認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 サバ特集

サバ特集

昔から日本人の食卓に欠かせない魚のひとつであるサバですが、近年ではそんなサバをさらにおいしく食べられるように工夫したさまざまなものが登場しています。

北海道

豊富な海の幸に恵まれた北海道はふるさと納税のお礼品でもサバとさまざまな種類の魚介類をセットにした大ボリュームのものが数多くそろっているのが特徴です。
たとえば漬け魚のセットがあり、1年の中でも特に脂ののりがいい寒サバを使用した漬け魚は口に含むと、寒サバならではのあふれ出るような脂が絶妙な塩加減と一緒に広がり、白米などと合わせてもおいしく召し上がれます。セットにはきんきやホッケ、いわし、サンマなど定番のものが多数入っています。
他にはサバの釜炊きご飯があります。こちらは釧路近海にて水揚げされたサバを半身分、贅沢に使い、特製のタレで仕上げた釜炊きご飯です。作り方も研いだ白米と一緒に炊飯器や土鍋に入れて炊くだけと大変お手軽です。
その他サバのスモークもあります。こちらは北大西洋にてとれたサバをあらしおのみで味つけし、昔ながらの伝統的な方法でスモークにしています。おがくずの優しい香りが香るスモークは、口に含むとじんわりと溶け出し、ワインなどと合わせてもおいしくお召し上がりいただけます。

近畿地方

かつて都の置かれていた近畿地方ではサバを使ったお寿司などの郷土料理が数多くある地域です。
そんな近畿地方のサバなら、温寿司(ぬくずし)に注目してみてください。別名蒸し寿司とも呼ばれる温寿司はその名の通り、寿司を温めて作る紀州伝統の郷土料理で、さまざまな魚介類に綿糸たまごや椎茸、ゴマなどの具材を丼ぶりに入れて蒸し上げて作ります。温寿司は蒸し上げることでさまざまな具材の旨味や風味が混ざり合い、酢もほどよく抜けてマイルドな味に仕上がることから、普段口にしているお寿司とはまたひと味違った味を楽しむことができます。
他には、サバの桜干しもあります。桜干しとは魚の腹を開いてみりんや砂糖、醤油などに漬けて干したもので、別名みりん干しとも呼ばれる干物です。こちらはさらに漬けておく醤油にもこだわり、たまり醤油を使用して漬けています。炒め物などの具材以外にもそのまま火で焙って日本酒と一緒に召し上がるのもおすすめです。

四国地方

周囲を海に囲まれた四国地方は昔から漁業がさかんに営まれてきた地域であることからお礼品にもサバを使った料理などが数多くそろっています。
たとえば清水サバの漬けがあります。清水サバとは土佐清水市で水揚げされるサバの地域ブランドです。その味わいは、ほどよい脂ののりと弾力のあるモチモチとした食感で知られており、地元では昔から生の状態で食べられていました。
こちらはそんな清水サバを釣り上げたその場でタレと一緒に瞬間冷凍したもので、ご自宅で解凍していただければ、そのまま生でお召し上がりいただけます。漬け丼以外にもカルパッチョやお寿司の具材としてもお使いいただけます。
香ばしい燻製のサバが気になる方はサバの燻製をチェックしてみてください。地元にて半世紀以上の歴史を持つ商店が長年受け継いできた伝統的な方法で作ったサバの燻製を味わえます。
他には、地元ならではの味をお探しの方には徳島県牟岐町のサバの一夜干しがあります。ベテランの職人が丁寧に捌いたサバに塩をまぶし、毎夜、状態を確認しながら数日間かけて熟成させています。一夜干しは天日干しに比べると身に水分を多く残しているのが特徴で、生魚に近い、ふんわりした食感を楽しむことができます。

九州地方

九州地方のサバは、良質なサバが数多くそろっているのが特徴です。
たとえば、長崎県松浦市の旬(とき)さばの缶詰です。旬さばとは対馬海域で毎年10月から2月にかけて漁獲される脂のよくのったマサバです。こちらはそんな旬さばをさらに厳選し、1尾につき1缶だけという贅沢な仕様で缶詰にしたものです。特に水煮は食塩のみで味つけしているので、旬さば本来の味を深く味わいたい方におすすめです。
地元ならではの味を楽しむなら胡麻サバはいかがでしょうか。 胡麻サバはサバの刺し身に醤油をベースにしたタレとすり胡麻などを加えて作る九州地方の郷土料理です。その味わいはサバならではの濃厚な旨味と胡麻の風味が絶妙に混ざり合いながらもさっぱりとしており、暑い夏場などにも食べやすい料理となっています。ちなみに同じくゴマサバと呼ばれる品種のサバもいますが、胡麻サバに使われるサバはマサバという種類のものです。召し上がる際は袋を水に浸し、解凍するだけでいいので、忙しいときの食事としても使用できます。

東北地方

東北地方は全国的にも名前の知られた地域ブランドのサバが楽しめる地域です。
東北地方のサバならまずは金華サバの缶詰に注目してみてください。金華サバとは三陸沖の黒潮と親潮が混ざり合う海域でとれる大型のサバです。こちらの海域にはサバのエサとなるプランクトンが豊富にあることから本来は回遊魚であるサバが移動せずに定住しており、身に栄養を蓄えた良質なサバへと育ちます。金華サバの身はサバの中でも脂ののりが特によく、後味がすっきりとしていながらも魚臭さが少ないのが特徴です。
他にはサバの味噌缶はいかがでしょうか。 北海道沖から三陸沖に移動してくる秋サバを新鮮な状態のまま、缶詰に仕上げています。

関東地方

関東地方は日本有数の水揚げ量を誇る銚子港を有する地域です。お礼品にも上質なサバを使った惣菜や干物などが多数そろっています。
たとえば、銚子港で水揚げされたマサバを使った味噌煮とつみれ汁があります。味噌煮はふっくらと、つみれは濃厚に味が凝縮したものに仕上がっています。
他にはサバの文化干しがあります。文化干しとは冷温風機などを使用して作る干物で、元々はセロハンを使って作っていたことから文化という名前がつけられたともいわれています。

中部地方

中部地方はかつて若狭湾にて水揚げされたサバを都へと運ぶ鯖街道があった地域であり、古くからサバと縁の深い地域です。
中部地方の郷土料理を味わってみたい方は焼き鯖寿司もチェックしてみてください。肉厚のサバをきれいに焼き上げ、甘い味わいが特徴の地元産コシヒカリと合わせました。一つひとつ職人が丁寧に手巻きしているので、ご自宅でも焼き鯖ならではのしっとりとした肉厚の食感と甘いシャリを堪能していただけます。
ご当地ならではのものをお探しの方には、へしこはいかがでしょう? へしことは塩漬けにした魚を米ぬかや酒粕、唐辛子などと一緒に樽の中に詰め、発酵させた福井県の郷土料理です。へしこはサバ以外のさまざまな魚でも作られますが、サバで作られたものが最も相性がよく、おいしい食べ方であるといわれています。
他には、いしる干しもおすすめです。いしるとはイカやイワシなどを塩漬け発酵させて造る石川県の伝統的な魚醤の1種です。こちらはイカいしるにサバを漬け込み、ソフトな口当たりに仕上げたいしる干しという干物です。いしるに浸している分、通常の干物よりも塩分濃度が高いので日本酒はもちろん、白米と合わせてもおいしくお召し上がりいただけます。

日本とサバの関係は古く、少なくとも奈良時代ごろから食べられていた食品だと伝えられています。当時はサバを塩に漬けて保存食のようにして食べていたといわれています。その後、時代が下るにつれて調味料や調理法などが開発されるようになると、さまざまな食べ方も生まれ、江戸時代ごろには京都や岡山、山陰地方などの地域で鯖寿司が食べられるようになりました。特に、京都では都から海が遠かったことから新鮮なサバを仕入れるために福井県の若狭湾との間に街道を設け、その道を鯖街道と呼ぶようになりました。現在でも京都ではお祭りなどの日に鯖寿司を食べる習慣が定着しており、サバは地域の伝統に深く根差す食品となっています。
奈良時代より変わらず日々の献立として親しまれてきたサバ。現在では世界中の国々で日本のサバが食されるようになり、日本のさまざまな地域のものにファンがつくようになりました。ふるさと納税で受け取れるお礼品の中にも生産量などの関係から市場にはなかなか出回らない希少な品種のものが数多くあります。ぜひ、ふるさと納税で日本各地のおいしいサバを味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ