような食感を十二分に味わうことができるでしょう。
噛み応えのある大ぶりのたらばガニもしゃぶしゃぶ用に用意されていますので、しゃぶしゃぶならではの贅沢な味わいをお楽しみいただけます。
このほかオホーツク海で獲れたほたて貝やたこもしゃぶしゃぶにして、素材の味をしっかりと味わってみてください。

東北地方

東北地方でも畜産は盛んです。肉牛の飼育頭数を見てみると、岩手県が全国5位、宮城県が全国7位(※農林水産省 平成28年畜産統計より)、豚の飼育頭数は、岩手県7位、青森県9位に名を連ねています(※農林水産省 平成28年畜産統計より)。
東北の生産者もさまざまな研究を重ねており、アクが出にくい、脂っこさを感じにくい脂身など、しゃぶしゃぶに最適な肉がたくさん生産されています。
昼夜の寒暖の差が激しく、さらに夏は暑く冬は寒い山形県。この厳しい自然環境の中で育った山形牛は、肉のきめが細かく、網の目のようにサシが入り、その脂に甘みがある味の良い牛肉として知られています。
厳しい寒さの中で育つことで上質な脂がつくという尾花沢(おばなざわ)牛は、脂身の甘さと豊かなうま味のバランスが絶妙な牛肉です。そのしなやかな肉質はしゃぶしゃぶにすると風に舞う羽衣のように柔らかです。
岩手県は、澄んだ空気と肥沃な大地という肉牛生産にも理想的な条件を兼ね備えた結果、質の高いブランド牛を育んでいます。
いわて牛は、うま味と甘みのバランスが良い牛肉です。肉色もよく、きめ細かな霜降りが火を通すとスッととろけて風味が増すといわれています。
さっぱりとした肉がお好みの方は、短角牛をどうぞ。脂肪分は少ないものの、高たんぱくでうま味成分であるアミノ酸をたっぷり含んでいるそうです。噛みしめるたびに肉本来の味わいを楽しめます。
福島県で飼育された黒毛和牛の福島牛は、柔らかな肉質に質の良い霜降りが入った牛肉で、その鮮やかな色が食欲をそそります。徹底した安全管理の下、飼育されています。
お肉をさっぱりと食べることができるしゃぶしゃぶですが、美味しくいただくためにはアクとりが欠かせません。
このアクとりが面倒と思っている方には、志波姫(しわひめ)ポークがぴったりです。志波姫ポークはSPF豚で、徹底した衛生管理下で飼育されています。脂身には癖がなく、肉の臭みもなく柔らか。しかも、しゃぶしゃぶにすると「アクがほとんど出ない」という優れた品質の肉です。冷めても柔らかさを保つので、冷しゃぶにも向いています。
青森県の十和田ガーリックポークは、青森特産のニンニクを配合した飼料を与えることにより抗生物質を減らすことに成功し、うま味の素であるイノシン酸とビタミンB1が豊富な肉に仕上がりました。豚肉特有の臭みがなく、脂身には甘みがあるので、しゃぶしゃぶとして美味しくいただけます。

関東地方

関東は都会のイメージが強いのですが、実は車で一時間も走れば、自然豊かでのどかな風景と出合える地域です。
そんな関東地方では、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県などで、豚肉の生産が多く行われています。
茨城県のバナナポークは、その名の通りバナナを食べて育ちました。私たち人間が食べるときと同じように、バナナの皮を剥いて果肉だけを飼料に混ぜ込んでいるそうです。バナナは栄養価が高い上、繊維質も多いので、腸内環境が整った豚は健康に成長していくそうです。その結果、豚肉特有の臭みがなく、脂身も甘みがあり非常に食べやすい肉となっています。
霜降り状の肩ロースがしゃぶしゃぶにぴったりの元気豚もおすすめと言えます。元気豚は、美味しさの証でもある三元豚(さんげんとん:3つの品種を交配して育成した豚)で、優れた肉質を持つ豚肉です。肩ロースは適度な食感があり、濃厚なうま味を持つ食べ応えのある部位なので、しゃぶしゃぶにして豚肉本来のうま味を味わうことができます。
低カロリーの甘味料として知られているステビア。ハーブの一種で健康食品として人気が高まっているのですが、このステビア入りの飼料で育てた上州ステビア豚も、優れた肉質の豚肉としておすすめです。脂身に甘みがあり熟成されたうま味が自慢。さらにアクも少ないということなので、しゃぶしゃぶにピッタリの豚肉といえるでしょう。
栃木県の高級ブランド牛・那須野ヶ原(なすのがはら)牛は長年の研究と改良を重ねて生み出された牛肉です。那須高原の気候と肥沃な大地の下、手塩にかけて育てられます。甘みのある脂身と柔らかい肉質を持つ味わい深い良質な牛肉です。
全国的に有名な黒毛和牛の一つ、葉山牛もお礼品にあります。葉山牛の優れた肉質は、優秀な和牛の血統に加え、一頭一頭丹精込めて育てる生産者の努力から生まれます。その脂身はうま味はもちろん独特の甘みを持ち、しゃぶしゃぶにするととろけるような味わいを楽しむことができます。

中部地方

富士山を筆頭に日本アルプスがそびえる中部地方は、北陸地方、中央高地、東海地方という変化に富んだ三つの地域から成り立っています。山間部や温暖な平野部では、畜産も盛んに行われており、生産者の努力により優れた肉質のブランド牛やブランド豚が多数生産されています。
まずは、全国でも名高いブランド牛の一つ、飛騨牛をご紹介します。飛騨牛と認定されるためには、黒毛和種の肉牛であること、日本食肉格付協会の牛枝肉格付けで肉質等級三等級以上であることなど厳しい条件を満たさなければなりません。
さらに認定されたあとも肉質等級や生産者の住所氏名などを明記する必要があります。そうした認定を経てお墨付きを得た飛騨牛は、柔らかい肉質と網の目のように細かく入った霜降りが特徴で、口に入れたとたん、芳醇(ほうじゅん)な香りと豊かなうま味が広がります。ぜひ上質な飛騨牛をしゃぶしゃぶで味わってみてください。
伊良湖黒牛(いらごくろうし)は2017年に誕生した新しいブランド牛です。なんと「牛肉の最高等級であるA5ランクの特選黒毛和牛のみに厳選」という期待の新星。渥美半島の豊かな自然環境の中、こだわりの飼料や水、生産者の愛情を一心に受けてストレスなく育ちました。しっかりと入ったサシとうま味のバランスが絶妙な、新しい、美味しい牛肉です。
その他、A3ランク以上という基準のある静岡の黒毛和牛、遠州夢咲牛(えんしゅうゆめさきぎゅう)も出品されています。
中部地方はブランド豚も豊富です。
金豚王(きんとんおう)は脂身が美味しいと評判の豚肉です。静岡県が開発したデュロック種系統豚「フジロック」と希少で高品質な中国浙江省原産の「金華豚」との交配により生まれ、味わい深い脂身を受け継ぎました。霜降りの柔らかな肉質と絶品の呼び声高い脂身を、しゃぶしゃぶでさっぱりと味わってみてはいかがでしょうか。
やまと豚は、うま味が豊富で柔らかな肉質、脂身はあっさりして甘みがあるという豚肉です。その美味しさは世界でも認められ、2015年から四年連続でiTQi(国際味覚審査機構)において三ツ星を獲得するという快挙を成し遂げています。
また、富士山の麓で育った甲州富士桜ポークもおすすめです。こちらは、適度な霜降りときめ細かく柔らかな肉質、食べ応えのあるボリューミーなロースが人気の秘密です。口に入れたとたんとけてしまうような良質な脂身を持ち、しゃぶしゃぶにうってつけの肉です。
このほかにも、飛騨高山豚、信州飯田の幻豚、愛知県のみなみ愛とん、信州SPF豚など、味自慢の豚肉が多数お礼品として出品されています。
日本海の海の幸も、贅沢にしゃぶしゃぶでいただくことができます。
能登沖では、もっちりとした弾力の「まふぐ」や、コリっとした歯応えが美味しい「水だこ」が水揚げされます。この新鮮なまふぐや水だこを、しゃぶしゃぶ用にきれいにスライスしてお届けします。能登沖のまふぐは、上品なうま味があり、火を通した時のプリプリの食感が通をうならせるといいます。珍しいふぐしゃぶやたこしゃぶを、ぜひお試しになってみてください。

近畿地方

牛肉の消費量が多いといわれる近畿地方。国内でも5本の指に入るような高級銘柄牛の産地も多く、一般家庭でも昔から牛肉に親しんできたといわれています。ふるさと納税にも、しゃぶしゃぶで味わいたい高品質ブランド牛がたくさん出品されています。
まずは日本三大和牛の一つに数えられる近江牛です。きめの細かい肉質ながら程よい食感があり、上質の脂を持つ濃厚な味わいが楽しめます。
日本一厳しいともいわれる認定要件をクリアした神戸ビーフもあります。オバマ元大統領が訪日の際にリクエストしたという逸話のある、世界的にも有名な牛肉です。
また、数々の銘柄牛の原点でもあり、とろけるような味わいの但馬牛(たじまうし)、きめ細かな肉質で柔らかく、牛肉そのもののうま味を感じることのできる和歌山熊野牛、細かく霜が入り脂身がさっぱりしてしゃぶしゃぶにぴったりの京都丹波牛もあります。そのほか、各地厳選の黒毛和牛が多数出品されています。
豚肉は、鈴鹿の温泉水で育てられた幻泉山崎豚、適度に入った上質な脂肪がしゃぶしゃぶにぴったりの奈良県のヤマトポークなどがご用意されています。
和歌山県のブランド豚、イブ美豚(いぶびとん)は、熊野の自然の中で育てたイノブタです。臭みもなく、普通の豚肉よりも低脂肪で、その脂身は豊富なうま味と甘みがあるそうです。
このほか、かつて肉用鶏の生産地だったことから、大和肉鶏をしゃぶしゃぶ用にお礼品として用意しているところもあります。

中国地方

中国地方は中央に走る中国山地のもと広々とした高原が広がり、新鮮な空気や豊富で清らかな水に恵まれる一方で、山間地では冬には大量の雪が降り、気温もグッと下がるという厳しい面もあります。
こうした自然環境の中、牧草地を自由に走り回って育った肉牛は、筋肉が引き締まりうま味が豊富になるそうです。
見浦牛(みうらぎゅう)はそういった質の良い牛肉の一つで、うま味が豊富でさらりと口どけの良い脂を持つ肉として評判が高いです。生産数が少なく希少なため、ふるさと納税を通してぜひお試しください。
牧場主の名字を冠する新極和牛も脂身が少なめで赤身が多く、肉本来の味を楽しみたいお肉です。標高の高い牧草地にてストレスフリーな状態で飼育されており、種付けから肥育、出荷まで一貫体制のため、安全安心な牛肉としてお届けすることができます。
このほかにもたくさんの黒毛和牛が丹精込めて育てられています。

四国地方

太平洋と瀬戸内海に浮かぶ四国は全般的に温暖な気候で、海の幸、山の幸に恵まれたエリアといえるでしょう。
四国の北東、瀬戸内海に面する香川県は日本のオリーブ栽培発祥の地です。一年中温暖で、降雨も少ないという気候がオリーブ栽培に適しており、その歴史は百余年を誇るそうです。この地元の特産品であるオリーブが畜産にも活かされ、オリーブ豚とオリーブ牛が誕生しました。
良質なオリーブを飼料に配合して育てたオリーブ豚はうま味が豊富で、しゃぶしゃぶのだし汁にくぐらせると脂身は色が透き通り、甘みが強くさっぱりといただけるそうです。
香川県ではもともと讃岐牛という高品質な黒毛和牛が生産されていました。この讃岐牛とオリーブという二つの特産品の融合がオリーブ牛です。オリーブ配合の飼料により、うま味成分、抗酸化成分、柔らかさがアップしたより美味しい牛肉となっています。

美容と健康によいといわれる豚肉、四国美鮮豚(しこくびせんとん)。四万十川の恵みを受けた地元のお米や粟などを配合した飼料で育てました。ビタミンBやコラーゲン、良質のたんぱく質が豊富で、脂身には甘みがあり柔らかいのでしゃぶしゃぶに適しています。
その他、ストレスフリーの環境と独自ブレンドの飼料により、さっぱりとした脂身と柔らかい肉質を実現した仙高ポーク、赤身と脂肪のバランスが良く柔らかい徳島県阿波ポークもあります。

九州地方

九州のお肉というと、かごしま黒豚や宮崎牛などが良く知られていますが、そのほかにも多数の銘柄が誕生しており、全国でも有数の食用肉の生産地となっています。
宮崎県では畜産が盛んで、黒毛和牛の生産量は全国2位となっています(※農林水産省 平成29年畜産統計より)。宮崎牛はその中でもグレードの高いブランドで、肉質等級4等級以上という厳しい基準があります。とろけるように柔らかい肉質と甘みのある脂身が絶品ですので、ぜひしゃぶしゃぶで味わってみたいものです。2007年和牛のオリンピックにて内閣総理大臣賞に輝いています。
柔らかい赤身に細かく入った霜降りが見事で、甘くてコクのある味わいの佐賀牛もあります。全国のブランド牛の中でも特に質が高いことで知られている牛肉です。
牛肉も上等もの揃いですが、かごしま黒豚に代表される高品質な豚肉も多数出品されています。
きなこ豚はまろやかなうま味と甘みのある脂身が絶品といわれる豚肉です。きなこの栄養と宮崎県の優れた生育環境の下、健康的に育った豚肉をぜひしゃぶしゃぶでどうぞ。きなこ豚の弾力のある肉質とジューシーさを堪能することができます。
このほかにも、黒豚、糸島華豚(いとしまはなぶた)、天草梅肉ポーク、どんぐりの恵み豚、ながさき健王豚など、美味しい豚肉が目白押しです。

家族や仲間と立ち上る湯気を囲んで楽しむしゃぶしゃぶ。食材を熱いだし汁にサッとくぐらせ、好みのたれにつけていただくしゃぶしゃぶは、手をかけて調理するお料理とはまた違った美味しさがあります。
だし汁にくぐらせることで余分な脂肪分を落としながら、文字通り「しゃぶ、しゃぶ」と軽く火を通すことで、肉本来の柔らかさとうま味を保ったまま味わうことができるのです。
余分な脂が抜けたお肉はあっさりしていて野菜との相性も良く、お肉も野菜もたっぷり食べることができるので、野菜が苦手のお子様や肉料理を少し重たいと感じる人でも好まれる料理といえるのではないでしょうか。
自分で調理をしながらできたてを食べるというところもしゃぶしゃぶの醍醐味です。
素材本来の味をダイレクトに味わえるしゃぶしゃぶは、上質で鮮度の良い食材の味を堪能するのに最適な調理法の一つです。ふるさと納税では、しゃぶしゃぶにぴったりの高品質な食材がお礼品として用意されているので、ぜひお試しになってみてください。
しゃぶしゃぶの定番といえば牛肉ですが、日本は各地でその地域の特色を活かした上質なブランド牛が生産されています。山形牛、葉山牛、飛騨牛、近江牛などの代表格から、世界に名だたる神戸ビーフまで、一度は食べてみたい夢の牛肉が目白押しです。
ところで、数々の高級ブランド牛の始祖となる肉牛は「但馬牛」であるということをご存じですか。
但馬牛は兵庫県内で育った黒毛和種の和牛で、近江牛や松阪牛など、ほとんどのブランド牛はこの但馬牛の血を引いているといわれています。
かの有名な「神戸ビーフ」もしかり。実は神戸ビーフとは、この但馬牛のうち、厳選された牛肉だけに与えられる銘柄ということなのです。神戸ビーフになるためには、まず但馬牛であること、その上でさらに細かく設定された厳しい基準をクリアしなければならず、但馬牛の中でも特にグレードの高いブランドとして世界的に名を馳せるゆえんとなっています。
但馬牛は、もともと肉質が優れた品種で、但馬牛同士でしか交配を行わないなど、その血種と優良品種が大切に守られています。また流通推進協議会によりクリアすべき一定の基準も定められており、その高い品質も保証されています。但馬牛自体もお礼品として出品されていますので、その伝統の味もお試しいただけます。
一方、家庭料理として親しまれているリーズナブルな豚肉も、生産者の努力と熱意により、驚くほど品質が向上し、美味しいブランド豚が誕生しています。
言わずと知れたかごしま黒豚を筆頭に、「脂身に甘さがありくどくない」「豚肉独特の臭みがほとんどない」「うま味が豊富」「肉質が柔らかい」など、しゃぶしゃぶとして味わうのに最適な上質豚肉が盛りだくさんです。
牛肉も豚肉もその地域の特産品を飼料に使うなど、独自の工夫により生み出されたものが多いので、お住まいのエリアから遠方では手に入りにくい銘柄もあるかもしれません。
そのような時こそふるさと納税を利用してはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ