認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 うに特集

うに特集

高級品で普段はなかなか手が出にくい「うに」も、ふるさと納税のお礼品としてなら気軽に受け取ることができるでしょう。生で食べるのはもちろん、その土地に行かないと食べられないような、うにを使った郷土料理を自宅で楽しめるのも魅力です。ふるさと納税を通して日本各地の本場の味を満喫してみてはいかがでしょうか。

北海道

北海道といえば「海の幸」をイメージする人が多いのではないでしょうか。旅行の楽しみとして海鮮丼やお寿司などの新鮮な魚介を求める人は多く、北海道の観光名所である札幌や函館には数多くの観光客向け市場や飲食店ができています。
北海道の魚介類の中でもとくに人気なのが「うに」です。うにの旬や漁の解禁時期は場所や種類によって異なりますが、北海道では一年中うにが水揚げされているので、現地へ行けばどの季節でもとれたての味が楽しめます。現地でとれたてのうにを味わうのは格別で、「うにが好きでない人でも、北海道のうにを食べればたちまちうに好きになる」と言われるくらい、北海道のうには高く評価されています。
うには色や味がすぐに落ちるので、無加工の状態で流通させるのが難しい食材です。一般に出回るうには塩水につけたりミョウバンを添加したりして、色の変化やにおい、味などの劣化を防いでいます。運搬や保存の技術が発達したとはいえ、産地から遠く離れた場所でとれたての新鮮な味を楽しむことは難しいのです。しかし、ふるさと納税には、殻から取り出したばかりのうにの味が楽しめるお礼品が多くあります。
せたな町のふるさと納税のお礼品には、殻付き活うにの詰め合わせがあります。そのまま刺身で食べたり料理のトッピングに使ったり、網の上にのせて殻ごと焼いたりと、味わい方はいろいろあります。
もう少し気軽に楽しみたいという人には、深層水につけてあるタイプのお礼品をおすすめします。または、稚内市の、刺身用の「板うに」に加工されたお礼品もおすすめです。輸入もののうにもたくさん出回っていますが、国産のうにを味わいたいという方は、ふるさと納税でこれらのお礼品を選んでみてはいかがでしょうか。
しかしながら、鮮度の高いうにが味わえるタイミングは限られているので、旬を外れたときにはご飯のお供にもなる「うにの一夜漬け」がおすすめです。北海道の奥尻でとれたうにだけを使い、塩分控えめで加工することにより、うに本来の味を損なわず、一年中うにのおいしさが楽しめるようになりました。お土産品としても人気のうにの一夜漬けには、北海道産の干物や乾物などとセットになったお礼品もあります。季節を問わずうにを楽しみたいのであれば、このような加工品も試してみてはいかがでしょうか。

東北地方

うには青森県や岩手県などの東北地方でも多く水揚げされています。青森県でとれるうにの多くはキタムラサキウニとエゾバフンウニの2種類で、旬は春から夏にかけてですが、加工されているものを一年中食べられます。
北海道の特産品というイメージが強いうにですが、青森県の陸奥湾周辺のエリアは知る人ぞ知るうにの名産地とされています。陸奥湾は青森県の北部に位置し、津軽海峡を挟んで北海道に面する独特の地形が特徴です。西側から流れてくる津軽暖流と、山から川によって運ばれてくる豊富な栄養素が混ざり合い、プランクトンが増殖することで豊かな漁場となっています。
このような好条件を生かして、ホタテの養殖がさかんに行われたり昆布が多く水揚げされたりしているのです。うには雑食性ですが、昆布をはじめとする海藻を食べて育つと味がよくなるといわれており、陸奥湾はうににとっても好ましい環境といえます。
そんな青森県を代表する郷土料理が「いちご煮」です。とはいっても果物のいちごを使っているわけではなく、うにの赤い身をいちごに見立てて「いちご煮」と名付けられたもので、青森県でよくとれるうにとあわびを使ったお吸い物のことです。
なじみのない人にとってはとても贅沢な食材の組み合わせのように思われますが、青森県では結婚式などの祝い事でよく食べられています。ふるさと納税には、缶詰に加工されたいちご煮のお礼品が数多く用意されています。
自分の住んでいる地域では食べられない各地の郷土料理が手軽に味わえるのも、ふるさと納税の魅力です。岩手県の郷土料理に「海宝漬」というものがあります。海宝漬はめかぶといくら、あわびを醤油ベースの調味料に漬け込んだもの。ご飯との相性がいいご当地グルメの一つで、釜石市のお礼品の海宝漬には特別にうにがのっている豪勢なものがあります。
このように、東北地方のお礼品にはうにが楽しめる郷土料理が多くあり、未知の味を体験してみたいという人にもうってつけで、一年中うにを味わいたいという人向けには「塩うに」がおすすめです。豊富なお礼品のラインナップから自分の好みに合わせて選んでみてください。

中部地方

北の食材というイメージが強いうにですが、北は北海道から南は九州まで日本中に広く生息しています。中部地方では日本海側のうにがよく知られており、福井県の「越前うに」は日本三大珍味の一つとして有名です。越前うにはバフンウニを塩漬けにしたもので、バフンウニは夏のごくわずかな期間しか漁ができないため、生で食べられる機会が少ないうにです。そのため、流通や保存の関係で塩漬けされたものが一般に広まり、今でも越前うにとして広く親しまれています。
ふるさと納税では、福井県越前地方(嶺北)のうにをふんだんに使った「雲丹醤(うにひしお)」がお礼品として用意されています。醤(ひしお)というのは醤油や味噌の原型といわれる昔ながらの発酵調味料の一つで、そのルーツは縄文時代にまでさかのぼるとされます。醤は肉を使ったものから野菜や果物などを使ったものまでさまざまですが、雲丹醤は魚を原材料とする「魚醤」の一種です。福井県若狭地方(嶺南)では、古くから魚を使った醤油がつくられていました。そこで、名産品であるうにを使い、昔ながらの魚醤のつくり方を再現して生まれたのが「雲丹醤」なのです。雲丹醤の熟成や発酵にかかる期間はおよそ3カ月で、毎日職人が目で確認・管理しながら混ぜ続けて丁寧につくっています。
とろみがついた雲丹醤は、ほかの魚醤と同じように、刺し身につけたりドレッシングとして使ったり、卵かけご飯にかけたりと用途はいろいろです。また、パスタに混ぜることで簡単に「うにパスタ」が楽しめるということで人気が高まっています。各地域の伝統的な食文化やその歴史に触れることができるのも、ふるさと納税の魅力の一つです。

九州地方

九州地方では、熊本県の天草地方のうにが有名です。天草といえば鯛や車海老、とらふぐなどの魚介類が知られていますが、年間を通してうにがよくとれます。天草でとれるムラサキウニは旬が春と早いので、地元の人が待ち焦がれる春の味覚となっています。
天草市からは、ムラサキウニの「一汐(ひとしお)」がお礼品として届きます。一汐とは、やさしい塩加減で水分を抜き旨みを濃縮する加工方法のことです。美しい海・太陽・風という塩づくりの条件に恵まれた天草の海塩を使ってうにを一汐に仕上げています。地元産の素材にこだわったお礼品をお探しの方は、試してみてはいかがでしょうか。
また、うにの加工品では福岡県の「粒うに」もお礼品として用意されています。お礼品に採用されている粒うには職人が粒を壊さないよう丁寧に仕上げています。ご飯にのせて食べたり、そのままで少しずつお酒のさかなにしたりするのがおすすめだそうです。保存がきくので、一年中いつでもうにを楽しみたい人に向いています。
少し変わったものを試したいという方には、佐賀県からのお礼品の「うに醤油」がおすすめです。九州の醤油をベースに、みりんやお酒などの調味料で味付けし、うにを加えた「うに醤油」は刺身や豆腐などとの相性がよく、ご当地ものとして人気が高まっています。お礼品には、さくらやかえでなどのチップでいぶした珍しい燻製醤油との詰め合わせもあるので、料理好きの人におすすめです。そのほか、塩うにの瓶詰めや鯛や明太子、干物などと詰め合わせになったセットのお礼品などもあり、好みに合わせて選べます。

ムラサキウニ

「うに」とひと言でまとめてしまいがちですが、うににもたくさんの種類があります。主に食用にされるのは「ムラサキウニ」「キタムラサキウニ」「バフンウニ」「エゾバフンウニ」の4種で、中でもムラサキウニが日本国内では一般的です。
わたしたちが食べているのは、うにの「生殖巣(卵巣・精巣)」にあたる部分ですが、ムラサキウニは白っぽいクリーム色をしています。殻が紫っぽい色でトゲが長いのが特徴です。
ムラサキウニは本州から九州まで幅広く生息しています。その見た目から食材としては「白うに」とも呼ばれるムラサキウニは生で食べられることが多く、味わいは淡白でほのかな甘味と磯の香りがします。5月から6月に産卵期を迎えるので、春先が旬です。
一方、季節を問わず一年中ムラサキウニを味わいたいという人には、九州地方で生産がさかんな塩うにや一汐などがおすすめです。これらの加工品にも旬の時期にとれたムラサキウニが使われており、添加物なし、天然の海塩を使用する、などのこだわりが詰まったお礼品がいろいろあります。
粒うにや一汐などはそのままお酒のさかなにしてもよく合いますが、白いご飯にかけたりパスタに和えたりすれば、手軽にうにを味わうことができます。加工品は加熱処理されたものが多いので、劣化しにくいので生よりも長い期間食べられます。

キタムラサキウニ

キタムラサキウニはムラサキウニとは別種のうにで、北海道から本州の比較的低温の海域にかけて生息しており、ムラサキウニとともに「白うに」と呼ばれて流通することもあります。
ふるさと納税のお礼品では、生食用としてうにを用意している地域が多いのは北海道です。北海道では一年を通してうにがとれますが、生で味わえるのは夏までとなっています。新鮮なうにを刺身で味わいたいという人は、北海道のムラサキウニのお礼品を選んでみてはいかがでしょうか。

バフンウニ

「うに」と聞いてイメージするのは、ムラサキウニのように殻が長いトゲで覆われたものが一般的でしょう。しかし、バフンウニにはうにらしい長いトゲがなく、短いトゲで覆われていて全体的に緑っぽい色をしています。大きさは4~5センチほどとムラサキウニよりも少し小さく、見た目が「馬のフン(馬糞)」に似ていることからその名が付けられました。東北地方から九州まで幅広く分布しており、産卵期前の冬から春にかけてが旬となっています。
食べる生殖巣の部分はムラサキウニよりも濃い黄色やオレンジ色をしているのでエゾバフンウニとともに「赤うに」とも呼ばれ、身が小さいため多くは練りうにとして使われます。日本三大珍味の一つといわれる「越前ウニ」は、バフンウニを材料として、塩をふって味を濃縮させてつくられます。
うには殻から取り出すとすぐに劣化しはじめ、身が崩れたりにおいが出たりしておいしく食べるのが難しくなります。そのためミョウバンやアルコールで処理している加工品が多いのですが、ふるさと納税のお礼品となっている塩水うには、海水と同じ濃度の塩水だけを使っているので、うに本来の味が楽しめます。日高昆布で知られる北海道の日高町から近く、太平洋に面した浦河町のバフンウニを使用しています。うには基本的に雑食ですが、日高昆布を食べて育つこの地域のバフンウニは地元の人にもファンが多いそうです。この機会に、生食に近い味わいが楽しめるという「塩水うに」を試してみてはいかがでしょうか。

エゾバフンウニ

エゾバフンウニは、名前は似ていますが、バフンウニとは別の種類のうにです。バフンウニは北海道南端から九州まで日本各地に幅広く生息していますが、エゾバフンウニは北海道から東北地方にかけての寒い地域の海を好みます。
北海道のほぼ全域に生息しており、日本海側・オホーツク海側・太平洋側でそれぞれ産卵時期が異なるため年間を通して味わえますが、初夏から晩夏にかけてが旬です。
見た目にも違いがあり、バフンウニは5センチ程度であるのに対しエゾバフンウニは10センチほどと、ほかのうにに比べても大型です。エゾバフンウニは身の部分が濃いオレンジ色をしており、身崩れしにくく弾力があります。そんなエゾバフンウニはうにの中でも高級品とされ、市場では高値で取引されています。
ふるさと納税を利用すれば、高級品で手が出にくく味が落ちやすいエゾバフンウニを自宅で味わうことができます。塩水パックにしたものだけでなく「板うに(折うに)」もあるので、見た目を楽しむこともできます。板うには形が整っているものが多いので、サラダやパスタのトッピングに使うのがおすすめです。お礼品には、塩水に浸したタイプと折り詰めの両方が楽しめるセットもあります。どちらも味はお墨付きですが保存できる期間がわずかに違うので、板うにを先に食べるのがよいでしょう。
そのほか、刺し身として食べられるエゾバフンウニもお礼品として用意されています。塩水につけていないので、殻から取り出したそのままの味わいが楽しめます。うににはさまざまな加工方法があるので、自分が食べたい味や保存状態に合わせて選ぶことができます。

北海道や東北などの寒い地域でしかとれないというイメージが強いうにですが、北は北海道から南は九州まで、日本の各地の海に幅広く分布しています。エゾバフンウニは「蝦夷(えぞ)」という名のとおり、北海道の周辺でしかとれない貴重なうにで、高級料亭や寿司店で使われるのが一般的です。ごく大雑把に言えば、北海道と周辺地域のお礼品のうにはエゾバフンウニかキタムラサキウニで、それ以外ではバフンウニとムラサキウニが主になっています。ムラサキウニやバフンウニは東北から九州まで広い地域で水揚げされるので、生食だけでなく保存食として加工されます。
ふるさと納税のお礼品を通して、刺し身のほかにも「いちご煮」などの郷土料理や「粒うに」や「一汐」などの保存食があることがわかりました。「いちご煮」は青森県の漁師料理が起源で、資源の豊富な海からとれたあわびやうにを煮て食べたことからはじまったといいます。豊かな海があるからこそ生まれた郷土料理です。
岩手県の「海宝漬」もいちご煮と同じく、地元でよくとれる海の幸をメインに使った郷土料理の一つです。岩手県の三陸沖では昆布やわかめなどの海藻類がよく育ち、うにやあわびなどもたくさんとれます。豊かな海で育った食材を組み合わせることで「海宝漬」が生まれ、現代でも地元の人の食卓の味として親しまれています。このように、離れた地域に住んでいるとなかなか知る機会がない郷土料理や保存食を知ることができるのも、ふるさと納税のお礼品ならではの楽しみだといえます。
うには回転寿司に行けばリーズナブルな価格で手軽に食べられる一方、手が届きにくい高価格で提供されているうにもたくさんあります。国産のうにも多く水揚げされてはいますが、高価なので誰もが気軽に食べられるというものではありません。
うにといえば高級なイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。それはなぜかというと、うにが店頭に並ぶまでにはたくさんの時間と手間がかかるからなのです。種類によって生息している場所が違うため、漁の方法も変わってきます。一般的には大きな箱メガネで海底をのぞきながらかぎ針付きの棒で引っ掛けてとる「かけどり」と、ウェットスーツを着た海女さんが素手でとる「素潜り漁」の2つがあります。方法は違っても、どちらも一つ一つとらなければならないので、漁をするのに人手と時間が必要です。
漁を終えたらすぐに殻から身をはずす作業にとりかかりますが、この作業には経験による慣れが必要で、さらに時間と手間がかかります。うにの殻を割って不純物を取り除き、うにの身(生殖巣)を取り出します。取り出した身を洗って水切りし、詰めて出荷するという流れです。単純な作業のように思えますが、うにの殻を割るにも最大限の注意を払わなければなりません。殻がボロボロになれば、うにの身が傷ついたり崩れてしまったり、不純物が混じってしまったりして、売り物にならないからです。うには真水につけてしまうと味が落ちたり形が崩れたりしやすいので、水洗いは丁寧にすばやく行います。うには水に対してとても繊細なため、雨が降っているときは漁をしないというこだわりを持つ漁師もいるほどです。わたしたちが当たり前に食べているうにも、生産者の手間と時間がかけられています。ふるさと納税を利用することにより、日々うにをとってわたしたちの家庭に届けてくれる生産者の方たちに感謝の気持ちを伝えられるのではないでしょうか。
日本人は世界的に見てもうに好きな民族として知られており、国内消費量の多くを輸入に頼っています。輸入先はロシアやカナダ、中国、アメリカなどとなっており、国産のものより安価で流通しているので、スーパーマーケットなどの店頭でも簡単に手に入ります。とはいえ、うには水揚げした瞬間からどんどん鮮度が落ちていくため、輸送や保存の技術が発達した現代でも、とれたてのおいしさをいつでもどこでも味わえるわけではありません。以前に比べれば、遠方でも新鮮なうにを食べられるようにはなりましたが、一番おいしい状態で刺し身として味わうには、やはり現地まで出かけて行って食べるに限るでしょう。
しかし、だからこそ、いちご煮などの郷土料理や粒うに、一汐などの保存食が生まれたのです。うには傷みが早いため、生でおいしく食べられる期間はごくわずかしかありません。そのため、アルコールやミョウバンにつけたり、塩水に浸したりするのです。ふるさと納税では、生食や加工品などさまざまな味わいのうにがお礼品として用意されているので、自分の好みや保存期間を考慮して選べるのも魅力です。
お礼品を通して各地の魅力を再発見し、寄付をすることで日本の漁業を支える生産者たちを支援することができます。日本の食文化を支える生産者たちを応援すれば地域の活性化にもつながり、その土地の文化の発展に貢献できます。うにのように、日本人の食文化に欠かせない食材の背景について詳しく知ることができるのも、ふるさと納税の魅力の一つなのです。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ