認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 おかず特集

おかず特集

ふるさと納税のお礼品には、お米や高級肉、高級フルーツといった食材だけでなく、ご飯と一緒に食べるおかずも数多くそろっています。おかずは主食につけ合わせて食べるもの全般を指し、地域の郷土料理から酒のさかなまで多岐にわたります。ふるさと納税を利用して、各地からご飯のおかずを取り寄せてみてはいかがでしょうか。

北海道

日本の最北端に位置し、日本海、太平洋、オホーツク海に囲まれた北海道では、非常に多くの食物が生産されています。いくらの醤油漬けは、言わずと知れた北海道の特産品。ご飯との相性は抜群です。また北海道民のソウルフードとさえいわれる、羊の肉を使ったジンギスカンも有名です。北海道にはジンギスカンを提供する店やラム肉を取り扱っている精肉店が数多くあり、北海道の花見ではジンギスカンを食べると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。白いご飯とはもちろん、うどんとの相性もよく、道民に愛されている料理です。ジンギスカンは、地元民がおすすめするおかずの調査で、数々の海産物を抑えてトップになったこともあります。また、鶏肉などに醤油とショウガやニンニクで下味をつけて唐揚げにするザンギもおかず兼おつまみとして人気の郷土料理です。
地元民に人気のおかずとしてよく挙げられるのは、上に挙げたジンギスカンやザンギ、いくらの醤油漬けのほかに、鮭のちゃんちゃん焼きや、一時期ブームになったスープカレー、味噌ラーメン、じゃがバターとイカの塩辛などがあります。鮭のちゃんちゃん焼きはジンギスカンと並んで、農林水産省が選定した北海道の郷土料理にも選ばれました。
ふるさと納税のお礼品には、真ほっけやにしんの開き、さんまやカレイの煮つけ、ホタテの刺し身、数の子の松前漬け、カキの佃煮など、北海道の食の代名詞ともいえる魚介類を使ったおかずが幅広く用意されています。北海道産の素材を地元で製造加工しているものが多く、ご飯のおかずとしてだけでなく酒のさかなとしてもおすすめです。

東北地方

青森県には、地元で知らない人はいないといわれるねぶた漬があります。数の子やするめ、きゅうり、大根、昆布など海の幸と山の幸を一緒に醤油漬けにした食品で、ご飯のおかずとしてもお酒のおつまみとしても人気が高く、子供から大人までおいしく食べられます。また、B級グルメブームなどで一躍知名度を上げた郷土料理せんべい汁、けの汁もあります。けの汁は青森県の津軽地方から秋田県にかけて食べられている郷土料理で、秋田県ではきゃのこ、きゃの汁などとも呼ばれます。細かく刻んだ野菜を昆布だしで煮込んだ汁物で、昔から小正月(1月16日)に食べる精進料理でした。お礼品にも、せんべい汁のセットや、バラ肉と玉ねぎで手軽に作れるご当地グルメのバラ焼きが用意されています。
宮城県の人気おかずといえば、牛タン焼きが有名です。また、鮭といくらを使った郷土料理 「はらこめし」、地元でとれたほっき貝をのせたほっきめしといったご飯ものや、主に宮城県北部で食べられている仙台麩と呼ばれる油で揚げた麩なども人気のおかずです。お礼品には、牛タンのセットや豚ホルモンなど肉系のおかずが用意されています。
秋田県では、郷土料理としても有名なきりたんぽ鍋やギバサが挙げられます。ギバサとは秋田で昔から食べられている海藻のことで、正式名称はアカモクといいます。湯がいて細かく刻むとネバネバトロトロになり、磯の香りが広がるのが特徴。ご飯にかけても、味噌汁の具にしても、さらには醤油やポン酢をかけてそのままでもおいしく食べられる、秋田県の定番おかずです。

関東地方

神奈川県には観光スポットが多く、エリアごとに全く違ったご当地グルメが楽しめます。食材としては、ブランド肉の足柄牛やしらすが有名で、生しらすと釜揚げしらすは、観光客はもちろん地元民からも愛されるおかずとなっています。
千葉県には郷土料理のなめろうがあります。なめろうは新鮮な魚のタタキで、房総名物の漁師料理・郷土料理です。特にアジのなめろうが有名で、おかずとしてはもちろん、おつまみとしても人気があります。他にも、干物やイワシのつみれ汁、刺し身の漬け丼やそのお茶漬けなど、魚介類のおかずが多く見られます。お礼品としては、あさりやしじみの佃煮、いわしのマリネや銚子煮、また千葉県産の三元豚の味噌漬けなどが用意されています。
群馬県には県民のソウルフードともいわれるもつ煮があり、もつ煮を提供する店はもちろん、もつ煮の自動販売機まであります。また群馬県はこんにゃく芋の生産量が全国1位 (農林水産省「平成29年作物統計」より)で、刺し身こんにゃくや味噌漬けこんにゃくをはじめ、さまざまな種類のこんにゃく料理があります。
栃木県のおかずといえば、全国的にも有名な宇都宮餃子ではないでしょうか。観光客に土産物として人気なだけでなく、宮っ子こと宇都宮市民も週に数回は餃子を食べるのがスタンダードといわれています。毎年11月には宇都宮餃子祭りがあり、宇都宮餃子は地域のブランドとして全国的に人気の高いおかずです。また鮎の塩焼きや湯葉も定番のおかずとなっています。
茨城県定番のご飯のお供としては納豆が挙げられます。茨城県は納豆の生産量が全国トップクラスで、中でも水戸市が特に有名です。お礼品には、わら納豆やそぼろ納豆をはじめ、茨城県のブランド豚であるローズポークの味噌漬けや、レンジでチンして手軽に食べられるローズポークの加工品も用意されています。

中部地方

新潟県長岡市の栃尾には、栃尾の油揚げと呼ばれるご当地グルメがあります。厚揚げと見紛うほど大きく分厚い油揚げです。栃尾地域では300年以上の歴史を持つ特産品で、土産物としても地元民の日々のおかずとしても定番となっています。ずっしりと食べ応え満点のものからふんわりした口当たりの軽いものまで、店によってさまざまな油揚げがあり、観光協会からはあぶらげ店マップなるものが公開されているほどです。また新潟県のB級グルメとして名高い、若鶏の半羽(はんば=半身)を揚げた半羽唐揚げもあり、お礼品にも半羽唐揚げのセットや半羽唐揚げを使ったカレーなどが用意されています。
富山県北西部に位置する氷見市は、寒ブリが有名な地域です。栄養豊富な北海道の海から丸々と太って南下してくるブリが水揚げされるため、氷見市でとれるブリは脂がのっていてとてもおいしく、地元民のごはんのおかずとしても非常に人気があります。また、かじきまぐろの昆布〆や、元々は漁師料理のたら汁なども定番です。
石川県には、江戸時代から親しまれている調理味噌「とり野菜味噌」があります。石川県のご当地グルメであるとり野菜鍋(味噌鍋)をはじめ、肉の味噌漬けや料理の隠し味などに万能調味料として活躍しています。ちなみに「とり」は鶏肉の意味ではなく野菜を「とる」が由来とされます。お礼品にも、とり野菜鍋のセットが用意されています。
福井県は、現在のカツ丼のルーツともいわれるソースカツ丼の本場です。シンプルながら店ごとに個性が出るソースカツ丼は、福井県を代表するB級グルメとして人気のおかずとなっています。また、福井県名物といえば忘れてならない焼き鯖寿司。焼き鯖を楽しめる店も多く、観光客の土産物としても、そしてもちろん地元民の日々のおかずとしても人気の一品です。お礼品にも焼き鯖のセットが用意されています。

近畿地方

滋賀県の中央部に琵琶湖があることは多くの人が知っていますが、琵琶湖でとれる特徴的な魚介類の地域ブランド琵琶湖八珍をご存知でしょうか? ビワマス、ニゴロブナ、ホンモロコ、イサザ、ゴリ、コアユ、スジエビ、ハスの8種を選定したもので、琵琶湖ならではの四季が感じられる湖魚は、よそでは味わえない食材です。特に湖魚を使った佃煮は、滋賀県民のご飯のおかずとしても酒のさかなとしても人気があります。
兵庫県は瀬戸内海と日本海に接し、また世界的にも有名なブランド肉の神戸ビーフが生産されています。名物料理にはそばめしやお好み焼きが挙げられますが、その具としても有名なぼっかけは、単品のおかずでもトッピング用にも人気の一品となっています。ぼっかけというのは、簡単にいうと牛すじ肉とこんにゃくの甘辛煮のことです。また、いかなごのくぎ煮と呼ばれる、生の幼魚を醤油と砂糖、ショウガで煮詰めた郷土料理も定番のおかずとなっています。
京都市は海から遠く、三方を山に囲まれた盆地にあります。そのためか古くから独特の食文化が発達し、おかずとして一般的なものには、ちりめん山椒やだし巻き卵、はもの湯引きや湯葉、にしんそばなどがあります。また、京都名物の西京味噌に魚の切り身をつけた西京漬は有名な郷土料理のひとつですし、かぶを薄く切って作る千枚漬をはじめとする、京野菜を使った漬物も定番のおかずとなっています。
食い道楽、食い倒れの街として名高い大阪には、たこ焼きやお好み焼き、そしてソウルフードともいうべき串カツがあります。他にも、フグ鍋のてっちり、水菜とクジラ肉だけのシンプルな鍋料理ハリハリ鍋、イカ焼きなど非常に多くの名物料理があります。ふるさと納税のお礼品としては、串焼きセットやお好み焼きセットのほか、佃煮、キムチからハンバーグや餃子まで、さすが食い倒れの街と思えるほど非常に幅広い惣菜が用意されています。

中国地方

鳥取県の名物のひとつに、あごちくわがあります。あごとはトビウオのこと。トビウオのすり身で作られた、香ばしく噛みごたえのあるちくわで、単品のおかずとしても酒のさかなとしても、お吸い物や料理の具、だしにも使える万能惣菜です。また、鳥取砂丘で栽培された砂丘らっきょう漬けも名産品となっています。
出雲大社があり観光スポットとしても有名な島根県では、しじみ汁やあご野焼き、赤トウガラシ入りはんぺんの赤てん、ワニ(サメ)の刺し身などが人気のおかずとして挙げられます。しじみ汁は全国的に飲まれていますが、宍道湖(しんじこ)でとれるしじみは粒が大きく身が柔らかいのが特徴です。あご野焼きは、トビウオのすり身に調味料を練りこみ金串に塗りつけて焼いたもの。観光客はもちろん、地元民にも人気のおかずとなっています。
岡山県といえばきびだんごやもものイメージが強いかもしれませんが、魚や肉にもおいしいものがいろいろあります。ご当地グルメの祭典B-1グランプリで上位入賞した津山ホルモンうどんや、ひるぜん焼きそば、ママカリの酢漬け、サワラの刺し身など、肉から魚までさまざまな名物料理があります。岡山県津山市は昔から和牛の産地であり、牛の内臓を用いたホルモンうどんは昭和後期から食べられていたとされます。店や家庭によって味つけが異なり、現在でも一般家庭のおかずとして人気のある一品です。また、エビめしやたこめし、かきめしなどもお礼品として用意されています。

四国地方

高知県には、古くから県民に愛されてきた土佐カツオがあり、カツオの藁焼きタタキは土佐名物として全国的に有名です。ご飯のおかずとしてもおつまみとしても定番で、県内はもちろん他地域でも根強い人気があります。地元では、カツオの藁焼きはニンニクスライスをのせて柑橘系のポン酢で食べるのが一般的です。お礼品には、カツオの藁焼きのタタキや刺し身、カツオの缶詰、またキハダマグロのネギトロや魚の漬け丼などが用意されています。
愛媛県には、真ダイの刺し身をだし汁や醤油で作ったタレと混ぜて炊きたての白飯に乗せ、薬味とともに食べる、宇和島鯛めしと呼ばれる郷土料理があります。他にも、ちりめん入りじゃこ天玉子丼の有明丼や、鯛煮つけ丼のかどや丼、あこや貝の貝柱を卵とじした真珠丼などいろいろなものがあり、じゃこ天は丼だけでなく、家庭のおかずやおつまみとしても人気の一品です。お礼品には、じゃこ天や鯛の浜焼きのほか、鶏の唐揚げの原点と言われるセンザンキ、特産のきじを使ったきじ鍋セットなどが用意されています。
徳島県には、特産品のブランド鶏「阿波尾鶏(あわおどり)」があります。名前の由来はもちろん徳島名物阿波踊り。B級ご当地グルメとして有名になった阿波ボーヤKは、阿波尾鶏と四国玉三郎という卵を使った鶏もも肉のカツで、ウスターソースとマヨネーズとの相性がよく、ジューシーで食べごたえがあります。お礼品には、阿波尾鶏を使ったチキンカツ、アワビに似たトコブシのうま煮や干物などが用意されています。

九州地方

福岡県の名物といえば必ず挙げられるのが明太子。ご飯のおかずとして福岡のみならず全国的に人気があり、おつまみとしても土産物としても、また料理の味つけなどにも使えます。北九州市門司港(もじこう)のご当地メニューとして有名な焼きカレー、もつ鍋や水炊きといった鍋物も定番です。
佐賀県では、ご飯の上に炒めた肉とサラダをのせてマヨネーズをかけたシシリアンライスがご当地メニューとして有名です。サラダのトマト(赤)、ゆで卵(白)、野菜(緑)をイタリア国旗に見立て、ゴッドファーザーで有名なシシリー(シチリア)島からとったとするなど名前の由来には諸説ありますが、現在ではこのシシリアンライスで佐賀県を盛り上げようと「佐賀市シシリアン王国」が建設され、シシリアンライスの日まで定められました。また、有明海の珍味ムツゴロウの蒲焼きや、全国的にも知名度の高い郷土料理だご汁、地元で水揚げされたイカを使った「いかしゅうまい」などがあります。いかしゅうまいのほかにも、うなぎ、魚のみりん干し、有明のりなど、ご飯と一緒に食べたいおかずがお礼品には数多くそろっています。
熊本県の名物といえば馬刺しやからしレンコン。県外でも人気の高いこれらの料理は、熊本ではご飯のおかずはもちろんのこと、酒のさかなとしても定番となっています。また熊本生まれの中華料理として話題になったご当地ヌードルの太平燕(タイピーエン)もあります。お礼品には、からしレンコンや馬刺しのほか、天草のとらふぐやブランドハモの黄金のハモなどが用意されています。

主食と一緒に食べる副食を幅広く「おかず」と称します。日本料理では一汁三菜などといい、汁物に料理3品が基本とされています。現在では洋食や中華料理などがメジャーになり、一般家庭でも料理のバリエーションが増えたためあまり意識しない人も多いと思いますが、懐石料理や定食屋、学校給食ではよく見かける食事構成ではないでしょうか。
おかずという言葉はもともと「数をとりそろえる」という女房言葉が語源だといわれています。安土桃山時代に書かれた宣教師の記録にはすでに「ヲカズ」という表記が登場しており、江戸時代末期には庶民の間でも使われていたようです。
惣菜ということばはおかずと同じ意味合いで使われます。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも出来合いの惣菜が販売されていますが、それもすべておかずと呼ぶことができます。忙しい人が多い現代では、作り置きのおかずや出来合いの惣菜の需要も高いのではないでしょうか。さらに、レシピを調べようとしてわかるように、一口におかずといってもお肉のおかず、野菜のおかず、さらには汁物まで、その種類は多彩です。
また、カレーライスや牛丼はおかずなのか主食なのかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。白飯が主食でカレーはおかずという見方がある一方で、白飯と一体化しているため主食という意見もあり、どちらが正解とは断言できません。統計や研究調査 を見ると、カレーや丼物は「白飯におかずが盛ってあるもの」と定義されていることも多く、ここではおかずに分類しています。
おかずはご飯と一緒に食べる主菜(肉、魚などタンパク質や脂肪が主体)と副菜(野菜などビタミンやミネラル、食物繊維が主体)のことですが、ではおつまみとはなんでしょうか。一般的にはおかずはご飯と食べるもの、おつまみはお酒を飲む際に食べるもの、という認識です。しかしご飯を食べながらお酒を飲む場合、おかずとおつまみの区分は曖昧になっています。おつまみは肴とも言い、本来「酒菜」を意味していました。
日本の郷土料理を見わたしてもわかるように、全国各地にその土地それぞれの特色や特産品を生かした料理があります。たとえば三平汁という、塩漬けした魚と保存のきく野菜を煮込んだ北海道の郷土料理には、地元でよくとれる鮭やタラ、ニシンなどの魚を使っており、200年以上前から食べられています。北海道は、近海でとれた新鮮な海産物を使ったおかずが非常に多いのが特徴です。ふるさと納税のお礼品としても、いかソーメン、ちゃんちゃん焼きといった料理はもちろん、いくらの醤油漬けや焼鮭のほぐし身、うにといった、いかにも「ご飯のお供」まで幅広くそろっています。
東北地方では青森県のせんべい汁、岩手県のさんまのすり身汁、山形県のいも煮や福島県の引き菜もちなどの郷土料理が現在も給食や家庭の献立のひとつになっています。また三陸海岸で水揚げされる魚介類を加工した惣菜や、各地で育てられたブランド鶏肉、豚肉、牛肉を使った料理、缶詰などもお礼品として用意されています。
首都圏には他の地域ほど際立って郷土料理というイメージはないかもしれませんが、それぞれに地元の味となる定番のおかずがあります。千葉のなめろう、群馬のもつ煮、宇都宮の餃子などは、全国にも広まっているため地域独自の料理という印象が薄れています。同様に、神奈川県横須賀市の海軍カレーも、現在のカレーライスの誕生につながるものですが、カレーはもはや日本の国民食とさえなっているので、神奈川県の郷土料理という認識を持つ人は少ないのではないでしょうか。
近年では町おこしのために特産品や郷土料理を取り上げたり、新たにご当地グルメを考案したりということもよく見られます。たとえば愛媛県の宇和島では、宇和島鯛めしをはじめとする丼料理を全国に発信する「どんぶり王国宇和島」が発足しています。この宇和島鯛めしは、室町時代から戦国時代にかけて活躍した水軍が戦中に手軽に食べられる料理として考案したのが発端と伝えられており、歴史のある料理を改めて盛り立てていることがわかります。
おかず・惣菜といっても非常に範囲が広く、知らない料理や食品も多かったのではないでしょうか。ふるさと納税のお礼品には、北海道から九州・沖縄まで全国各地の自治体自慢の郷土料理やご当地グルメ、ご当地メニューがたくさん用意されています。ふるさと納税を利用して、その土地で生まれ育ったおかずの数々をぜひご賞味ください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ