認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 漬物特集

漬物特集

「しょっぱいけれどおいしい」、これが漬物の醍醐味(だいごみ)です。漬物があるだけでいい、他は何もいらないという愛好者もいるほどです。 漬物は地域色が濃く、各地の風土に合った珍味を楽しめるところも魅力の一つです。ふるさと納税のお礼品を通じて、今まで食べたことのない漬物を探索してみませんか。

北海道

北海道の特産は何と言っても海の幸です。魚介類を少しでも長く保存するために漬物として加工しています。
北海道道東地区には、サンマを米ぬかで漬け込んだ伝統の漬物があり、庶民の味として親しまれています。絶妙な塩加減と熟成されたサンマは、これだけでごはんがどんどん進む逸品です。
近年話題になっている鮭のキムチ漬けもご用意しています。ピリッとしたキムチ風味に漬け込んだ鮭はその絶妙な塩加減と鮭のうま味から、一度食べたらやみつきになると評判です。網走産の秋鮭だけを使用しています。
北海道では昆布など海藻類も豊富ですので、昔からとれたてを漬物にして食べるという習慣があるそうです。数の子やスルメイカ、シシャモの卵などを大根やキュウリと一緒に漬け込んだおくしり漬け、ワカメのめかぶを付けためかぶとろろなどがあります。また、イカの塩辛も漬物の一つです。
年の暮れに一斉にスーパーに並ぶ数の子も、バラエティに富んだ漬物として提供しています。醤油味、明太子味、昆布あえなど、数の子独特のパリッポリッとした歯ごたえをお楽しみください。
また、野菜と魚介類を一緒に漬け込む漬物も、北海道らしい漬物の一つでしょう。北海道産の鮭にキャベツを合わせたはさみ漬け、白菜に子持ち昆布を挟んだはさみ漬け、キャベツに北海道特産のニシンを合わせたもの、大根と鮭のはさみ漬けなどがあります。

東北地方

東北地方は、豊かな大地にはぐくまれた食材、寒冷な気候、さらに先人の知恵と技術により、漬物の宝庫といわれています。
日本海側の秋田県や山形県は、積雪寒冷地という厳しい気候条件の半面、夏には比較的涼しく野菜の栽培に適した風土とされています。そのため、昔から夏に多くの野菜を収穫し、農業のできない冬の間に食べられるように、漬物として保存する文化が定着したのでしょう。
その漬物の種類は多様で、味噌漬け、ぬか漬け、辛子漬けなどがあります。おいしく食べられるよう創意工夫がなされており、味わい深さは格別です。現在でも、昔ながらの製法を守り手作業で漬け込む漬物は、食卓になくてはならない存在として人々に愛されています。
いぶりがっこは、雪国秋田に伝承される大根の漬物です。日照時間の短い秋田県は天日干しには向いていません。そのため、大根などを囲炉裏の上で燻製にしてから、米ぬかと塩に漬け込むようになったそうです。香ばしい燻製の香りと小気味よい歯ごたえの秋田名産の漬物です。
黄色い菊の花がパッと目を引き、漬物とは思えない彩りのなすの花ずしも、秋田名産の一つです。ナスの肉厚な食感と甘じょっぱさはおつまみやお茶請けにもぴったりで、ごはんもどんどん進みます。手作りのため量産できず、この地域以外ではあまり見かけない漬物だそうですので、ぜひふるさと納税を通してお試しください。
山形県の代表格は、新庄漬と呼ばれる大根やキュウリの味噌漬けでしょう。おみ漬けはさっぱりとした青菜漬けです。山形青菜に大根、にんじん、スルメを加えた醤油味の漬物です。
わらび漬けは、太い立派なわらびを一本そのまま漬物にしたものです。醤油味の漬物で、わらびのシャキッとした歯触りをしっかり残した漬け方は、先人の知恵と工夫が生きています。
その他、宮城県、福島県には地元の梅を漬けた梅干しもご用意しています。

関東地方

関東のお礼品にも、地元でとれた野菜を使った漬物があります。
群馬県はこんにゃくの産地として知られていますが、漬物にしたこんにゃくも出回っているそうです。みそ漬けこんにゃく、粕漬こんにゃく、甘酢漬けなどがあり、プリプリッとした食感が後を引きます。ごはんのおかずにはもちろん、そのままおやつとして食べてもおいしいこんにゃくの漬物です。
千葉県にもおいしい漬物があります。白いごはんやお茶漬けにぴったりのもろみ小町もおすすめです。大根やにんじん、キュウリなどをもろみ醤油で漬け込んだ漬物で、35年間変わらぬ味を提供しています。千葉県優良県産品の鉄砲漬けとともに、地元で愛されている銘品です。
ところで、全国的に有名な漬物の一つに奈良漬があります。奈良漬は奈良県産の漬物と思われがちですが実は、キュウリやウリなどの野菜を塩漬けにし、酒粕に漬け込んだ漬物のことを指します。酒粕を何度も変えながら長い間漬け込むことで発酵と熟成を重ね、酒粕のうま味を吸い込んだ豊潤な香りと味わいのある漬物となるそうです。奈良漬の発祥は文字通り奈良県なのですが、現在は各地で生産されており、関東の老舗漬物店による上等な酒粕を用いて作った奈良漬もそろって出品しています。
白いごはんに赤い梅干し、日本人なら誰でも食欲をそそられる組み合わせでしょう。梅干しはごはんのお供だけでなく、あえ物や揚げ物、スナック菓子のフレーバーとしても人気があります。最近は調味梅干しといって減塩調味されたものが出回っていますが、日本伝統の梅干しはしっかり塩漬けされ、酸味が強い点が特徴です。
ふるさと納税では、一粒一粒手もぎした梅を昔ながらの製法で漬けた梅干しをご用意しています。塩だけで漬けた懐かしい味を楽しみたい方は、ぜひお試しください。
その他、地元でとれた季節の野菜を丁寧に仕込んだ漬物もあります。甘酢ラッキョウ漬け、甘露桜、ゆず大根など、できたての味をお届けできます。

中部地方

愛知県の特産品ともいわれる守口漬けは、酒粕の芳醇な香りと甘み、シャキシャキとした食感が特徴で、白いごはんに、お茶漬けに、またうなぎのかば焼きの付け合わせにとピッタリ合う漬物です。守口漬けという名前は、この漬物に使う野菜、守口大根から来ています。守口大根は愛知県に伝わる伝統野菜で一見ゴボウのようです。普通のダイコンより硬く漬物向きで、この守口大根を2~3年かけて酒粕などに漬け込むという手の込んだ漬物が、守口漬けなのです。
渥美一丁漬たくあんもおすすめです。渥美半島の大根をはざ掛けして冬の海風にさらし、のの字になるまで干し上げてから、ぬか床でじっくりと漬け込むという昔ながらの製法で作られました。現在ではこの手間のかかる手法で作る農家さんは大変少なくなり、伝統の特産品でありながら希少な漬物となっているそうです。少し硬めのしっかりとした歯触りが懐かしい、無添加、伝統のたくあんです。
中部の日本海側、北陸地方といえば豊富な魚介類で知られています。とれたての魚を少しでも長くおいしさもそのままに保存しようと、創意工夫された郷土料理が魚介類の漬物です。ぬか漬け、粕漬け、麹漬け、味噌漬けなどがあり、漬物にすることで、保存が利くだけでなくうま味が凝縮されてよりおいしく食べられるようなっています。
福井県ではレンコ鯛というピンク色の小ぶりな鯛が水揚げされます。これを酢と塩で漬け込んだ漬物が小鯛の笹漬けです。笹の葉を添えて杉樽の中に漬け込むことで、杉樽が魚の余分な水分を吸収してうま味が凝縮するという、先人の知恵による理にかなった調理法で作られています。そのまま生で刺身として、またフライやてんぷらなどの揚げ物にしてもおいしくいただけます。
サバをぬか漬けにして発酵させたサバのへしこも、この地方に伝わる伝統漬物です。
石川県では、新鮮な寒サバのぬか漬け、粕漬け、そして醸し漬け(かもしづけ)という漬物も作られています。醸し漬けとは、一度ぬか漬けにしたものを、長い間発酵させた醸し床でさらに漬け込むという漬物です。プリッとしたサバの弾力はそのままに、脂分と漬け床の粕が絶妙なバランスで、ごはんにもお茶漬けにも、おつまみにもぴったりです。ふぐやふぐの卵巣のぬか漬け、粕漬けという珍味もあります。
新潟県では、タラコ、イカ、数の子、昆布が入った北前漬や、タラとタラコの親子漬けなどの海産物、そしてきゃらぶき、ふきのとう味噌、かぐら南蛮の味噌漬けなどの山野菜と、海の幸から山の幸まで豊富な漬物がそろっています。
その他、静岡県のワサビ漬け、長野県の野沢菜漬けなど定番の漬物もあります。

近畿地方

梅干といえば紀州の梅干しといわれるように、和歌山県は良質な梅干しの生産で知られています。和歌山県では江戸時代から梅の栽培が始まり、梅干の生産は明治時代から盛んになったそうです。大粒で皮がやわらかく、とろっとした食感の厚みのある果肉が特徴の紀州の梅干しは、質、量ともに全国一で、贈答品としても使える高級品もあります。(※農林水産省平成29年農林水産統計より)
最近は、減塩梅干やまろやかな味わいのはちみつ梅干などが出回っていますが、梅と塩だけで漬ける昔ながらの梅干しも健在で、すっぱくてしょっぱい素朴なおいしさは今でも変わらない人気を保っています。
さて、関西で漬物というと京都を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。京漬物は、まろやかな酸味やあっさりとした上品な味わいが特徴です。京都でとれる新鮮な京野菜が使われ、その種類は多く、しば漬け、すぐき、千枚漬け、みぶな漬け、赤かぶら、べったら漬けなど色の鮮やかさにも食欲をそそられます。最近では、京都の漬物バイキングや、京漬物を使った漬物寿司などもあり、薄味でたくさん食べることができ、素材の味を味わえる漬物の新しい楽しみ方の一つとなっています。
関西の漬物のもう一つの代表格が奈良漬です。奈良県は奈良漬発祥の地であり、長い歴史と伝統を守り、昔ながらの手間暇かけた奈良漬が生産されています。奈良漬は、酒粕に長い間漬け込み熟成させるもので、酒粕の芳醇な甘さや香り、熟成された濃厚な味わいが魅力です。伝統の味をぜひお楽しみください。
さて、大阪に漬物のイメージはあまりありませんが、実は大阪ならではの特産漬物が作られています。泉州地域特産の水ナスを使った漬物です。水ナス自体が希少であり、さらに、鮮度と漬かり具合が味を決めるといわれるほど繊細な漬物で、普通のナスの漬物とは食感も味も異なるそうです。

中国地方

とろりとした口当たりと後に残らない上品な甘さが魅力のはちみつは、ホットケーキやヨーグルトにかけたり紅茶に入れたりと、子供から大人まで大好きな食品です。みつばちの恩恵にあずかる自然食品でもあり、砂糖の代用としても注目されています。
こちら中国地方でもはちみつが生産されており、地元でとれた新鮮なはちみつを利用して漬物が作られています。
厳しい基準をクリアした上等なはちみつと国産ラッキョウを使用して作ったラッキョウ漬けはいかがでしょうか。上品なはちみつの甘さで、すっぱすぎず甘すぎないまろやかな味に仕上がっており、シャキシャキとした歯ごたえがしっかりと残っています。
また、ほんのりとした甘さの感じられるはちみつ梅干もあります。大粒で肉厚の梅をはちみつ酢に漬け込んだ梅干は、やわらかくジューシーで優しい味となっています。あまり酸味が強い梅干しよりもまろやかな味が好きという方におすすめです。
冬の季節限定のお礼品もあります。手作りの素朴な味が懐かしい煮豆ややわらかくのびるお餅に加え、おやつやお茶請けにぴったりのお菓子など、地元でとれた素材を使った特産品を10品詰め合わせにしました。その中には、縁起が良いといわれる福神漬けも入っています。大根、ナス、キュウリ、レンコン、しその実、生姜、なた豆と7種類の野菜を漬け込んだ漬物です。

九州地方

気候のよい九州では農業が盛んで、良質な野菜がたくさん収穫されます。地元でとれた野菜をよりおいしく、より長い間楽しめるように各地域で工夫され、風土に合った漬物が作られています。
宮崎県の日向かぼちゃ漬け、鹿児島県の寒干し大根などはその代表です。地域色の強い古くから伝わる伝統の味が今でも守られ、地元の人たちの日々の食卓を飾っているそうです。
その他にも古くから伝わる漬物はたくさんあり、これら九州の家庭の味をそのままお届けする素朴な漬物の詰め合わせはいかがでしょうか。地元婦人会の方々による手作りの漬物で、まさにお母さんの味といえるでしょう。市房漬(いちふさづけ)と呼ばれる野菜の味噌漬けから、ナスの辛子漬け、フキやキクラゲの佃煮、そして梅やゆずの砂糖漬けなど、九州の親戚の家でいただくような漬物を味わうことができます。
海の幸も豊富な九州土産といえば、辛子明太子は外せません。ふるさと納税のお礼品でも上質な辛子明太子をご用意しています。
辛子明太子は、新鮮で上質なタラコを独自の調味液に漬け込んで作られます。調味液をたっぷり含むことでふっくらとして、塩分と辛さ、うま味のバランスが絶妙な辛子明太子となるそうです。新鮮であればあるほどそのプチプチした食感やジューシーさを感じられます。
この他にも、魚の粕漬け、西京漬け、イカのもろみ漬け、コハダの酢漬けなど、九州ならではの魚介類の漬物をお届けできます。
さて、良質な大豆で作った豆腐は、栄養価も高くヘルシーな食材として注目されていますが、この豆腐も漬物にできるそうです。地元産のフクユタカという大豆を使った木綿豆腐を味噌漬けにすること1カ月、みごとに発酵した豆腐は、チーズのようにコクがありなめらかな食感にかわっています。おつまみとしても人気がありますので、いつものチーズにかわって、豆腐の味噌漬けで晩酌を楽しんでみませんか。
長期保存ができるものをご希望の方は、缶詰になった漬物がおすすめです。たくあんや九州の高菜などが小さな缶に入り、キャンプや行楽に、備蓄食としても活用できます。
知る人ぞ知る珍味もお忘れなく。玄海漬と呼ばれる鯨の軟骨の粕漬けです。玄界灘周辺の伝統的食品ですが、現在その生産は数社のみという希少な味です。

日本は四季の変化に富んでおり、季節ごとに旬の野菜や果物、海産物などが収穫されます。旬の収穫物は栄養があり味もよく、とりたてをいただくことは何よりの贅沢でしょう。しかし、たくさんとれた野菜や魚介類をいっぺんに食べることはもちろんできず、また、今しかとれないものをできるだけ長くおいしく食べたいということから、漬物という保存方法が考え出されました。
漬物の歴史は実は大変古く、今から2,000年以上前には漬物に通じる塩漬けという保存方法が考え出されていたといいます。
その後も漬物は少しずつ進化を続け、各地の風土に合った地域色の濃い漬物が作られるようになりました。
東北では、積雪寒冷という厳しい気候から冬の間は野菜や果物がほとんど収穫できず、逆に夏には良質な野菜がたくさん収穫されます。そのため、夏の野菜をおいしく長く保存できるようにと創意工夫がなされ、漬物文化がより発展したといわれています。
地域色の濃い漬物ですが、その作り方は母から子へと受け継がれるものも多く、各家庭でその家の味があるという温かみのある食べ物の一つです。昔から伝わる製法でありながら、単に塩分を加えるだけでなく、工程の中で発酵、熟成を経てうま味の強い新たな食品を生み出すという優れた調理法であり、遥か昔に生きた人々の知恵と工夫にはまさに脱帽というところでしょうか。
箸休めや口直し、好きな人ならメインのおかずとしても十分な漬物は、味はもちろん栄養面でも魅力があります。
近年、健康のために一日に350gの野菜を食べようと言われていますが、生野菜をたくさん食べるとなるとなかなか大変なものです。茹でたり炒めたりすればかさが減って食べやすくなるものの油の使いすぎは気になりますし、火を通すことで破壊される栄養素もあるそうです。
その点、漬物であれば、生の野菜をそのまま漬け床に漬け込むだけですので熱で栄養素が破壊される心配がありません。また、水分が抜けているため生野菜より食べやすく、たくさんの食物繊維の摂取が期待できます。
漬物の中には、塩漬け、味噌漬け、粕漬け、ぬか漬けなどがあり、漬け方や漬け込む時間はさまざまです。中には、漬け床を替えながら何年も漬け込むという手の込んだ製法もあります。奈良漬を例にとってみると、漬け込期間は2年3年、お店によっては長いもので19年漬けるところもあるというのですから驚きです。
さて、漬物の基本は野菜ですが、実は魚介類の漬物も各地で作られています。
特に、北陸地方は漁獲量が多く、かつ京の都まで献上品として海産物を運んでいたことから、大量にとれた魚をいかに保存するかが常に課題となっていました。幸い、この地域では稲作も盛んで米ぬかや酒粕が身近にあったため、これらを使った保存法が考え出されたと思われます。
魚をぬか漬けや粕漬け、麹漬けなどの漬物にすることで長期保存を可能にした人々は、ここで願ってもない恩恵にあずかることができました。それが、熟成と発酵です。熟成により凝縮したうま味や、発酵による独特の風味により、漬物は味わい深くさらにおいしい郷土料理となって今日に伝承されているのです。
魚の漬物の代表格には、麹を使った「なれずし」、魚をぬかで漬ける「へしこ」などがあります。よく聞く石川県のかぶらずしは、なれずしの一つです。頭がついたまま漬け込むサバのへしこも珍味として有名です。その他にも、北海道のにしん漬け、松前漬、塩とごはんだけで漬け込む滋賀県の鮒ずしなどがあり、魚がとれない時期の備蓄食、貴重なたんぱく源としても重要な役割を果たしていたといわれています。
日本の食卓に欠かせない漬物は、各地の風土に合わせて試行錯誤のうえ生み出された郷土料理に他なりません。日頃何気なく食べていますが、その陰には永年培われた人々の知恵、そしてその伝統を今でも守り続ける生産者の方々の努力があります。ふるさと納税のお礼品として、そうした知恵と努力によってはぐくまれた漬物を楽しんでみませんか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ