認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 燻製特集

燻製特集

燻製というとハムやベーコン、ソーセージなどのお肉が一般的ですが、野菜や魚介類なども燻製にすることができます。燻製には温燻製(おんくんせい)・熱燻製(ねつくんせい)・冷燻製(れいくんせい)があり、その効果は味に深みを出すとともに、防腐効果、殺菌効果があります。ふるさと納税で美味しい燻製を探してみてはいかがですか?

北海道

北海道は広大な土地と豊かな自然環境に恵まれており、牛・豚・羊・鶏など動物の育成が盛んに行われています。また、牛肉・豚肉・鶏肉などを使用して、ハムやソーセージ、ベーコンなどの燻製が作られています。
肉だけではなく、オホーツク海に面していて漁業も盛んなため、サケやマス、カニなどの新鮮な魚介類がたくさん獲れる地域でもあります。
これら魚介類を使用した燻製と言えば、「サーモンの燻製」が有名ではないでしょうか。
主に北海道で燻製されているものの中には、上記で挙げたものだけではなく、にしんやエイヒレなどの「珍味」と呼ばれるものの燻製もあり、このような珍味を燻製にすることは北海道ならではだと言えます。
そして、北海道と言えば酪農が盛んなチーズの生産地ですが、チーズも燻製にして食すことができます。チーズを燻製にすることにより、水分が抜けてチーズ本来のコクが増し、より味に深みのある濃厚なチーズへと生まれ変わります。燻製ならではの新たな味はぜひとも食べていただきたい逸品です。
基本的には燻製できない食物はないと言えるほど燻製は万能な調理方法です。
食物本来の味を最大限に引き出すだけではなく、燻製にすることにより日持ちするため、北海道のような寒冷地域には適した保存食としても評価が高いです。
中には地元の人しか知らないような「ホッケ」「つぶ貝」などの珍しい燻製まで作られています。
ワインに燻製チーズ、日本酒や焼酎に燻製タコ、子供のお弁当に燻製ベーコンなど、さまざまなシチュエーションに対応できる柔軟性も燻製にはあります。
大人から子供まで楽しめる燻製には、そのレパートリーもたくさんあります。
北海道ではその土地ならではの燻製も多いため、ぜひこの機会に燻製の世界に足を踏み入れてはいかがでしょうか?

東北地方

年間を通して涼しい気候が続く東北地方ですが、そんな東北地方でも地元の食材を使用した北国ならではの燻製がいくつもあり、青森県では有名な地鶏「青森シャモロック」の燻製、山形県では「さくらんぼ鶏」の燻製、秋田県では「いぶりがっこ(いぶりたくあん)」などがあります。
特に秋田県産「いぶりがっこ」は、たくあんをいぶしたもので、秋田県を代表する特産品の一つです。
いぶりがっこはご飯のお供にもお酒のお供にもうってつけです。
また、青森県産の青森シャモロックは、開発までに20年もの歳月が費やされており、地鶏が持つ本来のうま味を限界まで引き出した逸品となっております。
そのままお酒などのつまみとして食べるのも良いですが、野菜などと混ぜてサラダとして食べるのもオススメです。
そして、山形県を代表する特産品さくらんぼ鶏ですが、その名の通りさくらんぼ果汁を与えて育てられた鶏であり、ジューシーな味わいの中にもほのかに甘みが感じられるブランド鶏です。
国内でも有数のさくらんぼ農家がそろっているため、上質なさくらんぼを栄養にして育てられた山形県産さくらんぼ鶏は、これまでの鶏とは一味も二味も異なります。
燻製にすることでうま味とコクが増し、あらゆる食材とマッチングしてくれます。
このように東北地方では、さまざまな食材が燻製調理されており、ふるさと納税のお礼品を通して地元厳選の燻製を味わうことができます。
現地でしか味わえない地元の味を、自宅でゆっくりと堪能してみてはいかがでしょうか。
普段はなかなか遠くて行けないという方にこそ、ぜひともオススメしたいふるさと納税のお礼品です。

関東地方

商業圏のイメージがある関東地方でも美味しい燻製を味わうことができます。
日本の首都である東京は、日本の流行の最先端でもあり、燻製をメインにしている飲食店が数えきれないくらい軒を連ねています。
茨城県・栃木県・群馬県などでは、積極的に畜産業も行われているため、牛・豚・鶏などの飼育もされていて、ハム・ソーセージ・ベーコンなどの燻製が盛んに行われています。
また、マスと言うと「マス寿司」として一般的には広く知られていますが、寿司として食すだけではなく燻製にしてもおいしくいただけます。神奈川県を中心に養殖されている「サクラマス」の燻製は、一度は食べていただきたい逸品です。
マスを燻製で調理することにより、魚特有の匂いを消し、より味にコクと深みをもたらせます。
魚本来のうま味がさらに凝縮されるため、魚が苦手だという方にもおいしく食べていただける味へと変貌を遂げます。
いぶすことにより味に深みが出る食材もあれば、よりまろやかになる食材もあります。
もともとチーズが食べられなかったという方でも、燻製チーズであれば食べられるということも少なくありません。実は燻製という調理法は古来より続く伝統的な調理方法なのです。燻製の始まりは石器時代だと言われており、焚火(たきび)をおこして肉や魚を焼いていた時代に生み出されたものです。
その調理法が現代にまで受け継がれ、洗練されてきました。関東地方の燻製食材を、ぜひみなさんも味わってみてください。各地の名産品・特産品と呼ばれる燻製を味わっておいて損はありません。

中部地方

中部地方と言うと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
「商業」「産業」「漁業」「農業」など、さまざまなイメージを持たれる方も多いとは思いますが、どれも正解だと言えます。
中心地では産業や商業で栄えていますが、沿岸部や農村部では漁業や農業にも力を入れています。
地元特産の牛や豚、鶏と言えば名古屋コーチンなど、中部地方を代表する食物がたくさんあります。
信州ではハムも有名で、熟成期間を一定期間設けることにより、他のハムとは一線を画すハムが完成します。
他にも中部地方では、ベーコンやソーセージ、そしてチャーシューなど、私たちの普段の食卓でも並ぶことの多い燻製商品が顔をそろえています。
そんな中でも中部地方では、地元の特産品・名産品をいぶした燻製食材が人気を博しています。
名古屋を中心に燻製専門店など、燻製を扱うお店も多数展開されており、今や燻製はなくてはならない調理法のひとつです。
日ごろから中部地方に行く機会が少ないという方であっても、ふるさと納税を利用することで、中部地方ならではの燻製をお礼品として味わうことが可能です。
ふるさと納税ではお礼品として各地域から特産品・名産品が自宅へと届けられるため、旅行へ行かずしてその土地の食材と空気を楽しむことができるのです。
燻製に少しでも興味があるという方は、まずは中部地方の燻製をのぞいてみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方と言うと、京都・奈良を始めとする歴史的建造物が有名ですが、燻製もはるか昔から成立していました。
そもそも燻製とは、石器時代で考えると、ねずみなどを始めとする害獣が寄り付かないようにするために煙でいぶし、いぶした結果乾燥し、煙でコーティングされるため保存食としても重宝したと言われています。
現代では害獣の駆除の目的はすっかり薄らいで、優れた調理法として人間の暮らしに深く関わるようになりました。
近畿地方でも地元の食材を利用した、「サーモンの燻製」「チキンの燻製」「ハム・ベーコンの燻製」などを楽しむことができます。
三重県ではソーセージの本場でもあるドイツで行われた国際コンテストにて、見事に金賞を受賞した燻製もあり、ふるさと納税のお礼品として用意されています。
また、琵琶湖を有する滋賀県では、湖で獲れるマスを燻製にしたマススモークも人気があります。燻製にすることにより、さらにマスのうま味が凝縮され、味や香りがさらに引き立ちます。そのまま食べてもおいしいですが、お酒のつまみとしても活躍します。
このように地元で取れる食材を使用しているため、やはり近畿地方ならではの近畿地方でしか味わえない燻製がそこにはあります。
歴史だけではなく、料理の面から見ても近畿地方には楽しめるものがたくさんあります。
日頃から近畿地方へと足を運ぶ機会が少ないという方は、ぜひこの機会にふるさと納税のお礼品で近畿地方の燻製を味わってみてはいかがでしょうか。

中国地方

中国地方は、鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県で構成されており、温暖な気候と瀬戸内海に面した豊かな自然が特徴です。
そんな中国地方でも漁業や農業、畜産も積極的に行われており、地元の食材は全国各地へと出荷されています。中国地方には他県にも負けない食材が豊富にあります。
中国地方では、地元の食材を生かした牛肉や豚肉のハムやベーコンをはじめ、海の幸や山の幸をぜいたくに燻製した食材を心行くまで堪能できます。
岡山県では、他県ではあまり製造されていない牛肉をいぶしたスモークドビーフが作られており、ふるさと納税のお礼品としても用意されています。
ビーフジャーキーとはまた違った食感と味を楽しむことができます。
また、広島県では魚介類の宝庫でもある瀬戸内海に面しており、そこから獲れる天然赤鮭を燻製にしたスモークサーモンも人気です。
スモークサーモンは他県でも製造されていますが、サーモンが漁獲される地域や環境によって味が異なるため、ぜひ食べ比べてみてはどうでしょうか。
燻製にすることにより、中国地方で地元の職人の手により丹精込めて育てられた食材が、見事なまでに新しい食品へと生まれ変わります。
味に深みが出てコクが増すだけでなく、風味も豊かなものへと増していきます。
加熱や煮込みと同じように、燻製には燻製でしか出せない味があります。
中国地方でしか取れない食材を生かした燻製を、ぜひみなさんも味わってみませんか?
きっと燻製のすばらしさに感動することでしょう。

四国地方

みなさんは四国地方と言えば何を思い浮かべるでしょうか?
うどんにカツオにれんこんなど、野菜や魚介類まで数多くの特産品があります。
実は四国地方でも積極的に燻製商品がふるさと納税のお礼品として提供されています。
燻製の代表的なものと言えるのは肉系ではベーコンが挙げられますが、ここ、四国地方では変わり種として、練り物である「かまぼこ」や「はんぺん」も燻製にして食べられることもあるそうです。
これらの練り物を燻製にすることにより、上品な風味を身にまとい、口の中いっぱいに濃厚な味と香りが広がります。
ちなみに、四国地方と言えば高知県で取れるカツオは有名ですが、そのカツオを原材料とする鰹節(かつおぶし)も燻製された食品の一つです。四国地方で育てられた牛肉・豚肉・鶏肉の燻製商品、そして瀬戸内海にもまれた魚介類の燻製商品まで、バラエティは豊かです。

九州地方

九州地方と言えば肉が有名な地域です。福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県の7県で成り立っている九州地方には、宮崎牛・鹿児島牛・佐賀牛・肥前さくらポーク・宮崎ハマユウポークなど、名の通ったブランド肉がたくさんあります。
他にも九州地方一帯が海に囲まれているため、漁港もあり海の幸にも恵まれた環境です。
カツオ・サケ・マダイ・イサキなど、みなさんも好んで食べる魚がたくさん水揚げされています。そんな九州地方でも食材の良さを生かした燻製は人気です。
燻製の良さは食材であれば煙でいぶすことのできるお手軽さ、燻製にすることにより防腐効果や殺菌効果もあるため、一石二鳥とも言える点にあります。
九州地方でも名産品・特産品を使用した燻製商品をとりそろえており、ふるさと納税を通して九州地方の燻製を堪能することができます。
自宅にいながらにして九州地方の燻製を食すことができるのはぜいたくですよね。
九州地方の豊かな自然で育まれたハム・ソーセージ・ベーコンなど、普段は味わえない九州の味をぜひこの機会にご賞味ください。

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ふるさと納税を活用することにより、北は北海道地方から南は九州地方まで、各地域の特産品・名産品と呼ばれる食材を生かした燻製を食すことができるのです。
燻製という調理法はそもそも今に始まったことではなく、前述してきた通り石器時代より続いている歴史ある調理法です。
今でも東北地方の一部の地域などではお目にかかることができるのですが、居間や土間の床を四角に切り灰を敷き詰めた囲炉裏(いろり)と呼ばれる炉の一種があります。
まさにあれが燻製器なのです。
囲炉裏の上には決まって格子があり、そこから縄や綱を吊るして魚や芋などの食材を乾燥させていました。
囲炉裏を使って調理をすれば、自然と熱や煙が上へと上がっていき、格子から吊るしてある食材が自然といぶされるという仕組みです。
主にサケやホッケなどの魚の燻製が有名ですよね。
また、さかのぼること平安時代にもすでに燻製調理は行われており、天日乾燥からナラやクヌギを使用した「いぶし」へと工夫されていき、当時では穀物類と同じ扱いを受けるほど貴重なものとして重宝されていました。
まさにお金と同程度の価値があると判断されていたにほかなりません。
さらに、戦国時代になると、当時の武将たちは生と死を分かつ合戦に出陣しなければならないため、「縁起を担ぐ」ことを大切にしていました。
縁起を担ぐという意味では、出陣する際や凱旋する際には、「打ちあわび」「搗ち栗(かちぐり)」「昆布」を儀式で飾っていたのですが、これも「打つ」「勝つ」「喜ぶ」という意味合いから縁起を担いでいます。
では、燻製とどのような関係があるのかと言うと、実は鰹節(かつおぶし)がゲン担ぎに使われていました。
鰹節という言葉を「勝雄武士」または「勝男武士」という言葉にも置き換えられることから、何としてでも戦に勝ちたいという気持ちを込めていたと言われています。
鰹節を戦に持って行った武士もいたという話まであるほど、当時の武士は縁起を担いでいました。
このように燻製という調理法は歴史とともに進化を遂げ、現代においても愛される調理法となりました。
先人たちの努力と技術が結集した燻製を、ぜひみなさんも食してみてはいかがでしょうか。
ここで冒頭に軽く触れた燻製の種類についてもご紹介します。
燻製には、「温燻製(おんくんせい)」「熱燻製(ねつくんせい)」「冷燻製(れいくんせい)」の種類あり、これは食材によって使い分けられています。
言葉の意味からも分かるように、これらは温度の違いで区別されています。
温度が高いほど食材の中に水分が残りやすく、その場で食べるにはジューシーに食すことができますが、水分が残っているため長時間の保存には適していません。
逆に温度が低ければじわじわと長時間燻製されるため、食材の中には水分はほとんど残りませんし、保存するという意味では長期間の保存にも適しています。
これはハムや鰹節を想像していただくとイメージしやすいかもしれません。
このように、燻製の大きな仕組みを理解していただいてから、それぞれの方法をみていきましょう。
・温燻製(おんくんせい)
一般的な燻製という場合には、この温燻製を指している場合がほとんどです。
ジューシーさも保存性もちょうど中間であり、一般的な食材を燻製にする場合に利用される調理法です。
・熱燻製(ねつくんせい)
温度は80度以上の高温で熱し、時間は1時間程度と短時間で燻製にする方法を熱燻製と呼びます。
短時間での燻製になるため、食材の中に水分は残り、食べるときにも食材のジューシーさは損なわれません。
しっとりとおいしくいただくことはできますが、水分が食材の中に残ってしまうため、保存にはあまり適していません。
よくキャンプやアウトドアなどで行われる燻製とは、このような熱燻製を指しています。
・冷燻製(れいくんせい)
冷燻製とはその名の通り冷たい温度で燻製にすることを言います。
温度は25度以下の低温でいぶし、長時間にわたり燻製にすることが基本的な冷燻製です。
長時間にわたり燻製にするため、食材の中の水分はほとんどなくなるため、食材はかなり乾燥した状態で仕上がります。
凍み豆腐などがこれにあたります。
注意点としては、25度以下と決まっているため、日本のように四季がある国では、冬の寒い時期にしか冷燻製で調理することはできません。
夏場など25度を超える外気温のもとでは、自然に燻製器も温度が上がってしまうため、日本では行われることもなかなか少ないのが現状です。
このように食材に合わせて燻製方法も異なり、日本各地でも食材に合わせてスパイスを変えたり燻製方法を変えたりと、各地域で試行錯誤の末に完成されています。
日本が誇る燻製をぜひみなさんも味わってみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ