認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 東北特集

東北特集

本州の最北部に位置する東北地方は、豊かな自然と厳しい気候が育む「食」の恵みがあふれる地域です。東北地方は、その風土が培った海の幸、山の幸が豊富にとれ、ふるさと納税のお礼品にも、新鮮な魚介類、ブランド牛、高級フルーツなどが幅広く用意されています。東北地方の魅力を伝えるお礼品を、ぜひ手に入れてみませんか。

北海道に次いで面積の広い東北地方は、広大な牧場や質の良い牧草、きれいな水など、畜産に適した環境が整っていることから、各地で名だたるブランド牛が育てられています。
一般に「国産牛」と言えば国内で育てられた牛肉全般を指しますが、その中でも特に肉質の良い「黒毛和種」「褐毛和種(あかげわしゅ)」「日本短角種」「無角和種」の4種を「和牛」と呼んでいます。食味が良く高級とされる和牛の中で、生産地ごとに定められた育て方や品質の条件を満たしているものがブランド牛で、「山形牛」や「福島牛」など生産地の名を冠したブランド名が付けられています。
東北地方には、「山形牛」「米沢牛」「仙台牛」「福島牛」など有名なブランド牛がありますが、その他にも各県に高い品質を誇るブランド牛がずらりとそろっています。ふるさと納税のお礼品には、最高ランクとされる「A5ランク」の牛肉も用意されているので、各地のとびきりのお肉を味わってみてはいかがでしょうか。ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグとさまざまなお礼品がそろっているので、お好みの楽しみ方ができるのもいいですね。
東北地方には牛肉だけでなく、「ブランド豚」と呼ばれる、高い品質を誇る豚肉もあります。ブランド豚は飼育環境や飼料にこだわって育てられているため、豚肉特有の臭みが少なく、脂身があっさりしているのが特徴です。お礼品には、青森県の「川賢こだわりポーク」や秋田県の「笑子豚(えこぶー)」、岩手県の「南部高原豚」や宮城県の「ミヤギノポーク」など、各地のこだわりの豚肉がそろっています。豚肉のお礼品には、生肉だけでなく、ソーセージやハム、ベーコン、味噌漬けなど美味しい豚肉を生かした加工品もあります。
東北地方には、その他にも「しゃも肉」や地鶏などの味わい深い鶏肉や、高タンパク低カロリーの馬肉などもあり、バラエティ豊かなお肉がそろっています。

魚介類

八戸(はちのへ)港や石巻(いしのまき)港などの大きな漁港を持つ東北地方は、漁業のさかんな地域です。また、太平洋側に続く複雑に入り組んだ地形の「リアス式海岸」は、豊かな海の恵みを生かした養殖場としてホタテやカキなどさまざまな海の幸を生み出しています。
東北地方ならではの魚介類のお礼品としては、岩手県の「泳ぐホタテ」や「天然活あわび」が目を引きます。その名のとおり生きたまま泳ぐホタテは鮮度の良さが自慢で、地元でなければなかなか手に入らない品。三陸の冬の荒波で育った活アワビは、一年のうちわずか2カ月間しか漁が行われない貴重な海の幸です。どちらも期間限定のお礼品なので、申込時期をのがさないよう気をつけてくださいね。
東北地方といえば、うにといくらも忘れてはいけません。岩手県では三陸産の新鮮ないくらがお礼品に用意されています。厳選された材料を使ったいくらの醤油漬けは、いくら丼で贅沢に楽しむのが一番です。また、お礼品の中で特に人気が高いのが「焼うに」です。アワビの貝殻に盛り付けたうにを焼き釜でじっくりと焼いた「焼うに」は、濃厚なうま味と香ばしさが口いっぱいに広がります。東北ならではの貴重な味が自宅に届くのは、ふるさと納税ならではの醍醐味ですね。
東北の海の幸として有名なのが、わかめや昆布などの海藻類です。東北地方のリアス式海岸は親潮と黒潮がぶつかる場所のため潮の流れが複雑で、潮境では栄養分に富んだ深層水が海面近くまで上昇してくるので、海水にはわかめや昆布の生育に必要なミネラル分が多く含まれています。わかめの生産量日本一の岩手県(※岩手県庁 岩手が一番より)では塩蔵(えんぞう)わかめや昆布、乾燥わかめなどの詰め合わせがお礼品になっています。塩蔵わかめは生のわかめを湯通しして塩漬けにしたものです。その他にもホタテの缶詰や干し貝柱、佃煮などさまざまな加工品がそろっているので、東北地方ならではの海の幸をいろいろな形で楽しんでくださいね。

お米

東北地方は、寒冷な気候と豊かな水源という、美味しいお米が育つための条件がそろっています。東北地方のお米の収穫量は全国第1位を誇り、日本のお米の約30%が東北地方で作られています(※東北農政局 お米の収穫量より)。東北地方発祥の「ブランド米」も多く、ふるさと納税のお礼品には美味しいお米がたくさんそろっています。
お米のお礼品が最も多いのは山形県で、山形発祥のブランド米「はえぬき」や「つや姫」をはじめ各地で作られたこだわりのお米が用意されています。「はえぬき」は、お米一粒一粒がしっかりと立ち、程よい粘りのあるもちもちした食感が特徴のお米です。冷めても風味が落ちないことから、お弁当やおにぎりなどにもぴったり。「つや姫」は山形県で10年の歳月をかけて開発されたお米で、その美味しさには定評があります。平成19年に行われた日本穀物検定協会による試験では甘味やうま味などが高い評価を得て、総合評価ではコシヒカリを上回る結果を出しています。
秋田県には全国に誇るブランド米「あきたこまち」があります。「コシヒカリ」を親に持つ「あきたこまち」は、コシヒカリの美味しさを受け継いだうま味、甘味、香り、粘りなどのバランスが良いお米で、平成29年産米の食味ランキングでも特A評価を得ています。
宮城県では県を代表するブランド米「ひとめぼれ」がお礼品になっています。「コシヒカリ」を受け継ぐ風味の良さに加え、栽培がしやすい品種であることから、東北地方以外の全国各地で広く栽培されている品種です。うま味、甘味、香りのバランスが良く、どんな料理にも合うので、外食店などでもよく使われているお米です。お礼品には、宮城県の豊かな自然の中、手間ひまかけて作られた各地の「ひとめぼれ」がそろっています。
福島県でも、寒冷な気候や水源を生かして地元ブランド米が作られています。農薬を極力減らした「特別栽培米」もあるので、農薬が気になる方にもおすすめです。

果物

東北地方は、本州の中でも夏が短く、朝晩の気温がかなり低くなります。寒暖の差の大きい気候は果物の生育に適しており、果実の糖度が高くなることから、各地で高い品質の果物作りが行われています。
東北地方の果物のお礼品の中でも最も取り扱い品数が多いのがさくらんぼです。さくらんぼといえば最も有名なのが「佐藤錦」。上品な甘さ、豊富な果汁、美しい色などすべてがそろった最高級のさくらんぼで「さくらんぼの王様」とも称されています。お礼品には、さくらんぼ品評会で最優秀賞を受賞した「佐藤錦」をはじめ、各地のさくらんぼ農家が手塩にかけて育てた「佐藤錦」が多数あります。
東北地方はりんごの産地としても有名です。特に青森県はりんごの生産量が全国第1位で、全国生産量の約6割を占めています(※農林水産省平成29年農林水産統計より)。国内のりんご生産量の50%を占める「ふじ」をはじめ、「ふじ」を袋なしで育てることで甘味をアップさせた「サンふじ」や、さわやかな甘味が人気の「青林」、酸味がマイルドでシャキシャキとした食感の「トキ」など、個性豊かなりんごが作られているので、いろいろなりんごを食べ比べてみるのもいいですね。
山形県では、独特の香りと食感が人気の西洋梨「ラ・フランス」の栽培がさかんで、全国の生産量の約82%を占めています(※農林水産省平成27年度特産果樹生産動態等調査より)。お礼品には、ラ・フランスセレクションで最優秀賞を受賞したラ・フランスや、珍しい「ゴールドラ・フランス」など、高い品質のラ・フランスが用意されています。
山形県はぶどうの産地としても知られ、全国第3位の生産量を誇り、お礼品には「シャインマスカット」「巨峰」「ピオーネ」「デラウェア」とさまざまな種類のぶどうがそろっています(農林水産省 農林水産統計より)。
また、東北地方はももの産地としても知られています。お礼品には、農林水産大臣賞を三度受賞したももをはじめ、果肉がしっかりとして歯ごたえのある「あかつき」、黄桃の一種で糖度が高い「黄貴妃」、果汁がたっぷりの「川中島白桃」、希少品種の「さくら白桃」など珍しいももがあります。

野菜

東北地方の各県でとれる主な野菜は、青森県が「にんにく」、岩手県が「トマト」、宮城県が「きゅうり」、秋田県が「ねぎ」、山形県が「枝豆」、福島県が「きゅうり」といったように、冬の寒さが厳しいことから、夏や秋にとれる野菜が中心です。特に夏場は日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きいことから、栄養価の高い美味しい野菜が収穫されています。
ふるさと納税のお礼品として人気があるのは、青森県のにんにく「ふくちホワイト六片種」です。粒が大きく濃厚な味わいで、まさに最高品種と呼ばれるにふさわしいにんにくは、食べごたえがあり、うま味も抜群で、口コミでも高い評価を得ています。にんにくを熟成させた「黒ニンニク」は、にんにくの臭みが消え、まるでプルーンのような甘さに仕上がっているので、にんにくが苦手な方でも食べることができますよ。
東北地方では、肥沃な土地を生かして「長芋」や「里芋」も作られています。2年から3年と、長い年月をかけてじっくり育てられたお芋は、滋味豊かな味わいが特徴です。
毎年9月と10月のみの発送になりますが、糖度の高い「朝採りとうもろこし」も人気です。一粒一粒がしっかりとした黄金色のとうもろこしは、鮮度も良くとびきりの味。ぜひふるさと納税で手に入れてくださいね。
東北地方は枝豆も有名です。お礼品では濃厚な美味しさの「だだちゃ豆」はもちろん、地元でしか知られていない「秘伝豆」という大粒でコクのある枝豆も手に入ります。その他に旬の野菜を詰め合わせた「野菜セット」もあり、各地の新鮮な野菜をいろいろ楽しむことができます。

お酒

東北地方のお酒と言えば、日本酒を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。日本有数の米どころである東北地方は、酒米の栽培もさかんです。また、蔵王(ざおう)の伏流水や奥入瀬(おいらせ)川の伏流水など、日本酒づくりに欠かせない「おいしい水」も豊富にあることから、各地で美味しい日本酒が造られています。ふるさと納税のお礼品には、全国新酒鑑評会で金賞を何度も受賞しているお酒や、地元でこだわりを持って栽培された酒米を使ったお酒、フルーティーな香りを残した無濾過の原酒など、各地の風土を生かした日本酒がずらりとそろっています。
東北地方では、「地ビール」や「クラフトビール」と呼ばれる、地元産の原料を使ったビールも造られています。青森県阿闍羅(あじゃら)山系の伏流水や、青森県奥入瀬の源流水、宮城県薬莱(やくらい)地区の天然水などのおいしい水を原料に、小規模なブルワリー(醸造所)で手間ひまかけて造られたビールは、それぞれに個性豊かな味わいが楽しめます。大量生産ができないクラフトビールは、地元でしか販売されていないことも多いので、ふるさと納税でぜひ手に入れたいですね。大手ビールメーカーのビールとは一味違った、各地のこだわりの「地ビール」「クラフトビール」をぜひ楽しんでみてください。
ぶどうの産地として有名な山形県では、食用ぶどうだけでなく、「マスカット ベーリーA」や「シャルドネ」などワイン用のぶどうも栽培されています。ワインの味を決めるぶどうにとことんこだわった日本ワインは、外国産ワインに負けない味わいと香りが楽しめます。

お菓子

東北地方は、豊かな自然や厳しい冬の気候などが生み出す独特の食文化が残る地域です。東北地方の伝統的なお菓子として有名なのは、特産品である枝豆を使った「ずんだ餅」。枝豆をすりつぶした、鮮やかな黄緑色の「ずんだ」と呼ばれる餡は、独特の甘味とつぶつぶの残る食感が特徴で、長い間受け継がれてきた伝統の味です。
ゆずやくるみを使った「ゆべし」も仙台が発祥のお菓子といわれています。もち米を使った生地にくるみやゆずでアクセントをつけた「ゆべし」は、独特のモチモチした食感と上品な甘さが特徴で、第23回全国菓子博栄誉金賞を受賞した「ゆべし」がお礼品として用意されています。
岩手県で古くから愛されているお菓子「南部せんべい」は素朴で香ばしい味わいが特徴です。ごま、ひえ、くるみ、えごまなどを加えた南部せんべいは、栄養も豊富で甘さ控えめのヘルシーなお菓子です。
その他のお礼品には、地元産の卵を使ったどら焼きや地元産スルメイカを使用したいかせんべい、地元産りんごを使ったまんじゅうなど、その土地の恵みを生かした素朴なお菓子があります。また、和菓子だけでなく、十和田ごぼうを使ったクッキーやふじりんごを使ったパイ、地元産の雑穀を入れたパウンドケーキなど、地元産の素材を生かした洋菓子もそろっています。

麺類

東北地方では麺類に適した小麦が生産されていて、地元産の原料を使ったうどんやそば、ラーメンなど、さまざまな種類の麺が作られています。東北地方の麺類で全国的にも有名なのが秋田県の「稲庭うどん」。手延べ干し麺ならではのなめらかな食感が特徴で、コシの強い「切り麺」として有名な「讃岐うどん」とは対照的なうどんだといわれます。稲庭うどんの歴史は古く、江戸時代初期から作られていたという記録が残っています。当時は、手間のかかる「稲庭うどん」は高級品で、宮内省(現在の宮内庁)やお殿様に献上する品として庶民が口にすることはなかったといわれています。また、稲庭うどんのルーツとも言われている「稲庭そうめん」も稲庭うどん同様になめらかな食感が楽しめます。
東北地方では、各地で作られたそば粉を使ったそばも作られています。そばの実をまるごとひいた香りの良いそばや、地元産の山芋を練り込んだ、のどごしの良いそば、山形に伝わる昔ながらの田舎そば「板そば」など、個性豊かなそばがあります。
そして、麺といえば忘れてはならないのがラーメン。秋田県横手市では麺作りがさかんな十文字地区のご当地ラーメン「十文字中華そば」が有名です。あっさりとした醤油ベースの昔ながらの「十文字中華そば」は、初めて食べる人にも、どこか懐かしさを感じさせるラーメンです。その他にも、山形発祥の「冷やしラーメン」や麺にこだわった「酒田ラーメン」、ホタテがまるごと入った「磯ラーメン」など、東北地方ならではのラーメンがそろっています。

惣菜

海の幸・山の幸が豊富にとれる東北地方は、郷土色豊かな食文化が根付いている地域です。ふるさと納税のお礼品には、東北ならではの珍しいお惣菜や加工品が用意されています。
「これぞ東北」と言えるお惣菜は、「海宝漬」と呼ばれる魚介類の醤油漬けです。うにやいくらはもちろん、ホタテやアワビ、数の子など、贅沢な海の幸を昆布とともに醤油に漬け込んだ「海宝漬」は、その名のとおり海の宝石箱のような美しさ。そのまま温かいごはんに乗せると、磯の香りと魚介のうま味が口の中いっぱいに広がる、なんとも贅沢な逸品です。
同じく海の恵みを生かした惣菜としては、三陸地方の海の幸を使った練り物セットがあります。保存料、化学調味料無添加で、鮭から作った魚醤を使ってシンプルな味付けがされた練り物は、魚のうま味がギュッと凝縮されています。
お肉のお惣菜は、山形県のブランド牛「尾花沢牛」を使ったメンチカツ、青森県「倉石牛」のカレー、秋田県のブランド豚「シルクポーク」を使った餃子とハンバーグ、地元産の鶏肉「青森シャモロック」の燻製などがあります。
山の幸としては、地元産の野菜や山菜を使ったお漬物や天日干しの梅干し、たくあんを燻製にした「いぶりがっこ」など、ふるさとの香り漂う昔ながらのお漬物が数多くそろっています。

調味料

東北地方のお礼品には、東北ならではの調味料もそろっています。「健康に良い油」として最近注目を集めている「えごま油」は、東北地方では「えごまを食べると10年は長生きする」と言われてきたことから「じゅうねん」と呼ばれ、古くから親しまれてきた食用油です。お礼品には、農薬を使わずに栽培したえごまから採油したえごま油や、薬剤を使わず昔ながらの圧搾製法で作られたえごま油など、安心安全なえごま油があります。
お礼品には国産大豆を使った味噌も数多くそろっています。厳しい寒さの中、じっくりと熟成された味噌は昔ながらの製法で丁寧に作られています。大豆のお味噌をはじめ、米、ひえ、あわなどを使った味噌などもあり、どれも添加物などを使用しない本物の味です。
また、味噌をベースにえごまや大葉、人参、ごぼう、ふきなどを漬け込んだ「おかず味噌」も、東北地方の人気の調味料です。「おかず味噌」は、温かいご飯にそのまま乗せたり、野菜に付けて食べたり、チャーハンの味付けに使ったりと、幅広く使える便利な調味料で、1つあるととても重宝します。
東北地方には、貴重な国産はちみつもあります。その流通量がわずか5%しかない国産はちみつは、各地の養蜂場で手間ひまかけて採取され、高い品質を誇ります。東北地方に多く自生する「トチノキ」のはちみつは、マイルドな甘さとフローラルな香りが特徴です。その他にも、クセがなく食べやすい「アカシアはちみつ」やコクのある甘味とりんごの香りが特徴の「りんごはちみつ」などがそろっています。

中央に奥羽山脈が走り、日本海と太平洋に挟まれた東北地方は、海の幸・山の幸に恵まれた自然豊かな地域です。本州の約30%の面積を占める広大な土地を有しながらも、人口の合計は神奈川県よりも少ないという、ゆったりとした土地です。豊かな自然が織りなす美しい風景や、世界遺産に登録された平泉、各地の温泉、三陸の海の幸、青森ねぶた祭や仙台七夕まつりなど、観光地としても見どころたっぷりですが、それに劣らず「食」も魅力的です。
東北地方は、農業、漁業ともにさかんな地域で、さまざまな農産物、海産物がふるさと納税のお礼品になっています。日本の米どころとしても知られ、全国的にも人気の高いブランド米を生み出した地域です。また、りんご、さくらんぼ、ももなど寒暖差を生かして作られた果物は、どれも高い品質を誇っています。うにやホタテ、いくら、わかめといった三陸の海の幸も魅力的で、お礼品のラインナップを見るだけで、いかに東北地域が豊かな食材に恵まれているかがわかるかと思います。
ふるさと納税で東北地方の自治体に寄付をすることは、各地の漁業、農業の振興にもつながります。各地の生産者を、ふるさと納税を通じて応援してあげたいですね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ