認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 カツオ特集

カツオ特集

日本では古くから食べられてきた魚、カツオ。ふるさと納税のお礼品には、高級肉や高級果物だけでなく、新鮮な魚も提供されています。カツオは刺し身やタタキとしてはもちろん、各地の郷土料理や缶詰の原料としても広く活躍している食材です。ふるさと納税を利用して、各地の自慢のおいしいカツオを楽しんでみませんか。

東北地方

三陸沖と呼ばれる太平洋沿岸地域がカツオの本場として有名です。三陸カツオの旬は7月から9月ごろです。その年初めて水揚げされる初カツオは、夏になるころに三陸沖にまで北上し、秋には南下していきます。7月ごろに三陸沖にまで北上してきたカツオは脂がのり始めた時期で。南下するカツオは戻りガツオと呼ばれ、この地域では9月ごろのカツオのことを指します。

関東地方

伊豆や小笠原諸島海域を中心に、2月から5月に北へ上り途中の「初ガツオ」を1尾ずつ釣り上げるひき縄漁で漁獲されます。カツオの身がキズにならないよう、樽に海水と氷を張り、カツオを頭から入れて出荷します。八丈島のカツオは、その独特の方法から「八丈樽(はちじょうたる)カツオ」や「八丈島樽カツオ」と呼ばれ、春の風物詩としても知られており、東京都の地域ブランドとなっています。

中部地方

静岡県はカツオの漁獲量が多く、県内でも焼津(やいづ)港は日本有数のカツオの上場水揚げ量を誇ることで有名です。近海でとれたカツオは氷水で冷却され、遠洋でとれたものは船内にて急速凍結されて港まで運ばれてきます。

四国地方

カツオは土佐(高知県)を代表する魚です。1988年には県の魚として指定され、長く県民にも親しまれ、「土佐カツオ」は高知県や四国地方を代表する地域ブランドにもなっています。土佐ではカツオはたたきにして食べるのが有名です。カツオの土佐造り、カツオの藁焼きタタキは全国的にも有名です。

九州地方

カツオは九州南部から北上を開始するため、それに併せて宮崎のカツオ漁は一早く始まります。黒潮に乗ってくるカツオを、全国に先駆けて2月頃から水揚げしていきます。宮崎では、漁師の船上料理が発祥の「カツオ飯」があります。醤油に漬け込んだカツオの刺し身を白飯の上にのせてお茶漬けにしたものです。また「焼っ切り」といって新鮮なカツオを皮のまま強火で炙り、そのまま食べるシンプルなものもあります。

たたき

カツオのたたきとは、カツオの背の部分を強火で炙り熱いうちに切って、ねぎやニンニクなどの薬味をのせ、ポン酢をかけたものを指します。土佐を代表する郷土料理で土佐造りと呼ぶこともあります。
強火で焼き目をつけ、焼き霜をすることによって軟らかく、食べやすくなります。
たたきの由来は諸説あり、包丁で身を叩いたためというものや、塩を振ったあとに馴染むように手で軽く叩き、盛りつけ後に調味料をかけてから叩く。などさまざまです。また、実際には叩く動作をしないタタキもあります。

北海道

北海道は日本海・オホーツク海・太平洋に囲まれ、非常に多くの魚介類が水揚げされる地域です。カツオが北海道沖に到着するのは8月から9月ごろです。栄養豊富な北の海で肥えたカツオは、戻りガツオとして南下していくため、脂のりが良い状態となっています。

近畿地方

三重県の近海でカツオがとれるのは、おおむね初夏になります。遠洋カツオは一本釣りですが、近海では日帰りの引き縄漁法「ケンケン漁」で1尾ずつ漁獲されます。そのため「ケンケンカツオ」と呼ばれ、鮮度の高さとおいしさから高値で取引されることもあります。

刺し身

鮮度のよいカツオが手に入った時は生で食べると絶品です。
カツオは初ガツオと、戻りガツオがあります。どちらもよく刺し身にされますが、味わいは全くと言っていいほど異なります。脂がのった戻りガツオや、さっぱりとした初ガツオの腹側は、カツオの中でもクセがなく食べやすい部分です。
カツオは生姜やニンニクとも相性がいい魚で、すりおろした生姜やニンニクに醤油をかけたり、あるいはタタキのようにポン酢で食べてもおいしくいただけます。

カツオは、温帯から熱帯海域に分布しており、日本周辺では黒潮に乗って太平洋側を春には九州南部から北上し、秋には宮城県沖から北海道南部にまで達し、そこからUターンして戻ってくる、という回遊をしています。寿命はおよそ10年といわれ、成魚になると40〜60cm程度になり、大きいものだと1m近くにもなります。
一般的には、カツオは4月や5月の北上を開始した「初ガツオ」の時期と、8月から9月に三陸沖周辺で水揚げされる「戻りガツオ」の時期が旬といわれます。
初ガツオは、太平洋を南部から北部に向かって進む途中で漁獲されたカツオで、脂はあまりのっておらず、あっさりした味をしています。戻りガツオは、北の栄養豊かな海でプランクトンを食べてきたため、行きに比べて肥えて脂のりが多くなります。
また三重県の郷土料理にはカツオの塩辛があり、普通なら捨ててしまう肝や小腸も塩辛にするため、捨てるところはほとんどありません。
ふるさと納税を利用して、おいしいカツオを存分に味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ