認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. アクセサリー特集

ふるさと納税 アクセサリー特集

アクセサリー特集

日本の各地域で作られたアクセサリーを、ふるさと納税のお礼品に検討してみませんか。アクセサリーには女性用のみならず、男女兼用タイプや、男性向けのお礼品もあります。カジュアルなものからフォーマルなものまでそろっており、記念日のプレゼントにふさわしいアクセサリーをお礼品の中から探してみるのも一案です。

関東地方

関東地方で製作されているお礼品の中には、昔ながらの技法や工業技術の職人技を駆使した、個性的なアクセサリーを見つけることができます。神奈川県のお礼品は、地域の方々の手によって折られた、折り鶴のピアスまたはイヤリングになります。折り鶴というモチーフには平和への願いが込められており、お守りを身につけるような感覚で耳元を飾るのもよいかもしれませんね。
埼玉県では、半導体が持つ力を活用したネックレスやブレスレットのお礼品をご用意しています。シリコーンによる特殊加工が施された、男女兼用のスポーティーなデザインになっています。茨城県のお礼品のアクセサリーは、地域の湖で養殖された池蝶貝(イケチョウガイ)から採れた、淡水ドロップ型真珠のネックレスとペンダントです。パールは全部で3色あり、いずれも天然の色合いが美しさを放っています。
東京都には、ちょっと珍しい、ステンレスでできたバラのコサージュのお礼品があります。ブローチとして使用する場合は、衣類にマグネットで装着できるため衣服を傷つける心配がなく、使わない時は専用のスタンドに立てて飾っておくこともできます。
千葉県はチケット制のお礼品で、伝統工芸の七宝焼きを体験することができます。手ぶらで気楽に参加することができ、作成したアクセサリーは、その日に持ち帰ることが可能です。
関東地方のお礼品は、それぞれのアクセサリーに各地域の個性が反映されています。人の流入出が多く、多種多様な文化背景を持った人が集う地域を象徴するかのように、多様性を持たせた興味深いラインアップになっています。

中部地方

東海から北陸まで、本州の中央部分に位置する中部地方のお礼品は、種類の豊富なアクセサリーの数々が魅力です。
長野県のペンダントネックレスは、品質に定評のある国産のアコヤ本真珠と、10金のチェーンがセットになっています。その上品さは、カジュアルにもフォーマルにも活躍してくれることでしょう。
愛知県は、数珠として使えるネックレスやブレスレットのお礼品を多数そろえています。3重に巻くとブレスレットにもなる数珠ネックレスのお礼品は、男女兼用タイプとしてデザインされたものもあります。男女ペアの数珠セットは2つ1組みでのご提供となり、ご夫婦やカップルでそれぞれお使いいただけます。
石川県には、加賀手毬か水引細工のペンダントヘッドと地域産のラベンダーの精油がセットになったお礼品があります。いずれも石川県伝統の工芸品として知られる、加賀手毬や水引細工の繊細な美しさがお楽しみいただける一品です。
静岡県のお礼品は、ヘアスタイリスト自らが監修したという画期的なステンレス製のかんざしになります。耐久性の高いステンレスのかんざしは桐箱入りとなっており、プレゼントにも向いています。
富士山モデルのアクアチタンのネックレスは山梨県のお礼品です。富士山カラーの青色の紐部分にMt.Fujiの文字が配された、地域限定のネックレスになっています。
迷うくらいの種類と数の多さを誇る中部地方のアクセサリーは、専用の箱が付いて贈答向きになっているお礼品が多いのも特徴と言えます。ご自身用に使用する際も、使わない時は箱にしまって保管しておけるので、大切に使い続けることができてよいのではないでしょうか。数が豊富で選ぶ楽しみが十分にある中部地方のアクセサリーの中から、お好みの一品を探してみましょう。

近畿地方

2府5県で構成される近畿地方は、阪神工業地帯があり、軽工業を中心に発展してきた西日本の産業中心地です。近畿地方のお礼品は、主にジュエリータイプの愛らしさを持ったデザインのアクセサリーを多くそろえています。
大阪府では、天然のダイヤモンドを使用した、ネックレスとピアスがセットになったお礼品を提案しています。ネックレスにもピアスにも保証書が付いており、ダイヤモンドの品質は自信を持ってお届けすることができます。石がまるで踊っているかのように動く、不思議なペンダントトップのアクセサリーも、大阪府のお礼品です。大阪府ではその他にも、地域の学生の意見を取り入れてコラボレーションしたアクセサリーを製作しています。真珠風のビーズを使用した、アクセサリー感覚のメガネチェーンのお礼品は、身近な方への贈り物にもピッタリです。珍しいところでは、お骨を納めておけるペンダントがあり、手元供養に適したアイテムとして関心を集めています。また、オリジナルアクセサリーの原型作りや、お手持ちのアクセサリーを使って石や金属の仕上げ磨きが体験できるという、チケット制のお礼品もあります。
兵庫県では、1本のワイヤーからハートとHappyの文字を作り上げた、オリジナルのネックレスを製作しています。
優雅な首元を演出する宝石のジュエリーから実用的なアクセサリーまで、さまざまなタイプがそろう近畿地方のお礼品。ご自身へのご褒美にはもちろん、大切な人へのプレゼントにもきっと喜ばれるのではないでしょうか。

四国地方

四国地方は、年間を通じて比較的温暖な気候の土地柄を反映してか、数や種類は少ないものの、人の手によって作られた温かみを感じるお礼品のアクセサリーがそろっています。
高知県では特産のブルースターの生花を用いて、ピアスやイヤリング、ペンダントトップのお礼品を製作しています。天然の花を使用しているため、花弁ひとつひとつの形が違ったり、時には色落ちすることもありますが、自然の持つ可憐な味わいを、アクセサリーとして楽しむことができます。他にも高知県は、地域の浜辺に流れ着いた貝殻や星の砂を集めたストラップ型の手作りアクセサリーを製作しており、四国のきれいな海と静かな砂浜を想起させてくれるアイテムとなることでしょう。
愛媛県のお礼品には、日本屈指の生産量を誇る、地域産の真珠を使ったペンダントやネックレスがあります。カジュアル仕様にも、またフォーマル仕様にも対応できる万能さを持ち合わせているデザインのアクセサリーが多く、さまざまな珠のサイズや形をいかして製作されています。お礼品の真珠のネックレスとペンダントには、いずれも専用のクロスやケース、保証書が付いており、その品質は確かなもの。さらには、アフターサービスもしてもらえます。
香川県のお礼品は、漆を塗り重ねて作られた珍しいペンダントになります。目を奪われるような色合いは幾層にも塗り重ねられた漆のなせる技。手作りのためどれ一つ同じものがありません。簡単に量産できるものではないため入荷待ちとなる可能性もあるかもしれません。
良質で個性あふれるアクセサリーがそろう四国地方のお礼品から、ぜひお気に入りを見つけてください。

九州地方

九州地方のお礼品には、伝統の技術をいかして現代風にアレンジしたデザインのアクセサリーが集まっています。
鹿児島県は、神秘的な輝きを放つ夜光貝を使ったアクセサリーを製作しています。荘厳な生命力を存分に味わうことができる夜光貝のアクセサリーは、他にもネクタイピンやピアスがあります。プロの指導を受けながら、夜光貝のアクセサリー作りが体験できるチケット制のお礼品もあります。
長崎県のお礼品は、アコヤ本真珠のアクセサリーです。独特のデザインに惹きつけられるペンダント、最高品位の真珠と名高い花珠(はなだま)のアコヤ真珠を使用した華やかなネックレスもあります。どの肌色にも合うのが、花珠真珠の特徴と言われています。一部のお礼品を除いて、いずれのネックレスも真珠のピアスかイヤリングがセットになっています。セミロングタイプの真珠のネックレスもあり、一連使いで優雅に、またゴージャスな二連使いにもできます。その他には、南洋タヒチ産の黒蝶(くろちょう)真珠を長崎県で加工したお礼品があり、そのてりや巻きの美しさもさることながら、グリーンの上質な光沢に魅了されること間違いなしでしょう。長崎県のお礼品には他にも、地域の石工業細工の技術を活用し、パワーストーンを使って製作された男女ペアのブレスレットがあり、どちらも透明感と清涼感のあるデザインに仕上がっています。
福岡県のお礼品は、福岡を代表する伝統工芸品・博多織に使われたモチーフを現代風にアレンジした、デザイン性の高い天然シルク100%のスカーフです。90cm四方の大きさで、巻き方によって柄の変化が楽しめるよう工夫されています。
確かな職人技術に支えられた九州地方のお礼品のアクセサリーの数々ですが、実際に身にまとうことで華やいだ気持ちになり、日常の新たな活力源となってくれるかもしれませんね。

ネックレス

お礼品の中でも人気のネックレスは、やはり真珠でしょう。国産で品質保証書付きのパールのネックレスは、珠が7.5mm前後のスタンダードなサイズを中心に、約10mm径の大ぶりのものまであり、いずれも冠婚葬祭用にひとつ持っていると便利なアイテムです。
お礼品の真珠のネックレスは長さが40cmから45cmくらいのものが最も多く、カジュアルにもフォーマルにもコーディネートがしやすいので、プレゼントにするならこの長さを選ぶとよいでしょう。また、一連使いにも二連使いにもできるセミロングタイプの長さのネックレスは、ドレッシーな装いを演出してくれます。真珠の色は、ホワイトパールのアコヤ真珠、グリーン色に近い黒蝶真珠などがそろい、同じホワイト系でもピンクよりのものや、パープルよりの真珠もあります。珠の形は、真円のラウンドや不定形のバロック、縦長のドロップなど、さまざまなタイプのものがあるので、仕事やプライベートなどのシーンによって使い分けてもよいでしょう。
ペンダント式のネックレスをお探しなら、その選択肢はさらに広がります。ペンダントトップにダイヤモンドが付いたもの、まるで石が踊っているかのようにキラキラと動くもの、職人技術が光る伝統工芸を応用したものまで、それらのデザインには各地域の特色がよく表れています。
男女兼用ネックレスとしては、数珠やブレスレットとしても使えるものや、チタニウムでできたスポーツタイプのものが挙げられます。どちらも、男性にとっても女性にとっても違和感なく使えて、好みに左右されないシンプルなデザインが採用されているので安心してお選びいただけます。
ふるさと納税のお礼品のネックレスは、どれも各地域の人の手を通して製作された、真心のこもった良質な一品がそろっています。家族代々で大切に受け継いでいきたいような至宝もののネックレスから、気軽に普段使いができそうなカジュアルなネックレスもあり、記念日の贈り物にも最適です。

ピアス

ふるさと納税のお礼品で、ピアスはネックレスと比較すると数は少ないものの、真珠のネックレスとピアスがセットになったお礼品は全国各地域で展開されています。パールのセットは冠婚葬祭などで使われる場面が多く、いざという時のために一式をそろえておきたいとお思いになる方も多いのではないでしょうか。ぜひ、お礼品のアクセサリーの中からパールのピアスとネックレスの2点セットをチェックしてみてください。
他にも生花を使ったものや、地域特産の貝を使用したピアスを製作している地域もあります。自然の風合いをいかした天然素材のアクセサリーは、一点として同じものがなく、オリジナリティあふれるデザインのピアスを探している方は必見です。ピアスというアクセサリーの性質上、顔の周りに装着するため、自然物から生まれた天然素材が放つ、エネルギーに満ちた生命力を肌で感じ取っていただくことができるかもしれません。また、地域の方々の手によって丁寧に折られた、折り紙のピアスをお礼品に提案している地域もあります。これらのピアスのお礼品の多くは、ピアスの穴を開けていない方のために、同じデザインのイヤリングを用意できる場合がほとんどです。ピアスは長時間つけていられるアクセサリーのひとつでもあり、大切な人に「ずっと身につけていてもらいたい」とのメッセージを込めて贈られることもあります。
ただし特別な意味合いを持つ場合に限らず、ピアスは数が多いほどおしゃれの幅が広がるので、プレゼントされると嬉しいものです。顔の近くにあって目に付きやすく、印象に残りやすいアクセサリーなので、ちょっと気分を変えたい時のファッションアイテムとして活躍してくれます。ふるさと納税お礼品のピアスで華麗に、また時には可憐に、耳元のおしゃれを楽しんでみませんか。

アクセサリーの歴史は古代まで遡り、その歴史は絵画や彫刻などよりも古いものとされています。古代の人々が動物の骨や皮、貝殻などで作った装身具を着用していたのは、自分の身を守るという意味合いが込められていました。
現代で製作されているアクセサリーの多くは、ひとつは装飾目的であることが挙げられるでしょう。しかし、今日でもお守りを身につけるような気持ちでアクセサリーを着用するという選択肢は、古くからの潜在意識として人間の中に残されているのかもしれません。お守りを持つような感覚で、お礼品からアクセサリーを選ぶのも考えのひとつとしてよいのではないでしょうか。
ふるさと納税のお礼品のアクセサリーは、各地域それぞれの地域性や特色が色濃く出ており、いずれもその品質の高さに自信を持ってお届けできる一品となっています。女性用のアクセサリーだけでなく、男性用や男女兼用のブレスレットやネックレス、男女ペア用ブレスレットのセットもあり、さまざまな種類やデザインのお礼品がそろっているので、ご夫婦でペアで持たれてはいかがでしょう。また、お世話になっている方への感謝の気持ちを込めた贈答品にもなるクオリティの高さなので、贈った相手に喜んでいただけることは間違いないと言えるでしょう。
着用する方のことを考えて、金属アレルギーに配慮されたチェーンなど、素材選びにも気を配ったお礼品もたくさんあります。
またお礼品には実際に身につけられるアクセサリーだけでなく、チケット制で工房でのアクセサリー制作体験ができるものもいくつかあります。体験内容は、その地域に伝統的に伝わる工芸技術を取り入れて制作ができるものや、石や金属の加工技術や原型作りを体験できるものまで、地域によってさまざまです。その道のプロの指導を受けながら、アクセサリー作りの工程を垣間見ることができるという貴重な体験を得ることが、ふるさと納税のお礼品で可能になります。
各地方のアクセサリーの特徴として、関東地方のアクセサリーは、男女兼用デザインのもの、地域の特産や加工技術を駆使したもの、地域産の手作りのものなどがそろっています。使う人によって楽しみ方に変化が生まれるような多様性を持ち合わせているのが、首都圏を中心に多様な人々が暮らす関東地方のお礼品の特徴なのかもしれません。中部地方は、お礼品として提案されているアクセサリーの数と種類がとにかく豊富です。中部地方の多くのアクセサリーに使用されている天然石や天然木、また素材に施されたモチーフには、それぞれに深い意味合いが込められているようです。
デザイン性で選ぶだけでなく、素材やモチーフに込められた意味やお守りとしてのご利益などから、お好みのアクセサリーを選ぶのもよいかもしれません。近畿地方のお礼品は、ギフトボックスに入ったジュエリーや首元をきれいに見せてくれるアクセサリー、愛らしいモチーフなどがそろっており、大切な人への記念日のプレゼントにピッタリです。
一方で、ご自身が使いたくなるような、実用的なコンセプトのペンダントも近畿地方にありますので、気になる方は探されてみてはいかがでしょうか。四国地方のアクセサリーは、その地域の豊かな自然を思い起こさせてくれる素材やデザイン、そしてお礼品に作り手の温かみが感じられる点が特徴です。お礼品を申し込むことで、間接的にでも離れた地域で暮らす人とのつながりを持つことができる。そのような心温まる気持ちにさせてくれるのが、四国地方のお礼品に見られる手作り感とアクセサリーに込められた製作者の思いなのかもしれません。
九州地方のお礼品には、地域の伝統工芸や技術をいかし、現代風に個性的に仕上げたペンダントやネックレスのほか、ピアスやネクタイピン、スカーフなどがそろっています。他では見られないようなユニークなデザインのアクセサリーもあるので見逃せません。日本全国のお礼品のアクセサリーでよく使用されている真珠は、古くから世界中で愛用されてきた宝石のひとつです。真珠が育つのに適した地形をいかして、国産真珠の養殖からアクセサリーの加工までを行っている地域も複数存在します。国産真珠だけでなく、日本にはない海洋環境で育った真珠を使い、国内で加工を行っている地域もあります。
そしてふるさと納税のお礼品ならではの企画としては、地域で暮らしている人たちの手によって作られたものや、地域で募ったアイデアをもとにデザインしたアクセサリーがあります。自分の作ったもので、自分の住んでいる地域が応援される。地域の方にとって、これほどまでに喜びややりがいを感じるものは、他にあるでしょうか。それを身につける側にとっても、その地域ならではの一品を装着することでコーディネートに華を添えると同時に、地域を応援することにもつながるのです。
ふるさと納税でお礼品を選ぶ醍醐味(だいごみ)は、この見えない人と人同士で心のつながりが得られることなのかもしれません。特にアクセサリーの場合、形に残って長く使えるものなので、製作された地域への思いを持ち続けることもできるのです。アクセサリーを身につけるという行為には、一過性の出会いではなく、その後も長く関係が続くという意味合いが隠されているのでしょう。ただしあまり固く考えず、日々の生活をより明るく楽しく盛り上げてくれるアイテムのひとつとして、ふるさと納税の数多くのお礼品の中から、ぜひ気になるアクセサリーを見つけ出してください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ