認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 鞄特集

鞄特集

ふるさと納税のお礼品で、自分や大切な誰かのための鞄を選んでみるのはいかがでしょうか。ふるさと納税では鞄や服飾小物、雑貨類などをお礼品にしている自治体も多くあります。その地域の伝統工芸を生かした鞄や、地域を盛り上げるゆるキャラのイラストが入ったバッグなど、地域の想いがこもったお礼品がたくさんあります。

北海道

北海道でふるさと納税のお礼品を検討するなら、地域のこだわりや想いがこめられた鞄(バッグ)はいかがでしょうか。鞄とひとくちに言っても、トートバッグやショルダーバッグ、巾着など、さまざまなものがあります。北海道は海に面している地域が多く、漁業がさかんな土地です。そんな北海道のお礼品で鞄を選ぶなら、例えば大漁旗を再利用した一点物のトートバッグはいかがでしょうか。
大漁旗というのは、漁師が船で海に出るときに船上に掲げる旗のことです。もともとは大漁で魚がとれすぎたときに、船に積みきれない魚をほかの船に載せてもらうための合図の旗だったとも言われています。しかし今では、新しく造った漁船の船おろし(進水式)や、正月の乗り初めに船に掲げたり、飲食店や海産物を売る店舗の装飾品として用いられることも増えています。その他、出産祝いや初節句のお祝いに贈られるなど、大漁旗はめでたくて縁起の良いシンボルとして捉えられています。
北海道のお礼品の「大漁トート」は、実際に漁師が使っていた大漁旗を廃棄するのではなく再利用し、新たにトートバッグに仕上げたものです。もちろん一点物で、トートバッグの柄は一つ一つ異なります。大漁旗は、鮮やかで元気の出る色合いが特徴で、日本の伝統色を用いた古風な味わいがあります。また、絵柄はその港の特色が表現されており、縁起が良いとされる鶴、亀、鯛などがモチーフになっています。漁のときに使われた大漁旗に思いを馳ることのできる唯一無二のトートバッグには、ひとしお愛着がわくことでしょう。
また、野生動物などの生態系が豊かな北海道ならではの、毛皮を生かした鞄もお礼品として用意されています。

東北地方

東北地方のふるさと納税のお礼品として鞄を選んでみるのはいかがでしょうか。自治体からのお礼品には地元でとれる食材などが多くありますが、鞄などの服飾品・雑貨をお礼品としている地域もあります。東北地方は冷涼な気候が野菜や果実、穀物などの生産に適していて、関東地方や九州地方と並んで、農業がさかんな地域です。全国の農地面積のうち17%が東北地方にあり、米づくりや野菜・果物栽培が広く行われています。また、野山に自生する植物も多く、植物の生態系が豊かな土地です。
そんな地域の特性を生かしたお礼品があります。それが、東北地方に自生している山ぶどうやアケビのツルを使った、つる細工の「かごバッグ」です。山ぶどうは日本でも自生しますが、数がとても少なく、採集できる時期も限られているので、とても希少な素材です。山ぶどうのツルを、一つ一つ手作業で編み込み、かごの形に仕上げて、それに取っ手を付けて持ち運びできるようにしています。かごバッグは近ごろハンドメイド業界で注目されていることもあり、とても人気のあるアイテムです。手づくりであることに加え、天然の植物を使っているからこそ、使えば使うほどツヤが出て、飴色に変化していくのも楽しみの一つです。山ぶどうのツルはしなやかで強度があるので、いろいろな物を入れて持ち運びできます。大切な一品になることでしょう。

関東地方

首都圏を擁する関東地方は、古くから政治や経済活動の中心で、日本のほかの地域と同様に、古くは織物や染物が地域の商業や文化を支えていました。往時の日本には、租税として織物や染物を献上するしきたりがありました。奈良時代には租庸調(そようちょう)の「調」、平安時代以降は「公事(くじ)」がそれにあたります。この時に献上用の布として作られていた上質な織物や染物が、今も伝統工芸品として各地に残っています。
そんな伝統工芸の織物を生かしたお礼品があります。例えば、埼玉県蕨市(わらびし)に伝わる双子織(ふたこおり)を使用したバッグは、伝統の双子織と現代の素材を組み合わせた、今風のデザインが魅力的です。織物にはさまざまな種類がありますが、双子織は、縞模様とつややかな肌触りが特徴で、太陽にかざしても透けないほど緻密に織られています。普通の平織りよりも丈夫で、鞄に最適の素材と言えるでしょう。伝統の技と現代のファッションを融合させた鞄は、古き時代を感じさせながらも斬新で独特の味わいのある逸品で、大切な方への贈り物にも向いています。関東地方のお礼品で迷ったら、このような伝統工芸の技術を生かした鞄を選んでみてはいかがでしょうか。
その他、地域に関わる著名人や歴史上のできごとがモチーフになったバッグもあります。かつて新選組隊士として活躍した副長の土方歳三や六番隊組長の井上源三郎の生地である東京都日野市からは、新選組の「誠」の文字をデザインしたトートバッグのお礼品があり、バッグの中には土方歳三の写真や誠の文字入りのクリアファイル、一筆箋、根付けなどのグッズが入っています。また、地域の観光を盛り上げるマスコットキャラクター(ゆるキャラ)のバッグや、歴史的建造物のイラストが入ったバッグなどもお礼品として用意されています。

中部地方

中部地方は、本州の中央に位置する9県を含むエリアです。この地域にも、織物、染物、桐工芸、水引細工や下駄づくり、櫛づくり、革細工などさまざまな伝統工芸があります。伝統工芸の技は職人の手により、古くから現代まで脈々と受け継がれてきたもので、国や自治体の援助を受けながら、大切に今後も受け継がれていくべき貴重な無形資産なのです。お礼品に迷ったら、このような伝統工芸の技を生かした鞄を検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、山梨県の「甲州印伝」は、鹿革と漆(うるし)を使った伝統工芸です。印伝という名前の通り、印度(インド)から伝わった装飾革に、江戸時代に入ってから漆付けする独自の技法が加わったのが、甲州印伝の始まりといわれています。印伝の華麗な色合いは幕府をも魅了したと伝えられていて、粋(いき)を愛する江戸の人々にも広く愛好されていたようです。お礼品になっている印伝のブリーフケースは、山梨県の野生鹿革を使用した純国産のバッグです。一見すると普通のブリーフケースと思い見過ごしてしまうほど現代風に作られたおしゃれなバッグですが、よく見ると全体の柄は、鹿の生息する八ヶ岳連峰の最高峰「赤岳」の等高線をデザインしていて、これには、森林の限界を伝えるという意味が込められているとのことです。野生鹿革特有のしなやかさがあり、牛革と比べ軽いため持ち運びにも便利な、全面に印伝が施されている贅沢なブリーフケースです。
地域に伝わる伝統工芸を大切に残していく取り組みを応援をしたいと考えている方は、こうした技術を使った鞄をお礼品に選んでみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方の自治体へのふるさと納税を検討している方は、お礼品として地域の伝統工芸の技を生かした鞄を選んでみてはいかがでしょうか。近畿地方の織物といえば、「西陣織」や「京友禅」「近江上布(おうみじょうふ)」などが有名です。近畿地方は古代から日本の中心地であった京都や奈良、大阪などを含むエリアです。奈良時代から、布は租税としての役割を果たしていたこともあり、麻や絹、綿を使った織物や染物の生産がさかんに行われていました。こうした経緯から、近畿地方にはたくさんの伝統的な織物が生まれています。
「丹後ちりめん」は京都に伝わる絹織物で、撚り(より)のない縦糸と撚りの強い横糸を組み合わせて表面に細かい縮みを作り出す、日本遺産にも認定されている伝統工芸です。丹後地方の風土が絹織物の生産に適していたため、古くから絹織物の産地として有名でした。そんな地で「丹後ちりめん」は江戸時代(享保の頃)に生まれ、伝統の技が現在も脈々と受け継がれているのです。京都府には、この丹後ちりめんを細くカットし横糸に使った味わい深いバッグやポーチがお礼品にあります。絹が原料なので軽く、幅広い世代にぴったりのバッグです。昔ながらの確かな技術で作られたバッグは、どんなシーンにも映えることでしょう。
また、ふるさと納税のお礼品に鞄を選ぶなら、近畿地方で生まれたオシャレなブランドの帆布バッグも人気です。兵庫県の海に面した街で生まれたこのバッグは、ヨットの帆と同じ素材で作られた、軽くて丈夫なバッグです。海上で使用するセイルクロス(ヨットの帆)は、水に強く、汚れてもすぐに洗い流せるという特徴を持っています。そんな帆布で作られたトートバッグやバケツトートは、スポーツやレジャーシーンで大いに活躍することでしょう。洗濯ができるので、汚れても安心。お子さまと一緒にレジャーが楽しめそうですね。

四国地方

四国地方は温暖な気候であり、海も山も多いことから、古くから林業や水産業、農業のさかんな地域です。しかし、近年は瀬戸内海を中心に、「瀬戸内国際芸術祭」が3年に1度開催されるなどアート関連でも知られています。四国地方のお礼品の中には、アートや美術にかかわる鞄のお礼品が複数用意されています。
四国のアートを有名にしたのが、瀬戸内海に浮かぶ直島のアートプロジェクトです。直島(香川県直島町)は全域に現代アートが点在する島として注目されているスポットです。1990年代から現代アートによる町おこしを行っており、作品が展示された美術館のほかに、屋外に立てられたパブリックアート(公共場所に設置される芸術作品)が島のいたるところに見られ、中でもかぼちゃの大きなオブジェなどが有名です。香川県には直島のアートに関連した鞄のお礼品があります。瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設した地中美術館のミュージアムグッズの中でも人気の高い帆布のシザーバッグは、白とベージュの2点から好きな色が選べ、紐の通し方によって腰に巻いたり肩にかけたりと、二通りの使い方が楽しめます。この地中美術館は、直島の全体に広がるアートの中でもメインの存在となる施設で、モネなどの作品が展示されています。普段は直島に行かなければ買えないグッズがお礼品として届くのはわくわくしますね。
また、香川県には、高松市にあるイサム・ノグチ庭園美術館の記念グッズのお礼品もあります。イサム・ノグチ庭園美術館の開館17周年を記念して再販されたトートバッグは、彫刻家・画家などとして日米をまたにかけ幅広い芸術分野で活躍したノグチ氏が、ブロンズ作品の制作用に考案した型紙スケッチをキャンバス地にプリントしたものです。アート好きの方なら、このような芸術を感じることのできるお礼品を選んでみるのはいかがでしょうか。

九州地方

ふるさと納税のお礼品として、九州地方で鞄を探しているのなら、伝統の技や製法が生かされた鞄や、天然由来の素材で手づくりされた鞄を選んでみてはいかがでしょうか。九州地方は温暖な気候で、古くから林業がさかんな地域です。特にスギ材の生産が多く、都道府県別生産量で見ると、全国第1位が宮崎県、第3位が大分県となっています(※農林水産省 木材統計調査結果より)。
古くからスギの産地であるこの地域には、スギを使った染物があります。伐採したスギを沸騰させて煮出した液で糸を染めるもので、「杉染」といい、虫がつかず、腐りにくく、水に強いなどの特徴を持っています。鹿児島県屋久島にある杉を使った染物を「屋久杉染」といいます。世界遺産にも登録されている屋久島には樹齢2,000年以上のスギの巨木があり、その神秘的なパワーを求めて観光客が訪れています。屋久杉染は、その工程にとても手間がかかり、一日かけて染めることができるのは1m四方の布たった2枚です。布を染めるのには、染め液に浸して布を動かし続け、水洗いをし、色出しと定着のための媒染をしてから、もう一度同じ作業を繰り返します。通常よりも色の濃いこげ茶色の屋久杉染は、こうした手間のかかる分、力強い色から生命の尊厳が感じられるような風合いに仕上がります。そんな屋久杉染を使った鞄が、九州のふるさと納税のお礼品として用意されています。持てば風格の感じられるブリーフバッグや、上品なハンドバッグもあります。どちらも赤茶とこげ茶の2種類があり、厚手の帆布を染めているので、丈夫で柔らかく、軽いバッグになっています。

日本には数多くの織物や染物などの伝統工芸品が存在しています。しかし、住んでいる場所から遠く離れた地域のものであれば、知名度が高く全国的に流通しているものを除き、それらの工芸品に触れる機会や知るチャンスはほとんどないのが実情です。着物が好きという人はさまざまな上布の種類を知っていても、そうでなければそもそも織物や染物にあまり興味を持たない人も多いかもしれません。こうした織物や染物を知るきっかけとして、それらの布を加工して製作された鞄や服飾小物は最適といえるでしょう。着物を着る機会がないという方でも、トートバッグやハンドバッグなどは日常的に使用しているはず。ふるさと納税のお礼品として用意されている鞄を見ると、伝統工芸の技が光る織物や染物を活用したものが多数用意されています。中には、初めて知る伝統工芸の名前もあるかもしれませんね。このように、今まで知らなかった織り方や染め方、布の名前や種類などを知ることができるのも、ふるさと納税の大きな魅力です。
伝統工芸というのは、長年にわたり受け継がれている技術による美術や工芸のことを指します。例えば織物でいえば、近江上布や西陣織、信州紬(つむぎ)や小千谷縮(おぢやちぢみ)などがあります。伝統工芸は、職人の手による熟練の技が不可欠で、代々受け継がれてきた長い歴史があります。
また、伝統工芸というのは、その地域の風土に根差した、その土地にあった製法で作られているものがほとんどです。例えば、鹿児島県の奄美大島に伝わる「泥染」は日本では珍しく、奄美だけで行われている染め方ですが、これは奄美の泥田が鉄分を豊富に含むことから可能になるのです。地域の特性を生かした伝統工芸は、後世にも残していきたい貴重な文化財といえます。こうした伝統工芸の技術を使い、丁寧に手づくりで仕上げられた鞄は、どれも深い味わいを感じさせるものばかりです。長年、技術やセンスを磨き上げた職人が作った鞄は、使うごとに愛着が増し、長い間使い続けていくお気に入りの一品になることでしょう。一つ一つ手づくりで、原材料も天然由来のものなので、鞄によっては年を経るごとに風合いが変化していくものもあります。例えば、植物のツルを編み込んだかごバッグは、使い込むほどに全体の色やツヤに深みが出てくるようです。大量生産される既製品は、買ったばかりの新品の状態が一番良く、使っていると次第に古びていくものですが、天然由来のものは、使えば使うほどに味わいがでてくるものです。古くなったら捨てるのではなく、物を大切に使い、育てていくという考え方を身に付けることで、日常生活をより豊かなものに変えるきっかけになればと思います。
伝統の技を使った鞄が長く愛される理由は、それぞれの地域が大切に受け継いできた職人技が惜しみなく発揮されていることです。昔から日本では、身分の高い人への上納品として、布を多く納めてきました。貢ぎ物なので、上等な布を用意することが求められ、そのために技術を磨く必要があったのです。藩主や地主、幕府などに気に入ってもらうために洗練されてきた技術が、伝統工芸の織物や染物には詰まっています。こうした一級品ともいえる布を使った鞄だからこそ、今も見る人を魅了してやまないのでしょう。
また、職人技で作られたこうした鞄は、それぞれに個性があるというところにも、価値を見出すことができます。多くの工数と期間をかけて丁寧に仕上げられる鞄やバッグは、全く同じものは存在しない唯一無二の存在です。例えば染物の場合、伝統的な製法で染められた布は、一つとして同じ模様に染め上がることはありません。一つ一つが違う表情を見せる布に仕上がり、そしてその布で作られた鞄やバッグもまた、一つ一つ模様が異なります。一方、機械で大量生産される鞄は、個体差が出ないように同じ仕様で作られます。10個の製品があったら10個が全く同じものに仕上がります。手づくりの鞄の良さは、10個あったら10個ともみんな表情が違うことです。だからこそ、わが子やペットをいつくしむように、その個性を愛し、長く使い続けるほど愛着が生まれるのかもしれませんね。もちろん、作るのは長年にわたり伝統工芸を極めてきた職人なので、同じ種類の鞄であればクオリティそのものに差が出ることはありません。しかし、この模様ならばここを生かそうなどと、長年の勘やセンスをもとに、素材の持つ特徴を生かして一つ一つの鞄が製作されています。そこには職人の想いがこめられていて、機械によって大量生産された鞄にはない魅力があります。そういった作り手の想いを感じ取ったり、地域で生まれ育った植物や動物などの素材に思いを馳せたりできるのは、伝統工芸品ならではのことではないでしょうか。
古くから伝わる伝統工芸品とは別に、全く新しいコンセプトによって生まれ、地域を盛り立てているものもあります。例えば、2000年代から人気が急上昇している地域の応援マスコットキャラクター、いわゆる「ゆるキャラ」。こうしたゆるキャラグッズの中から、バッグをふるさと納税のお礼品に選定している自治体もあります。伝統のものには味がありますが、こうした新しく誕生した文化も新鮮で、それぞれの良さがあります。特別に好きなゆるキャラのある方は、そうしたキャラクターのバッグをお礼品に選ぶのもいいでしょうし、相手の好きなキャラクターがわかっているなら、それを探してプレゼントすればきっと喜ばれるでしょう。こうしたキャラクターは各地で次々に生まれているので、お礼品を見ていくことで今まで知らなかったキャラクターとの出合いがあるかもしれませんね。地域を盛り上げるキャラクターを応援することも、その地域を応援することにつながります。伝統工芸やマスコットキャラクターのほかにも、その土地ならではの特色を生かして作られた鞄を、ふるさと納税のお礼品に選んでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ