認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 北海道特集

北海道特集

北海道は自然に恵まれた地域で美味しい食べ物が多く揃っています。例えば北海道はまわりを海で囲まれており、さまざまな種類の魚介が水揚げされています。他にも広大な土地を活かし、大規模な農業が盛んで多くの野菜やフルーツが栽培されています。また、畜産業や酪農業も同様です。ふるさと納税で、豊かな海と大地をもつ北海道の恵みを自宅にいながらにして味わってみませんか?

魚介・シーフード

良質な漁場に恵まれた北海道における漁業生産量は、全国の水揚げ量の約2割を占めており、都道府県別でみると群を抜いています。
サケやサンマといった漁獲量の多い身近な魚の他に、ウニ、ボタンエビや甘エビ、毛ガニ、ズワイガニやタラバガニといったように豊富な種類が水揚げされます。イクラ、タラコ、数の子といった魚卵の加工品も新鮮でおいしいものが多いのでおすすめです。さらに、ホタテやカキなどの貝類は大粒で濃厚な味のものが多く、特にカキは時季によって味が異なるとされています。

北海道は畜産が盛んに行われています。特に牛肉は非常に多くの地域で生産されており、20を超える銘柄のブランド牛が飼育されています。
豚肉や鶏肉も、牛肉と同様非常に良質なものが多く生産されており、北海道独自のブランドのものも多数あります。
また、北海道の代表的な料理の一つであるジンギスカンのセットには味付きのものも用意されており、手軽に北海道の味を再現できます。

果物・フルーツ

北海道ならではの果物の一つが「ハスカップ」です。ハスカップはシベリア周辺が原産の果物で、日本では主に北海道に生育しており、6月下旬ごろから7月中旬ころに果実の収穫の時期を迎えます。甘酸っぱさのなかにも少し苦みのある独特の風味をもっており、ミネラルやビタミンといった栄養素も豊富に含まれているため、北海道の先住民であるアイヌ民族は、「不老長寿の果実」として大事にしてきました 。収穫できる時期が短いこともあり、現在でもハスカップは非常に貴重な果物です。
その他にも、甘みが強いメロンや、いちごやブルーベリーといったベリー系の果物も多く栽培されています。

野菜

北海道は野菜の生産量も多く、それぞれの野菜の品種も非常に豊富です。
例えば生産が盛んなジャガイモは品種も多彩で、「男爵」「メークイン」といった全国的に作られている品種もあれば、「北アカリ」「北カムイ」「蝦夷マチルダ」「ふらの黄爵」といった北海道ならではの品種も多数作られています。
そして、北海道はスイートコーンの生産地としても有名です。北海道で作られているスイートコーンは甘みの強いものが多く、形のきれいな粒がぎっしりと詰まった質の高いものがそろっています。

乳製品

日本で生産される生乳の約半分が北海道産です。お礼品として用意されている牛乳は、「低温殺菌処理」や「ノンホモジナイズ」といった風味やコクを損なわない工夫がされているものも多く、また、生乳を利用してできる乳製品にはチーズやヨーグルトがあります。チーズとヨーグルトの両方が入った詰め合わせもあるので、北海道産の濃厚な乳製品を余すところなく堪能できます。
また、ピザやグラタンといった乳製品をふんだんに利用したお礼品もおすすめです。なかには北海道産のホタテやズワイガニが入っているものもあります。

お菓子・スイーツ

北海道はお菓子を作るための材料が豊富に揃っており、おいしいお菓子がたくさん作られています。洋菓子に欠かせない牛乳や生クリーム、バター、チーズといった乳製品は道内で大量に生産されていますし、小麦粉、砂糖の原料となるてん菜、和菓子に欠かせないあんこの原料となる小豆の生産も盛んです。
濃厚な牛乳や生クリームを活かしたプリンは、素材や作り方にこだわり抜いた逸品ばかりです。北海道ならではのフルーツ「ハスカップ」を利用したクッキーやゼリーは、手軽にハスカップを味わうことができる一品です。

北海道は日本列島で最も北に位置する都道府県 です。かつて「蝦夷地」とよばれていた北海道では、古くから先住民であるアイヌ民族が暮らしており 、本州以南とは異なる独自の文化を築いてきました。明治政府の北海道開拓政策や同化政策によってアイヌ民族独自の文化の多くが失われてしまい 、現在まで残っているアイヌの文化や習慣は少ないのですが、それでもなおアイヌ文化は北海道の文化の根幹を支えています。
北海道は、まわりを囲む海と広大な土地によりさまざまな観光地やレジャースポットが存在し、海の幸や山の幸、たくさんのおいしい食べ物が堪能できます。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ