認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 沖縄特集

沖縄特集

豊かな自然があふれる沖縄県。大小160以上の琉球諸島で構成され、独自の文化が形成されている魅力的な地域です。そんな沖縄には、ほかの場所にはない食材が数多くあります。普段はなかなか出合えない沖縄の味覚を満喫してみませんか。ふるさと納税のお礼品には、沖縄ならではのおいしい食べ物がたくさんそろっています。

沖縄の魅力といえば、何といっても温暖な気候。そのような恵まれた環境の下、畜産がさかんに行われています。たとえば、沖縄のブランド豚として有名なアグー豚。その起源は約600年前にさかのぼるといわれ、沖縄の食文化を支えてきた重要な食材です。しかしながら、その数は戦時中に激減してしまい、現在では貴重なものとなっています。そんなアグー豚は肉の霜降りが特徴的で、旨みの強い肉質によって多くの人を魅了しています。お礼品として、アグー豚のさまざまな部位のお肉が用意されており、この機会にぜひ味わってみたい食材です。バラ肉やモモ肉といった定番の部位をはじめとして、やわらかく煮込んだ軟骨などもあります。
ブランド豚としては、ほかにも「くいまーる豚」のお礼品があります。市販の飼料を一切使用せず、昔ながらの飼育法で丁寧に育てられた沖縄自慢の逸品です。お礼品としては、しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉、ウインナ、ハンバーグなどの豪華なセットや骨付き肉のソーキ(スペアリブ)など、さまざまなものが用意されています。
また、沖縄のお肉としては牛肉も外せません。独自の製法で生み出される超熟成牛のサーロインや、石垣牛などの肉で作ったハンバーグなど、食べ応え抜群のお肉が多数あります。沖縄ならではのお肉のおいしさを堪能してみてはいかがでしょうか。

魚介

沖縄といえば美しい海が印象的ですよね。沖縄の海は非常に透明度が高く、青々としているのが魅力です。沖縄は、そんな美しい海からの恵みであるおいしい魚介類も豊富です。
お礼品には、沖縄の海でとれた魚を直接受け取ることができるものがあります。とれた日に干物にした魚なので、遠く離れた地域でも沖縄の魚のおいしさをしっかり味わうことができます。沖縄の魚は味があっさりしているものが多いのですが、魚を干物にすることで旨みが凝縮されるため、噛めば噛むほどに素材の深い味わいを感じることができるでしょう。干物にする際に使用する塩も沖縄の海水から作られたものなので、本場と同じおいしさがそのまま届きます。
魚以外では、沖縄でとれた「もずく」のお礼品もあります。沖縄はもずくを栽培するのに適した環境が整っており、もずくの名産地です。本場のもずくはしっかりとした噛み応えがあります。食卓でのおかずやお酒のおつまみなど、さまざまな場面でおいしく食べることができるでしょう。沖縄の魚介をお礼品として選べば、本場のおいしさをご自宅でも堪能することができます。

果物

沖縄では、暑い地域でよく育つ熱帯果樹が多く栽培されています。マンゴーやパパイヤといったトロピカルフルーツは、南国らしさを感じさせてくれる特別な味わいが魅力的。日本国内で手に入るトロピカルフルーツは、外国産のものが少なくありません。外国産は輸送するのに時間がかかるため、実が熟す前に収穫されることもありますが、沖縄産のトロピカルフルーツは完熟したものを収穫することができるため、果物本来のおいしさを味わうことができます。
お礼品には、農家が手間ひまかけて作ったパイナップルを冷凍したものがあります。加工や袋詰めまで農家で行っているので、安心して食べられます。食べたいときに冷凍庫からサッと取り出せるのはとても便利です。パイナップルのお礼品としては、沖縄の名産品であるスナックパインもあります。スナックパインは一般的なパイナップルとは違い、手でちぎって食べることができるという特徴があります。芯まで食べられるため無駄がないのもポイント。小ぶりですが、酸味が少なくて甘いのでおやつとしておいしく食べられます。
ほかにも果物のお礼品として、丹精を込めて作られたマンゴーがあります。一つひとつ丁寧に育てられたマンゴーは太陽の光を存分に浴びて酸味と甘みのバランスが絶妙で、そのハーモニーをぜひ味わってみたい逸品です。
また、ビワのお礼品もあります。露地栽培ものでは日本一早く出荷される沖縄のビワはほどよい甘さと酸味があり、さまざまな栄養が詰まった健康にうれしい果物。繊細なので優しく丁寧に育てられています。お礼品として、南国の味覚の詰まった沖縄の果物を選んでみませんか。

酒類

沖縄にはおいしいお酒が多数そろっています。沖縄のお酒といえば、真っ先に泡盛を思い浮かべる人も多いかもしれません。泡盛は15世紀ごろから作られていたといわれます。沖縄での泡盛造りは、シャム(現在のタイ)から蒸留酒の技術が伝わったことにより始まったとされています。同じ蒸留酒の焼酎が日本のうるち米(ジャポニカ種)から造られるのに対して、泡盛は原料にタイ米(インディカ種)を使用しており、蒸留技術の伝来時にタイ米ももたらされたと考えられています。沖縄の方言で泡盛は「サキ」と呼ばれており、泡盛という呼び名がついたのは江戸時代になってからのことです。泡盛はストレートやロックで飲むほかに、水割りやソーダ割りにして楽しむこともできます。泡盛は日持ちするので、家庭で飲むのにも適したお酒です。3年以上熟成させた泡盛は古酒(クース)と呼ばれ、芳醇な味わいを楽しむことができます。
そんな泡盛のお礼品としては、人気の高い泡盛の飲み比べができるセットや丁寧に管理された古酒があります。また、泡盛を使用した梅酒も女性を中心に人気があります。梅のほかに沖縄産のシークワーサーや紅芋が使用されているため、沖縄ならではの味わいを楽しむことができます。沖縄で育まれた美酒をこの機会にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

ドリンク

沖縄には、地元の特産物を活用したドリンクが多数あり、沖縄の人々の日常の健康を支えています。グァバ茶は、体によいとされる栄養素を豊富に含んでいます。カフェインが入っていないため、誰でも安心して飲むことができるという利点もあります。グァバは温暖な地域でしか栽培できないため、国内産のグァバはとても貴重です。お礼品としてはペットボトルに入ったグァバ茶が用意されているので、届いたらそのまま飲むことができます。
暑い地域でよくとれる「ノニ」という果物を使用したフルーツジュースもあります。ノニには健康によいとされるさまざまな栄養分が豊富です。独特の味がしますが、お礼品のジュースはおいしく飲めるようにブレンドされているため、子どもから大人まで幅広い世代で楽しむことができるでしょう。
また、沖縄産の「もろみ酢」のお礼品もあります。もろみ酢にはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれていますが、酸味が少なくて飲みやすいのが特徴です。黒糖を加えた、沖縄ならではのもろみ酢もあります。
品質にこだわって作られたコーヒーも魅力的です。深いコクと香りを楽しみながら、普段とは一味違った贅沢な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。複数のブレンドがセットになったものが多数あるので、さまざまなおいしさをご家庭で味わうことができます。手軽においしさが楽しめるドリンクで、沖縄らしさを味わいましょう。

お菓子

沖縄には地域で継承されてきた独自のお菓子のほかにも、さまざまなおいしいお菓子があります。沖縄のお菓子といえば、「ちんすこう」。ちんすこうは、琉球王朝時代から沖縄で作られている伝統的なお菓子です。もともとは王族や貴族のお祝い事の場で食べられていた特別なお菓子でした。現在ではお土産品としても人気の高いお菓子となっています。お礼品として用意されているちんすこうは、お土産として一般的な細長い形をしたものとは異なり、王朝時代の伝統的な丸形になっています。添加物や着色料を使用しておらず、こだわりの素材を使っていて、本来のちんすこうの味わいが堪能できます。
ほかにも、沖縄の特産品である黄金芋を使用したお菓子がいろいろあります。黄金芋は、甘みが強くてやわらかいのが特徴の芋で、お菓子の材料として重宝されています。お礼品では、きんつばやプリン、まんじゅうなどさまざまなおいしさが楽しめます。
さらに、沖縄の塩を使用したお菓子もあります。ミルクまんじゅうなどのお菓子の詰め合わせでは、ほんのりとした塩味がお菓子の甘さをさりげなく引き立てています。沖縄自慢の塩も複数がセットになっているので、料理などに重宝するはずです。沖縄の人々に親しまれているお菓子をお礼品に選び、ご自宅で味わってみるのはいかがでしょうか。

麺類

沖縄の麺料理といえば、「ソーキそば」をはじめとする沖縄そば。沖縄そばは小麦粉のみで作られていて、その製法は中華麺に近く、一般的には、豚骨やかつお節をだしとして使用しています。もともとは14~15世紀ごろに海外から伝わったもので、当時は小麦粉がとても貴重だったため、琉球王族や貴族だけが食べられる宮廷料理とされていました。そばが民間に広まったのは明治時代後期になってからのことです。大正時代に入ると街にも多くのそば屋が立ち並ぶようになり、沖縄そばはやがて庶民の味として定着していきました。
現在では沖縄そばといえばソーキそばですが、これが誕生したのは1970年代になってからのことです。「ソーキ」とはスペアリブを甘辛く煮込んだもので、骨が簡単にはがれるほどやわらかいのが特徴です。沖縄そばの具材としては、ソーキ以外にもさまざまな種類のものがあります。たとえば、「てびち」は豚足を煮込んだもので、コラーゲンを豊富に含んでいることから女性にも人気が高い具材です。
ふるさと納税のお礼品として、こういった本場の沖縄そばのおいしさを存分に味わうことができるセットが多数あり、モチモチした麺とともにさまざまな具材を楽しむことができるのが魅力です。ツルツルした麺とともに栄養満点のお肉が食べられるため、暑い季節にもってこいの食事。沖縄を代表する郷土の味をぜひ味わってみてください。

惣菜

独自の文化形成がみられる沖縄では、日常的な食についても個性豊かなラインアップを誇ります。たとえば沖縄で親しまれている「島どうふ」。島どうふは、普通の豆腐とは少し違った製法で作られています。一般的な豆腐の作り方では、豆乳を煮立てたうえでおからを分離します。しかし、島どうふは豆乳を煮る前におからを取り出しておくのです。そのため島どうふでは、しっかりとした硬めの食感が得られます。水分が少ない分、タンパク質などの栄養素が濃縮されており、濃厚な味わいになります。お礼品としては、島どうふを燻製にした惣菜があります。島どうふのおいしさを生かしつつ、豊かな香りを実現しています。島どうふの燻製のお礼品はソーセージやハムなどとセットになっているので、食卓でおいしく食べるのにぴったりです。
燻製のお礼品は、ほかにも沖縄近海でとれるマグロを使用した生ハムがあります。マグロの生ハムというのは珍しく、お刺身とはまた違ったおいしさを楽しむことができます。ご飯と一緒に食べるのはもちろんのこと、バゲットにのせておつまみとしてアレンジしてもいいでしょう。沖縄の惣菜のお礼品には、ほかにも独自の素材を使ったさまざまなものがあります。毎日の食事の中で、いつもとは少し違ったおいしいアクセントとして楽しんでください。

調味料

沖縄の伝統的な食文化を支えるのは、素材の味を生かす調味料。沖縄には、地域らしさがあふれるおいしい調味料がたくさんあります。たとえば、パイナップルやパパイヤ、泡盛、黒砂糖といった沖縄らしい素材をふんだんに使ったソースは、煮物や和え物などに幅広く使用することができます。特にパパイヤは肉や魚をやわらかくする効果があるので、いろいろな場面に応用がききそうです。化学調味料を使用していないので、安心して使用することができます。
沖縄産のシークワーサーを使用した醤油は、さりげなく沖縄らしさを感じさせてくれる、さっぱりとした味わいで、サラダのドレッシングとしても活用できる万能の調味料です。レモンやゆずとも一味違うシークワーサーの香りに、これまで知らなかった新しい風味を感じることでしょう。
また、調味料としては、沖縄の塩も用意されています。沖縄の海水を丁寧に蒸発させて作った「ぬちまーす」の作り方は、常温瞬間空中結晶製塩法として特許も取得されています。さらさらのパウダー状でミネラルたっぷりのぬちまーすは、料理の味をまろやかにおいしく仕上げてくれます。お礼品として手に入れれば、毎日の料理がよりおいしくなることでしょう。素材のおいしさを引き出してくれる沖縄の調味料があれば、食事の楽しみがいっそう広がるはずです。

沖縄の文化を色濃く反映する地元の食べ物。それは、長い歴史の中で独特に育まれてきたものです。沖縄は独特の成り立ちを経て現在の姿に至りました。琉球諸島は、約1万年前までは大陸とつながっていたともいわれています。沖縄では東南アジアなどに生息する動物の化石が発見されているので、狩猟採取の時代にそういった動物を追いかけて大陸から人がやってきたと考えられています。沖縄では貝塚が発見されていることから、貝類も食料として採取されていたと推測されます。日本の本土に比べると沖縄の先史時代は長く、平安時代ごろまで続いていたといわれています。
12世紀になると、農耕がさかんに行われるようになりました。集落が形成され、それぞれを統治する北山、中山、南山の3つの勢力が現れる三山時代に入ります。それぞれの勢力は統治する地域に大きなグスク(城)を築き、力の強さを誇示していました。15世紀に入ると3つの勢力は統一され、琉球王朝時代となります。琉球王朝は450年間の歴史の中で、さまざまな独自の文化を発展させました。中国文化が積極的に取り入れられ、舞踊、三線(さんしん=蛇皮線)、漆器、織物などたくさんの芸術や工芸品が生まれました。しかしながら、琉球王朝は1609年に薩摩藩によって占領され、江戸幕府の支配下に置かれることとなりました。その後、明治維新の廃藩置県を経て、沖縄県となっています。そして、戦争による過酷な時期と、アメリカによる統治ののち現在の沖縄の姿になりました。
長い歴史の中では食糧難に悩まされた時代もありましたが、現在では独自のおいしい食べ物が豊富というイメージが定着しています。琉球王朝時代からの中国との積極的な交流や島国としての独自の文化形成により、沖縄の料理は日本本土とは異なる発展を遂げました。本土との交流が活発になってからは少しずつ食文化の交流も始まり、現在の沖縄らしい食材や味付けへと変化しています。いずれも、沖縄以外ではなかなか味わうことができない珍しいものばかりで、旅行などで沖縄を訪れると、そういった独自の味わいに魅了される人も大勢います。
お礼品にもさまざまなものが用意されているので、その中からお好みのものを選べば、沖縄の食文化を自宅にいながら満喫することができるでしょう。沖縄の特徴としては、何といってもその温暖な気候が挙げられます。亜熱帯に属する沖縄は年間を通してとても暖かく、冬の時季でも最低気温が10度を下回ることはあまりありません。年間の平均気温は23.1度で、最高気温が30度以上になる日が100日以上の年もあります。そして、沖縄の気象を語るうえで忘れてはいけないのが台風。7~9月の間、沖縄にはたくさんの台風が近づきます。沖縄に台風が近づく回数は年に7~8回ともいわれ、深刻な被害が出ることも少なくありません。沖縄の農業では、こういった暑さや台風といった地域の特性に適応した農作物が多く栽培されています。暑さに強いパイナップルもその一つです。お礼品としてもおいしいパイナップルが用意されているので、ぜひそういった沖縄らしさを味わってみてはいかがでしょうか。
また、沖縄の料理は、琉球王朝の宮廷料理から発展したものと、温暖な気候の下で、食品保存のための工夫をこらした庶民料理の2つの系統に分けられます。いずれも沖縄の食文化を語るうえでは欠かせないものです。中には、ソーキそばのように宮廷料理として食べられていたものが、やがて庶民の味として定着したという背景を持つものもあります。このように文化や自然を反映した沖縄の食べ物は、本土とは異なる独自の味わいを楽しむことができるものばかりです。
そういった沖縄料理で使用されるお肉は、豚肉が基本となっています。沖縄料理は「豚に始まり、豚に終わる」ともいわれるほど、豚肉をふんだんに使用しています。養豚は中国から沖縄に伝わったとされる伝統的な畜産です。沖縄の気候は豚の飼料作物を栽培するのにも適しているとされ、豚を育てやすい環境が整っています。沖縄料理では、豚肉としてイメージしやすいモモ肉やバラ肉以外にも、内臓や耳、足まで丁寧に料理して食します。豚は捨てるところがないくらい、沖縄料理では重宝される食材です。お礼品にも、沖縄のおいしい豚肉が多数用意されています。亜熱帯にある沖縄の料理は、暑い季節に食べるのにぴったりです。真夏は食欲が落ちやすくなりますが、年間を通して温暖な地域である沖縄でよく食べられている料理は割とさっぱりとしているので、無理なく食べることができるでしょう。もちろん、寒い時期でもおいしく食べられるものばかりです。
ふるさと納税のお礼品には、沖縄の食べ物として貴重なものも多数そろっています。歴史と文化に裏打ちされた素晴らしい食べ物が目白押しです。そんな沖縄の食べ物を食べると、まるで沖縄を訪れたような気分になれるはずです。暖かい気候から、その場にいるだけでのんびりした気分になれるのも沖縄の魅力の一つ。食べ物で沖縄らしさを感じることができれば、自然とゆったりとした気分になれるかもしれません。いつもとは違った味わいとともに、リラックスした気分を楽しみましょう。お礼品として、独自の食文化を堪能できる沖縄の食材を選んでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ