認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. 肉特集  > 
  4. ハンバーグ特集

ふるさと納税 ハンバーグ特集

ハンバーグ特集

お礼品としてご用意しているハンバーグは、地元のお肉屋さんなどその土地のお肉の特徴をよく理解している職人によって作られているものがたくさんあります。お礼品のハンバーグを選べば、それぞれの地域のおいしいお肉を、ご自宅でもベストな状態で堪能することができます。お礼品として、各地のオリジナルのハンバーグを選んでみてはいかがでしょうか?

北海道

北海道のハンバーグのお礼品には、地元のブランド肉をふんだんに使用したものがたくさんあります。例えば、上質な霜降と肉の味の濃さが特徴の「びらとり和牛」、栄養価が高いといわれる「海藻ポーク」、チーズを作る時に出るホエー(乳清)を100%飲ませて飼育した「夢民豚(むーみんとん)」を使用したハンバーグです。
他にも、北海道産の牛肉と豚肉をブレンドして作られた地元のお肉屋さんこだわりのハンバーグも複数あります。独自の配合でブレンドしたスパイスでお肉の旨みが引き出されているハンバーグもあれば、オリジナルのデミグラスソースが付属しているハンバーグなどもあり、北海道で食べられる味がそのまま再現されています。

東北地方

東北地方で育った牛肉を使用したハンバーグは、どれも肉汁の旨みをしっかり感じられるものばかりです。「仙台牛」は肉質に対する審査が厳しく、それによって認定されたものだけが仙台牛という呼称を認められています。仙台牛で作られたハンバーグは、複数の野菜がブレンドされており、肉の旨みが効果的に引き立てられています。「いわて短角和牛」のハンバーグは、つなぎを極力控えることで、素材がもともともっている弾むような口当たりをそのまま表現しています。いわて短角和牛は、夏山冬里方式の育成を行っており、ホルモン剤などを使用していないため、噛むたびに深みのある自然なコクを感じることができるはずです。
秋田県で育てられた「シルクポーク」を使用したハンバーグをはじめとする惣菜のセットもあります。シルクポークは、高い水準の環境と高品質の飼料によって育てられています。ハンバーグとともにさまざまな豚肉料理を楽しむことができます。

関東地方

関東地方のお礼品にも、魅力的でおいしいハンバーグが多数そろっています。千葉県で育てられた「元気豚」と呼ばれるお肉を、国産牛肉や野菜と合わせて作り上げたハンバーグは、ほかの地域の老舗レストランと共同開発したもので、素材にこだわることでおいしさを追求したハンバーグに仕上がっています。元気豚は、安全や安心とともにおいしい豚肉づくりをすることをモットーとしています。
神奈川県のお礼品には、幅広い年代の人が通うレストランで人気の手ごねハンバーグのセットもあります。人気の味をご自宅で簡単に味わうことができるので、お肉の旨みをしっかり堪能することができるでしょう。レストラン自家製のステーキソースもついてくるので、ハンバーグのおいしさをより引き立てることが可能です。
茨城県の「美明豚」を使用した、ボリューム満点の手作りハンバーグもあります。美明豚は、乳酸菌をバランスよく配合した飼料で育てられたお肉です。これに国産牛肉を合わせることで、やわらかくてジューシーな手作りハンバーグとなっています。

中部地方

中部地方では、こだわりの特産牛肉を使用したハンバーグが多数あります。岐阜県の「飛騨牛」は、肉質がきめ細かく、とろけるような舌触りを味わうことができるお肉に仕上がっています。お礼品では、飛騨牛のみを使用した、ホテルで提供されている絶品のハンバーグを選ぶことができます。
山梨県のブランド牛「甲州ワインビーフ」は、ワインの製造過程で出るぶどうの搾りかすを飼料に混ぜて与えられています。それにより、クセのないおいしい赤身肉が生まれています。甲州ワインビーフを使用したハンバーグは、氷温熟成という方法によって、素材の風味を活かしながら熟成されています。熟成肉は、その独特の香りを苦手とする人も多いですが、氷温熟成を行うとそれがほとんど気になりません。そのため、子どもからお年寄りまでの誰もがおいしく食べることができる味わいに仕上がっています。

近畿地方

全国のブランド牛のルーツとなっている但馬牛が育てられている近畿地方には、おいしいお肉がたくさんあります。京都府の「奥丹波みたけ牛」のハンバーグは、40日もの期間をかけて熟成させたうえで作られています。スパイスでほどよくメリハリが付けられたお肉はとてもジューシーで、病みつきになるおいしさです。ハンバーグのおいしい焼き方の説明書もついているので、ご家庭でも上手に焼くことができるでしょう。大阪府の「能勢黒牛」を使用したハンバーグやカツなどのセットもあります。能勢黒牛は、大麦を主とした飼料を食べており、サシの部分は不飽和脂肪酸となっています。そのため、脂が固まらず、霜降りでもさっぱりとした味わいを感じることができます。
さらに、お礼品の中には、伊賀牛とさくらポークを混ぜ合わせたハンバーグもあります。

中国地方

中国地方では、かなり昔の時代から和牛の改良に力が入れられており、おいしい牛肉が多数存在しています。島根県の「奥出雲和牛」は、徹底的な管理体制のもとで作られた安全なお肉です。お礼品として用意されているハンバーグは、余計な調味料を使用しておらず、素材のままの安心感を守って作られています。
「鳥取和牛」のハンバーグは、他の肉は使用していないため、鳥取和牛そのものの食べ応えをしっかり感じることができます。脂は甘く、オリジナルで加えられたスパイスがハンバーグ全体の味を整えています。他にも、鳥取和牛と大山豚を合わせたハンバーグもあります。こちらは、2つのお肉がしっかり手ごねで混ぜられており、それぞれの旨みが相互作用を生み出して、より深みのある味わいを実現しています。

四国地方

四国地方のお肉を使ったハンバーグは、なかなか味わうことのできないおいしさが詰まったものばかりです。例えば、高知県でしか改良されることがなく、希少な「土佐あかうし」を使用した手作りハンバーグがあります。また、「四万十牛」のハンバーグもあります。四万十牛は、四万十川の新鮮な水や独自の飼料などによって丁寧に育まれた健康的なお肉です。お礼品としては、コロッケとハンバーグがセットになったものもあります。
香川県の「オリーブ夢豚」を使用したおいしいハンバーグもあります。ハンバーグといえば牛肉というイメージが強いかもしれませんが、オリーブ夢豚は深いコクと旨みがあり、ジューシーさが魅力的な豚肉であるため、牛肉にも負けないおいしさをもっています。ハンバーグとして成形する際も保存料や着色料を使用していないので安心です。

九州地方

九州地方は、こだわりの詰まったブランド牛がたくさん育てられている地域です。黒毛和牛である「豊後牛」を使用したハンバーグは、肉の特徴を熟知した老舗のお肉屋さんが作っているので、しっかり肉の旨みを引き出す工夫がされていて絶品です。
自然豊かな環境で育てた黒豚は、地域の特産品である安納芋を与えて育てられており、口に入れた瞬間にその甘みが広がるおいしいお肉です。お肉は黒豚のみを使用し、玉ねぎや香辛料などをバランスよく混ぜ合わせることによって、黒豚の素材を活かしたおいしいハンバーグが作られています。
猪肉で作られた珍しいものもあります。素材を活かしつつ、玉ねぎやナツメグを加えて食べやすい味付けに調整してあります。火を通すと、ふんわりとしたおいしいハンバーグをすぐに食べることができます。焼いたあとにソースをかけてもおいしいく、煮込みハンバーグにしてもやわらかい食感はそのままです。

それぞれの地域では、地元の自慢のお肉のおいしさを活かしたハンバーグのお礼品が多数用意されています。独自の飼育方法で育てられたお肉を使い、さらにこだわりのブレンド方法や味付けで作られたハンバーグはどれも絶品です。ハンバーグは、地域のお肉を長い時間に渡って見守ってきた地元の専門家によって作られているものが多いので、絶妙なおいしさを引き出す味付けとなっています。
ふるさと納税のお礼品として、地域の生産者が心を込めて育てたお肉で作られたハンバーグをぜひ選んでみてはいかがですか。いつものワンランク上のおいしさを堪能することができるはずです。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ