認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 パスタ特集

パスタ特集

トマトソースやオイルなどさまざまな味で楽しむことができるパスタ。ふるさと納税では、日本各地のパスタのお礼品がたくさん用意されています。国産の小麦粉を使用したパスタを食べる機会は意外と少ないのではないでしょうか。小麦の栽培から加工まで全工程がそれぞれの地域で行われる、おいしいパスタを食べてみませんか。

中部地方

米の生産量全国第一位の新潟県が位置する中部地方は、お米の産地として全国的に知られています(※農林水産省平成27年度作物統計より)。
しかしながら、各地で収穫された小麦を使用したおいしいパスタも多数あるということはご存じでしょうか。お米の生産がさかんなことからもわかるように、中部地方は作物の栽培にとても適した地域だといえます。
そんな中部地方の小麦で作られたパスタには、多くの人のこだわりが詰まったおいしいものがいろいろあります。例えば、地域でとれた小麦とそばを使用した「そばパスタ」。そばの風味でいつもとは少し違ったパスタを味わってみてはどうでしょうか。パスタ作りに使用する塩も、地元で作ったものを使うという強いこだわりを持っています。リゾットとして食べられるお米もセットになっているので、洋風の食事としておいしく味わうことができます。
また、ラーメン・そば・うどんなど地域の素材で作られた麺類とパスタの詰め合わせもあり、地元で食べられているそのままの味を楽しむことができるうれしいセットになっています。そばパスタは本格的に作られた生パスタなので、ご家庭ではなかなか食べられないもちもちした食感が楽しめます。
中部のパスタはお米にも負けないくらいのおいしさを持っていて、ほかではあまり味わうことのできないものばかりです。お礼品として選んで賞味してはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方といえば、「粉もん文化」が栄えているのが特徴です。粉もんとは、小麦粉を主な原料として作られた料理のこと。とくに大阪では戦前から粉もんを庶民へ提供する屋台がたくさん並んでいたそうです。時代が変化しても、その食文化が受け継がれ、粉もん文化は広く知られるようになりました。
粉もんといえば、お好み焼きやたこ焼きなどがその代表例ですが、パスタも原料は小麦なので、粉もんの一種といえます。実際、近畿地方にはおいしいパスタがたくさんあります。お礼品としては、地域のおいしい食べ物とセットになった生パスタがあります。パスタの調理にも使えるオリーブオイルのほか、味噌や醤油などもセットになっている豪華な詰め合わせです。地域の調味料を生かした、おいしいパスタを味わってみませんか。
また、地元の栗とお米を原料にした珍しいパスタもあります。乾燥パスタですが、お湯でなく水で戻すこともできるので、災害時でも食べられる便利な非常食にもなります。小麦粉のパスタとは一味違ったもちもちの食感がクセになるおいしさです。
京都府には、犬甘野(いぬかんの)そばを使ったそばとパスタのセットがあります。そばとパスタの違いを食べ比べられるのがうれしいですね。近畿地方のパスタをお礼品として選べば、粉もん文化に裏打ちされたおいしいパスタを味わうことができますよ。

九州地方

九州地方は暖かくて自然に恵まれた環境が特徴。そのため、食べ物がおいしい地域としても有名です。そんな九州では小麦も多く栽培されており、おいしいパスタがたくさんそろっています。
福岡県のお礼品の中には、本格的なたらこパスタを手軽に作ることができるセットがあります。パスタはプロが使用するのと同じものという点も魅力です。冷凍された状態で送られてくるので、ゆでるのも簡単。たらこはチューブ入りになっており、本場の味をそのまま味わうことができる豪華なお礼品です。
ほかにも、野菜を練りこんだ色鮮やかなパスタと、無農薬のバジルペーストのセットがあります。パスタはバジルの緑、ガーリックの白、トマトの赤の3色。見ているだけで元気が出そうなパスタです。香り豊かなバジルペーストで味付けすれば、簡単に本格的なジェノベーゼやバジリコパスタが完成します。
地域でとれたサフランをメインにしたパスタもあります。香辛料として使われる「サフラン」は、クロッカスの仲間のサフランの花のめしべを乾燥させたもので、料理の色づけや香りづけに使用すると鮮やかな黄色の色彩と芳香が得られます。そんなサフランを楽しむことができるパスタのセットにはミートソースやクリームソースがついており、いろいろな味を楽しむことができます。お礼品として九州のパスタを選べば、パスタとともに地域の味を堪能することができます。

トマトソース

パスタソースにはいろいろな種類がありますが、やはり定番はトマトソース。パスタの本場イタリアには、トマトを使ったさまざまなパスタ料理があります。酸味と甘味のバランスがとれたトマトソースのパスタは、大人から子どもまでおいしく食べることができるはずです。お礼品の中にも、オリジナルのパスタ用トマトソースがたくさん用意されています。
岐阜県のお礼品には、グルテンフリーのパスタとセットになったアラビアータとナポリタンのソースがあります。「グルテンフリー」というのは小麦を使用していないことを示しており、このパスタの原料はうるち米なので、小麦アレルギーなどの人でも安心して食べることができます。アラビアータはイタリア語で「怒り」を意味する言葉に由来しており、食べるとその辛さで怒ったように顔が真っ赤になることから、そう呼ばれるようになりました。
一方、ナポリタンは、昭和の時代に日本で考案されたスパゲッティ料理です。イタリア仕込みとは違う、日本人の味覚に合った素朴な味わいが魅力といえるでしょう。辛いものが苦手な人でも食べられる昔ながらのおいしさです。このようなソースのセットなら、家族で食べるときも好みに合わせて味付けを変えることができますね。お礼品の中にはパスタ用のトマトソースがいろいろあり、おいしく食べられるものがそろっているので、ソース選びに迷ったらトマトソースを選んでみてはいかがでしょうか。

オイルソース

パスタの味付け材料として、オイルも高い人気を持っています。イタリアではオリーブオイルをふんだんに使用し、鷹の爪やガーリックと塩コショウなどをベースにしたものが多いようです。オイルなので濃厚さはありますが、食べた感触としては意外にさらっとしていて、ペロリと平らげてしまえるような味付けが多くなっています。
オイルソースパスタはパスタの基本ともいえる作り方なので、おいしい味付けのものがたくさんあります。お礼品の中にも、おいしいパスタを作るのに役立つオイルがありますよ。たとえば、オリーブオイルとパスタ、パスタソースなど、本格的なパスタ料理を作ることができるセットがあります。パスタ作りの基本であるオリーブオイルがついているので、お礼品が届いたらすぐにそのおいしさを賞味することができるでしょう。
国産の玄米ぬか油を使用した「ねぎ油」などのオイルがセットになったパスタもあります。ねぎ油には大量のねぎがふんだんに使用されており、玄米ぬか油がベースなので、とてもヘルシーなのもポイントです。一般的なオリーブオイルで作ったパスタとはまた違ったおいしさを、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。オイル系のパスタは、自分なりのアレンジを加えやすいという利点があります。お礼品を活用して、おいしいオイルパスタを作ってみましょう。

クリームソース

パスタのソースの中でトマトやオイルと並んで人気のあるのがクリームソース。濃厚な味わいで、満足感を味わえるソースです。特に魚介との相性がよく、味の工夫に幅があるのが魅力といえます。クリームソースは牛乳などがベースとなっていますが、深い味わいを出すために野菜などさまざまな食材を使用して丁寧に作られたものも多くあります。
お礼品の中にも、さまざまな魚介類を取り入れたクリームソースがあります。例えば、福岡県の明太子を使用したクリームソース。クリームソースながら和風だしで味が調えられているので、バランスのとれたおいしさになっています。
また、オマール海老のクリームソースも人気です。新鮮なオマール海老を使用して、素材の味を引き立てる玉ねぎやニンニクがふんだんに使用されています。本格的な味わいをご家庭で楽しむことができる、贅沢なパスタソースです。
うにを使用したクリームソースもまた特別感のあるソースだといえるでしょう。「うにクリームパスタ」は、ソースにも具材にも贅沢にうにが使用されている、まさに「うに尽くし」と呼ぶにふさわしい一品となっています。
ふるさと納税でパスタのクリームソースを選べば、リッチな気分が味わえることでしょう。ぜひお礼品でお試しください。

パスタは調理方法のバリエーションが豊富で、食事のたびに違ったおいしさを楽しむことができます。お礼品にもいろいろなパスタがそろっているので、ぜひお好みのものを探してみてはいかがでしょうか。地域の素材を生かしたものが多数あるので、普段食べているパスタとは一味違うおいしさを満喫することができるでしょう。お礼品のパスタには、各地域のこだわりがたくさん詰まっています。
パスタには、日本人にとってなじみのあるもののほかにもたくさんの種類があります。パスタの種類は非常に多く、数えきれないほどです。パスタは、性質や形状・味付けなどの違いにより、それぞれに分け方があります。日本では乾燥させたパスタが一般的です。乾燥パスタは長期保存のために作られたもので、販売されているもののほとんどは乾燥パスタになっています。一方、生パスタは乾燥させていないパスタのことで、パスタの本場イタリアでは古くから親しまれてきたものです。ふるさと納税のお礼品の中にも生のパスタを楽しむことができるセットがあるので、この機会にぜひ生パスタのおいしさを体験してみませんか。
パスタの分類方法としては、形状によるものもあります。形状によるパスタの分類は、ロングパスタとショートパスタの2つに大別されますが、それぞれの中にまたたくさんの種類があるのです。たとえば、ロングパスタは、その太さなどによってスパゲッティ、スパゲッティーニ、ヴェルミチェッリ、カツペリーニ、ラザニェッテ・リッチェなど非常にたくさんの種類に分かれます。また、ショートパスタについても、主として形の違いによって、マッケローニ、リガトーニ、ペンネ、ファルファッレなどたくさんの種類があります。マッケローニとは日本でいうマカロニのことです。
本場イタリアでは、ソースや調理方法に合わせて使用するパスタを選んでいます。日本ではそこまでパスタの種類に気を使うことは少ないのですが、太麺や平麺など大雑把な違いによって使い分けをすることはあるでしょう。お礼品の中には一般的なロングパスタ以外にも平麺タイプやショートパスタもあるので、お好みや調理方法に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
パスタの味付けは麺の種類以上にたくさんあります。パスタに使われるソースは素材によって、トマトソース、オイルソース、クリームソース、ミートソース、バジルソース、チーズソース、和風ソースなどに分かれますが、中でもトマトソースなしにパスタは語れません。
ヨーロッパでは、トマトが18世紀末ごろから食用として栽培されるようになりました。新大陸から持ち込まれてすぐの頃は、もっぱら観賞用とされていたようです。初めはフライにして食べられることが多かったトマトですが、少しずつソースとして加工されるようになっていきます。その中でトマトはパスタと相性の良いことが分かり、現在では世界中で愛される、パスタソースの代表格となっています。
トマトソースを使ったパスタの味付けには、さまざまな種類があります。例えば、「アラビアータ」は唐辛子をたくさん使った辛いパスタで、ショートパスタで作る場合もあれば、ロングパスタで作ることもあります。また、「ペスカトーレ」は魚介類を具に使ったパスタ料理です。漁師が多く暮らしていた北イタリアで、売れ残った魚介類を集めて調理に使ったのが始まりとされています。
オイルソースは、オリーブオイルをベースにしてニンニクや唐辛子を加えたシンプルなソースです。アレンジがしやすく、さまざまな食材と組み合わせることができるので、イタリアの家庭でもよく作られているソースの一つです。オイルソースの代表的な調理法といえば、アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ。日本では単に「ペペロンチーノ」と呼ばれている、唐辛子を使った辛みのあるパスタです。また、「ボンゴレ・ビアンコ」も人気の高いパスタ料理で、アサリをワインで蒸して作り、さっぱりとした魚介の旨みが味わえるパスタです。なお、トマトソースを使用したものは「ボンゴレ・ロッソ」といいます(ビアンコ=白、ロッソ=赤)。
クリームソースは、イタリアの酪農がさかんな地域で作られ始めたソースです。うにやカボチャなど濃厚な味わいの食材との相性も抜群といえます。クリームパスタの中で日本でも人気が高いのが「カルボナーラ」です。ベーコンやチーズ、卵を使用し、クリームの濃厚さを存分に味わうことができる贅沢なおいしさです。クリームパスタとしてはほかに「アルフレッド」があり、ソースにパルメザンチーズと生クリームを使用しています。
ミートソースは、ひき肉と玉ねぎ、トマトを使って作るソースのこと。日本でもなじみ深いソースで、多くの人が小さなころから食べている定番の味ではないでしょうか。日本でミートソースがこれほどまでに浸透しているのは、1959年に家庭向けにミートソースの缶詰が発売されたことがきっかけになったといわれています。また、一般的なミートソースは砂糖で甘みをつけていることが多いのに対し、「ボロネーゼ」と呼ばれるソースでは、砂糖の代わりにワインを使用して甘さを引き出しています。
バジルソースは、ハーブであるバジルの葉を使ったソースです。さっぱりとした風味で日本でもよく知られているソースです。バジルソースのパスタとしては「バジリコ」が有名。バジリコはイタリア語でバジルのことですが、バジルソースのパスタをそのままバジリコと呼んでいます。ただし、バジルを使ったパスタには、「ジェノベーゼ」もあります。バジリコとジェノベーゼは、ジェノベーゼにはバジルのほかに松の実などを使用しているという違いがあります。
チーズソースは、チーズを溶かしたソースのこと。日本ではクリームチーズやスライスチーズを使用するのが一般的ですが、イタリアにはさまざまなチーズを使用するチーズソースがあります。チーズソースのパスタとしては、カーチョエペペがあります。イタリア語で「カーチョ(チーズ)エ(と)ペペ(コショウ)」という名のとおり、チーズとコショウだけで作るシンプルなソースです。ほかに、クアットロ・フォルマッジョというソースもあります。これは、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、パルミジャーノ・レジジャーノ、モッツァレラという4種類のチーズを使用したソースのことで、パスタ以外にピザにも使われることがあります。こちらもそのままの意味で、クアットロは「4」、フォルマッジョは「チーズ」ですが、チーズを表す語は「フォルマッジョ」が一般的で、上の「カーチョ」はトスカーナ地方やイタリア南部で使われます。
和風ソースは、日本ならではの醤油や麺つゆなどを使用して、あっさりとした味に仕上げており、バターを少し加えてもよく合います。パスタにはこのようにさまざまな種類のソースがあり、いろいろな味を楽しむことができます。
そのほかには、ボッタルガ(塩漬けにしたボラやマグロの卵巣を乾燥させたもので日本のカラスミに相当)パスタや、日本で生まれたケチャップ味の「ナポリタン」といったパスタがあります。パスタは和風にも洋風にもアレンジでき、オリジナルの味付けを試してみることもできる万能の麺といえるでしょう。
パスタの起源についてははっきりしていませんが、現在食べられているようなパスタが作られたのはイタリア南部のナポリです。16世紀になると人口増加により飢饉が多く発生するようになり、そういった背景のもとで、乾燥させて長期保存できるようにしたパスタが生まれたのです。このように長期保存できるようになったことで、パスタを大量に生産することが可能になりました。それにより、イタリア国外へパスタを輸出する機会も徐々に増えていきます。
トマトソースが作られるようになったことも、パスタの人気が高まった理由の一つに挙げることができ、麺に絡みやすく食べ応えのあるトマトソースとともにパスタは広まっていきます。また、イタリア人がアメリカへ移住するようになると、アメリカでもパスタが多く作られるようになりました。そして、パスタが世界的に大きく広がりをみせたのは、パスタメーカーがパスタを製造するための機械を開発したことが転機になっているといえます。製造機ができたことにより、パスタを短時間で大量に生産できるようになりました。パスタの製造機は改良が重ねられ、より大量によりおいしいパスタを作ることができるように進化していきます。
パスタが日本に入ってきたのは幕末期のことです。宣教師や在留外国人によってパスタを食べる文化が少しずつ広まっていきましたが、最初のうちは高級品だったため、一部の人しか食べることのできないものでした。パスタが一般家庭にも浸透するようになったのは、第二次世界大戦が終わった後のことです。日本の各地にパスタを作る工場ができ、食卓でもパスタが少しずつ食べられるようになっていきました。現在では、パスタは日本人の食生活を支える重要な食品となっています。
ふるさと納税のお礼品として用意されているパスタの多くは乾燥バスタですが、中には生パスタもあるのでお好みの食感などに合わせて、地域の素材で作られたこだわりのパスタを選んでみてはいかがでしょうか。さらに、ソースにもさまざまな種類のものがあります。定番のものから地域の素材を使用したオリジナルのものまで、多くのお礼品の中から好きな味のソースを選ぶことができます。普段からよく食べているものとの味の違いを感じてみるのもいいし、なじみのない新しい味を試してみるのもまた一興です。ふるさと納税でパスタのお礼品を選んで、それぞれの地域ならではのパスタのおいしさを堪能してみませんか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ