認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 カレー特集

カレー特集

カレーの発祥地はインドですが、日本へはイギリスを経由して入ってきました。日本で食べられているカレーの原型は、大正時代にはできていたと言います。つまり日本のカレーは、インド出身のイギリス育ち、さらに日本に帰化した料理と言えるでしょう。地域や生産者のこだわりが垣間見える、日本の「国民食」たるカレーを食べ比べしてみてはいかがでしょうか?

北海道

北海道のお礼品として用意されているものに、水揚げされたかきを使った「かきカレー」「かきスープカレー」があります。厚岸町は年間を通して良質なかきが出荷できることで有名な地域です。他にも帆立の貝柱を使った「ほたてカレー」や「かにカレー」などのシーフードカレーが目立ちます。
また北海道産のハーブ鶏を使用した「ハーブ鶏チキンカレー」も用意されています。ハーブ鶏とは、ハーブを含んだ餌を与えて育てた鶏で、これにより臭みがなく脂肪の少ない美味しい鶏肉になります。
他にも、留萌産黒毛和種のあずま牛を使用したカレーや北里八雲牛を使用したカレー、清里和牛を使用したカレーなど、地産ブランド牛を使ったものがたくさんあります。

東北地方

青森県からは、地鶏の青森シャモロックを贅沢に使用し、隠し味に完熟つがるりんごを使用した「シャモロックカレー」、あおもり倉石牛がごろっと入った「倉石牛カレー」、青森県産のブランド馬肉と地元のねぎを使用した「十和田ねぎ馬肉カレー」、豚バラ肉の周辺にある軟骨パイカを使用した「三沢パイカカレー」など多数がお礼品として用意されています。
果物の生産が盛んな福島県では、地元の特産品であるブルーベリーとカレーを組み合わせた新しいカレーが作られました。
宮城県では掘りたてのたけのこを主役にしたカレーを用意しています。たけのこを引き立てるため、他の野菜をすりおろしているのが特徴です。
岩手県からは岩手短角和牛を使用した「岩手短角和牛カレー」が届けられます。脂肪分が少ない赤身と、噛むほどにヘルシーな旨味が出てくるのが特徴の牛肉です。
山形県には、「尾花沢牛カレー」や、完熟のブランドスイカを使った珍しい「尾花沢すいかカレー」があります。

関東地方

神奈川県のお礼品として、足柄平野で育てられたかながわ認定ブランドの足柄牛を使用し、新鮮野菜をたっぷり加えてできたカレーがあります。
千葉県では勝浦市の町おこし団体公認の「勝浦タンタンメン風カレー」や、袖ケ浦市にあるダチョウ王国のダチョウの肉を使ったカレーがあります。ダチョウ肉はクセや臭みがなく、低脂肪・低カロリーなのが特徴です。また、白樺派の作家たちが愛したとされる「味噌入りカレー」を再現しました。
群馬県では、神津牧場で育てられたジャージー牛を使った「ジャージービーフカリー」が用意されています。神津牧場は群馬県に明治20年創設された日本で最初の洋式牧場で、広い草地に放牧され健康に育った牛の赤身肉は締まっていて、煮込み料理に適しています。
茨城県からは、ローズポークとレンコン、地元の野菜を使ったポークカレー。ローズポークは茨城で生まれた銘柄豚肉で、弾力があり柔らかい質感が特徴です。

中部地方

山梨県は、ブランド牛の甲州ワインビーフを使用したカレーや、「桃カレー」、「葡萄カレー」といった珍しいご当地カレーを用意しています。
石川県には、普通の木綿豆腐よりもはるかに多くの大豆を使って作られた山麓名産の豆腐と豆乳を使って作られた「白い野菜カレー」があります。
富山県からは、富山県最大の肉牛の産地である氷見市の最高級黒毛和牛「氷見牛」を使ったカレーです。
福井県では、小浜市のサバ缶を使った「鯖カレー」を用意しています。
岐阜県では、県内で飼育される黒毛和牛の飛騨牛をたっぷり使った「飛騨牛カレー」を用意しています。
静岡県では、きのこの産地浜松市で栽培された国産しいたけと舞茸を使った「きのこカレー」や、浜松市が井伊家発祥の地であることから井伊直虎公をイメージして野菜を中心に鹿肉を使ったカレーなどが用意されています。さらに浜名湖の名産であるスッポンを使用した「すっぽんスープカレー」などもあります。

近畿地方

奈良県では特産品のトマトやヤーコンと、奈良を代表するブランド牛の大和牛を使ったカレーを用意しています。
滋賀県からは近江牛を贅沢に使ったカレーをお届けします。
兵庫県には、県の地鶏で細やかな肉質と歯ごたえが特徴の播州百日どりを使用したカレーがあります。
また甲子園球場がある西宮市では、人気グルメメニュー「甲子園カレー」も用意しています。他にも、日本酒の蔵元「白鹿」の酒粕を使ったカレー、鹿肉やいちじくのカレー、また100%佐用町産の「ひまわり油」を使ったカレーなど、さまざまな特産品を使ったカレーが用意されています。
大阪府には、枚方市生まれのクラフトビールである枚方ビールで煮込み、苦味やコクがしっかり出ているのが特徴の「枚方ビールカレー」があります。
和歌山県では、地元の材料にこだわり県産のみかんジュースを隠し味にしたカレーをビーフ・ポーク・チキンの3種類用意しています。チキンは「紀州うめどり」を使用しています。

中国地方

鳥取県では、地元の美歎牛を使った「美歎(みたに)牛カレー」や、大山黒牛を使用した「大山ビーフカリー」を用意しています。美歎牛は赤身中心の旨味豊かな牛肉です。国産のエサにこだわって飼育しており、クセがなくすっきりした味が特徴です。また大山黒牛も鳥取県産の和牛で、均一にきめ細かくさし(脂)が入っており、とろけるような食感と広がる旨味があります。さらに、大山どりや大山ハーブチキン、漁港で水揚げされたイカスミのカレー、県産牛のホルモンと沖縄産のパイナップルを組み合わせた斬新な「鳥取ハワイ牛ホルモンカレー」などもあります。
山口県の柳井市は自然薯栽培発祥の地とされ、この特産の自然薯と、同じく柳井名産の「甘露醤油」を使用した「柳井じねんじょカレー」があります。他にも、くじら肉を使ったカレーなどが用意されています。

四国地方

高知県には、もっちりした濃厚な食感と癖のない味が特徴の米ヶ岡鶏を使用したご当地カレーや、程よい歯ごたえと脂質が少なく締まりのある肉質が特徴の土佐はちきん地鶏を使ったカレーがあります。
香川県では、ダムをモチーフにしたカレーが考案され、使用している肉はオリーブ夢豚です。オリーブ夢豚は、香川産の讃岐夢豚に香川県の県木であるオリーブを餌として食べさせて飼育した豚で、甘み成分や旨味に優れた特徴があります。
愛媛県では鬼北町産のキジ肉を使った「鬼北きじカレー」を用意しています。あまり食べる機会のないキジ肉を身近で味わえるようにと考案された、オリジナルの本格カレーです。他にも、愛媛産ブランドの伊予麦酒牛を使用した「伊予麦酒牛の欧風カレー」や、里芋を使った「里芋カレー」などがあります。

九州地方

福岡県のお礼品として、動物系脂肪分不使用でグルテンフリーの「春日の健康豆カレー」が用意されています。
熊本県には、馬スジを煮込んだ「馬スジカレー」や、熊本のあか牛ブランドである阿蘇王を使用した「阿蘇王カレー」、そして特産品の吉野梨を隠し味に使用した「吉野梨カレー」などがあります。
佐賀県では、ブランド牛の佐賀牛を使用した「佐賀牛ひき肉カレー」や、猪肉を使ったぼたん鍋ならぬ「ぼたんカレー」が用意されています。
宮崎県からは、宮崎ブランドである黒毛和牛の宮崎牛を使用したカレー、安納黒豚を使用したカレーなどがあります。珍しいところでは、チョウザメの肉を使ったカレーなども用意されています。
鹿児島県には、そら豆のカレーにかごしま黒豚を贅沢に使った「そら豆カレー」や、かごしま黒豚、薩州牛、桜島どりなど、鹿児島のブランド肉を贅沢に使ったカレーが多く揃っています。

ふるさと納税のお礼品としてご紹介したカレーの多くは、地域の特産品が使われています。ビーフカレーやポークカレー、野菜カレー、シーフードカレーといった定番だけでなく、猪肉やダチョウ肉、鹿肉といった珍しい肉を使ったものや、いちじくや桃など果物を使ったカレーまでバリエーションは豊富です。またビーフやポークなどの定番カレーも、地域特産のブランド牛やブランド豚を使用しているものが多く、スーパーマーケットなどで売っているレトルトカレーとは一線を画するものです。
ふるさと納税を利用して、その土地特有の風土や文化から考案されて誕生した、ふるさとの素材とスパイスがマッチしたカレーを、ぜひご堪能ください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ