認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 餃子特集

餃子特集

ふるさと納税のお礼品には、地元のおいしい食材を使用した餃子が多数そろっています。餃子といえばニラや豚肉が定番の具材ですが、中には特産物を生かしためずらしいものもあります。各地の自慢の具材をふんだんに使用した餃子はどれも絶品です。お礼品として餃子を選べば、各地のおいしさを手軽に味わうことができますよ。

北海道

北海道は海の幸が豊富です。例えば、噴火湾では年間を通して養殖のホタテガイをとることができます。ホタテにはうまみがたっぷりと詰まっており、さまざまな料理によく合います。また、北海道はナマコの産地としても有名で、十勝、釧路、根室を除く広い地域で水揚げされています。ナマコは見た目こそ独特のかたちをしていますが、歯ごたえがありさまざまな味付けにマッチする、さっぱりとした味わいの食材です。
北海道のお礼品には、ホタテやナマコを使用しためずらしい海鮮餃子があります。ホタテとナマコはそれぞれ乾燥したものを使用しているので、より凝縮された深い旨みを感じることができます。海鮮以外の具として北海道産の豚肉が使用されているのもポイントです。
また、北海道はラーメンも有名ですよね。お礼品には、地元のラーメン店が作ったおいしい餃子があります。ラーメンを食べるときに欠かせない餃子にも、地元のラーメン店のこだわりが詰まっています。お礼品として用意されているのは、皮がめずらしい黒い色をした餃子など3種の餃子セット。黒い餃子の皮には昆布が練りこまれています。ほかにも北海道ならではの行者(ぎょうじゃ)ニンニクを使用した餃子、カレー味の餃子など、なかなか味わうことのできない味覚を楽しむことができるものばかりのセットです。
素材を生かした味付けの餃子で、ご家庭で北海道の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北地方では、その豊かな自然を生かしてお米の栽培がさかんに行われています。お米の収穫量を各地域別に比べてみると、東北地方が最も多い割合を占めています。(※農林水産省「平成28年産水陸稲の収穫量」より)
東北地方にはさまざまなお米の品種があり、それぞれ違った特徴をそなえたおいしいお米ばかりです。そんな東北地方の餃子のお礼品には、お米にちなんだものがたくさんあります。例えば、東北の中でも米どころとして有名な秋田県のお礼品として、皮を米粉で作った餃子があります。一般的な小麦粉の皮とは違い、モチモチした新しい食感を楽しめるのが魅力で、肉餃子や野菜餃子、きのこ餃子など、さまざまな具材の入ったものがセットになっています。
また、山形県の餃子のお礼品には、「米の娘ぶた」というブランド豚を使用したものがあります。「米の娘ぶた」は国産米と乳製品のホエー(固形分を除いた残りの液)を餌にして飼育するのが特徴で、やわらかい肉質とさっぱりとした脂の甘さが魅力のお肉です。お米で育った「米の娘ぶた」と野菜の組み合わせで、一味違った味わいの餃子が楽しめます。一つ一つの餃子が大きめに作られているので食べ応えも抜群です。
東北地方の豊かな食材を生かして作られた餃子は、ほかでは味わうことのできないものばかりですよ。

関東地方

関東地方でもおいしい餃子がたくさん作られています。その中でも栃木県は宇都宮餃子が有名で、餃子がよく食べられている地域です。餃子がよく食べられるようになったのは、第二次世界大戦が終わって中国から帰国した人が餃子を伝えたからだと言われています。餃子を提供する専門店もたくさんあり、餃子といえば栃木というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。栃木県の中心部には餃子をモチーフにした像もあり、観光名所の一つとして親しまれています。
お礼品としても、栃木県のおいしい餃子が複数用意されています。地元ブランドの「那須郡司豚」を使用し、安心して食べられるこだわりが詰まった餃子となっています。野菜も地元のものを使用しているのがポイント。おいしさにこだわって作られた逸品です。肉餃子、肉にら餃子、野菜餃子など、さまざまなバリエーションがあり、いろいろな味わいを楽しむことができるセットになっています。冷凍された状態でのお届けとなるため、本場の味をそのまま口にすることができます。
餃子で有名な地域のおいしい餃子をお礼品として受け取り、ご家庭で味わってみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方でも餃子は人気の高い食べ物の一つです。特に静岡県は餃子が多く食べられている地域で、地元のB級グルメとしても根付いています。静岡県の餃子は野菜を多く使用しているのが特徴で、さっぱりした優しい味が魅力です。餃子で円を作るようにフライパンに敷き詰めて焼き、空いている真ん中に付け合わせのもやしを添えるのが定番の食べ方です。
お礼品の中にもそんな本場の味を楽しめる餃子が多数あります。それぞれ素材にこだわって作られており、自慢の味が詰まった餃子となっています。たとえば、地元のブランド豚の「夢ポーク」を使用したもの、皮のブレンドからこだわって作られているものなど、さまざまな餃子がそろっているのが魅力です。餃子の数が多いものが目立つので、ぜひ丸く並べて地域の食べ方を再現してみてはいかがでしょうか。キャベツやタマネギ、ニラなどの野菜がたっぷり使用されているので、大きなフライパンでたくさん焼いてもぺろりと平らげることができるはずです。
なお、静岡県の餃子はタレもアレンジして食べるのがポイント。餃子を販売しているお店によっては、オリジナルのタレが用意されていることもあります。自分で調味料を工夫して食べるのもまた楽しいですね。

近畿地方

「粉もん」と呼ばれる独自の食文化が発展している近畿地方。お好み焼きやたこ焼きなどが有名です。そういった中、近畿地方では餃子の人気も高まっています。餃子の皮は小麦粉で作られるのが一般的なので、餃子もまた粉もんの一つとして数えることもできるでしょう。近畿地方はおいしいお肉の産地でもあるため、ブランド肉を使用した豪華な餃子がお礼品として多数用意されています。
但馬牛の牛すじを使用したお礼品の餃子は、コリコリとした食感が楽しめるめずらしい味です。但馬牛は日本全国のブランド牛の祖牛とされており、その優れた肉質が古くから高く評価されてきました。そんな但馬牛がおいしい餃子として味わえる機会はめったにないでしょう。地元のネギを使用したタレもセットになっており、但馬牛の深い旨みをしっかり引き出せるようになっています。
ほかにも、丁寧に育てられた「幻泉山崎豚」を使用した餃子があります。「さくらポーク」と呼ばれるブランド豚をさらにこだわりの製法で育てたのが「幻泉山崎豚」。やわらかさと臭みの少なさが特徴です。餃子は厚めの皮で作られ、ジューシーな肉汁をしっかり包み込んでいます。
近畿地方の餃子には地域の自慢のお肉がふんだんに使用されており、お礼品として選べば満足できること間違いなしと言えるでしょう。

中国地方

中国地方は温暖な気候が魅力的な地域。さまざまな食材の宝庫で、おいしい食べ物がたくさん作られている土地です。
そんな中国地方には、素材にこだわった餃子のお礼品があります。ギフトセットになっており、おいしい餃子のさまざまな味わいが楽しめます。小麦や豚肉、しょうゆなど餃子作りに使用する材料の全てにこだわりがあります。小麦は地域でとれた「ゆめかおり」を使用しており、弾力のある食感と表面のカリッとした焼き目を楽しむことができます。ほかにはない食感は中国地方の餃子ならではといえるでしょう。また、豚肉には地域の貴重な黒豚を使用しており、贅沢なうま味が広がるのが特徴です。しょうゆについても地域で作られたものを使用しており、地元の食材の味わいをしっかり感じることのできる餃子に仕上がっています。なお、ニンニクは使用していないため、ニンニク入りの餃子に抵抗がある人でも問題なく食べることができるでしょう。中国料理店の総料理長が監修しているため、本格的な味わいを手軽に楽しむことができます。
素材と味に自信を持ったおいしい餃子。中国地方の餃子をお礼品に選べば、素材のおいしさとともに本物の味を堪能することができますよ。

四国地方

四国は古くから受け継がれてきた自然が豊かな地域です。たとえば、全長196キロメートル、流域面積2186平方キロメートルを誇る四国最長の大河である四万十川。四万十川は周囲の自然環境を支えており、人々の生活の拠点として古くから親しまれてきました。四万十川は日本最後の清流ともいわれており、その清らかな流れは四国の自慢でもあります。
四国のお礼品には、そんな四万十川源流域で育った「四万十ポーク」を使用した餃子があります。「四万十ひすい餃子」という名前がつけられており、緑色の皮が特徴的です。肉質のやわらかさや旨みの強い肉汁によって、クセになるほどのおいしさをもつ餃子に仕上がっています。また、この餃子はカツオを使用した餃子とセットになっています。地域で水揚げされた新鮮なカツオを使用している贅沢な餃子です。肉の餃子とは違った、あっさりとした旨みを楽しむことができるでしょう。カツオを使用した餃子を食べる機会は、なかなかありません。そういっためずらしい食品に出会えるのも、お礼品の魅力ですね。どちらの餃子も焼餃子だけではなく、水餃子にして食べてもおいしさが楽しめます。四国の味が満喫できる餃子を選んで、ぜひそのおいしさを味わってみませんか。

九州地方

九州はおいしい食べ物がたくさんあるというイメージが根付いた土地。暖かい気候の下、農産物や畜産物の生産がともにさかんで、野菜やお肉、魚介などさまざまな魅力的な食材がそろっています。
九州のお礼品として、そういった地域のおいしさを詰め込んだ多種多様な餃子が用意されています。例えば九州産の黒豚を使用した餃子。一口サイズなので食べやすく、ついつい口に運んでしまうおいしさです。柚子胡椒という九州ならではの薬味もついているので、普段とは違った餃子の味わいを感じることができるでしょう。ほかには、プリプリのエビを使用したエビ餃子もあります。しっかりとエビが詰め込んである贅沢な餃子です。エビのほかに鶏肉が入っているので、さっぱりとしながらもジューシーな味わいを楽しむことができます。なお、黒豚の餃子とエビの餃子がセットになっているお礼品もあるので、九州のおいしさを丸ごと楽しむこともできます。
ほかにも、モチモチした食感が魅力の水餃子や福岡県産のラー麦(博多ラーメンのために開発した小麦)を使用した餃子など、九州にはおいしい餃子が多数そろっています。この機会にお礼品として手に入れ、普段はなかなか味わえない九州の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

餃子は食卓に並ぶ定番のおかずです。餃子が好物だという方も多いのではないでしょうか。そのため、餃子はふるさと納税のお礼品としても人気があります。お礼品の餃子は冷凍されて届く場合が多く、ある程度の期間保存することが可能です。そのため、ご自宅の冷凍庫に入れておけば、食べたいときにすぐに食べることができます。それぞれの地域の自慢の食材を使用した餃子がいつでも手軽に食べられるというのは、とてもうれしいですよね。お礼品としてこだわりの餃子を用意している地域はとても多いので、ぜひ好みのものを選んでみてはいかがでしょうか。普段とは少し違う、その土地ならではのおいしさを堪能することができますよ。
餃子は、中国では紀元前から食べられていたとも言われています。餃子とおぼしい食べ物の痕跡が見つかった中国の遺跡は、紀元前600年頃のものです。ただし、紀元前3000年頃の古代メソポタミア文明の遺跡からも餃子に似た食べ物の痕跡が見つかっています。そのため、餃子の元となったのはこの食べ物だったかもしれないとも言われています。いずれにせよ、餃子は中国の食文化として広く親しまれ、そこから近隣諸国へと広まっていきました。中国では餃子はお正月など特別なときに食べる、縁起のよい物とされてきました。餃子が半円状になっているのは、中国で使われていたお金のかたちに似せるためだったそうです。中国では水餃子が一般的で、焼き餃子は余った餃子で作るのが基本。とはいえ、中国の餃子は地域によってスタイルが微妙に異なります。日本ではご飯のおかずとして餃子を食べますが、中国では皮の部分をご飯代わりに考えるため、餃子をメインの食品としてたくさん食べるのが基本です。
また、日本で餃子を食べる習慣が広まったのは昭和の時代に入ってからのことです。終戦後、旧満州から引き揚げてきた人が故郷の栃木に餃子とともに現地の発音「ギャオズ」を伝えたのが始まりだったと言われています。実際には、それよりも前の時代に日本に餃子は伝わっていたようですが、庶民に食べられるまでには至っていなかったようです。日本の餃子の食べ方は本場中国とは異なり、焼いて食べるスタイルが最初から定着しました。中国の焼き餃子は一度ゆでたものを焼くスタイルですが、日本では生の餃子をそのまま焼いています。
そして、餃子にはいろいろな種類があります。中国で一般的な「水餃子」、日本で定番の「焼き餃子」のほかにも、「蒸し餃子」や「揚げ餃子」といった食べ方があります。「揚げ餃子」は、中国ではほとんど見られない調理法のようです。お礼品として用意されている餃子には、焼いて食べることを基本としているものが多く見られますが、中には、焼くだけでなくほかの調理法でもおいしく食べられる餃子もいろいろあります。数個ずつパックになっているものも多いので、それぞれ違う調理方法で楽しむこともできるでしょう。
 餃子といえば、ニラやニンニクとともに豚肉が包まれているというイメージが一般的ではないでしょうか。もちろん、お礼品の中にはそういった定番の餃子が多数あります。地元の野菜や名物のブランド豚を使用したものなど、それぞれの地域らしいおいしさが詰まったものばかりです。とはいえ、お礼品の餃子には、定番のもの以外にもさまざまなバリエーションがあります。魚介類をメインの具として使用した餃子は、なかなか食べる機会のない貴重なものと言えます。お礼品の中にはそういっためずらしい、この機会に食べてみたくなるような魅力的なものがたくさんあります。
たしかに、こだわりの食材を用意して自分で一から餃子を作るのも楽しいですよね。とはいえ、餃子を手作りするとなると、あんを作ったり一つ一つ詰めたりする作業に意外と時間がかかります。おいしい餃子を作るのは負担が大きいと感じる方も多いのではないでしょうか。そんなときでもお礼品なら、本格的な餃子を簡単に食べることができます。それぞれこだわりの食材でおいしく仕上げられているので、安心して食べられるでしょう。薬味やタレまでついてくるものもあり、そういったものを選べば餃子にぴったりの味付けを楽しむことが可能です。それぞれの地域ならではの食べ方ができるセットもあるので、自宅にいながらいつもとは違うおいしさが堪能できます。
餃子の食べ方は、地域によってもさまざまです。たとえば、静岡県の餃子は円形に並べて焼くのが定番で、真ん中にはゆでたもやしを添えます。もやしは付け合わせとして、また餃子の箸休めとして楽しむことができます。途中でもやしを食べれば口の中がさっぱりするので、いくらでも餃子が食べられそうですね。また兵庫県では、餃子は味噌ダレで食べるのが基本です。味噌ダレの作り方はお店や家庭によっても異なり、白みそをベースにしたものや酢味噌にしたものなど、さまざまな味の味噌ダレがあります。ご自分でアレンジした味噌ダレを作ってみるのも楽しいでしょう。味噌ダレで食べる餃子は、いつもとは一味違うおいしさを味わうことができるはずです。さらに、福岡県の餃子は、小さめで一口サイズに仕上げられることが多く、薬味として九州ならではの柚子胡椒をつけて食べます。脂ののった餃子とピリッとした柚子胡椒の相性は抜群で、お酒のつまみとしても親しまれています。ほかにも、水炊きと合体して作られるようになった「炊き餃子」という食べ方が人気です。西日本では「炊く」という言葉に「煮る」という意味合いが含まれます。鶏がらスープや豚骨スープを使用し、餃子にじっくりスープを染み込ませます。水餃子とは一味違い、これまでにない食べ方として注目を集めています。お礼品には、こういった特色のある餃子を選ぶこともできます。それぞれの地域の餃子をお礼品として手に入れるなら、「ご当地」の食べ方で味わってみたいですよね。お礼品の餃子は、それぞれの地域で食べられているサイズ感のわかるものが多く、また地域特有の薬味などがセットになっている場合もあるので、ご家庭でも地元と同じおいしさをしっかり再現することができるはずです。
お礼品として餃子を選べば、家族みんなで味わえるおいしさを手に入れることができます。食卓に並べるだけでなく、お弁当に入れたりすることもできるでしょうし、餃子はおつまみにも向いています。お礼品として届いたらそのまま火を通すだけで食べられるので、とても手軽です。自分自身でその地域の材料を集めて作るのとは違い、地元の人が作った餃子は本場の味をそのまま楽しめるのが魅力であるといえます。普段食べる餃子とは異なる味で、餃子に対する新しいイメージが生まれるかもしれません。各地の餃子のアレンジ方法を知ることができれば、その後も家庭でまねてみることができますね。お礼品の餃子には、めずらしい具材や皮を使用しているものもいろいろあります。普段はなかなか手に入らないものばかりなので、この機会にぜひ賞味してみませんか。素材を生かした味付けで作られているので、食べたことのない食材でもおいしく食べられますよ。
餃子は、野菜と肉や魚介といった具材を包んでいます。餃子の皮は小麦や米粉などで主食にあたる部分です。そのため、餃子はとてもバランスのとれた食べ物だということができます。餃子のお礼品の中には、かなりたくさんの個数がセットになったものもありますが、餃子はたくさん食べても食材のバランスが悪くならないので安心です。おいしい餃子はついいくつも食べたくなってしまうので、こういった特徴はうれしいですよね。おいしい餃子を選び、思う存分食べてみてはいかがでしょうか。お礼品には、たくさんの地域のおいしい餃子がそろっています。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ