認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 魚介特集

魚介特集

魚介は身近な食材ですが、自分の住んでいる以外の地域へ行くと、まったく知らない種類を目にすることがあると思います。日本各地のおいしい魚介をふるさと納税で味わってみませんか?

北海道

北海道は海に囲まれており、様々な海の幸を楽しむことができます。オホーツク海側の地域でお礼品となっているエゾバフンウニは、うにの中でも最高級品ともいわれるほどで、羅臼昆布や利尻昆布を食べて育つこの地域のうには絶品だそうです。北海道といえばカニをイメージする人も多いでしょう。お礼品の中にはズワイガニをゆでたものやしゃぶしゃぶだけでなく、甲羅盛りやグラタンなどすぐに食べられるように調理したものもたくさんあります。ほかには、北海道の南西部に位置する噴火湾でとれる毛ガニも有名です。噴火湾は南に駒ヶ岳、北に洞爺湖があり、山からの豊富な栄養素が流れ込んでいるため、たくさんの海の幸が集まるのが特徴です。その特性を活かして、ホタテの養殖が盛んに行われています。
様々な魚介がセットになったお礼品もあるので、北海道ならではの海の幸を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北地方は太平洋と日本海に加え、津軽海峡や陸奥湾といった特徴的な地形に恵まれた豊かな海を持っているため、豊富な海産物がとれることでも知られています。例えば、青森県の「海峡サーモン」という、津軽海峡の沖合いにあるいけすで養殖したブランドサーモンは大きく育ちすぎず引き締まった身はプリッとしており、全国の料理人から愛用されています。宮城県では、ブランド鯖である「金華サバ」が有名です。本来サバは回遊魚ですが、三陸沖の豊富なエサ場から動かないために脂のノリがいいとされています。また、リアス式海岸によって昆布やわかめなどの海藻類や、あわびやカキなどの貝類もよく育ちます。お礼品にも採用されている岩手県のわかめや昆布、あわびの天然ものは輸入品とはひと味もふた味も違います。この三陸産のめかぶやあわび、いくらを使ったご当地グルメ「海宝漬」は、ご飯との相性が抜群です。

関東地方

関東地方は魚介よりも野菜や酪農のイメージがあるかもしれませんが、全国の主要港の水揚げ高ランキングで7年以上も連続で一位をとっている、銚子漁港があります。(※八戸市農林水産部水産事務所はちのへの水産2017より)千葉県は東西南を海に囲まれている上に一年中穏やかな気候で風がよく吹くため、干物づくりが盛んです。保存料や着色料を使わずに昔ながらの天日干しでつくられるものも多くあります。江の島の周辺の地域ではしらすが有名で、季節になると生のしらすを求めて人々が全国からやってきます。千葉県と茨城県を分断する利根川は、天然うなぎの産地としても有名です。昔からの歴史あるうなぎを味わいたい人には、千葉県や茨城県のお礼品である蒲焼きや白焼きがおすすめです。茨城県には琵琶湖に次ぐ大きさの湖沼である霞ヶ浦があります。霞ヶ浦はしじみやあさりなどの貝類のほか、しらうおやわかさぎ、川海老などが豊富で、佃煮なども多く生産されています。そのほかに川魚も多くとれる地域であり、養殖の鯉が有名です。

中部地方

中部地方は、南は駿河湾と相模湾に面した比較的温暖な気候に恵まれている静岡県が大きな漁場となっています。静岡県の浜名湖はうなぎの産地として有名です。静岡の浜松市はうなぎの養殖の発祥地だといわれています。天然物は数が減っており、ほとんどは高級料亭に卸されてしまいますが、ふるさと納税のお礼品として古くからの伝統の味を白焼きや蒲焼きとして楽しむことができます。内陸に位置する長野県や山梨県はマス類の養殖・生産が日本トップクラスで、信州サーモンは山梨や長野で多く生産されるワインとの相性がよく、瞬く間に知名度がアップしました。一方、中部地方北部では、日本海に面した若狭湾や富山湾でとれる魚介の脂のノリや身質がすばらしくおいしいと評判です。お米や日本酒の産地としてのイメージもありますが、豪雪地帯にもかかわらず、その魅力的な海の幸を求めて冬に訪れたいという人が後を絶ちません。福井県や石川県ののどぐろや富山県を代表するブランド魚「氷見ぶり」はふるさと納税のお礼品として多く扱われており、生食用や昆布締め、しゃぶしゃぶなどがあります。

近畿地方

近畿地方は、日本の歴史を築いてきた京都府や奈良県、高度経済成長を支えた大阪府などが含まれ、現在でも重要な都市圏として機能しています。琵琶湖は日本最大の湖ですが、多くの淡水魚がとれる漁場でもあります。滋賀県の郷土料理である鮒(ふな)ずしも、琵琶湖でとれた淡水魚を使ったものです。和歌山県ではうなぎを腹開きにして蒸さずに焼く「関西風」で食べられています。
近畿地方の南には暖流が流れてくるのでしらすがよくとれ、釜揚げやちりめん、ちりめん山椒として流通しています。
西日本を代表する食の都といえば「天下の台所」大阪府。工業地帯として発展してきた大阪湾は、イメージとは裏腹に豊かな漁場としても活躍しています。例えばハモは大阪湾でとれる西の味覚で、大阪や京都の春の味として親しまれています。

中国地方

中国地方は日本海側を山陰地方、瀬戸内海側を山陽地方と呼びます。緑が豊かな自然環境は漁場を豊かにし、広島県のカキは日本一の生産量を誇ります。(※広島県漁業協同組合連合会ウェブサイトより)中国山地の森林が海にたくさんの植物プランクトンを運ぶことで、養殖に適した栄養豊富な環境になったのです。養殖で注目したいのが、山口県の車海老です。昭和38年に山口県の秋穂(あいお)で日本で最初の車海老の養殖がはじまりました。山陰地方で有名な魚介はカニです。鳥取県周辺でとれたズワイガニは「松葉ガニ」としてブランド化され、福井の越前ガニ、石川の加能ガニと並ぶ高級品です。
ほかにも、のどぐろの干物や一夜干し、山陰地方の海でとれた魚の干物などもふるさと納税のお礼品として味わうことができます。

四国地方

四国地方は太平洋と瀬戸内海に囲まれ、四国山地がそびえる自然豊かな環境は、温暖な気候と豊かな漁場を育てました。このような温暖な気候は、本州や北部にはない独特の食文化を生んでいます。四国には温暖な場所でとれるイメージの強いハーブや柑橘類を使って養殖したという、珍しい魚があります。愛媛県ではしょうがやシナモン、オレガノなどのスパイスを使って育てた「ハーブ媛ひらめ」、香川県では「瀬戸内オリーブ車海老」、徳島県ではハーブやすだちを使ったカンパチやブリ、タイやハマチなどがブランド化されています。瀬戸内海に面する愛媛県では、西側の宇和海周辺では、地魚のすり身を油であげる「じゃこ天」やかまぼこなどの練り物を扱う加工業者が多く、古くから愛媛県民のご当地グルメとして人気です。海と太陽の恵みを味わってみてはいかがでしょうか。

九州地方

九州地方といえば博多明太子をイメージする人も多いでしょう。ふるさと納税の明太子のお礼品は種類豊富でモツ鍋と一緒に味わうセットやチューブで手軽に使えるものまで幅広くあります。九州地方では多くの魚介がブランドとして登録されています。長崎県で有名なブランド魚は「鷹ふく」というとらふぐです。養殖ではありますが、天然ものにも負けない深い味わいで、全国の料亭で使われています。ふぐといえば熊本県の天草でとれるとらふぐも有名です。天草近郊の有明海でとれたあおさやのりは品質が高く、佐賀ののりは一級品といわれています。鹿児島県ではカツオがよくとれ、タタキやかつお節で味わうことができます。ほかにも「薩摩の国」という名前の通り、さつま揚げの詰め合わせなどが人気です。また、宮崎県は国内屈指のうなぎの養殖場として知られています。国産にこだわり、身が大きく分厚いのが特徴。蒲焼きになったものを口いっぱいに頬張ってみてください。

周りを海に囲まれた日本は古くから魚を食べる文化が根づいており、各地域の海の特徴や気候などを考慮した食文化が生まれました。北は北海道から南は沖縄まで海はつながっているとはいえ、どの地域でも同じ魚が食べられるわけではありません。傷むのが早い魚介は昔の技術では遠くまで運ぶことができず、地産地消が基本でした。だからこそ、その地域ならではの郷土料理や保存食として佃煮や煮付け、西京漬けや笹漬けなどの技術が生まれました。
ご当地ならではの調味料や野菜と一緒に届けてくれるふるさと納税のお礼品も数多くあるので、魚介だけにとどまらない味覚を味わうのも楽しいですね。
現地に直接訪れないと出合えない海の幸がたくさんありましたが、ふるさと納税を通して自分が住んでいる場所以外の地域にも目を向け、おいしい魚や魅力あふれる場所を探してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ