認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 焼肉特集

焼肉特集

ふるさと納税のお礼品は、焼肉用の各地のお肉がたくさん用意されているので、おいしいお肉を手に入れる絶好の機会です。カルビやロース肉が中心となっていますが、中にはめずらしい部位のお肉もあります。豊かな自然環境で作られたこだわりのお肉は、おいしさだけでなく、赤身と脂肪が織りなすきめ細かな美しさが魅力となっているものも多いです。ぜひ、自分の味覚に合ったお肉を探してみてください。

北海道

北海道の雄大な自然の中では、たくさんの牛が育てられています。北海道は、牛を育てるには寒すぎると思われるかもしれませんが、牛は寒さに強い動物なので問題はありません。むしろ、北海道は日本で唯一梅雨がない地域であり、1年を通して快適な湿度と気温を保っていることから、牛にとっては過ごしやすい環境だといえます。北海道のブランド牛としては、例えば北海道で初めて生産された黒毛和牛である、白老(しらおい)牛が有名です。お礼品の焼肉用のお肉としては、白老牛の各部位を楽しむことができるセットが用意されています。ほかにも、かみふらの和牛のカルビ、宗谷黒牛のモモ肉、旭高砂(あさひたかさご)牛の切り落としセットなど、北海道のさまざまなブランド牛のおいしいお肉があります。また、北海道の焼肉といえば、ジンギスカンも忘れてはいけません。ジンギスカンは、羊の肉を焼いて食べる北海道のソウルフードともいえる料理です。マトンと呼ばれる成羊肉、ラムと呼ばれる仔羊肉といった種類があります。独特の風味がありますが、新鮮なものほどにおいが少なくて食べやすいです。牛肉に比べてカロリーが低く、ヘルシーなのもうれしいポイントですね。お礼品としても、おいしいジンギスカンを選ぶことができます。もともと味が漬け込んであるものも多く、焼くだけで本場の味を楽しむことが可能です。北海道のおいしいお肉を堪能してみませんか。

東北地方

東北のお礼品の中には、おいしい焼肉用のお肉がいろいろ用意されています。肉質等級で最上とされる「5」に当てはまるものもたくさんあります。青森の東通牛は安心を重視して育てられており、旨みの強い赤身が特徴です。やわらかい肉質で、青森でよく食べられているバラ焼きにも向いています。バラ焼きとは、玉ねぎなどと合わせて甘辛い味付けをし、鉄板で炒める料理のことです。お礼品としても、バラ焼き用の東通牛が用意されているので、一度ご家庭で味わってみてはいかがでしょうか。また、山形のもち米給与牛の焼肉セットも魅力的なお礼品です。もち米給与牛とは、山形牛の中でも、特産のもち米を与えて育てた貴重な牛肉です。市場にはわずかしか出回りません。もち米給与牛はおいしさを追求したお肉で、肉質はとてもきめが細かく、脂肪がのっていてやわらかいです。そのため、焼肉として焼き立てを食べるなら、絶品の味わいを堪能できることでしょう。さらに、秋田の笑子豚(エコブー)の焼肉セットもあります。笑子豚は、良質なパンや発酵させたおからなどを与えて育てており、身がやわらかくて甘いのが特徴です。焼肉では牛肉が中心になることが多いですが、ほかのお肉とともに食べ比べてみたいお肉です。笑子豚は、深い味わいながらも低カロリーなのがうれしいポイントで、東北の豊かな自然の中で育ったお肉なので、焼肉としておいしく食べることができます。

関東地方

関東のお礼品のお肉にも、ジューシーで魅力的なものがそろっています。例えば、神奈川の足柄牛ややまゆりポークの焼肉セットです。足利牛は、神奈川の中でも自然が豊かな地域で育てられています。脂がのっていて旨みとコクの両方を味わうことができる逸品です。やまゆりポークは、神奈川が独自に指定している「かながわブランド」にも登録されており、安心とおいしさが自慢のお肉です。このこだわりのお肉のセットがあれば、いつもとは一味違ったおいしい焼肉を楽しむことができるでしょう。また、栃木の那須野ヶ原牛のお礼品もあります。那須野ヶ原牛は、指定を受けた農場で管理されて育てられています。管理体制はかなりしっかりしていて、牛の情報をコンピュータに登録し、常に健康状態をチェックしているほどです。そのため、安定的に高品質のお肉を供給することができるようになっています。さらに、群馬で育った厳選上州和牛も人気の高い一品です。上州牛は交雑牛ですが、上州和牛は黒毛和種です。そして、上州和牛の中でもとくに品質がよいと認められたものだけが厳選上州和牛と名乗ることを許されています。そのため、上州和牛はとても貴重なお肉です。口に入れると、とろけるような味わいを感じることができます。関東の焼肉用のお肉はどれも質が高く、バーベキューなどで焼いてもおいしく食べられるでしょう。

中部地方

中部と一口に言っても、地域によって気候がそれぞれ異なります。そのため、中部では、地域ごとの環境を活かした独自のお肉が作られているのが特徴的です。例えば、富士山麓牛は、富士山の麓の美しい自然の中で育てられたお肉です。水は富士山の伏流水を使用しており、よい環境をふんだんに活かした飼育が行われています。そのうえで、徹底した管理システムがとられているので、身が程よく引き締まったバランスのよいお肉に仕上がっています。また、長野のお礼品である幻豚を選べば、希少品種の中ヨークシャー種を味わえます。幻豚の脂の部分は、ベタベタした感じがほとんどありません。お礼品ではバラ肉と肩ロースがセットになっているので、お肉のおいしさをしっかり堪能することができるでしょう。さらに、朝霧ヨーグル豚と呼ばれる、日本ではめずらしい飼料で育った豚肉の焼肉セットもあります。朝霧ヨーグル豚には、独自の製法で発酵させたヨーグルト状の飼料を食べさせています。そのおかげで、朝霧ヨーグル豚の肉質はとてもやわらかく、深い甘みを感じられるのです。お礼品では、焼肉用にスライスしたお肉が用意されています。ほかにはないさわやかなおいしさを楽しむことができるでしょう。中部のお肉は、さまざまな魅力的なものがそろっているので、お礼品としてぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿は、こだわりの詰まったおいしいお肉が豊富な地域です。全国的に有名なブランド牛が多数存在しています。焼肉用のお肉としては、京都の丹波牛のお礼品があります。新鮮な水や空気に囲まれた地域で育てられた、黒毛和種のお肉です。香ばしい肉の旨みが特徴で、やわらかくて食べやすい肉質となっています。焼肉にぴったりなロース肉です。ほかにも京都のお礼品として、焼肉用の新鮮な鹿肉も用意されています。プロの猟師が適切に捕獲した鹿のお肉です。独自の処理を施すことにより、においはほとんどありません。そのため、ジビエ料理が苦手だという人でも、抵抗なく食べられるはずです。ちょっと変わった焼肉として、鹿肉を味わってみてはいかがでしょうか。さらに、三重のさくらポークの豚ロースやバラ肉の焼肉も絶品です。お礼品として用意されているのは、強いこだわりの製法で育てられた鈴鹿さくらポークです。温泉の水を飲ませることで、より健康的で上質な豚を育てています。大変においが少なく、さっぱりとした味わいが強調されています。近畿の焼肉用のお肉のお礼品を選べば、いつもの焼肉とは少し違う風味とおいしさを体験することができるでしょう。

中国地方

中国地方の牛肉は、古い時代から改良が重ねられてきており、多くの人の舌をうならせる味わい深いお肉が多数あります。そのため、焼肉用のお肉も、お礼品として地域の自慢のブランド牛が多く用意されています。まず、岡山の特選千屋牛の肩ロース肉です。千屋牛は、幻の和牛ともいわれる希少な黒毛和種です。霜降りのバランスが絶妙で、やわらかい舌触りやほのかに甘い脂の香りが特徴といえます。全国的に高く評価された鳥取和牛の味わいは、まさに本物と呼べるおいしさです。鳥取の自然の中で育った牛なので、焼肉などで焼き立てのお肉の旨みをしっかり味わいたい一品です。また、広島の見浦牛の焼肉セットもあります。見浦牛は広々とした牧場で育っており、冬は積雪量の多い厳しい自然環境の中で過ごしているのが特徴です。しっかり体を動かすことで身に付く程よい筋肉に、旨みがたっぷり詰まった脂肪を重ねています。そのため、風味が豊かなおいしいお肉に仕上がっています。お礼品では、上カルビと上赤身がセットになっているので、それぞれの味の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。中国地方の焼肉用のお肉は、長い時間をかけて確立された、おいしいものが多数そろっています。

四国地方

四国のお肉は、めずらしいものも多いです。そのため、お礼品として選べば、普段食べることのできない味を気軽に楽しむことができる機会となるでしょう。例えば、高知の土佐和牛などが味わえる焼肉用のお肉のセットがあります。牛肉は上カルビやモモ肉など、豚肉は高知産の豚トロなどが入ったボリューム満点のセットです。このセットなら、高知の味を存分に味わうことができるでしょう。さらに、愛媛の地鶏を堪能できるお肉のセットもあります。愛媛の媛っこ地鶏は、4種類の鶏を掛け合わせためずらしい地鶏です。複数の鶏の長所を受け継いだ、品質の高いお肉となっています。たっぷりと脂ののった身が特徴です。歯ごたえもしっかりしていて、食べ応えのある鶏肉といえます。また、四国の焼肉のお礼品としては、阿波ポークもあります。徳島で作られた新鮮な豚肉で、安心して食べることができます。適度な歯ごたえとやわらかさを兼ね備えており、バランスのよいおいしさをもつ豚肉です。バラ肉と赤身肉がセットになっているので、それぞれの味わいを比べてみるのもよいですね。お礼品として四国の焼肉用のお肉を選べば、いつもとは違うおいしさを味わうことができるでしょう。

九州地方

九州は、温暖な気候に恵まれており、食べ物の特産品がとてもたくさんある地域です。さまざまな種類の作物がとれますが、それを食べて育つ牛のお肉はまた格別です。九州には多くのブランド牛が存在しており、おいしいお肉がたくさん生産されています。例えば、佐賀牛は、さまざまな評価基準で高い評価を受けたものだけが認められる、品質の高いお肉です。お礼品としてもとてもたくさんの佐賀牛のお肉が用意されており、焼肉の定番のカルビから、希少部位のイチボやトモサンカクまでさまざまなお肉があります。カルビを選んで普段食べているお肉との違いを感じてみるのもよいですし、めずらしいお肉を味わってみるのもよいでしょう。また、宮崎牛は、和牛のオリンピックといわれている全国和牛能力共進会において、3回連続で内閣総理大臣賞を獲得した上質なお肉です。香りが豊かでジューシーな肉質は、高い評価を得ているだけあって、素晴らしい味わいを感じることができます。宮崎牛も、カルビ以外にモモ肉や肩ロース肉などのセットもあるので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。九州のお肉は、全体的に肉の質が高く、満足できるものばかりです。特別なおいしさを、お礼品として手に入れましょう。

それぞれの地域には、おいしいお肉がたくさん存在しています。隠れた名品とも呼べるような出荷数の少ない貴重なお肉も多いです。ふるさと納税のお礼品では、そういっためずらしくて価値の高いお肉も多数用意されています。
通常では欲しくてもなかなか手に入れることのできないお肉もあるので、この機会にぜひそういったお肉を選んでみてはいかがでしょうか。お礼品として提供されているお肉は、どれもそれぞれの地域が自信をもって用意した自信作ばかりです。たとえ、たくさん出荷されているお肉でも、離れた地域のものであれば、食べる機会はなかなかないのが実情です。だからこそ、普段はなじみのない地域のお肉をお礼品として選べば、いつもとは違ったおいしさに出合うことができるでしょう。それぞれのお肉の味には、育った環境や食べた飼料などによってさまざまな違いが出ています。牛肉どうしであれば味にそれほど大きな違いはないだろう、と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、食べてみると、それぞれのお肉には、驚くほど味の違いがあることも多いのです。脂の甘さやさっぱりとした口当たり、お肉のやわらかさなどは、お肉のブランドや種類ごとに特徴があります。日常では、自分が住んでいる地域のお肉ばかりを食べることが多いので、お肉に味の違いがあるということには、なかなか気付く機会がありません。
しかし、実際にほかの地域のお肉を食べてみると、その違いを実感することができるはずです。もちろん、どのお肉が一番おいしいのかということについては、人それぞれの好みによって見解が異なるでしょう。ふるさと納税のお礼品として、いつもとは違うお肉を食べてみることで、ご自分の好みについて新たな発見があるかもしれません。牛肉にはたくさんのブランド牛が存在します。各ブランド牛の詳細をみていくと、国産牛や和牛などといった表記を目にすることもあります。国産牛と和牛というのは、同じような意味だと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、これらには、明確な意味の違いがあります。せっかくこだわりの詰まったブランド牛を選ぶのであれば、こういった意味の違いについてもしっかり理解したうえで、お肉を食べたいものです。
まず、国産牛とは、日本で飼育された牛のことをさします。たとえ、海外で生まれた牛であっても、日本で育てられた期間が長ければ、国産牛と表記することも可能です。一方、和牛とは、国産牛の中でも特定の条件を備えた牛のみが認定されます。具体的には、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4種類です。黒毛和種は、いわゆる黒毛和牛のことで、和牛の中でもっとも多い種類です。そのため、全国各地で黒毛和種の牛がブランド牛として育成されています。褐毛和種は、あか牛と呼ばれるもので、熊本や高知のあたりで主に育てられています。
日本短角種は、美しい赤身が特徴的な種類で、産地は主に北海道や岩手です。無角和種は、全国的にみてもかなり数が少なく、山口でみられるだけとなっています。このように、実は和牛とは、明確な基準が設けられた種類の牛のことなのです。もちろん、海外の品種の牛もおいしいですが、ふるさと納税のお礼品として、各地で古くから育てられている伝統の和牛を選べば、普段はなかなか食べられないその味をしっかり堪能することが可能です。焼肉のお肉は、バーベキューのように大人数で集まって外でお酒などを飲みながら、焼いて食べることもできます。そういった場面で、それぞれの地域が丹精を込めて作った極上のお肉があれば、バーベキューのメインとして注目を集めること間違いなしでしょう。
ただし、バーベキューでの際は、お肉の焼き過ぎに注意が必要です。ブランド牛などのお肉は、肉質がやわらかく、甘い脂が豊富であることが魅力のものが多いので、お肉を焼き過ぎてしまうと、身がかたくなりやすく、脂も流れ落ちてしまう可能性があります。そうなってしまっては、せっかくのお肉のおいしさも台無しになりかねません。こういった事態を防ぐためには、お肉を焼くときだけは集中して、ほどよい焼き加減で食べるようにするとよいでしょう。なお、これは食卓で焼肉を行う際も同じです。新鮮な牛肉は、焼き過ぎたものよりも、火を最低限に通した状態で食べるようにしたほうがおいしいです。お肉はついしっかり焼きたくなってしまいますが、焼き過ぎは禁物なので注意しましょう。
また、こだわりの詰まったお礼品の焼肉用のお肉は、味付けもなるべく薄めにシンプルに仕上げたほうがよいでしょう。まずは、軽く塩をふるだけにして、お肉の旨みをしっかり堪能します。こうすることによって、お肉がもつ甘みや本来の味を感じることができます。これは、とびきりのこだわりをもって作られたお肉ならではの楽しみ方です。可能であれば、塩もこだわりの製法で作られたおいしいものを用意したいところです。焼肉のタレを使う場合でも、なるべく少量を付けるようにして、お肉の味を活かすことを重視するのが大切だといえます。お肉の味に合わせて、それを引き立てるようなタレを手作りしてみてもよいかもしれません。ふるさと納税のお礼品には、たくさんのおいしい焼肉用のお肉が用意されています。お礼品の中でも人気が高く、多くの人に選ばれる逸品ばかりです。そして種類もたくさんあるため、どれにしようか迷ってしまうという方も多いようです。
そういった場合は、お礼品のお肉の種類を調べてみて、直感で魅力的だと感じるものを選んでみましょう。それぞれのお肉はどれも地域の自慢の品ですから、実際に食べてみれば、そのおいしさに感動してしまうはずです。お礼品として提供されている焼肉用のお肉としては、カルビやロース肉など、誰もがおいしく食べられる部位が多くそろっています。そのため、たとえ量が多いお礼品を選んでも、ご家族などみんなでおいしく食べることができるでしょう。こういった人気の高い部位のお肉なら、焼肉以外の料理にもアレンジして食べることが可能です。いつもの料理がより豪華においしくなるので、特別な日のためにお肉を選んでみるのもよいのではないでしょうか。炒め物や煮込み料理など、アレンジ方法は非常に幅が広いです。お礼品としておいしい焼肉用のお肉を選び、いつもとは違うおいしさをぜひ体感してみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ