認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 沖縄特集

沖縄特集

豊かな自然があふれる沖縄県。大小160以上の琉球諸島で構成され、独自の文化が形成されている魅力的な地域です。そんな沖縄には、ほかの場所にはない食材が数多くあります。普段はなかなか出合えない沖縄の味覚を満喫してみませんか。ふるさと納税のお礼品には、沖縄ならではのおいしい食べ物がたくさんそろっています。

沖縄のブランド豚として有名な「アグー豚」は、沖縄の食文化を支えてきた重要な食材です。その数は戦時中に激減してしまい、現在では貴重なものとなっています。アグー豚は肉の霜降りが特徴的で、旨みの強い肉質で多くの人を魅了しています。お礼品として、バラ肉やモモ肉といった定番の部位、やわらかく煮込んだ軟骨など、さまざまな部位のお肉が用意されています。
ブランド豚としては、他にも「くいまーる豚」のお礼品があります。市販の飼料を一切使用せず、昔ながらの飼育法で育てられた沖縄自慢の逸品です。お礼品としては、しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉、ウインナ、ハンバーグなどの豪華なセットや骨付き肉のソーキ(スペアリブ)など、さまざまなものが用意されています。
牛肉では、独自の製法で生み出される超熟成牛のサーロインや、石垣牛などの肉で作ったハンバーグなど、食べ応え抜群のお肉が多数あります。

魚介

沖縄は、美しい海からの恵みであるおいしい魚介類も豊富です。
お礼品には、沖縄の海でとれた魚を直接受け取ることができるものがあります。とれた日に干物にした魚なので、遠く離れた地域でも沖縄の魚のおいしさをしっかり味わうことができます。沖縄の魚は味があっさりしているものが多いのですが、魚を干物にすることで旨みが凝縮されるため、噛めば噛むほどに素材の深い味わいを感じることができるでしょう。干物にする際に使用する塩も沖縄の海水から作られたものなので、本場と同じおいしさがそのまま届きます。
魚以外では、沖縄でとれた「もずく」のお礼品もあります。沖縄はもずくを栽培するのに適した環境が整っており、もずくの名産地です。本場のもずくはしっかりとした噛み応えがあります。

果物

沖縄産のトロピカルフルーツは完熟したものを収穫することができるため、果物本来のおいしさを味わうことができます。
お礼品には、農家が手間ひまかけて作ったパイナップルを冷凍したものがあります。加工や袋詰めまで農家で行っているので、安心して食べられます。食べたいときに冷凍庫からサッと取り出せるのはとても便利です。パイナップルのお礼品としては、沖縄の名産品であるスナックパインもあります。スナックパインは一般的なパイナップルとは違い、手でちぎって食べることができるという特徴があります。芯まで食べられるため無駄がないのもポイント。小ぶりですが、酸味が少なくて甘いのでおやつとしておいしく食べられます。
太陽の光を存分に浴びたマンゴーは、酸味と甘みのバランスが絶妙です。
露地栽培ものでは日本一早く出荷される沖縄のビワは、ほどよい甘さと酸味があります。

酒類

沖縄のお酒といえば、真っ先に泡盛を思い浮かべる人も多いかもしれません。
泡盛はストレートやロックで飲むほかに、水割りやソーダ割りでも楽しむことができます。泡盛は日持ちするので、家庭で飲むのにも適したお酒です。3年以上熟成させた泡盛は古酒(クース)と呼ばれ、芳醇な味わいです。
お礼品として、人気の高い泡盛の飲み比べができるセットや丁寧に管理された古酒があります。また、泡盛を使用した梅酒も人気があります。梅のほかに沖縄産のシークワーサーや紅芋が使用されているため、沖縄ならではの味わいを楽しめます。

ドリンク

グァバ茶は、体によいとされる栄養素を豊富に含み、カフェインが入っていません。グァバは温暖な地域でしか栽培できないため、国内産のグァバはとても貴重です。お礼品としてはペットボトルに入ったグァバ茶が用意されているので、届いたらそのまま飲むことができます。
暑い地域でよくとれる「ノニ」という果物を使用したフルーツジュースもあります。ノニは独特の味がしますが、お礼品のジュースはおいしく飲めるようにブレンドされています。
また、沖縄産の「もろみ酢」のお礼品もあります。もろみ酢にはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれていますが、酸味が少なくて飲みやすいのが特徴です。黒糖を加えた、沖縄ならではのもろみ酢もあります。
品質にこだわって作られたコーヒーも魅力的です。深いコクと香りを楽しみながら、普段とは一味違った贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。複数のブレンドがセットになったものが多数あるので、さまざまなおいしさをご家庭で味わうことができます。

お菓子

沖縄のお菓子「ちんすこう」は、琉球王朝時代から沖縄で作られている伝統的なお菓子です。もともとは王族や貴族のお祝い事の場で食べられていた特別なお菓子でした。現在ではお土産品としても人気の高いお菓子となっています。お礼品として用意されているちんすこうは、お土産として一般的な細長い形をしたものとは異なり、王朝時代の伝統的な丸形になっています。添加物や着色料を使用しておらず、こだわりの素材を使っていて、本来のちんすこうの味わいが堪能できます。
ほかにも、沖縄の特産品である黄金芋を使用したお菓子がいろいろあります。黄金芋は、甘みが強くてやわらかいのが特徴の芋で、お菓子の材料として重宝されています。お礼品では、きんつばやプリン、まんじゅうなどさまざまなおいしさが楽しめます。
沖縄の塩を使用したミルクまんじゅうなどのお菓子の詰め合わせは、ほんのりとした塩味がお菓子の甘さをさりげなく引き立てています。

麺類

沖縄の麺料理といえば、「ソーキそば」をはじめとする沖縄そば。沖縄そばは小麦粉のみで作られていて、その製法は中華麺に近く、一般的には、豚骨やかつお節をだしとして使用しています。ソーキそばが誕生したのは1970年代になってからのことです。「ソーキ」とはスペアリブを甘辛く煮込んだもので、骨が簡単にはがれるほどやわらかいのが特徴です。沖縄そばの具材としては、ソーキ以外にもさまざまな種類のものがあります。たとえば、「てびち」は豚足を煮込んだもので、コラーゲンを豊富に含んでいることから人気が高い具材です。
ふるさと納税のお礼品として、本場の沖縄そばのおいしさを存分に味わうことができるセットが多数あり、モチモチした麺とともにさまざまな具材を楽しむことができるのが魅力です。

惣菜

沖縄で親しまれている「島どうふ」は、普通の豆腐とは少し違った製法で作られています。一般的な豆腐の作り方では、豆乳を煮立てたうえでおからを分離します。しかし、島どうふは豆乳を煮る前におからを取り出しておくのです。そのため島どうふでは、しっかりとした硬めの食感が得られます。水分が少ない分、タンパク質などの栄養素が濃縮されており、濃厚な味わいになります。お礼品としては、島どうふを燻製にした惣菜があります。島どうふのおいしさを生かしつつ、豊かな香りを実現しています。
沖縄近海でとれるマグロを使用した生ハムがあります。マグロの生ハムというのは珍しく、お刺身とはまた違ったおいしさを楽しむことができます。ご飯と一緒に食べるのはもちろんのこと、バゲットにのせておつまみとしてアレンジしてもいいでしょう。

調味料

沖縄には、地域らしさがあふれるおいしい調味料がたくさんあります。パイナップルやパパイヤ、泡盛、黒砂糖といった沖縄らしい素材をふんだんに使ったソースは、煮物や和え物などに幅広く使用することができます。特にパパイヤは肉や魚をやわらかくする効果があるので、いろいろな場面に応用がききそうです。
沖縄産のシークワーサーを使用した醤油はさっぱりとした味わいで、サラダのドレッシングとしても活用できる万能の調味料です。レモンやゆずとも一味違うシークワーサーの香りに、これまで知らなかった新しい風味を感じることでしょう。
沖縄の海水を丁寧に蒸発させて作った沖縄の塩「ぬちまーす」の作り方は、常温瞬間空中結晶製塩法として特許も取得されています。さらさらのパウダー状でミネラルたっぷりのぬちまーすは、料理の味をまろやかにおいしく仕上げてくれます。

沖縄の文化を色濃く反映する地元の食べ物。それは、長い歴史の中で独特に育まれてきたものです。ふるさと納税のお礼品には、沖縄の食べ物として貴重なものも多数そろっており、まるで沖縄を訪れたような気分になれるはずです。お礼品として、独自の食文化を堪能できる沖縄の食材を選んでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ