認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 鍋特集

鍋特集

日本を代表する料理のひとつである鍋料理。少なくとも100以上の種類があるともいわれており、数ある食品の中でも特に地域ならではの味覚が楽しめる料理です。 ふるさと納税のお礼品にも定番のものから市場にはなかなか出回らないものまでバラエティー豊かなものが数多くそろっているので、ぜひ、チェックしてみてください。

北海道

海産物の宝庫である北海道。新鮮なご当地の魚介類を鍋物で味わいたいという方も多いのではないでしょうか。
そんな方はまずは北海道稚内市のカニしゃぶセットに注目してみてください。カニのポーションがセットになって送られてくるので、自宅で気軽にカニしゃぶを堪能することができます。食べ終わった後はそのままカニ雑炊にもできるので、最後まで絶品のカニを無駄なく味わえる満足感のあるセットです。
貝料理のお好きな方には北海道森町の片貝とベビーボイルのセットはいかがでしょう。片貝は新鮮なホタテガイの上貝だけを外し、ホタテ本来の豊かな味を閉じ込めました。殻や蝶番(ちょうつがい)からよいだしが出るので鍋物にぜひ、おすすめです。内容量も大ボリュームなので、余ったらグリルや炭焼き用としても食べることができます。もう一つのベビーボイルは自然解凍することでお刺し身やお吸い物などにして食べることができるまさに貝ずくめのセットです。
日々のちょっとしたご褒美や記念日用のものなら北海道せたな町の海鮮しゃぶしゃぶセットにも注目してみてください。カニやエビ、ホタテ、鮭など北海道の定番のものをだし昆布とゆず風味の醤油タレで味つけしました。だしの味がしっかりとしているので、ラーメン鍋やうどん鍋にして味わうこともできます。

東北地方

古来より、お米や野菜などの名産地として知られる東北地方は寒い冬の時期にさまざまな鍋物が親しまれてきた地域でもあります。ふるさと納税のお礼品でも東北ならではの鍋物が数多くそろっているのでぜひ、チェックしてみてください。
例えば、秋田県横手市のきりたんぽ鍋はいかがでしょう。きりたんぽとは硬く炊いたお米を串にさして焼いた江戸時代より続く東北の郷土料理です。こちらはそんなきりたんぽを同じく秋田県が名産の長ネギや地鶏、突きこんにゃくなどの具材と一緒に鍋にしたものです。具材はすべて初めからカットしてあるので、後は火をかけるだけで簡単に調理することができます。
低カロリーでヘルシーなお鍋なら青森県五戸町の桜鍋にも注目してみてください。桜鍋とは新鮮な馬肉を味噌などで味つけした鍋です。五戸町のお礼品はそんな桜鍋を地元産の馬肉やキャベツや糸こんにゃくなどの野菜、特製のタレとセットにしてお届けします。馬肉は高タンパクなのに低カロリー・低脂質なのが特徴で、見た目もきれいな紅色であることから女性同士の集まりにもおすすめです。
東北地方の新しい鍋料理が気になるという方は山形県尾花沢市のうどんすき鍋セットはいかがでしょう。こちらはそばの名産地である山形県で新しい田舎風うどんを作ろうと開発されたものです。小麦の外皮以外を製粉するという独自の手法によって作られた麺は甘味と香りが豊かなのが特徴です。だしにもカツオをふんだんに使用し、具材にも山形県産の牛肉のほほ肉を使った贅沢な仕上がりになっています。もともとうどんすきが好きな方でも新鮮な感覚で食べることができるので、贈答用などとしてもおすすめです。

関東地方

関東地方の鍋物はさまざまなお肉を使った鍋物が多いのが特徴です。また、千葉県は日本有数の水揚げ量を誇る銚子港があることから新鮮な魚介類を使った鍋を楽しむこともできます。
関東地方の鍋物ならまずは、神奈川県大井町の足柄牛のすき焼きセットをチェックしてみてください。足柄牛とは名水百選にも選ばれた丹沢の水と特製の配合飼料によって作られる神奈川県の地域ブランドです。その肉質はきめが細かく入った霜降りとしっとりとした食感で知られており、鍋用としても存分に肉の旨味を堪能していただけます。分量も大ボリュームのため、大勢で楽しむのにおすすめです。
水炊鍋が気になる方は千葉県香取市の水炊鍋セットはいかがでしょう。こちらに使われている鶏肉は通常よりも長い期間をかけてじっくりと育てたこだわりの品。飼料にも脂肪がつきにくい上質なエサを与えており、濃厚なコクと独特の甘味のある食感を楽しむことができます。スープにもコラーゲンをたっぷりと含んだ鶏ガラスープを使用しているので、さまざまな栄養をとることができるのもポイントです。
茨城県北茨城市のお礼品には珍しいあんこう鍋のセットもあります。あんこうは東日本では冬の風物詩として江戸時代から食べられている食材で、その肉質は非常に柔らかく、淡泊で食べやすいのが特徴です。こちらのセットには味噌が付属するため、食べる際には味噌を水で溶かし、野菜を入れるだけで、自宅で手軽にあんこう鍋を楽しむことができます。

中部地方

富士山や日本アルプスなどの大自然を有する中部地方は山々からの豊かな恵みや新鮮な魚介類などを使った鍋が多数そろっている地域です。
日本酒にぴったりのフグをお探しの方は福井県高浜町のとらふぐ鍋にも注目してみてください。地元にて稚魚から丹精込めて育てたフグはプリッとした身の引き締まった食感が魅力です。日本酒との相性もよいので、お酒好きの方にもおすすめです。
野性味あふれるエネルギッシュな鍋をお探しの方は長野県飯田市のぼたん鍋にも注目してみてください。一年で最もおいしい季節の猪を猟師が仕留め、食べやすい味付けで仕上げました。ワイルドな味わいを自宅で堪能したい方におすすめです。
新潟県弥彦村のちゃんこ鍋は新潟県の地域ブランドの鶏を使用したものです。越の鶏ならではの脂肪分が少なく、ヘルシーな味わいをゆず風味のつみれとモモ肉で堪能していただけます。大ボリュームなので、食べごたえのあるものをお探しの方にもおすすめです。
同じく地域ならではの食材を使ったものなら石川県七尾市の白味噌鍋セットがあります。能登七尾四湾にてとれる能登牡蠣は旨味の詰まったぷっくりとした食感が特徴。定番の赤味噌ではなく、上品な甘さのある白味噌で味つけすることで体の芯から温まる優しい味わいに仕上がっています。

近畿地方

かつて長きにわたって都の置かれていた近畿地方は鱧(はも)や鴨などを使った京風と呼ばれる上品な味わいの鍋が楽しめる地域でもあるのが特徴です。
例えば、京都伝統の味なら京都府亀岡市の鴨すきはいかがでしょう。鴨すきは鴨肉をネギや白菜などのさまざまな野菜と一緒に煮込んで作る京都の郷土料理です。こちらはそんな鴨すきを丹波にて育てた地鶏で作ったものです。ソップ炊き風で食すこともできるので、ぜひ、さまざまな調理法で味わってみてください。
同じく鴨を使った鍋物なら兵庫県新温泉町の鴨鍋セットに注目してみてください。鴨肉は臭みの少ない、さっぱりとした上品な味わいが特徴で、見た目も鮮やかなワイン色なのが特徴です。こちらはそんな鴨肉を手軽に楽しめる鴨鍋のセットで、肉本来の甘味と脂肪を存分に堪能していただけます。
上品な味わいをお求めの方は大阪府泉佐野市の鱧鍋はいかがでしょう。鱧は淡泊でありながら旨味のある上品な味わいが楽しめる魚である一方、多数の骨があることから家庭ではなかなか調理の難しい魚としても知られています。こちらはそんな鱧を自宅でも手軽に楽しめるように調理したもので、贅沢な大人の記念日などにもおすすめです。

中国地方

温暖な気候に属し、南北を海に挟まれた中国地方のお礼品は肉と魚介類の鍋物がバランスよくそろっているのが特徴です。
鳥取県の名産であるカニが気になる方はまずは、鳥取県米子市のカニしゃぶしゃぶセットに注目してみてはいかがでしょう。こちらはズワイガニとベニズワイガニを食べやすく加工したしゃぶしゃぶのセットです。食後は贅沢な具材入りのカニ雑炊にしてみるのもおすすめです。
上質な鶏肉を使った鍋料理なら鳥取県米子市の大山どり鍋もおすすめです。大山どりは大山の山麓にて新鮮な空気と地下の天然水で育てた鳥取県が誇る地域ブランドです。その味わいはほどよく乗ったとプリッとした食感で知られており、鍋料理にした際にもよくだしの利いた鶏鍋になるのが特徴です。こちらはそんな大山どりをスープと合わせ、さっぱりとしていながらも深い味わいを楽しめるように仕上げたものです。白米との相性も大変よいため、雑炊などにしてもおいしく食べることができます。
おいしいもつをお探しなら鳥取県の牛もつ鍋にも注目してみてください。鳥取県にて飼育された牛のもつをおいしく新鮮な状態のままお届けします。内容量も大変多く、男性同士の集まりにもおすすめです。

四国地方

四方を海に囲まれた四国地方は新鮮な海の幸を使った鍋物が豊富な地域です。なかには漁師町ならではのご当地鍋などもあり、他の地域などと比べると、一風変わった鍋物などもあるので、ふるさと納税のお礼品をチェックする際は注目してみてください。
四国地方の鍋物ならまずは、高知県須崎市の鍋焼きラーメンをチェックしてみてください。鍋焼きラーメンとは須崎の漁師町にて戦後間もなくから食べられていた土鍋で作るラーメンです。鶏ガラのだしが利いたスープが細麺によく染み込み、生卵との相性も非常にいいのが特徴です。
珍しい鍋物なら同じく高知県須崎市のくじらのすき焼きに注目してみてください。高知県では昔からくじらをすき焼きとして食べる習慣があり、葉にんにくなどを加えることで関西の「はりはり鍋」とはまた別の鍋物として食されてきました。水菜とくじら肉を煮込んだだけのシンプルな調理法ながら癖が少なく、くじらを食べ慣れていない方にもおすすめです。余った際にはお刺し身などにしても味わっていただけます。
繊細な味わいをお探しの方は高知県奈半利町(なはりちょう)のクエ鍋はいかがでしょう。クエとは九州では「アラ」とも呼ばれるハタ類の魚です。とれる量が大変少ないことから市場にはなかなか出回らない魚としても知られており、クエ鍋はクエならではの出汁を存分に堪能できる美味しい食べ方の一つとして人気を集めています。ご友人との集まりにもおすすめです。

九州地方

北海道と並んでさまざまな食材の宝庫として知られる九州地方。ふるさと納税のお礼品の鍋物にもバラエティーに富んだものがそろっています。
九州の鍋といえば、まずは全国的にも知られたもつ鍋を連想される方も多いのではないでしょうか。そんな方は福岡県春日市のもつ鍋セットにも注目してみてください。博多名物のもつ鍋を地元にて親しまれている肉屋から仕入れた小腸で作りました。小腸ならではの脂が鍋に染み出し、もつならではのプリッとした食感を存分に堪能していただけます。
もつ鍋と並んで人気のすっぽん鍋なら福岡県筑前町のものもチェックしてみてください。天然すっぽんを昔ながらの伝統的な方法で調理したものをお届けします。食べやすい味付けなのですっぽんを食べたことがない方にもおすすめです。
海の幸が気になる方は佐賀県江北町のフグ鍋セットにも注目してみてください。とらふぐを存分に味わいたいという方のために刺し身と鍋のセットにしました。ボリュームがあるので、大人数で召し上がっていただくのにおすすめです。新鮮なままのフグを思う存分、味わっていただけます。

今や、日々の食生活に欠かせない料理となった鍋料理。現在でもさまざまなものが次々に発明されており、その数は100種類以上あるといわれています。しかし、鍋物は、江戸時代ごろから定着した意外と歴史の浅い料理であることはご存じでしょうか。
もちろん、それ以前の時代にも土器や鉄器などで料理をすることはありましたが、それらは主に煮込み料理や汁ものなどが中心で、調理が終わってから一つひとつの膳に盛りつけて食べていました。
鍋物が本格的に普及するようになったのは江戸時代の後期、卓袱料理(しっぽくりょうり)が誕生し、七輪が庶民の間に普及するようになってからのことだといわれています。長屋に住まう人々の間ですすや煙の出る囲炉裏での調理が嫌煙されるようになり、持ち運びできる七輪と鍋で煮込みながら食べるという文化が誕生しました。
鍋料理は当時からさまざまな種類のものが開発されており、湯豆腐やドジョウ鍋などが食べられていたようです。また、このころには農耕具の上で肉を焼いて食べるすき焼きも登場するようになりました。
少し後の時代になると、小鍋立てと呼ばれる直径20cm程度の1人用の鍋も開発されるようになり、鍋物を客人へのもてなしとして振る舞うようになったようです。
明治時代に入ると、富国強兵政策などによって肉を食べることが奨励されるようになり、牛肉を醤油や味噌で味つけして食べる牛鍋が登場し、全国へと普及するようになりました。
現在では、定番の鍋に加えてキムチ鍋やトマト鍋、カレー鍋といった洋風のテイストを盛り込んだものも多数登場しています。また、その一方できりたんぽ鍋やあんこう鍋といった地域ならではの伝統的な鍋物にも高い注目が集まるようになり、旅先でのおもてなし料理として定着するようになりました。
では、次に鍋に入れる野菜のおいしい調理方法をご紹介していきます。ふるさと納税のお礼品で受け取れる鍋セットには初めから野菜がついているものもありますが、ついていないセットや追加で鍋に具材を追加する際などの参考にしてみてください。
水菜や白菜に関してはしっかりとした食感を残せるよう、少し長めにザクザクとした大きさに切り分けます。白菜の白い根元の部分に関しては食べやすいよう、斜めから削ぐように切るのがポイントです。大根は薄く皮むきし、面取りしてから食べやすい大きさに切り分けます。シイタケについては初めに軸を落とし、かさの部分にV字の切込みを6ヵ所程度入れましょう。そうすることで味が染み込みやすくなり、見た目もきれいな花柄模様のようになります。
お鍋のアクを取り除く際はこまめに取らずにまとまったタイミングで取り除くのがポイントです。もともと、アクとは肉の血液などが固まって流れ出したものであるため、あまりとりすぎてしまうと、かえってお鍋の風味を損ねてしまうこともあります。特に鶏肉などを使った鍋の場合は適度にとる程度に留めておくのがいいでしょう。もし、アクを取り除くのが面倒な場合は鍋の温度をしっかりと上げてから入れることで出るアクの量を減らすこともできます。
では、次に鍋のシメに使える具材についてご紹介していきます。鍋のシメとしてさまざまな具材を入れるのは全国共通ですが、実は地域や鍋の種類ごとにさまざまなものがあるのはご存じでしょうか。定番のものとして白米やうどん、ラーメンなどを入れるのはどこも共通していますが、地域によっては餅やちゃんぽん、パンなどを入れる風習もあるようです。特にパンについてはトマト鍋やカレー鍋のように洋風の鍋で使われることが多く、ポルトガルなどの海外でも行われています。また、ユニークなものとしては残っただしを使って炊き込みご飯やカレー、シチューなどを作る地域もあるようです。お鍋のだしを残しておけば、翌日以降の料理にも使えるので、ぜひ、参考にしてみてください。
ただし、だしの保存については誤った方法でしてしまうと、雑菌などが繁殖してしまうおそれがあるため、正しい方法で行うようにしましょう。そこで、残っただしの保存方法についてご紹介していきます。鍋のだしを翌日使いたい場合は必ず、残った食材をすべて取り除き、しっかりと火を通してから別容器に小分けして保存しましょう。常温の状態のまま保存してしまうと雑菌などが繁殖してしまい、食中毒などの原因にもなり得ます。また、塩気が多い鍋物の場合、一晩でも鉄鍋の容器からサビが発生してしまう可能性があるため、食品保存容器に移しておくのが望ましいとされています。保存する場所は冷蔵庫か冷凍庫がよいでしょう。具体的に何日程度、日持ちするのかについては鍋の種類によっても異なるため、パッケージなどをよく確認するようにしてください。
最後に鍋物をより楽しむための方法をご紹介します。鍋をする際はぜひ、友人や知人を招き、コミュニケーションの手段に鍋を活用してみてください。鍋奉行やアク代官などの言葉に表されるように、鍋は食事中に個々人がさまざまな役割を持てる料理であるため、大人数でも会話が弾みやすく、大勢の人と親睦を深めるのに適した料理です。普段は疎遠になっている友人や知人を招いてぜひ、一緒に鍋をしてみましょう。
江戸時代から100年以上の歴史がある日本の鍋物。その歴史は数ある日本の食品の中でとりわけ長いというわけではありませんが、人々の生活に深く根差し、日夜、新たなものが開発され続けているのが特徴です。ふるさと納税のお礼品で味わえる鍋物についてもいずれもがその地域ならではの食材や味つけを生かしたそこだけでしか味わえないものばかりです。ぜひ、鍋を通じてさまざまな地域の魅力に触れてみてはいかがでしょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ