認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 干物特集

干物特集

魚介類を干物にすると、アミノ酸(グルタミン酸)やイノシン酸といったうま味成分が増加します。生の魚介類よりも保存期間が長くなる上に、より一層うま味が強くなるのは嬉しいメリットですね。ふるさと納税のお礼品として用意されている干物には、その土地でとれた魚介類を使った、高品質でおいしいものがたくさんありますので地域ごとに代表的な干物をご紹介します。

北海道

北海道は、「ほっけ」の漁獲量が全国第1位(※1)です。
北海道では刺身として流通している地域もありますが、鮮度が保ちにくいので開き干しに加工されることが多い魚です。
ほっけは骨や皮から身が外れやすいため食べやすく、上品でクセの少ない味が特徴です。特に5月から7月にかけて水揚げされるほっけは、脂ののりがよく、ジューシーな味わいを楽しむことができます。

東北地方

東北地方でも特に三陸地方(青森県・岩手県・宮城県) は「いか」の漁獲量が多く、青森県が全国第1位を誇ります(※1)。
いかを干したものとしては、おつまみなどで食べられる「するめ」が一般的ですが、ふるさと納税のお礼品として用意されているいかの干物には一夜干しのものも多くあります。軽くあぶったり、生のいかと同様に煮物に使用したりと、使い道も豊富です。東北地方のお礼品には、他の魚介の干物とセットになっているものもあるので、そちらの干物も楽しめます。

関東地方

関東地方のお礼品として用意されている干物の代表的なものに、茨城県の大津漁港で水揚げされたシラスをゆでて加工した「しらす干し」があります。
しらす干しとよばれる干物には、ゆでた後に短時間乾燥させて仕上げる「釜揚げ」と、かたくなるまで干して仕上げる「かちり」があります が、関東地方のふるさと納税のお礼品として用意されているしらす干しは釜揚げがメインです。新鮮なうちに釜揚げしたしらすなので、風味もしっかり楽しめます。

中部地方

中部地方で水揚げされる豊富な種類の魚介類のなかで、伊豆下田の名産品は「金目鯛」です。金目鯛は真っ赤な身体に大きな瞳という派手な出で立ちをしていますが、味は上品で柔らかく、ふっくらとした食感が人気の白身魚です。金目鯛は200〜800メートルほどの深さのところに生息している ため、日本近海では漁獲できる漁場も限られています。
下田周辺の金目鯛がおいしくなる季節は、12月から2月ごろと産卵を控えた6月から7月ごろです。より一層脂がのった金目鯛は 煮付けや刺身にするのもおいしいのですが、干物にすると一段とうま味が凝縮します。

近畿地方

近畿地方は、有数のむろあじ類の水揚げ地となっています。
丸あじなどのむろあじ類は、真あじよりも血合いの割合が大きいため、鮮魚としてではなく、干物など何らかの加工を施されてから出荷されることが多いようです 。
近畿地方のふるさと納税のお礼品として紹介されているあじの干物には、丸あじなどのむろあじ類や真あじがあります。いずれの種類のあじでも、脂ののりがよくふっくらとして食べやすいものがそろっています。

中国地方

口の中が黒いことからその名がついた「のどぐろ」は、アカムツという正式な名前がありますが、全国的にものどぐろという名で広く知れわたっているようです。
のどぐろは、石川県をはじめとする北陸地方が有名ですが、中国地方での水揚げ量も多く、山口県の下関漁港も有数の水揚げ量を誇っています。 また、島根県や鳥取県でとれるのどぐろの質の高さには定評があります 。生食でもおいしいのどぐろですが、干物にするとより深い味わいが楽しめます。日本有数ののどぐろの産地で作られた干物をぜひご堪能ください。

四国地方

四国でもさまざまな干物が作られていますが、高知県では酢で締めて姿寿司にすることもある「かます」 をご紹介します。かますは細長い体と小さな頭が特徴の白身魚です。秋には脂ののりがよくなり、より一層濃厚な味わいになります。
新鮮なうちに一夜干ししたかますの干物は、焼くと甘みが出てふわふわになります。ご飯のおかずにはもちろんのこと、お酒のおともにもぴったりです。 うま味がぎゅっと凝縮して、生のかますとはまた違った食感と風味を味わうことができるかますの開き干しを、ぜひお試しください。

九州地方

九州地方ならではの干物は「からすみ」です。からすみは、ボラの卵巣を塩漬けし乾燥させたもので、越前(福井県)の「うに」、三河(愛知県)の「このわた」とともに日本三大珍味の一つに数えられています。からすみは他の地域でも作ることはできますが、からすみ生産の歴史は九州地方が圧倒的に長いといえるでしょう。
濃厚な味が楽しめる九州のからすみは、良質で味も良く希少価値が高い逸品です。お酒の肴としてだけでなく、さまざまな料理のアクセントとしても利用できます。

干物は日本の歴史のなかで長く愛されてきました。魚介類の消費量が年々減少してきているとはいえ、魚には人間の身体に必要な栄養素がたくさん含まれているので、積極的にとりたい食品です。干物は、まるごと一尾の生魚よりも調理の手間や時間がかからないという大きなメリットがあります。
全国各地で水揚げされた海の幸・川の幸を新鮮なうちに干して作られるおいしい干物を、ご堪能ください。

◇ 参考・参照元
※1)平成29年農林水産省「漁業・養殖業生産統計」http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/kaimen_gyosei/index.html

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ