認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 うに特集

うに特集

高級品で普段はなかなか手が出にくい「うに」も、ふるさと納税のお礼品としてなら気軽に受け取ることができるでしょう。生で食べるのはもちろん、その土地に行かないと食べられないような、うにを使った郷土料理を自宅で楽しめるのも魅力です。ふるさと納税を通して日本各地の本場の味を満喫してみてはいかがでしょうか。

北海道

北海道では一年中うにが水揚げされているので、現地へ行けばどの季節でもとれたての味が楽しめます。うには色や味がすぐに落ちるので、無加工の状態で流通させるのが難しい食材のため、稚内市の刺身用の「板うに」に加工されたお礼品はおすすめです。
北海道の奥尻でとれたうにだけを使った「うにの一夜漬け」は、塩分控えめで加工することにより、うに本来の味を損なわず、一年中うにのおいしさが楽しめます。お土産品としても人気のうにの一夜漬けには、北海道産の干物や乾物などとセットになったお礼品もあります。季節を問わずうにを楽しみたいのであれば、このような加工品も試してみてはいかがでしょうか。

東北地方

うには青森県や岩手県などの東北地方でも多く水揚げされています。青森県でとれるうにの多くはキタムラサキウニとエゾバフンウニの2種類で、旬は春から夏にかけてですが、加工されているものを一年中食べられます。青森県の陸奥湾周辺のエリアは知る人ぞ知るうにの名産地とされています。西側から流れてくる津軽暖流と、山から川によって運ばれてくる豊富な栄養素が混ざり合い、プランクトンが増殖することで豊かな漁場となっています。また、ホタテの養殖や昆布が多く水揚されるため、海藻を食べて育つと味がよくなるといわれるうににとって、陸奥湾は好ましい環境といえます。
そんな青森県を代表する郷土料理が「いちご煮」です。果物のいちごを使っているわけではなく、うにの赤い身をいちごに見立てて「いちご煮」と名付けられたもので、うにとあわびを使ったお吸い物のことです。ふるさと納税には、缶詰に加工されたいちご煮のお礼品が数多く用意されています。一年中うにを味わいたいという人向けには「塩うに」がおすすめです。豊富なお礼品のラインナップから自分の好みに合わせて選んでみてください。

九州地方

九州地方では、熊本県の天草地方では、年間を通してうにがよくとれます。天草でとれるムラサキウニは旬が春と早いので、地元の人も待ち焦がれる春の味覚となっています。
天草市からは、ムラサキウニの「一汐(ひとしお)」がお礼品として届きます。一汐とは、やさしい塩加減で水分を抜き旨みを濃縮する加工方法のことです。美しい海・太陽・風という塩づくりの条件に恵まれた天草の海塩を使い仕上げています。
うにの加工品では福岡県の「粒うに」もお礼品として用意されています。お礼品に採用されている粒うには職人が粒を壊さないよう丁寧に仕上げています。ご飯にのせて食べたり、少しずつお酒のさかなにしたりするのがおすすめだそうです。保存がきくので、一年中いつでもうにを楽しみたい人に向いています。
佐賀県からのお礼品では、「うに醤油」がおすすめです。九州醤油をベースに、みりんやお酒などの調味料で味付けし、うにを加えた「うに醤油」は刺身や豆腐などと相性がよく、ご当地ものとして人気が高まっています。

エゾバフンウニ

エゾバフンウニは、名前は似ていますが、バフンウニとは別の種類のうにです。エゾバフンウニは北海道から東北地方にかけての寒い地域の海を好みます。
北海道のほぼ全域に生息しており、日本海側・オホーツク海側・太平洋側でそれぞれ産卵時期が異なるため年間を通して味わえますが、主に初夏から晩夏にかけてが旬です。
エゾバフンウニは10センチほどと、ほかのうにに比べて大型です。身崩れしにくく弾力があり、うにの中でも高級品とされ、市場では高値で取引されています。
お礼品には、塩水に浸したタイプと折り詰めの両方が楽しめるセットもあります。

中部地方

北の食材というイメージが強いうにですが、北は北海道から南は九州まで日本中に広く生息しています。中部地方では日本海側の福井県の「越前うに」は日本三大珍味の一つとして有名です。越前うにはバフンウニを塩漬けにしたもので、バフンウニは夏のごくわずかな期間しか漁ができないため、生で食べられる機会が少ないうにです。そのため、流通や保存の関係で塩漬けされたものが一般に広まり、今でも越前うにとして広く親しまれています。
ふるさと納税では、福井県越前地方(嶺北)のうにをふんだんに使った「雲丹醤(うにひしお)」がお礼品として用意されています。醤(ひしお)というのは醤油や味噌の原型といわれる昔ながらの発酵調味料の一つです。雲丹醤は魚を原材料とする「魚醤」の一種です。雲丹醤の熟成や発酵にかかる期間はおよそ3カ月で、毎日職人が目で確認・管理しながら混ぜ続けて丁寧につくっています。

キタムラサキウニ

キタムラサキウニはムラサキウニとは別種のうにで、北海道から本州の比較的低温の海域にかけて生息しており、ムラサキウニとともに「白うに」と呼ばれて流通することもあります。

北海道や東北などの寒い地域でしかとれないというイメージが強いうにですが、北は北海道から南は九州まで、日本の各地の海に幅広く分布しています。エゾバフンウニは「蝦夷(えぞ)」という名のとおり、北海道の周辺でしかとれない貴重なうにで、高級料亭や寿司店で使われるのが一般的です。ごく大雑把に言えば、北海道と周辺地域のお礼品のうにはエゾバフンウニかキタムラサキウニで、それ以外ではバフンウニとムラサキウニが主になっています。ムラサキウニやバフンウニは東北から九州まで広い地域で水揚げされるので、生食だけでなく保存食として加工されます。
お礼品を通して各地の魅力を再発見し、寄付をすることで日本の漁業を支える生産者たちを支援することができます。日本の食文化を支える生産者たちを応援すれば地域の活性化にもつながり、その土地の文化の発展に貢献できます。日本人の食文化に欠かせない食材の背景について詳しく知ることができるのも、ふるさと納税の魅力の一つです。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ