認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 麺類特集

麺類特集

お米と並ぶ主食としてわれわれ日本人の食文化に欠かせないもの、それが麺類です。うどんやそばのほかに、ラーメンやパスタなどさまざまな麺類があります。日本全国の麺類を気軽に楽しむことができるのがふるさと納税でのお礼品。そのラインアップも実に豊富です。今回は麺類をテーマに、さまざまなお礼品をご紹介します。

北海道

北海道は全国に名が知れ渡ったご当地ラーメンが数多くあるなど、食文化を語るうえで麺類は外せない存在となっている地域でもあります。
麺類といえば麺自体に注目されがちですが、ダシを取る原料にも恵まれている北海道はラーメンのスープやそばのつゆの美味しさもまた格別です。
まず押さえておきたい麺類はラーメンです。お礼品だけでもその数は悠に60種を超えるほど。醤油と味噌のあっさりしたスープに小加水・中細縮れ麺が相性抜群の旭川ラーメン、濃厚でありながら後味スッキリの流氷ラーメン、北海道で生まれたのどごし抜群のピヤシリラーメン、北海道産小麦に日高昆布を練りこんだオリジナリティあふれる食感と風味が楽しめる日高昆布ラーメンなど、個性豊かなご当地ラーメンが目白押しです。
さらにそばですが、道東の厳しい気候が育んだそばを使用して作られた知床標津(しべつ)そば、寒暖の激しい石狩平野で収穫される美味しいだけでなく栄養価も高い、地元のそば好きの方からも評価の高い美唄(びばい)そばなど、北の大地ならではの風味豊かなそばの数々を楽しむことができます。
このほかにも地元の小麦を贅沢に使用して作ったひやむぎや切麦など、北海道ならではの麺類を楽しんでみるのもオススメです。北海道の豊かな大自然が生み出す食材を使用して作られた麺類を、とことん楽しんでみるのはいかがでしょうか。

東北地方

豊富な自然環境が魅力の東北地方は、海の幸にも山の幸にも恵まれており、ご当地グルメの宝庫ともいえる地域です。麺類も例外ではなく美味しいご当地麺が豊富にあります。
まずご紹介するのは東北そば王国ともいえる山形県のそばの数々です。寒河江(さがえ)市で人気の田舎そばなどを取り寄せることができます。口に入れた瞬間、じんわりと広がる力強いそばの味わい、香ばしいそばの香りがたまりません。そば粉、小麦粉、そして美味しい水にこだわって昔ながらの製法で作ったそばだからこそ楽しめる味わいです。
うどんは秋田県横手市の、古くから受け継がれてきた製法で作られる稲庭うどんを抜きには語れません。厳選された国産小麦と塩にこだわり、丹精込めて作られたうどんは口当たりも良く味も抜群。
さらに稲庭といえばそうめんも有名です。従来のそうめんとは違い、油を使わずに寒い時期に作られるそうめんは心地よい強さのコシと深い味わいが魅力。伝統の技と恵まれた気候風土から生まれたこのそうめんは是非とも味わっていただきたい逸品です。
そして東北の麺類を楽しむうえで欠かせないのがラーメンです。豪華なチャーシューと旨味が凝縮されたあっさりスープ、スープがよく絡む細縮れ麺が特徴的な岩手県宮古市の宮古ラーメン、山形発祥のご当地麺で人気の高い冷やしラーメン、福島県西郷(にしごう)村の美味しい水と職人技が融合して生まれたにしごう大清水ラーメン、そして60年の歴史を誇る盛岡三大麺の一つである盛岡じゃじゃ麺があります。
東北のソウルフードになっているものも多い麺類、是非とも味わってみてください。

関東地方

日本経済の中心地である関東は商圏も広く巨大で、あらゆるグルメが楽しめる地域です。ご当地ならではの食べ物、特に麺類についてはあまり詳しくない方もいるかもしれません。しかし麺類にも関東ならではの美味しいものがあります。
まずはうどんについて。栃木県の希少な地元産の原料を用いて伝統的な製法で作った100年以上の歴史を持つ塩原名産滝乃沢うどん、神奈川県産の地粉(じごな)を使用して作ったうどん、古くからうどん文化が根付いている東京武蔵村山市の村山かてうどんなどが人気を集めています。
うどんと同様、そばも秀逸なものがそろっています。栃木県那須塩原の地元でも希少とされる那須野秋そばを用いた田舎そば、神奈川県中井町の、乾麺でありながら賞味期限が1年という香り高い石臼そば、糸そばなどが並びます。
ラーメンにおいては小麦の風味豊かなさっぱりとした味わいの野州(やしゅう)支那そば、那須塩原の生ラーメンはチャーシュー、メンマまですべてそろっています。海から帰った漁師の体を温めるメニューとして定着してきた千葉県勝浦市の担々麺などバラエティ豊かなラインアップが楽しめます。独自の発展を遂げてきた、関東ならではの味わい深い麺類を、ふるさと納税で堪能してみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方は愛知県の名古屋めしに代表される独自の食文化が発達した地域です。ご当地ラーメンはあまりありませんが、名古屋のきしめんやうどん、長野のそばに代表される麺類は非常に味わい深いものとなっています。
きしめんは厳選された小麦粉を用いて伝統的な製法で作った手延べきしめん、愛知県産小麦・きぬあかりにあかもくを練りこんだきしめん、豚塩きしめん、花鰹醤油きしめんなどがお礼品として取り扱われています。愛知のきしめんはしっかりとしたコシがあり、ツルツルモッチリとしつつも抜群ののどごしを誇るのが特徴。その味わいは地元の方のみならず、観光で訪れた方も絶賛するほど。
さらに愛知ではうどんも見逃せません。八丁味噌を用いた料理が有名で、ことに味噌煮込みうどんは愛知県民のソウルフードとなっています。是非とも味わっていただきたい一品です。
そばといえば長野県の信州そばが全国的に有名ですが、七割そば、八割そば、とろろそばなどをお礼品としていただくことができます。信州そばは歴史が古く、創業100年を超える老舗の信州そば粉専門店もあるほど。昔から引き継がれてきた伝統的な製法によって作られるそばはコシが強くツルツルした食感で、のどごしも抜群。また半生麺ならではのそばの芳醇な香りを楽しめるのも魅力です。
中部地方の食文化を語るうえで欠かせない麺類を、ふるさと納税のお礼品でとことん食べ比べてみるのも一興ですね。

近畿地方

近畿地方はB級グルメや粉もん文化が根付いている大阪をはじめ、麺類も見逃せない地域です。B級グルメの代表格であるラーメンのほか、和食文化を語るうえで外せないそば、粉もん文化とだし文化の融合であるうどん、繊細な味わいのそうめんなどが楽しめます。
ラーメンは鶏の旨味が効いているのにあっさりとしたスープに、小麦の風味豊かなストレート中細麺が特徴的な京都ラーメンや、豚骨スープに鶏ガラと野菜をブレンドしたスープが美味しい天理スタミナラーメン、濃厚な真っ黒のスープを太麺でいただく大阪のブラックラーメン、のどごしの良さが特徴的な醤油味ベースの和歌山ラーメンなどが有名です。
お礼品には、こうした人気のラーメンが家庭で楽しめるように仕立てたラーメンセットなどが扱われています。
うどんは激戦区である大阪のほか、三重県の伊勢うどん、鈴鹿抹茶麺、三重北部に古くから伝わる手延べ半生うどんが知られています。
兵庫県では、上質な小麦粉と赤穂(あこう)の塩を清流の水で職人が丹念に作り上げた手延べそうめんが年間を通して食べられています。
京都ですが、麺類においては京そばが有名です。香り高く力強い味わいのそばは地元の方のみならず観光客にも絶賛されている味わい。そばといえば兵庫県も有名でモッチリとした食感が特徴の夜久野そば、ブランド認証も受けているきすみのそばなども人気があります。
近畿地方は麺文化も見逃せない地域ですので、ふるさと納税のお礼品でこの地域の個性豊かな麺類を堪能してみてはいかがでしょうか。

中国地方

中国地方の麺類は、ラーメン、うどん、そばといった定番の麺から、そうめん、白米麺、玄米麺などの麺の種類に加え、焼きそば、担々麺、冷麺など、調理に関しても非常にバラエティ豊かなラインアップが特徴です。
ラーメンで有名なのは独特の麺のコシが美味しい山口県柳井市の自然薯(じねんじょ)ラーメン、地場産の山芋とレンゲ蜜の隠し味が加えられた豚骨醤油がたまらないご当地ラーメンの津山ラーメン、その美味しさで評判の、一昼夜冷風乾燥させた熟成麺を使用する広島ラーメンが知られています。
うどんも負けてはいません。ご当地グルメとして根強い人気を誇る食べ応え抜群の津山ホルモンうどん、そして地域の小麦を贅沢に使用した細うどんなど、ほかの地域では味わえない個性的なものが楽しめます。
そばといえば自然豊かな山陰地方の美味しい水を使用して伝統的な技術で作られた出雲そばが外せません。風味豊かでのどごしの良いこのそばは年越しそばとしても食されるもの。
また、800年超の歴史を誇る大山そばも見逃せません。石臼引きしたそばの実を大山の地下水を用いて丁寧に練り上げたその味わいは格別。
ほかにも山口県柳井市の自然薯冷麺、ツルツルの食感が特徴の手延べそうめん、家庭料理がその発祥といわれる広島県安芸太田町のB級グルメ・漬物焼きそばなど中国地方は独自の麺文化が発達しています。ふるさと納税でこれらのバラエティ豊かで飽きのこない麺類を堪能してみてはいかがでしょうか。

四国地方

四国の麺類といえばまずは香川県の讃岐うどんをイメージする方が多いと思います。自らをうどん県と称するだけあって、香川県のうどんはコシがありモチモチした食感で大変味わい深いと評判が良く、四国内のみならず、高速道路を使って本州や九州からも食べに訪れる方がいるほどの人気ぶりです。
食べ方のバリエーションも豊富で、釜揚げ、ぶっかけ、ざる、釜玉など、どのような食べ方をしても美味しくいただけます。
香川県などではうどん店がたくさんありますが、どのお店もその店独自の麺とダシを用いており、一つとして同じ味がないといわれています。うどんの味の違いを楽しみながら食べ歩きをする通の方もいるほど。
製麺所に隣接した、打ちたての麺を食べられるお店もあり、決しておしゃれとはいえない、うどん小屋のようなお店に長蛇の列ができていたりするのも面白いところです。
香川県内で食べるうどんは、驚くほど値段が安いことも特徴です。
香川県のうどんの陰に隠れがちですが、高知県の四万十市の青のりうどんや、土佐清水市の宗田節うどんも風味や香りが豊かで人気があります。
須崎市のご当地ラーメン、鍋焼きラーメンも旨みが凝縮しており非常に味わい深いのが特徴です。
生麺やダシ付きで発送しているお礼品もありますので、本場の味をご自宅で手軽に味わえるふるさと納税で、これらの四国のうどんやラーメンをとことん楽しんでみてはいかがでしょうか。

九州地方

九州も非常に豊かに麺文化が発達している地域です。博多ラーメンに代表されるご当地ラーメン、長崎のちゃんぽんと皿うどん、手延べうどん、島原のそうめん、そして明太子とよく合うパスタも見逃せません。
九州地方で最もバラエティ豊富な麺類はラーメンで、博多ラーメン、長浜地区の長浜ラーメン、久留米ラーメン、熊本ラーメン、鹿児島ラーメンなどが有名です。
博多ラーメンは豚骨のスープとストレートの細麺が特徴のラーメンで、麺の硬さを指定できたり高菜をトッピングしたり、替え玉をしたりして楽しむことができます。この博多ラーメンに近しいのが長浜ラーメンで、博多ラーメンよりもとろみがある濃厚なスープと極細麺が特徴的。
久留米ラーメンは豚骨スープをさらに煮込んだ白濁したスープが特徴で、偶然の失敗の中から生まれたラーメンとして知られています。麺は博多ラーメンと同じくストレートの細麺。海苔をラーメンに入れた元祖であるともいわれています。
熊本ラーメンは久留米ラーメンの影響を強く受けたラーメンで、濃厚な豚骨スープにコシのある中太麺、揚げニンニクをトッピングしていただくのが定番です。
鹿児島ラーメンは濃厚なスープが多い九州地方においては異色ともいえる存在で、豚骨に鶏ガラや煮干し、野菜等を加えたあっさりしたスープが特徴。麺は中太麺が多い傾向にあります。
長崎は豊富な具材が入ったちゃんぽんと皿うどんが有名です。
個性豊かでおいしい麺料理が豊富な九州。ことにラーメンは地域ごとの個性が強く出ているので、ふるさと納税のお礼品で、食べ比べをするのも楽しそう。
沖縄の麺というと、ソーキそばが有名です。いわゆるラーメンとも異なり、かといって通常私たちが知るうどんやそばとは一線を画すもの。沖縄料理店でも扱いのある、なしが分かれるものでもあります。
ソーキそばの“ソーキ“はそばの上に載っている豚肉のこと。部位によってまた味わいが変わることから、ふるさと納税では部位別にお礼品が紹介されています。
またそばも細麺と平麺の2種類があります。麺によって味わいにどのような変化があるのでしょうか。食べてみたい気持ちがそそります。

ふるさと納税では寄付をすることにより全国の自治体からのお礼品が手に入れられますが、麺類もほかの特産品に劣らず、実にたくさんの種類の品物がラインアップされていますよね。
ラーメン、うどん、そば、そうめん、パスタ、その他麺類などのジャンル自体も豊富ですが、各地域やお店ごとでも麺やスープ等に個性があるので麺類のお礼品は本当にみなさんを飽きさせません。
ご当地の名物になっている麺類もたくさんありますし、古くから伝わるその地域の伝統的な麺類もたくさんあります。知らない地域の、麺類に明るくない方でも各自治体がその特産品の魅力をアピールしてくれていますので、それを参考にしてお礼品を選んでみるのも一つの手です。
また、ふるさと納税のお礼品を扱う専用サイトでは、ユーザーレビューも掲載されていますので、実際に特産品を手に取ってみた方の意見を参考にお礼品を選んでみるのもオススメです。
気になる特産品の麺類を見つけたら、生産地域や地域文化、生産方法などなど背景にあるストーリーを深掘りして読み解いていくのも楽しみ方の一つです。各自治体のアピール合戦を見比べてみるのも地域の再発見ができて面白いですよ。
麺類は全般的に見て寄付金額も少額で済みますので、とことん全国の美味しい麺類を追い求めてみるのも面白いかもしれませんね。お気に入りの自治体に納税してお礼品をもらうのも良いですが、お礼品から考えて納税する自治体を選ぶのも一つの方法です。
寄付を重ねていくとだんだんと自分の好きな自治体というのもわかってきますし、特産品を楽しみ尽くせば、すでにその自治体はあなたのふるさとの一つともいえるのではないでしょうか。
お礼品の麺を味わってみて気に入った自治体ができたら、時間に余裕があるときにその自治体に旅行をしてみて、麺類を食べ歩きしてダブルでご当地ならではの雰囲気と本場の味を満喫するという楽しみ方もあります。
旅の目的をその土地の麺を食することに置き、地域を決めるのも良いでしょう。とあるアンケートによると日本人の多くは麺類が好きで、性別年齢問わず好んで麺類を食するという傾向があるようです。どのくらいの頻度で麺類を食べるかというと、約半数以上の53.3%もの方が麺類を何かしらの形で週に2~3日以上食べるそうです(※株式会社マーシュ 麺類に関するアンケート調査より)。このアンケートの中身は外食、インスタント食品、レトルト食品等を問わないデータです。
このように私たちの生活に密接に関わっている麺類、インスタント食品やレトルト食品等で済ませるよりは日本全国の美味しいものを食べた方がお得ですよね。
ふるさと納税のお礼品は全国の自治体が自分たちの地域をアピールするための商品といっても過言ではありませんので、美味しさにも力を入れています。毎週のように日本全国の特産品の麺類を食べ比べるなんて、とても贅沢な楽しみ方だと思います。
実際に全国を駆け巡って麺類を食べ比べて回るのは簡単にできることではありませんが、ふるさと納税では、その土地でしか食べられないものが自宅で食べられます。自宅にいながらにして全国の美味しい麺類を食べ比べてみてはいかがでしょうか。
ほかにもふるさと納税で麺類をいただくメリットはまだまだあります。お礼品を自分たちのみで楽しむだけではなく、友人やお世話になった方などに、おすそ分けしたりプレゼントしてみたりすることです。いうなれば、楽しみのおすそ分けといったところでしょうか。麺類を食べることでふるさと納税の魅力についても知ってもらうことができます。
お礼品のおすそ分けを受け取った方も寄付をはじめてくだされば、どんどんとふるさと納税の動きも活発化します。そうなれば日本全国の税収が減っている自治体に貢献でき、ひいては地域活性化というふるさと納税の目的を果たすことにも繋がります。
ふるさと納税においては寄付金の使い道も選択できますので、より個人の意思が反映されやすく、寄付のやりがいもあります。自らが食べ比べをしたりして楽しむだけではなく、各自治体の魅力を今度はあなたが広める側に回ることもできるのです。
また、日本には四季があるのも魅力の一つですが、それは食文化にも当てはまることです。特産品を通じて季節を感じることができるのもふるさと納税の魅力。定期的に季節の旬の麺類をいただくことも可能です。
ほかにも麺類には手軽に調理ができ調理のアレンジも比較的容易である点や、生麺なら風味や味がご当地の味そのままに楽しめて、乾麺なら比較的長期間保存がきく点など、数えきれないほどの魅力があります。
ふるさと納税を通して日本全国の麺類を楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ