認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 うどん特集

うどん特集

お礼品のうどんには、各地で生産された地場産の小麦や伝統製法で製麺されたものも多く、その地域ならではの特色ある味わいや食感があります。 また、お好みの食材やつゆとあわせたり、釜揚げやざるうどん、各種鍋ものの締めやうどんすき、カレーの残りでカレーうどんを作るなど、食べ方が豊富なことも魅力です。 ふるさと納税のお礼品で、きっと気になるうどんが見つかるのではないでしょうか。

北海道

うどんとあまり深い結びつきがないイメージを持たれるかもしれない北海道ですが、その広大な大地からも想像できるように、言わずと知れた国内の一大小麦生産地です。
全国の小麦収穫量の約6割が北海道産になります(※平成28年度 農林水産省作物統計より)。同地の豊かな土壌で育まれた小麦の品質には定評があり、その良質な小麦を原料に使用したうどん作りも盛んに行われています。中でも日本の製麺に適しているとされる小麦品種「きたほなみ」は、従来の北海道産小麦に比べて収穫量も、うどんとしての色合いや食感にも優れている、高品質な品種の小麦です。北海道で精製されるうどんの原料として注目され、新しいブランド名として台頭しつつあります。うどんの淡泊であっさりとした味わいとツルツルと滑らかな喉越しは、北海道名産「ジンギスカン」や、オホーツクの海の幸を海鮮しゃぶしゃぶで堪能した後の〆にも合います。濃厚で味わい深い羊肉とタレ、新鮮な帆立やボタンエビなど、北海道ならではの魚介の旨みをたっぷり吸い込んだうどんは、格別の味となることは間違いないでしょう。汁の染み込んだうどんを季節の野菜と絡めて食べると、食感が加わって一層美味しさが増すかもしれません。うどんのスープを北海道産の昆布でだしをとったり、コクのある味噌仕立てにすると、さらに北海道の味覚として気分が盛り上がり、より楽しめるかもしれませんね。

東北地方

東北地方には、各地域で伝統的に受け継がれてきたうどんがいくつも存在します。
全国的に知られる秋田県の「稲庭うどん」は、うどんのなかでも代表的な銘柄のひとつとして確固たる地位を築いています。練りや延ばしなどの4段階の工程を経て熟成された、手延べ製法で作られる稲庭うどんは、細麺で平たい形が特徴的です。江戸時代には献上品として存在していたため、長らく一般人の口には入ることがなかったという歴史を持っています。稲庭うどん独特の洗練された上品な味わいは、このような歴史的背景が関係しているとも考えられます。お礼品には、山形県名物の「ひっぱりうどん」に適した麺もあります。茹で上がったうどんが入った鍋を囲み、うどんをひっぱり上げながら各々のつゆに入れて食べるという、ご当地グルメとして定番のうどん料理です。つゆに入るものは、納豆やサバ缶が伝統的な具材で、ほかにも卵やネギなど、好みの具や薬味と一緒にお召し上がりいただけます。元々は炭焼き職人の方達が、長時間かかる炭焼きの作業中に、手早く調理できてさっと食べられる、このひっぱりうどんを食べていたことが伝えられています。また、同じく山形県の郷土料理として名高い「いも煮」の〆にもうどんが使われます。いも煮の残り汁と一緒にいただくうどんは、奥深い味わいが堪能できそうです。青森県には、県産のごぼうをパウダー状にして生地に練りこんだ米粉のうどんがあります。そして岩手県のうどんは、県産の小麦を使用したり、古代インカ文明で作られていた穀物アマランサスを小麦とブレンドしたものなど、それぞれに特徴があります。東北地方のうどんは比較的細目の麺が多い印象ですが、福島県の「羽二重うどん」は、もっちりとした食べ応えのある太麺です。福島県産の小麦2種をブレンドした、コシが強くて喉越しのよいうどんもあります。特色豊かな東北地方のうどんを、ぜひ味わってみてください。

関東地方

関東地方には地粉と呼ばれる地元産小麦や、周辺地域で収穫できる原料のみにこだわった手打ちうどんのほか、伝統の技法で精製されているうどんがあります。
栃木県は県産の小麦を消費する地粉文化が定着しており、職人気質な昔ながらの伝統製法を守りながら、小麦自体が持つ香り豊かな味わいが楽しめるうどんの製造に力を入れています。群馬県も小麦の生産が盛んで、郷土料理として知られる「おっきりこみうどん」や「ひもかわうどん」があります。おっきりこみうどんは、製麺の際に加える水の量が通常のうどんの3分の2以下で、力を込めてゆっくりと練って作られる点が特徴です。小麦の風味を保つよう、下茹でをせずにそのまま季節の野菜(主に根菜類)と一緒に煮込んでいただきます。幅が広くて薄い形状のおっきりこみうどんの麺には、だしの旨み成分がよく馴染みます。神奈川県にも地粉文化が根付いており、100%県産の小麦で製麺されたうどんがあります。一方で、国産の厳選された小麦を使い、煮込みや鍋物に向いたコシの強いうどんも製造しています。全粒粉のうどん、柚子やよもぎを練りこんだうどんも、神奈川県で作られています。東京都では、二段熟成と乱切りにした麺で食感にこだわりを持ったうどんや、都内で生産された小麦を練りこんだうどんを製造しています。ざるうどんとして温かいつけ汁でいただくと、その特徴的な食感がより楽しめるかもしれません。千葉県や埼玉県も、地域で生産された手打ちうどんのお礼品があります。新鮮な野菜や鶏肉などとともに、水炊きにしていただくのもよいでしょう。関東地方のうどんで、さまざまな食べ方を試されてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方にはうどんを使った数多くの郷土料理があり、うどんが人々の食生活に深く根付いているといっても過言ではありません。そのような背景もあり、中部地方のお礼品には多種多様なうどんが揃っています。
手延べで製麺される富山県の「氷見(ひみ)うどん」は、餅のような独特の粘りと、なめらかな喉越しのよさが特長です。山梨県はお祝い事などハレの日にうどんを食べたり、富士山参拝者に向けてうどんを振る舞う習慣があるなど、古くから地域の食文化にうどんが密接に関係してきました。代表的な郷土料理として「吉田のうどん」や「ほうとう」があり、お礼品としても多く取り扱われています。その立地を活かして富士山の湧き水で練られたものもあり、煮崩れしにくいモッチリとした麺が特徴の山梨県のうどんがお楽しみいただけます。愛知県も山梨県と同様に、うどんを使った郷土料理が有名です。特に平たい形状の「きしめん」、「八丁味噌」など豆味噌で煮込む「味噌煮込みうどん」は、愛知県を代表するうどん料理として全国区で知られている存在です。お礼品には、特製の醤油味のスープが付いているもの、愛知県産のコーチン鶏でだしをとったカレーうどん、きしめんの食べ比べができるセットなどが揃っています。地域の味が手軽に再現できるので、贈り物にしても喜ばれるかもしれません。新潟県のうどんは、地域産の枝豆と県産のコシヒカリから作られた米粉を使用しており、独創的で興味をそそられます。ざるうどんや、かけうどんにして、麺の風味を味わってください。石川県も、国産の小麦粉に県の特産の塩や山芋を練りこんだもの、同じく特産のなまこをパウダー状にして練りこんだ、香り高い独自のうどんを製造しています。静岡県では、製麺に水を使わず、県内産の牛乳を使って練り上げたうどんがあり、そのなめらかな食感で、うどんの新境地を開いています。長野県、岐阜県にも、県産や国産の小麦を使用したうどんがあります。中部地方のバラエティに富んだうどんをお楽しみください。

近畿地方

近畿地方には、小麦と水で製麺される定番のうどんだけではなく、地域の名産品を練りこんだ目新しいうどんが多種揃っています。
兵庫県には、ツルッとした食感がたまらない平打ち麺のうどん、県産の黒大豆やモロヘイヤを練りこんだ地域の味覚が同時に味わえるうどんがあります。鮮やかな緑色と香りで、目でも舌でも楽しめる「よもぎうどん」も製造しています。三重県のうどんは、太麺にまろやかなタレを絡めて食べる「伊勢うどん」の他、県産の小麦や抹茶を練りこんだもの、独自に開発された手延べの半生麺が楽しめます。和歌山県のお礼品には、特産の梅を生地に練りこんだ、さっぱりとした味わいの「梅うどん」がお選びいただけます。奈良県では、なめらかでコシの強い手延べうどんと、香り高い地域産の「大和茶」を練りこんだ「そうめん」がセットになったお礼品が用意されています。また季節限定になりますが、大阪府は甘辛く味付けされた油揚げがセットされたきつねうどん、京都府は国産本鴨を使用した「鴨うどんすき」のセットがあるので、時折チェックしてみてください。近畿地方のうどんは、それぞれの地域色が色濃く出ており、食卓を楽しく彩ってくれるかもしれません。

中国地方

中国地方のうどんのお礼品は、数こそ限られているものの、他の地方に負けない特有の魅力を放っています。
岡山県のうどんは、県内で心を込めて栽培された小麦「ふくほのか」を使い、独自に製粉して作られています。細い形状の麺が、鰹節や鯖節で作った香り高いつゆによく合います。同じ岡山県には、地域で長年支持され続けているご当地グルメ、「津山ホルモンうどん」もあります。こちらはその名の通り、牛ホルモンとうどんを鉄板の上で炒め、専用のソースを絡めていただく料理で、岡山県では食べ歩きアイテムにもなるほど定着しています。香ばしく焼きあがったホルモンと太めのうどんとの相性は抜群です。山口県では、同県の名産品である自然薯に県産の米粉、国産こんにゃくを粉末状にしたものとでんぷんをあわせて、独自のうどんを生産しています。自然薯の持つ風味と粘りは、うどんの特長ともよく合い、喉越しのよいうどんに仕上がっています。中国地方の隠れた名品ともいえるうどんを、ぜひご家庭でお試しください。

四国地方

四国地方は、言わずと知れたうどんの名店がひしめく地域です。
「うどん県」の異名を持つ香川県が誇る、「讃岐うどん」の知名度は誰も納得するところですね。お礼品には、香川県内の有名うどん店のセットや、かけ、ぶっかけ、ざるうどんのいずれにも対応できる万能つゆがセットになったものなど、本場の讃岐うどんがご自宅で気軽に再現できるものが揃っています。香川県はお茶の産地でもあり、お茶を練りこんだうどんも製造しています。他にもうどんを茹でてから油で揚げて作る、スナック感覚で食べる「かりかりうどん」、うどんとの相性がよいと評判のしょうゆ豆がセットになったお礼品もあります。高知県には、県産小麦で作られた半生うどん、同じく県産の「宗田節」特有のコクのあるつゆに合う、コシの強い細麺のうどんがあります。高知県産のうどんは、釜玉うどんや、つけ麺などの食べ方がよく合い、より美味しくいただくことができます。他にも高知県には、同県でとれる青海苔が練りこまれた翡翠色の珍しいうどんもあり、青海苔の芳醇な香りとコシのある麺の弾力が同時に楽しめるという逸品です。徳島県では、「たらいうどん」が郷土料理として知られています。県内産の小麦粉と県内の山脈に湧く天然水で打ち上げられた、こだわりのたらいうどんは、格別の味です。釜揚げうどんとして食べるのが、古くから地域に伝わる食べ方です。四国地方のうどんも、お礼品で堪能することができます。

九州地方

九州のうどんは、多様な食文化を反映し、地域独自の食べ方に合うよう工夫されています。
長崎県には五島手延うどんがあり、細麺ながらも断面が丸い形状になるため、コシの強い食感を持つのが特長です。地域ならではの食べ方として定番なのは、トビウオでとる「あごだし」と醤油を併せたつゆに、熱々のうどんをつけて食べる、「地獄炊き」という郷土料理があります。つゆだけでも美味しいですし、溶いた卵に絡め、ネギなどの薬味とともにいただくのもよいでしょう。他にも長崎県は、発芽玄米やもちきびなど、16種類もの穀物が生地に練りこまれた手延べうどんがあります。その日の天候や気温によって配合を変えているという、職人技が光るこだわりのうどんです。福岡県には、かき揚げにしたささがきごぼうを上にのせた、「ごぼう天(ごぼ天)うどん」という地域特産のうどんがあります。あごだしとの相性もよいごぼう天は冷凍処理が施され、解凍してからトッピングするだけの手軽さです。同じく福岡では、九州特産の甘口醤油で煮た味付牛肉がのったうどんもよく食べられています。その他も福岡のうどんは種類が豊富で、温麺用のうどん、冷麺および釜揚げ用うどんと、調理別に分けて製麺されたうどんや、モロヘイヤを練りこんだ平打ちうどんもあります。天日干しで長時間熟成させたうどん、県産の小麦にこだわったうどん、ふんわりモチモチとした粘りとコシが特長の「筑後うどん」も、福岡のお礼品に入っています。宮崎県のお礼品には、県産のこんにゃくを練りこんだうどんや、つゆや薬味、揚げ玉付きで、麺を茹でるだけで名物の釜揚げうどんが再現できるセットがあります。九州地方ならではのうどんをいただき、各地域の食文化を体験してみるのもよいかもしれません。

大陸から日本へ伝えられた後、各地域で独自の発展を遂げてきたうどんは、古くから日本人の食文化と密接に関わってきた麺料理です。
うどんといえば讃岐や稲庭が有名ブランドですが、全国的にはまだ知られていないうどんも、原料へのこだわりや技法の研究が重ねられ、隠れた名品となっているお礼品も少なくありません。淡白な味わいのうどんはあらゆる食材との相性がよく、主食として、汁物として、またご当地B級グルメなど、その地域によってうどんに対する解釈が違うことがあります。
良質な小麦から作られたうどんは、一度食べたら簡単に忘れられないといってもよいくらいの自信作です。ご家庭で本格的なうどんが気軽に味わえるよう、つゆやスープとセットになったものも、ふるさと納税のお礼品からお選びいただくことができます。
一大小麦生産地の北海道は、鍋物などの〆にうどんがよく食べられています。コシや粘りを持たせて、他の食材とスープで煮込んでも簡単に煮崩れないように工夫が施されたうどんもあります。うどんには、あっさりとしただしでうどんが本来持つ風味や食感を楽しんだり、他の食材のエキスを麺にたっぷり吸い込んだうどんを味わったり、楽しみ方が限りなく広がっている点が魅力的です。かけうどんや釜揚げうどんなどで温かくしていただいても、ざるうどんや冷やしうどんなどで冷たくしていただいても、それぞれの美味しさがあります。東北地方や中部地方には古くから地域に伝わるうどんの郷土料理があり、うどんは地域の人々の食生活と密接に関係してきました。ご当地うどんの人気は各地域でいずれも高く、愛好家の方々によって設立されたご当地うどんの研究会なるものも、地域によっては存在するところがあります。全国の他地域と比べて、うどんよりもそば食がポピュラーな印象もある関東地方ですが、地域産の小麦でうどんを作るという地粉文化が根付いていることは意外に思われたかもしれません。また、中部地方で富士山の参拝客にうどんをふるまう習慣があるのは、白いうどんと透き通った汁を口にすることで、お清めをする意味があるからと言われています。山梨県では、ハレの日の食材として使われることがあります。同地域でうどんが特別な意味を持ち、地域の人々の食生活に当たり前のように浸透していることは、山梨県の郷土料理の筆頭にほうとうが挙げられることからもお分かりいただけるでしょう。また、梅やよもぎうどんなど、近畿地方で作られるうどんには、目にも鮮やかで舌にも美味しいものがよく見られます。これには、食べる人を驚かせて喜んでもらいたいという、作り手側にエンターテインメントの意図があることを感じずにはいられません。
うどんには主食のひとつとして人々の空腹を満たし、日本の食文化を支えるといった役割の他にも、食べる人の感覚を刺激し、食事をより印象的で楽しいものにする力があるのです。それはうどんそのものの味や食感が持つ力でもあり、一緒に調理する食材によって変化する、振り幅の大きさによるところでもあります。淡白な味わいのうどんは、他の食材や調味料の味を吸収しやすく、さまざまな味に変化する可能性を無限に秘めているのです。そのようなことから、うどんは日本の食卓にとって何世代にもわたってポピュラーな存在であり続け、老若男女に愛されてきた食材であることは誰もが認めるところではないでしょうか。
讃岐という大きな看板ブランドを持つ四国地方のふるさと納税のお礼品には、讃岐うどんの有名店の味がそのままご自宅で再現できる便利なセットもあります。こうしてその土地へ行ったことがなくても、手軽にご当地うどんの味が堪能できて、気分だけでも旅行したかのような疑似体験が可能になるのは、ふるさと納税のお礼品ならではの魅力です。地域産の食材にこだわった中国地方のうどん、地域特有の食べ方で受け継がれてきた九州地方のうどん料理などを見ても、うどんは、各地域で独自の発展を遂げています。同じ日本列島で、これだけ多様な食べ方をされている食材は、他にあるでしょうか。
うどんがこれだけ日本の食文化に浸透し、愛され続けているのは、シンプルな食材ゆえに如何様にも染めることができるからでしょう。そして麺自体が持つ、喉越しや食感のよさも大きな魅力のひとつです。ふるさと納税のお礼品には、全国的にはまだ知られていない、隠れた名品ともいえるうどんがたくさんあります。全国各地の食卓を支え続けてきたうどんのなかから、ご自分だけのお気に入りを見つけてみませんか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ