認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 貝特集

貝特集

日本には古くから貝を食べる習慣がありました。ホタテやアサリ、シジミ、アワビなど日頃から食卓で目にする貝も多いのではないでしょうか。ふるさと納税のお礼品では、日本各地でとれた新鮮で美味しい貝を、天然ものから養殖ものまで幅広く用意しています。ふるさと納税を利用して、旬の貝を取り寄せて味わってみませんか?

北海道

北海道といえば魚介類が美味しいというイメージを持つ人も多いでしょう。魚や昆布はもちろん、貝類の漁獲量も多く、ホタテをはじめツブガイやホッキガイ、アサリ、アワビにカキなど有名なものがたくさんあります。
北海道の貝の代表とも言えるホタテ。現在流通しているホタテの大半は養殖ですが、一部天然のホタテもあります。ヶ岳の雪解け水によって山から栄養分が噴火湾に流れ込み、繁殖したプランクトンを食べてホタテが大きく美味しく育ちます。
北海道最北端の稚内(わっかない)市がある宗谷地方では、5月から9月にかけてホタテ漁が解禁となります。厳しい寒さのオホーツク海域でとれた、甘みがあって身が引き締まっている美味しいホタテは、旬の時季にしか手に入らない貴重な貝です。
網走(あばしり)市と網走郡大空町にまたがる網走湖でとれた大粒のシジミもお礼品として用意されています。網走湖は淡水と海水が混じり合った汽水湖で、ここでとれるシジミは濃厚な味わいが特徴です。厚さが14mm以上になったものだけを捕獲しているため、普段スーパーマーケットなどで見るシジミとは大きさが違います。
また東北海道に位置する厚岸(あっけし)町はカキの町として有名です。カキの旬といえば冬ですが、厚岸は一年中カキが食べられる日本で唯一の地域。年間を通してカキが出荷できるのは、水温が低いために成長が遅れる性質を利用し、養殖によって出荷時期を調整しているからです。ここより南の水温が比較的高い地域に比べてカキの成長が遅く、そのため他よりも長い間栄養を取ってじっくり育つので、厚岸でとれるカキはふっくらした身と濃厚な甘みが特徴になっています。
一年中カキが食べられる地域ではあるものの、時季によって風味や味わいが異なります。最も美味しいのは旬の冬と言われ、普段から水温の低い海面が、より厳しい寒さによって氷に覆われるため、旨味成分が蓄積して非常に美味しいカキになります。春には濃厚でクリーミー、夏は大きくふっくらとしたカキになり、他の地域では味わえない四季折々の味覚を楽しめるのが魅力です。もちろんふるさと納税のお礼品にも用意されています。
また釧路町の仙鳳趾(せんぽうし)も知る人ぞ知るカキの名産地。きつい潮の流れと荒波の中で育ち、プリプリで身が引き締まったカキに育っています。大粒で強い甘みと濃厚クリーミーな味わいが特徴です。

東北地方

青森県はホタテの生産量が全国第2位です(青森県ほたて流通振興協会 青森県の生産量より)。下北半島と夏泊(なつどまり)半島、津軽半島に囲まれた陸奥湾では、昭和30年代からホタテの養殖に取り組み、40年代には採苗の量産化と養殖技術の開発などにより増産が進み、昭和49年までには生産量が日本一になりました。しかしその後昭和50年には、広い養殖場に恵まれた北海道がホタテの生産量全国第1位となり、現在まで青森県のホタテ生産量は第2位となっています。陸奥湾の沿岸一帯がホタテの養殖場になっており、陸奥湾のホタテは、柔らかくて肉厚、まろやかな甘みが特徴です。
そんな広大なホタテ養殖場を持つ青森県からは、当然ながらホタテが用意されています。瞬間冷凍した貝柱や、じっくり乾燥させた干し貝柱、スチーマーでボイルしたもの、フレーク状にして佃煮にしたもの、調味料で和えて缶詰にしたものまでさまざまです。またホタテの他にも、調理済みのシジミやホッキガイのお礼品があります。
岩手県の宮古市には「花見かき」というブランド名のカキがあります。ふるさと納税のお礼品にもこの宮古産のカキが用意されており、新しい冷凍方法で殻付きのまま手元に届きます。この冷凍方法は東京海洋大学食品冷凍学研究室と宮古水産物商業協同組合との共同研究によって開発されたもので、そのおかげで、とれたての美味しいカキがそのまま楽しめるようになりました。また岩手県からは天然活アワビも用意されています。
岩手県では、アワビを守るために潜水漁は行っていません。潜水漁は効率が良いものの、その分とりすぎてしまうといった弊害があり、資源保護のために潜水漁を行わず、そのため毎年多くの天然アワビが水揚げされています。しかしアワビ漁の解禁期間は毎年11月から12月までのたった2カ月間で、数回しか漁ができないため貴重です。岩手県産の活アワビは身の締まりが良く旨味がぎゅっと詰まっています。

関東地方

千葉県はハマグリの有数の産地です。特に九十九里浜は他の砂浜よりも砂粒が細かく、美味しいハマグリがとれることで有名です。千葉県からは、この九十九里浜でとれたハマグリが、砂出しをした状態で届きます。定番の酒蒸しや焼きハマグリ、鍋やお吸い物、パエリアなどさまざまな料理に使える万能食材です。また同じく九十九里浜でとれたナガラミもあります。ナガラミは比較的限られた地域に出回っている巻貝です。土地によって呼び方が多少異なり、関東ではナガラミあるいはナガラメと呼ばれることが多く、「九十九里の海のダイヤモンド」と称され、地元を中心に愛されています。他にも酒蒸ししたアワビやハマグリ、特大サザエの壺焼き、伝統の佃煮製法で煮たアサリ串などが用意されています。
茨城県東部の沖合に広がる鹿島灘(かしまなだ)でとれ、平成7年には「鹿島灘はまぐり」の名でブランド化されました。鹿島灘地区では、古くから肉の代わりにハマグリを使ったハマグリカレーが親しまれています。洗浄・塩抜き・加熱済みのものはパックから出してそのまま食べることもでき、酒のおつまみとしてもおすすめです。もちろん酒蒸しやお吸い物、佃煮などに料理しても美味しく食べられます。また茨城県はシジミの産地でもあります。

中部地方

愛知県はアサリの捕獲量が全国第1位(農林水産省平成29年漁業・養殖業生産統計より)で、三河湾でとれた天然のアサリを天日干しにした干物を用意しています。天日干ししたことで旨味が凝縮され、噛むたびに口の中に海の香りと風味豊かな深い味わいが広がります。酒のさかなにもおすすめの一品です。今ではわずかになった貝むき職人が一つひとつ生むきにこだわって作りました。同じく天日干しにした天然貝「白ミルガイ」もあります。また本来の磯風味を生かしてじっくり炊き上げたアワビ煮も。日本酒を使って煮込み、アワビを柔らかくしつつ旨味成分をしっかり染み込ませています。
静岡県はアサリの捕獲量が全国有数です。。県西部にある浜名湖は海水と淡水が混ざった汽水湖で、アサリやカキ、うなぎ、スッポンなどの養殖がさかんです。水深が浅い場所も多く、水底が砂泥のためアサリの成育に適した環境になっています。アサリの捕獲は一年中行われているものの、春から初夏にかけてが旬で、ふっくらと柔らかい身と濃厚な旨味が特徴です。静岡県では、そんなアサリや、活アワビ、活サザエ、トコブシなどをそろえています。トコブシはアワビを一回り小さくしたような貝で、あまり市場には出回らず、地元で消費されることが多いため希少です。生息地は北海道の南から九州の北部までと広く、旬は春から夏にかけての時季。

近畿地方

京都府からは、漁師が素潜りでとったサザエを用意しています。京都府北部、丹後半島の先端に位置する伊根町に面した海には、サザエが主食とする海藻類が豊富で、身が引き締まりコリコリとした食感と豊かな磯の香りが特徴の美味しいサザエや、殻付きのまま冷凍した新鮮なカキが届きます。京都府北部にある舞鶴市でとれた岩ガキは、クセがなく濃厚でとろけるような食感が特徴です。そのほか「かきくん製油づけ」の缶詰などもあります。
大阪府からは、「活アワビの旨煮」が届きます。旨煮はみりんや砂糖、醤油で煮詰めて照りを出した煮物の一つで、割烹(かっぽう)職人が生きたアワビを使ってその旨味を引き出しました。
三重県からは新鮮な活ハマグリが用意されています。意外にもハマグリは豚肉と相性が良いため、おすすめメニューはハマグリ豚鍋です。もちろん焼きハマグリやお吸い物などにしても美味しく食べられます。
兵庫県には、瀬戸内海でとれた新鮮なカキを醤油と砂糖のみで柔らかく炊き上げた佃煮「カキの含め煮」があります。保存料を使わず、調味料や香辛料の産地にまでこだわって丁寧に作られています。温かいご飯のお供はもちろん、お弁当のおかずや酒のさかななど、いろいろに楽しめます。

四国地方

高知県はトコブシの主な産地です。トコブシは小型のアワビのような貝で、高知県ではナガレコなどと呼ばれることも。干潮時に岩などを動かすと流れていくように逃げる様子から名付けられたとされます。高知県の東南部に位置する室戸市は、ユネスコ世界ジオパークに認定されるほど自然環境が豊かな土地であり、大小の岩が隆起している磯はトコブシの生息に適した環境となっています。トコブシは漁師が素潜りでとっていて、また漁をする期間も短いため、市場にあまり出回らない希少な貝です。高知県からはこのトコブシや、その煮付けをお届けします。コリコリした歯ごたえで弾力のある食感が特徴です。
愛媛県には、日本三大急潮の来島(くるしま)海峡があります。流れが複雑な急潮流の中で育ったサザエは、とびきり美味と評判です。お礼品にはもちろんこのサザエが用意されています。刺身や壷焼きなど定番の食べ方はもちろん、サザエめしにするのも美味しくておすすめです。

九州地方

長崎県では、対馬(つしま)のサザエが有名です。対馬のきれいな海で上質の海藻を食べて育ったサザエは、プリプリした身とコリコリした歯ごたえに加え、濃厚な味わいと旨味があります。また潮の流れが速く波も荒いため、流されないよう岩に引っかかるようにするためにツノが成長します。そのため対馬のサザエはツノが少し大きいのが特徴です。お礼品にはこの新鮮なサザエや、水産庁長官賞を受賞した「牡蠣の燻製オリーブオイル漬け」「ホタテの燻製」などが用意されています。
熊本県の天草諸島では、岩ガキが知る人ぞ知る名物となっています。日本有数の干潟がある有明海と不知火海が接する栄養分に富んだ海で育てられた、こだわりの生ガキです。お礼品にもこの生の岩ガキが用意されています。天草の岩ガキは熊本県内で唯一、生で食べられることで知られています。
佐賀県の北西に位置する唐津市では黒アワビがとれます。佐賀県からはこの天然黒アワビの酒蒸しやゆず味噌漬け、ゴマだれ焼き、燻製などが届きます。そのほか、カキのスモークオイル漬けや貝柱の粕漬けなどもあります。

サザエ

サザエは壷焼きや刺身などの食べ方がお馴染みの、コリコリした食感と磯の香りが特徴の巻貝です。主な産地は愛媛県や三重県、鳥取県、石川県、京都府など本州の中部以南の府県です。水温の低い海域では成長が遅くなり、逆に温かすぎても生息できません。
産卵期は夏場で、旬の時季は産卵前の春から初夏にかけてです。地域によってツノがあるものとないものがあり、一般的にツノがないサザエの方が身が柔らかいとされています。料理方法は上に挙げた壷焼きや刺身が定番ですが、他にもバター炒めや炊き込みご飯、煮貝などにして食べることもあります。
ふるさと納税のお礼品としては、静岡県や千葉県、京都府、福井県、愛媛県、長崎県の対馬などで用意されています。サザエの多くは貝のままで届きますが、お礼品によっては説明書や貝はずしのサービスがあるものも。また煮付けやボイルしたもの、サザエめしの素など加工品も数多くそろっています。

アワビ

貝類の中でも高級品であるアワビは、「磯の鮑(アワビ)の片思い」ということわざがあるように、一見すると二枚貝の片側の貝殻がなくなったような姿をしていますが、実はれっきとした巻貝の仲間で、殻が極端に上下につぶれた形になっているのです。乱獲によって年々漁獲量が減少していることで、さらに高価なものになってきています。国産のアワビには4種類あり、種類によってとれる地域が異なりますが、アワビ全体としての主産地は岩手県と宮城県、それに次いで千葉県です。食べ方も地域によってさまざまですが、刺身や酒蒸し・ワイン蒸しにして食べられることが多く、他にも揚げ物や干物、すまし汁や炊き込みご飯と多岐にわたります。
また、ゆでた後に天日で乾燥させた干しアワビは高級食材として有名です。あまり知られていませんが、干しアワビは江戸時代から日本で生産され、中国を中心に輸出されています。青森県や三陸地方をはじめとする東北地方の太平洋岸で捕獲される天然のエゾアワビを材料にして伝統的な技法で作られ、今では干しアワビのブランドとなっています。しかし、干しアワビは中国の三大食材に数えられるほど中華料理の食材として有名で、ブランド干しアワビもほとんど国内には出回っていないのが現状です。
アワビをお礼品にしているのは、静岡県、千葉県、福井県、佐賀県、長崎県、熊本県などで、九州地方で多く用意されています。そのほか、煮アワビや海鮮漬けなどもあります。

ホタテガイ

多くの人にとって比較的口にする機会の多い身近な貝類の一つではないでしょうか。食材としては通常ホタテで通っていますが、正式な和名はホタテガイ。片方の貝殻を舟の帆のように立てて海上を進むと信じられたことから帆立貝と呼ばれるようになったとされます。国産のホタテは東北地方から北海道にかけての海域の水深10mから30mぐらいの比較的浅い海底に生息しています。ホタテで有名なのはやはり美味しい海産物で知られる北海道。天然もののホタテでは北海道産が多く出回っています。日本国内では養殖が広く行われており、特に青森県の陸奥湾ではさかんです。刺身としてはもちろん、バター焼きやバーベキューでもお馴染み。またホタテの缶詰なども多く流通しています。
ホタテのお礼品も、殻付きのものから、殻をむいて貝柱だけにしたもの、とれたてを急速冷凍したものまでさまざまです。

日本で貝を食べてきた歴史は非常に古く、その起源は縄文時代にまでさかのぼると言われています。当時の貝塚から見るに、ハマグリを筆頭にアサリやアカガイなどといった現在でも食べられている貝が多く食されていたことが分かっています。貝塚とは食べた貝の殻などを捨てた古代のゴミ捨て場のことです。
現在市場に出回っている貝類としては、アサリやシジミ、サザエ、アワビ、ホタテ、カキ、ムール貝、トリガイ、トコブシなどが挙げられます。アサリやシジミは特に普段の食生活で馴染み深い貝類ではないでしょうか。味噌汁の具によく使われ、今やインスタント味噌汁の具としても定番の食材となっています。
アサリは海の浅い場所でとれることから浅利、あるいは海辺で「漁(あさ)る」ことで比較的簡単に手に入ったことから名付けられたという説があります。日本各地の内湾に生息しており、潮干狩りでとれる貝としても身近な存在です。貝殻の模様や色は個体ごとに異なり、また地域によっても違いがあります、例えば北海道産のアサリは比較的大きくて貝殻が厚く、ベージュとグレーの間のような色で目立つ模様がないものが多く、一方で千葉県産は色が多彩で鮮やかな貝殻をしているものが多いとされます。
アサリの漁獲量が一番多いのは愛知県で、国産のアサリの7割近くを愛知県産が占めています。海産物の産地として名高い北海道もアサリの特産地であり、厚岸町は北海アサリと呼ばれる大きめのアサリの産地でもあります。また、輸入物も多く流通しています。アサリの食べ方はバラエティに富み、定番の味噌汁や酒蒸し、ボンゴレやクラムチャウダーなど、和食はもちろん洋食にも中華料理にも使える万能の食材です。
シジミはアサリと並んで味噌汁の具として定番の二枚貝で、淡水、または海水と淡水が混じった汽水域に生息します。ヤマトシジミやセタシジミ、マシジミなどの種類がありますが、スーパーマーケットなどに出回っているシジミの多くはヤマトシジミです。シジミの主な産地は島根県と青森県で、この2県で全体の7割を占めますが、シジミは日本全国に分布しており北から南まで全国的にとれています。
「マガキ(真牡蠣)」という和名だとピンとこない人も多いかもしれませんが、普通は単にカキと呼ばれることが多い貝です。近年ではブランドガキも増えており、有名なものだけでも30種類を超えると言われます。食用としてのマガキの歴史は古く、古代の貝塚からもマガキの貝殻が多く出土しており、マガキが非常に古くから食されてきたことが分かります。天然のマガキは日本各地に生息しており、また広く養殖が行われています。
トコブシはアワビと同じミミガイ科の巻貝です。北海道の南部から九州にかけて全国各地の岩礁域でとれますが、まとまった量がとれるところは多くなく、四国地方や三重県などのものが主に市場に出荷されています。地域によって呼び名も異なり、ナガレコやナガラメ、フクダメなどと呼ばれることも。お礼品のトコブシは高知県産のものが主です。
貝類のお礼品はキログラム単位のまとまった量で届くのも魅力の一つです。冷蔵か冷凍かという輸送時の状態にもよりますが、新鮮なとれたての貝が届くため、大人数で食べるもよし、冷凍保存して長く食べるもよし、家族や友人におすそ分けしてもよしです。おすそ分けによって、地域の特産品やその地名などが人を通して広まるため、寄付した地域にもより貢献できます。
今回ご紹介しただけでも、聞いたことのない貝の種類や貝の産地、加工品があったのではないでしょうか? 全国的に流通している貝はもちろんですが、日持ちしないためや知名度が低いために地産地消で全国的に出回っていない貝も多くあります。ふるさと納税を利用して、全国各地の貝を心ゆくまでご堪能ください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ