認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 すき焼き特集

すき焼き特集

すき焼き用の肉はそれぞれの地域がこだわり抜いて作り上げており、口に入れた瞬間に笑みがこぼれるほどのおいしさです。また、すき焼きのタレやとき卵をほどよく絡めることができる、厚みのあるものが多いです。そのため、お肉本来の旨みを感じながら、すき焼きのおいしさをしっかり堪能することができるでしょう。さまざまなすき焼き用のお肉の中から、これだと思うお肉をみつけてみてはいかがでしょうか。

北海道

北海道のお礼品の中には、すき焼き用のお肉がたくさん用意されています。北海道では、その広い土地を活かし、たくさんの牛の飼育が行われています。北海道には、こだわりの方法によって育てられたたくさんのブランド牛が存在していることをご存知でしょうか。お礼品として申し込むことができる、すき焼き用のお肉は、白老牛、八雲牛、ふらの和牛、はやきた和牛、おぐにビーフ黒毛和牛など、非常に多岐にわたります。お肉を口の中に運ぶと、豊かな風味を楽しむことができるものばかりです。また、牛肉の赤身のおいしさをしっかり味わうことができる、アンガス牛のすき焼き用のお肉もあります。アンガス牛と聞けば海外産のイメージが強いかもしれませんが、お礼品のアンガス牛は北海道の大地で育てられたお肉です。アンガス牛は濃厚なお肉の味がありながら、さっぱりとした風味も感じられるので、たくさん食べても脂っこさが気になりません。また、すき焼き用のお肉のお礼品の中には、ステーキなどほかのお肉とセットになったものもあります。ブランド牛に合ったすき焼きのタレがセットになっているものもあるので、そういったものを選べば、そのお肉のおいしさを最大限に引き出すことができるでしょう。北海道の大地でのびのびと育った牛のお肉を、すき焼きとしてご自宅で食べてみませんか。

東北地方

東北地方は、その豊かな自然を活かすことにより、ブランド牛が多く飼育されている地域です。霜降りが美しく、すき焼きにぴったりなお肉が多数存在しています。例えば、福島牛は、やわらかい肉質とまろやかな味わいが魅力的なお肉です。すき焼き用としゃぶしゃぶ用のお肉がセットになっているので、両方の味を楽しむことができるお礼品となっています。また、山形の尾花沢(おばなざわ)牛は、非常にやわらかくて旨みが豊富である未経産のメス牛にこだわったブランドです。尾花沢牛が育てられている地域は、冬はとても雪深くなるため、寒さから身を守る方法として牛の身に自然に脂がのっていきます。軽やかな食感が特徴的な尾花沢牛のお肉は、すき焼き用と焼肉用のお肉がセットになっているものが多くあります。さらに、秋田で育った黒毛和牛のすき焼き用の肩ロース肉も人気です。繁殖から出荷までが一貫して行われているため、黒毛和牛にストレスがかからず育っているのが大きな特徴だといえます。夏は暑く、冬は寒さが厳しいというメリハリのある自然に恵まれているため、ほかにはない豊かな風味を感じることができます。東北の牛は、厳しい寒さを乗り越えながら飼育されているので、美しい霜降り肉になりやすく、とろけるような味わいを感じられるものばかりです。

関東地方

関東地方にも、すき焼きとして食べたい魅力的なお肉がたくさんあります。お礼品としては、群馬の上州麦豚のすき焼きセットがあります。上州麦豚は飼料として麦類が多く与えられ、赤身のきめが細かくて美しいのが特徴です。そして、あっさりとした味わいが病みつきになるお肉です。このお礼品のセットでは、すき焼きに必要な具材が一式入っており、全てが群馬県内でとれた食材となっています。野菜や豆腐、卵、タレまでついているので、届いたらそのまますき焼きを始めることができるでしょう。また、茨城の飯村牛のお肉のお礼品もあります。飯村牛はA5ランクの牛肉で、味わい深い旨みが特徴的な牛肉です。すき焼きのタレは濃くし過ぎないようにして、生卵をしっかり絡めると、お肉のジューシーなおいしさをしっかり堪能できるはずです。さらに、希少な神奈川の相州牛のお礼品もあります。相州牛は、生産者が限定されており、出荷数がかなり少ないブランド牛です。飼料には独自の経験から生み出されたブレンド方法が採用されており、地元の米や麦などを与えています。そうすることにより、さっぱりとしていて食べやすい脂の風味と細やかな肉質に仕上がっています。関東のお礼品として用意されているすき焼き用のお肉は、なかなか手に入りにくいものも多いので、この機会にぜひ選んでみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方のお礼品の中にも、すき焼き用として食べると絶品なお肉が多く存在しています。ほかの地域から高い評価を受けて出荷されているものも多いです。例えば、南信州牛は、長野の山懐の自然で育ったおいしいお肉です。南信州牛には見事な霜降りが見られ、口どけや香りも絶妙なバランスとなっています。こうした質感は、不飽和脂肪酸とも呼ばれるオレイン酸が多く含まれていることも大きく関係しているといわれています。お礼品の南信州牛は、特殊な包装によって新鮮さが保たれているので、鮮度が高いままのお肉を食べることができます。また、福井のブランド牛である若狭牛のうち、より厳しい審査基準をクリアした三ツ星若狭牛のすき焼き用のお肉もあります。三ツ星若狭牛と認められるためには、肉質等級が3以上かつ脂肪交雑が4以上であることや、オレイン酸が豊富に含まれていることなど、さまざまな条件を満たしていることが必要です。こういった高い品質を兼ね備えた三ツ星若狭牛を選べば、風味が豊かで、普段とは全く違う味わいのすき焼きを食べることができるでしょう。中部のお肉は、豊富なオレイン酸に注目が集まっているものも多く、おいしく食べて健康になれるといううれしい効果も期待できます。

近畿地方

近畿地方のブランド牛は、どれも品質が高く、全国から評価を集めているものが多くあります。すき焼きのタレが程よく染み込んだお肉に、といた卵を絡ませれば、絶妙なおいしさのハーモニーを感じることができるでしょう。見た目にも見事な霜降りが美しく、特別感を味わうことができるのもうれしいですね。また、大和榛原(やまとはいばら)牛のすき焼き用のお肉もまた格別です。大和榛原牛は、霜降りの具合などさまざまな細かい基準をクリアしたものだけが認められる、質の高いお肉だといえます。料理人からの評価も非常に高いお肉なので、お礼品として申し込みを行えば満足できること間違いなしです。近畿のお礼品としては、ほかにも奈良の宇陀牛があります。とても貴重なお肉で、スーパーマーケットなどに並ぶことはありません。素晴らしい霜降りとやわらかさが特徴的なお肉です。厚切りにしてあるので、しっかりとお肉を噛みしめることができます。そのため、お肉の旨みをより深く感じ取ることができるでしょう。近畿のこだわりがつまったお肉は、一度は食べてみたいお肉ばかりです。近畿のお肉を選べば、いつもとは違う特別な味わいのすき焼きを堪能することができますよ。

中国地方

中国地方は、おいしい牛肉がたくさん生産されている地域です。気候や自然豊かな環境を活かして、牛たちが丁寧に育てられています。例えば、島根は古くから和牛の生産に力を入れてきた地域です。すき焼き用の肉のお礼品として用意されている、しまね和牛は、自然を活かした生育環境の中でストレスを抱えずにのびのびと過ごしています。そのため、美しい霜降りをもつやわらかい肉質に仕上がっているのが魅力的です。子牛の生産から肥育までを一貫して行っているこだわりの強い生産者もいます。また、岡山の新極和牛のお礼品は、すき焼き用のお肉とともに、しゃぶしゃぶ用やステーキ用のお肉が一緒に入った豪華なセットとなっています。新極和牛は、生産から出荷までを一貫して行っているので、信頼性の高いお肉です。牛の健康状態にもしっかり配慮がなされており、おいしいお肉の魅力が詰まっています。加工工場では、独自の製法による低温加工を行っているため、お肉の旨みを最大限に引き出すことができるようになっています。さらに、広島牛もまたすき焼き用のお肉として注目したい逸品です。広島牛は、中国山地で育てられており、育つ環境のよさから高い肉質を実現しています。まろやかな口当たりとともに感じられる深いコクは、広島牛ならではの味わいです。お礼品として、豊かな自然に育まれた中国地方のすき焼き用のお肉を選んでみてはいかがでしょうか。

四国地方

四国地方には、四国でしか手に入れることができない貴重なお肉があります。土佐和牛は、高知で育った土佐褐毛種と黒毛和種のことをさしています。とくに土佐褐毛種は、高知でしか改良されない希少な牛肉です。お礼品として用意されているすき焼き用の土佐和牛は、質の高いお肉がそろっています。ロース、モモ、バラなどたくさんの部位があるので、お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。さらに、すき焼き用のお肉としては、阿波育ち本格和牛もあります。牛は、とうもろこしといった定番の飼料に加え、四国で育った良質なワラを食べています。阿波育ち本格和牛は、よい風味や食感を感じることができるお肉です。お礼品としては、切り落としやすき焼き用、焼肉用のお肉などがセットになっているものもあり、さまざまなバリエーションが用意されています。また、四国のすき焼き用のお肉のお礼品としては、キジのお肉もあります。キジのお肉の味はなかなか想像しにくいかもしれませんが、キジは意外とあっさりとした味わいです。旨みがたっぷり含まれているので、豊かな風味を感じることができます。肉質も比較的やわらかいため、食べやすいでしょう。お礼品では特製の割下もついてくるので、味付けに迷うこともなくおいしく食べることができます。珍しいお肉のすき焼きなら、いつもと違ったおいしさを堪能できること間違いなしです。

九州地方

九州地方では、その恵まれた環境を活かし、たくさんのブランド牛が育てられています。それぞれこだわりの製法で丁寧に育てられているので、どれも絶品のお肉ばかりです。お礼品のすき焼き用のお肉としては、この華牛があります。赤身のお肉ながら、脂身も程よく入っていてバランスがよいお肉です。やわらかくてあっさりしているため、たくさん食べても胃もたれなどを心配する必要がありません。さらに、熊本あか牛のお肉もあります。適度な霜降りが入ったお肉で、濃厚な味わいを楽しむことができます。それでいてヘルシーなので、食べやすいお肉です。しかしながら、熊本あか牛の子牛の生産者は年々減っており、貴重なお肉となっています。お礼品としては、モモ、カタ、バラをミックスしたおいしいセットがあります。これ1つあれば、すき焼きを思う存分楽しむことができるでしょう。また、鹿児島の小田牛は、飼料にこだわって育てられたおいしいお肉です。具体的には、米や大麦などが飼料に取り入れられており、黒毛和牛本来の味を引き出すための生育方法が導入されています。小田牛のお礼品は、すき焼き用のお肉のほかにもステーキ用のお肉などが用意されています。それぞれ少しずつ6回に分けて送ってもらうことができるので、時間をかけてお肉のおいしさをしっかりと味わうことが可能です。九州のお肉で、おいしいすき焼きを食べてみませんか。

ふるさと納税のお礼品の中には、すき焼き用のお肉もたくさん用意されています。たとえ行ったことがない地域でも、そのおいしいお肉をすき焼きとして味わうことができるというのはうれしいですよね。お礼品では、こだわりの生産方法によって作られているお肉が勢ぞろいしているので、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。それぞれのお肉は、1つ1つ育つ環境や育成方法が異なるので、そういったポイントに注目してみることも重要です。
詳しくみていくと、生産者の思いやこだわりを知ることができるので、お肉のおいしさを堪能したいという気持ちがより高まるはずです。各地域には、ブランド牛としてたくさんのお肉の種類があります。それぞれお肉にはブランドごとの厳格な基準が設けられており、お肉の生産者はその認定を受けるために、たくさんの手間ひまをかけてお肉を生産しています。そういった努力のおかげで作られたお肉は、どれも深い味わいを感じることができるものばかりです。お礼品の中には、味の甲乙つけがたいほどおいしいものがたくさん並んでいます。
もちろん、お肉の品質は、それぞれのお肉によっても大きく異なります。一口においしいお肉といっても、それぞれがもつ特徴は多種多様です。例えば、脂の具合や割合、食感ややわらかさなど、品種やブランドごとにそれぞれ違いがあります。霜降り肉がお好きな方も多いですが、赤身のお肉にもまたしっかりとした肉の旨みがあり、霜降り肉とは一味違ったおいしさを感じることができます。お肉には、品質についての格付け方法がありますが、この詳しい内容はご存知でしょうか。ここでいう格付けとは「A5」や「A4」として示されるものです。高級なお肉には、こういった指標が示されていることも多いです。
A5が一番おいしいお肉だというイメージをもっている方も多いことでしょう。とはいえ、実際には一概にそうだと言い切れるものではありません。こういった等級の付け方は、アルファベットと数字で、それぞれ別の意味を表しています。アルファベットはその牛のお肉について、食べられる部分がどれだけあるかということを示しています。AからCの3段階に分かれており、Aがもっとも食べられる部分が多いお肉だということです。一方、数字は脂の入り方や質感、肉の色の美しさを表したものです。1から5までに分かれており、5が一番高い評価だということになります。アルファベットと数字を合わせると、もっとも低いランクはC1、もっとも高いランクはA5です。全部で15段階の評価となります。こういった評価基準に基づけば、もちろんA5が一番よいお肉だということになります。
確かに、A5の評価ということは、しっかりと育った牛のお肉であり、脂もよくのっていて品質が高いというのは間違いがないことです。とはいえ、実際にお肉を食べる人の好みは、人によってだいぶ違います。なかには、年齢を重ねていくと、脂っこいものが食べづらくなると感じる方もいらっしゃるでしょう。その場合は、霜降り肉よりも赤身肉のほうがおいしいと感じることが多いです。そのため、A5ランクよりもB5ランクのお肉などのほうが食べやすいということも少なくはありません。もちろん、同じA5ランクであっても、ブランドや種類によって食べたときの感覚は異なることがあるので、それぞれのお肉の特徴をよく理解したうえで選ぶとよいでしょう。ご自分やご家族の好みをきちんと把握しておくと、みんなでおいしく食べられるお肉をみつけられるはずです。
なお、ご家庭ですき焼きを作るときは、味付けにも少し注意しなければなりません。それぞれのお肉のおいしさをしっかり味わうためには、味付けはあまり濃くなり過ぎないようにしたほうがよいでしょう。ブランド牛など品質に強いこだわりをもって育てられたお肉は、脂の甘みが強く、口に入れると深い旨みが感じられるものが多くなっています。そういったお肉本来の繊細なおいしさを堪能するためには、味付けではなく、お肉の味をメインに楽しむような工夫をしたいものです。せっかく地域のこだわりが詰まったお肉の味が、すき焼きのタレの味で隠れてしまっては本末転倒ですよね。お肉のおいしさを引き立てられるよう、すき焼きのタレはできるだけ割下からしっかりだしをとって手作りをするのが望ましいです。だしを利かせれば、味を濃くし過ぎなくてもおいしいタレを作ることができます。タレを自分で作るのが難しいようであれば、もちろん市販のものを使用しても問題はありません。
しかし、味が濃くならないように、少しずつ加えていくように気を付けましょう。先にタレの味見をしておくことも大切です。お礼品の中には、すき焼きのタレがセットになっているものもあるので、そういったものを選ぶと、よりお肉の味を活かしたすき焼きを楽しむことができるはずです。なお、お肉やタレだけでなく、すき焼きの具材となる野菜などが全てセットになっているお礼品もあります。そういったものを選べば、お礼品が届いたらそのまますき焼きを始めることができるので心強いですね。地域の特産品を食べられるというのは、ふるさと納税のお礼品ならではだといえます。そして、すき焼きは、家族がみんなで集まっておいしく食べられる料理です。
食卓を囲んで鍋をつつくのは、とても楽しいものです。そういったすき焼き用のお肉として、いつもとは一味違うほかの地域お肉を選んでみるのはいかがでしょうか。ふるさと納税のお礼品として用意されているお肉は、どれもそれぞれの地域のこだわりが詰まったものばかりです。旨みがたっぷりのお肉なら、おいしいすき焼きとして堪能することができるでしょう。生産者が丹精込めて作ったお肉は新鮮できめ細かく、すき焼きとしてお鍋で煮てもそのやわらかさを保つことができます。
すき焼きのタレやといた卵をしっかり絡めることができるので、絶品のおいしさを堪能することができるでしょう。あまりのおいしさで、あっという間に平らげてしまうかもしれません。各地域のおいしいお肉を味わうなら、ぜひこだわりの詰まったすき焼き用のお肉を選んでみましょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ