認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 財布特集

財布特集

ふるさと納税のお礼品には、毎日の生活の中で使いたくなるような財布がたくさんあり、高級な革をふんだんに使用した長財布からお金が取り出しやすい小銭入れまで、いろいろなタイプのものがそろっています。こだわりをもって丁寧に作られた日本各地の魅力的な財布の中からお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか。

東北地方

自然が豊かな東北地方。広い土地を生かして果物や野菜・肉類といった食料品の生産がさかんというイメージが強いかもしれませんが、普段の生活の中で使うさまざまな小物類の生産も行われていて、東北地方で作られる財布にも特筆すべきものがあります。
山形県のお礼品には、オリジナルブランドの財布が多数用意されています。例えば、牛革や豚革を使用した使い勝手のよい小銭入れ。型押しや花柄など、好みに合わせて選べるデザインが豊富なのも魅力です。ファスナー式になっているため、誤って小銭が飛び出る心配もありません。同じデザインのカードケースもあるので、用途に合わせて選ぶことができます。
山形県には、高級感あふれる独特の質感が特徴的なコードバンを使用した長財布もあります。コードバンというのは、馬のお尻の部分からとれる革のこと。強度があり、美しいツヤが魅力です。1頭の馬からとれる量が少ないため、とても貴重な革だといえます。名刺入れや小銭入れがセットになっているため、ビジネスの場でも使うことができ、カードポケットが多いのも便利です。革のお手入れ用のクリームがセットでついているものもあり、長く使おうという方には好適です。

関東地方

関東地方のお礼品として用意されている財布には、職人の手によって丁寧に仕上げられたこだわりの品がそろっています。東京都の伝統工芸品である村山大島紬を使った財布もその一つです。村山大島紬は、江戸時代後期から生産が始まった伝統的な絹の織物で、主に着物用の生地として織られていました。東京都指定無形文化財や経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されるなど、その高い品質が認められています。村山大島紬には板締め注入染色という技法が用いられており、生地に現れる絵柄には裏表がないのが特徴です。お礼品としては長財布や小銭入れがあり、長財布にはカードポケットや小銭入れもついているので、普段使いにも便利です。小銭入れはファスナー式であるため、簡単にお金を出し入れすることができます。
茨城県の工房で職人が作り上げた財布は、工房内で企画からデザインまで行われており、コンパクトなサイズながらも小銭やお札、カードの全てを分けて収納することができる優れものです。メインの財布として使用することもできますし、小さなカバンに入れるための財布として活用することも可能です。触り心地のよいやわらかな牛革を使用しています。

中部地方

中部地方のお礼品には、さまざまなタイプの財布が用意されているので、その中から、普段の財布の使い方に合わせて選ぶことができます。また、いろいろな工夫が凝らされていて使い勝手のよい財布がそろっています。
長野県のお礼品には、上部ががま口、下部がファスナーになっている珍しいタイプのウォレットがあります。使い勝手がよいので、小銭入れとしてはもちろん、細かいアクセサリーや小物を持ち歩くためのポーチとして使用することも可能です。どちら側からでも中身を取り出すことができるので、用途に合わせていろいろに活用できます。がま口の金具部分を革で覆うデザインとなっているため、一般的ながま口とは少し違ったおしゃれな印象を与え、また、かわいらしいカラーバリエーションもそろっています。
福井県のお礼品には、職人が手作りした手のひらサイズの財布があります。手のひらに収まる小さめのサイズながらも、お札やカードをきちんと収納することができる便利さを兼ね備えているのが大きな特長で、レザーやステッチの色を選ぶことができるところもうれしい配慮です。
中部地方のお礼品としては、ほかにも長財布や二つ折り財布など、日常生活で重宝しそうな財布がいろいろあります。

近畿地方

近畿地方は昔ながらの日本の風景が残る地域。歴史的にも重要な建造物が多数立ち並んでいます。そういったものに対する人々の思いが、財布作りにも生かされています。その一つに、滋賀県湖北地方の伝統的な家屋の塗装に用いられる「べんがら(弁柄・紅殻)」と柿渋で染色した、珍しいレザーの財布があります。べんがらは赤色の天然鉱物顔料の一種で、産地であるインドのベンガル地方の名がついたものですが、現在では化学的に合成したものが使われています。失われつつある「べんがら造り」の日本家屋を全国に広めたいという職人の思いから生まれた、こだわりの財布。ハンドメイドで丁寧に仕上げられており、ほかにはない独特のオレンジがかった明るい茶色の革がおしゃれな印象を与えます。木目のような美しい模様が特徴的で、カビを防ぐ効果もあります。滋賀県からのお礼品としては、コインケースと札入れのセットがあります。
また、お礼品には、再織(さいおり)生地と牛革を使用したエレガントな雰囲気の財布もあります。再織はシェニール織とも呼ばれ、もとはスコットランドで生まれたものです。一度織った生地を裁断して撚(よ)りをかけたものを横糸にして再度生地を織り上げるという手間のかかるもので、日本でも人気が高く、さまざまな製品としてお店に並んでいます。和歌山県からのお礼品は、かわいらしい花柄模様の再織生地と牛革を使った高品質の財布で、牛革には薬品を使用せず、植物を使ったタンニン染めが採用されているというのもポイント。素敵な財布を持てば、お出かけもより楽しくなりそうです。

九州地方

九州地方にも素敵な財布がいろいろあります。昔ながらの技術が使用されているものや、現代的な需要に合わせて作られたものなど、さまざまなお礼品の中から気に入ったものを選ぶことができます。
佐賀県のお礼品は、国産牛革を使用し、伝統技法のろうけつ染の手法を応用して作られた長財布。色鮮やかな絵柄が描かれており、オリジナリティの高さが魅力です。手作業で仕上げられているので、まったく同じものはほかにありません。伝統技法によって作られていながらも、和装と洋装のどちらにも合わせやすい財布です。
福岡県からは、スマートフォンを入れることを前提に作られた長財布のお礼品があります。外出時に必ず持ち歩く財布とスマートフォンをセットにでき、とても便利です。小銭やお札、カードもしっかり入れられるので、ほかにカバンを持たなくても大丈夫。L字型のファスナーがついており、出し入れしやすいのが特長です。豊富な色のバリエーションの中からお好みのものを見つけてください。
九州地方のお礼品には、そのほかにも職人がこだわりをもって作った小銭入れや二つ折り財布など、使い勝手のよいものがいろいろそろっています。

牛革

牛革は革製品に用いられる皮革の代表格です。型押しで模様がほどこされることも多く、財布以外にもカバンなどさまざまな小物に使用されています。牛の年齢や部位によって質感や風合いが異なるため、その違いを楽しむことができるのも魅力です。
お礼品の財布にも、牛革で作られているものが多くあります。例えば、職人の手によって丁寧に作られたサドルレザーのウォレット。サドルレザーのサドルとは馬の背の部分に置いて人を乗せる道具である鞍(くら)のことで、鞍に使えるほど丈夫だということで名付けられたようです。油を多く含ませているのでしっとり感があります。ほかにも、ハーマンオークレザーやブライドルレザーなど高品質の牛革を使用した財布が各地のお礼品として用意されています。

鹿革

鹿革はディアスキンとも呼ばれ、きめが細かくてしっとりした肌触りが魅力です。水に強く、通気性に優れているため、湿気の多い日本にはぴったりの素材といえます。手入れもあまり必要ないため、普段使いの財布の材料として最適です。鹿革は柔軟性があり、古くからさまざまな小物作りに使用されてきました。現在では供給量が少なくなっており、貴重な革として珍重されています。
お礼品の中にも鹿革を使った財布があり、ぜひともチェックしておきたいアイテムがそろっています。例えば、伝統的な製法で鹿革に漆(うるし)による模様をつけたがま口財布。鹿革のしなやかさを生かして財布の内側にがま口がついたデザインになっており、小銭やカードの収納にも役立つ機能的な財布です。鹿革を使った財布としては、ほかにも小銭入れとして使えるがま口のセットがあります。布のようなやわらかさが特徴的で、サッと小銭を出すときでもさりげない高級感を演出できるでしょう。鹿革は、一度使うと手放せなくなるほどの良質な素材です。ほかの皮革と同様、加工方法などによっても質感は異なるため、それぞれ違った魅力をもっています。この機会に貴重な鹿革の財布を、お礼品として手に入れてみませんか。

長財布

長財布は収納力が高く、とても便利です。スムーズにお金やカードの出し入れをすることができるため、使い勝手もよく、お札を折らずにしまうことができるという点に魅力を感じている方も多いでしょう。長財布はスーツ姿にも映えるので、ビジネスシーンでも活躍します。
お礼品として用意されている長財布は、職人のこだわりが詰まった上質の品で、表面の革が美しいものもたくさんあり、とくにシンプルなデザインのものならお気に入りの財布として持ち歩くことができるのではないでしょうか。お礼品の長財布の中には、華やかなデザインのものもたくさんあります。例えば、クロコダイル型押しでリボンがあしらわれたかわいらしい財布は、ポケットが大きく開き、通帳までしまうことができるのがポイント。ブラックやブラウンといった大人っぽいもののほかに、ホワイト地にピンクのリボンを組み合わせたキュートなものもあります。これまで長財布を使ったことがないという方でも、一度使ってみるとその便利さに手放せなくなるかもしれません。お礼品の財布には、いろいろな種類の長財布がそろっています。デザインや収納力などを考慮して、素敵な一品を探してみてはいかがでしょうか。

小銭入れ

小銭入れは持っていると重宝する小物の一つ。大きな財布を持つ必要がないときに小銭入れがあると、お金をサッと取り出すことができます。長財布を持っていても、それとは別に小銭入れを持っている場合もあります。もともと小銭入れがついていない長財布も少なくはなく、小銭で財布が膨らむのが不格好だという理由から小銭入れを使用している人も結構いるようです。
お礼品の中にも、便利で機能的な小銭入れが多数そろっています。L字型にファスナーがついているものや、開くとボックス型になるものなど、中身が見やすくなっている小銭入れが豊富です。また、小銭入れは小さいため、製作過程では細かい作業が中心となる分、使いやすく仕上げられている財布は、作り手のこだわりが使う人に伝わってきます。地域のイメージキャラクターをデザインしたかわいらしいものから、長財布と合わせて使えるシンプルなものまでさまざまな小銭入れがそろっているお礼品の中から、お気に入りのものを見つけてみましょう。

ふるさと納税のお礼品の中には、素材、デザイン、質感などそれぞれ違った特色があり、たくさんの素敵な財布がそろっているので、お気に入りの財布がきっと見つかるでしょう。お礼品の財布は、どれも作り手が丁寧に仕上げたものばかり。お店などには並ばないような珍しいものもあるので、ぜひこの機会にふるさと納税を利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。
財布の素材としてよく使用されている革にも、たくさんの種類があります。使用する動物や部位の違いのほか、加工のしかたによっても質感が大きく変わります。例えば、皮のなめし方はとても重要です。「なめし」とは、動物の皮の腐敗や乾燥を防いだり、やわらかさを保ったりするために行う処理のことで、具体的には腐りやすい動物の脂を除去しコラーゲン繊維をなめし剤で変性させます。皮のなめし方にも複数の方法があり、代表的なものにタンニンなめしとクロムなめしがあります。タンニンなめしとは、植物由来のタンニンをなめし剤に使う方法で、革が丈夫でしっかりとし、使い込むほど味が出るなめし方です。手間がかかりますが、伝統的な方法なのでこだわりの強い製品によく使われています。クロムなめしはクロム化合物の合成剤を使う方法で、発色がはっきりし、水をはじきやすくなるという特徴があります。
また、革の加工では仕上げのしかたも重要なポイントになります。仕上げにもたくさんの種類があります。ヌメ革とは、タンニンなめしをしただけでほかに加工をしていない革のことで、革の素材そのものの質感を引き出すことができ、革の魅力をしっかり感じることができます。オイルレザーは、なめした革にオイルを含ませることで、革のしなやかさを強める方法です。表面の堅固さではヌメ革に及びませんが、その分やわらかい質感が得られます。ブライドルレザーは、タンニンなめしの後に蜜などを染み込ませた革です。処理期間に数カ月を要し、とても手間のかかる方法ですが、ヌメ革以上に強度が増し、美しいツヤも生み出すことができます。
ほかにも、なめした革の外側に模様をつける型押しも人気があります。エンボスレザーと呼ばれることもあり、ワニ皮やヘビ皮の模様をつけるのが一般的です。このように、同じ動物や部位でも、革は加工によってさまざまな違った表情を見せます。お礼品の中の革を使った財布も、それぞれの作り手によって異なる風合いをかもしています。ものによってさまざまな質感を楽しむことができるというのは、革製品の大きな魅力の一つです。地域に伝わる特別な方法で模様が描かれているものもあり、ほかの人と同じものは持ちたくないという人にとっては珍しい財布を手に入れる格好の機会といえるでしょう。
お礼品の中には、革のお手入れに使用できるクリームがセットになっているものもあります。専用のクリームがついていると、革製品の手入れがしやすくて便利です。革は定期的に手入れをすることで、状態を維持しながらツヤや風合いの変化を楽しむことができます。
革製品は使い続けるほど、表面が味のある風合いに変わっていきます。革の種類だけでなく使い方によってその変化は異なるため、唯一無二の財布となっていく過程を楽しめるのも大きな魅力です。毎日使用するものだからこそ、お礼品の中からこだわりの財布を選んで使ってみてはいかがでしょうか。
また、一口に財布といっても、さまざまな形のものがあります。お礼品の中にも、小銭入れ、二つ折り財布、長財布などいろいろなタイプが用意されています。小銭入れならメインの財布とは別に持つことも可能です。メインの財布に合わせてシンプルなものを選ぶのもいいし、カバンの中のワンポイントとなるようなおしゃれなデザインを選んでみるのも素敵ですね。開け閉めする部分も、定番のがま口型はもちろん、ファスナーやボタンの金具などさまざまなタイプのものがあります。小銭が入る量もそれぞれ異なるので、普段の小銭の使い方などに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
補助的な役割で使用されることの多い小銭入れに対して、二つ折り財布や長財布はメインの財布となるものなので、長年使って財布がくたびれてきたと感じている方はもちろん、新しい財布で心機一転したいと考えている方も、お礼品の中から気に入った素敵な財布を探してみてはいかがでしょうか。二つ折り財布や長財布にも、ファスナー付きのもの、カードケースが多いもの、がま口タイプのものなどさまざまな種類のものがあります。大きさにもバリエーションがあるので、収納したいものの量や、財布を入れておくカバンの大きさなどを考慮しながら、豊富なお礼品の中から自分に合った財布を選ぶことができます。革の種類や加工方法などと併せて見ていくと、ご自分にとって使いやすい財布を選びやすくなるでしょう。
お礼品の財布には、同じ製品でもさまざまなカラーバリエーションが用意されているものも少なくありません。色が違うとそれだけで印象はかなり異なるものです。自分のファッションセンスに合った財布を探すことができるので、選択の幅が広いというのはとてもうれしいポイントですね。
なめし革のシンプルな財布は男性向けというイメージもありますが、ブラウンなど明るめの色であれば女性が持ってもしっくりくるでしょう。上質の革を使用した財布には、長く使い続けることができるという利点があります。使い続けるほどに味わいが深くなっていき、自分だけの特別な一品に変わっていきます。多少の傷がついたとしても、それも一つの味わいとなって馴染んでいくものです。
また、お礼品の中には、地域の伝統的な織物によって作られた独特の風合いが魅力の財布もあります。工芸品としての価値が認められているものなど、ほかの地域に住んでいるとなかなか手にする機会がない貴重なものも多くあります。長年にわたり継承されてきた伝統の技が織り出す質の高い布をぜいたくに使った財布をこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。デザイン的にも、ほかではなかなか見られないようなものがあります。
ふるさと納税のお礼品にはさまざまなジャンルのものがありますが、その中でも財布は、毎日身近に置いて使用できるという利点があります。消費するのが前提の食料品はともかく、せっかく気に入ったお礼品を受け取っても、なかなか使う機会がなければ宝の持ち腐れになってしまいます。その点、財布なら活躍する場面に事欠きません。こだわりの詰まった素材によって作られている財布であれば、手元にある小物に高級感をプラスすることも可能です。質の高い素敵な品を気軽に手に取れるということは、ふるさと納税の醍醐味です。それまで知らなかった製法で作られた財布に出合うことができるというのも魅力的ですよね。ふるさと納税のお礼品としてそれぞれの地域が用意している財布の中から、ご自分の好みや仕事の雰囲気に合わせて、これぞという一品を探してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ