認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 乾物特集

乾物特集

乾物は常温保存がきくうえに、天日干しをすることで素材本来のうま味が凝縮され風味が一段とアップしその栄養価も上がるという、三拍子揃った食品です。冷蔵庫が当たり前のように使われる現代でもその魅力が見直されています。各地でとれた新鮮な特産品を手間暇かけて仕上げた上質の乾物。ふるさと納税を通してぜひその味と魅力をご堪能ください。

北海道

北海道の乾物には、寒い海で生育する昆布など海藻類が豊富です。特に昆布の生産量が多く、天然昆布国内生産量の97.2%を北海道が占めています。同じ北海道産の昆布でも生産地によって性質が異なり、「真昆布」「日高昆布」など産地により様々な銘柄があります。
(※農林水産省大臣官房統計部「平成28年漁業・養殖業生産統計」)
「真昆布」は道南地域で多く収穫され、その透き通っただし汁には上品な甘さがあり、高級昆布の筆頭として知られています。
よく聞く名前の一つが「日高昆布」。繊維質が少なくやわらかくて火が通りやすいという特徴があります。味もよいため、だし昆布としてはもちろん、煮物、つくだ煮、昆布巻きなどさまざまな用途に適する昆布です。
お礼品として、昆布のほかにも、磯の香いっぱいで厚みがあり歯ごたえを楽しめるわかめや、天然の海苔、ひじき、ふのりなど、海産物を豊富に用意しています。

さて、日本料理の基本中の基本である「だし汁」ですが、このだし汁に欠かせないもう一つの材料に鰹節があります。鰹節は日本の伝統的調味料で300年の伝統があるとのこと。たっぷりの鰹節でとったうま味豊富なだし汁は、そのままでも十分な味わいがありますよね。
この鰹節に負けない味わいを持つ北海道ならではのお礼品も用意しています。北海道特産の鮭を利用した「鮭節」です。標津川に遡上してきた鮭を使った鮭節で、手火山造りという鰹節の伝統製法にのっとって2カ月かけて丁寧に作られました。
鮭節は、鰹節やさば節と比べそのうま味や甘みが大変強く、口にした瞬間にその違いが感じられると言います。鮭節のだしを使ったラーメンもあるので、うま味たっぷりの鮭のだし汁で北海道の味をお楽しみください。
このほか、するめいか、さきいか、乾物としては珍しいくるみも出品されています。

東北地方

三陸海岸が位置する東北地方は海の幸の宝庫です。地元に伝わる珍味も多く、まさにふるさとを感じさせるお礼品ぞろいです。
磯の香りがいっぱいの海藻類は特に豊富で、昆布、海苔、わかめ、めかぶ、とろろ昆布など、産地直送ならではの上質のお礼品がずらり。海藻詰め合わせもありますので、様々な用途にお使いいただけます。
また、天然物で希少価値の高い海藻のまつも、新巻鮭の燻製など、ふだんあまり見かけることのない珍味もご用意。三陸の味をぜひご堪能ください。

青森県むつ市のとっておきのお礼品は珍しい乾燥なまこです。乾燥なまこは、一般的にはあまり知られていない食材ですが、中華圏では高級食材として人気が高いとか。スープや炒め物に合い、濃厚なうま味とコラーゲンたっぷりのプルプルの食感が通をうならせるとのことです。
山形県河北町からは、「泡麩(あわふ)」と呼ばれるお麩。お吸い物にいれたり、卵とじにしたり、食べ方は工夫次第。もちもちでつるっとしてとろっとする新しい食感をお楽しみください。幅が3センチもあるうどん「帯麺」とのセットも人気です。

福島県樽葉町からは、「さけのよ珍味」という特産品が出品されています。地元の言葉で鮭のことを「さけのよ」と呼ぶそうですが、「さけのよ珍味」は4年越しに木戸川に遡上するという鮭を乾燥させたもので、お酒のおともやごはんのおかずにぴったり。脂ののった秋鮭本来のうま味がぎゅっと凝縮し、極上の味となっています。

関東地方

関東地方で生産される乾物の中には、全国シェア一位を誇るものがいくつかあります。
一つ目は、自然の甘さとねっとりとした食感が人気の茨城県の干し芋です。
茨城県の干し芋生産量は、なんと全国シェア90%もあります。その土壌がさつまいもの生育に適しており、さらに冬に乾燥する気候が明治時代からの干し芋生産量を押し上げてきました。干し芋の魅力と言えば、自然そのままの甘味とねっとりとした食感。食物繊維やビタミンもたっぷりで、理想のおやつと言えるのではないでしょうか。茨城県潮来市からは、さつまいもの栽培から一貫生産した、べにはるかの干し芋をお届けします。
二つ目は、千葉県のお土産として人気が高い落花生です。国内産の落花生の約70%を千葉県産が占めています。千葉県の落花生は畑でじっくりと自然乾燥させたもの。その味は一度食べるとくせになる美味しさで、千葉県を訪れたら必ず買って帰りたいと思わせる特産品なのです。生産量が抜きん出て多いもう一つの特産品は栃木県のかんぴょうです。国産かんぴょうの90%以上、日本一の生産量を誇ります。かんぴょうは、巻ずしの具というイメージが強いのですが、他にも、お味噌汁の実、煮物、サラダとしても美味しく味わえる万能食材。食物繊維やミネラルが豊富な日本の伝統食品の一つです。

その他、磯の香りが食欲をそそる焼き海苔も豊富。木更津産や谷津干潟沖産など、全国有数の海苔産地である千葉県の焼き海苔をどうぞ。白いごはんはもちろん、お酒のおつまみに、お子様のおやつにもおすすめです。
また、茨城県つくば市からは谷田部の原木栽培の干しいたけをお届けします。

中部地方

静岡県、福井県では、各県内でとれた原木栽培の干しシイタケが用意されています。
静岡県の伊豆でとれた原木栽培干しいたけは、何百年も前から伝わる伝統的な方法で栽培されたもの。肉厚で弾力のある「しずおか食セレクション」認定品です。
同じく静岡県の吉田町では、干し芋の生産が盛んです。現在主流の蒸してから干すという製法の発祥地は吉田町に近い御前崎あたりとされます。明治時代に始まり日露戦争でも軍人芋として活用されたとのこと。ふるさと納税でも、地元産のサツマイモを使った芋切干をお試しいただけますよ。天日干しで作った芋切干は、自然のままの甘さとは思えないほど甘くやわらかな食感が人気です。冬から春にかけての期間限定でご用意しています。
吉田町は海沿いにたたずむ小さな町ながら、吉田漁港を持ち、しらす漁など漁業が盛んです。お礼品には、県内でとれたかつおを使った鰹節もあり、細かな削り節、味の濃いだしがとれる鰹の厚削りも用意しています。厚削りは、おさかなチップスとしてそのまま味わうこともできるのでおすすめです。
長野県は山菜やキノコの生産が盛んですが、中でもえのき茸の生産量は堂々全国第一位です。
野菜や果物は乾燥させることで栄養価が高まると言われ、最近はごぼうやれんこんなど、いろいろな乾燥野菜が出回っています。栄養価が高いだけなく、実は調理に手間がかからず、日持ちがし、味も凝縮されて美味しいと至れり尽くせり。
長野県のエノキ茸も1/10の重さまで乾燥させ、風味を凝縮させました。乾燥えのき茸のシャキシャキっとした歯ごたえと、うまみたっぷりの味をお楽しみください。

近畿地方

近畿地方からは、厳しい寒さの日本海側から温暖な太平洋側まで山海の恵みをふんだんにお届けします。
京都府宮津市は日本海に面した漁業が盛んな土地。ふるさと納税のお礼品として、地元宮津湾でとれたいわしやあじなどを原料とした無添加煮干しをお届けします。いつものだし汁に加えることで、お味噌汁や煮物がひと味違ったまろやかな味に。カルシウムたっぷりでお子様のおやつにもおすすめ。ヘルシーなお酒のおつまみとしても人気です。
同じく宮津市では、地元産の乾燥なまこもご用意。乾燥したなまこは、日本では食べる機会が少なく調理法も難しいため、乾燥したなまこを一週間かけて丁寧にもどし、さらに冷凍真空パックという形でお届けするものです。自分で戻す必要がなく、解凍するだけで食べられます。コラーゲンたっぷりの食感をお楽しみください。

三重県鈴鹿市では、乾燥キンカンと乾燥ゴーヤを用意しています。
乾燥させた野菜や果物は、その栄養価と濃縮された風味、日持ちもすることで人気が高まっていますね。こちらのお礼品は、地元産のキンカンとゴーヤを水分量5%から8%にまで乾燥させたもの。お菓子感覚で美味しく、栄養価の高い皮やゴーヤのワタもすべて丸ごと食べることができるアイデア特産品です。
温暖な和歌山県の海からは、上質のしらすと干ちりめんのセットをご用意。和歌山県若浦湾でとれた新鮮なしらすはふんわり柔らかく、うま味が口の中に広がります。丁寧に乾燥させた干ちりめんは、南紀の太陽の光と海風を浴びてうま味がさらに凝縮。お酒のおともに、ごはんにのおかずに、これだけあれば他には何もいりませんね。

四国地方

瀬戸内海と太平洋に囲まれた四国では、海からの特産品が楽しめます。
高知県では、黒潮の恩恵を受けた海の幸をふんだんに用意しています。
高知の魚と言えば言わずと知れたかつおですが、かつおは余すところなく食べるのが高知流。日本の味の基本、だし汁に欠かせない鰹節も自慢の一品です。便利な削り節はもちろん、本格的な鰹節と生節もお届け可能です。今では珍しい削り器がついたセットもありますので、削りたての鰹節の味を再確認してみてはいかがでしょうか。お子様にとっては貴重な体験となりそうですね。鰹節を中心に生節、めじか節、各種干物を詰め合わせたものもあります。
高知県今治市では、地元の大島の海で育った海苔をご用意。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な自然食品、大島の海苔をぜひどうぞ。味付け海苔なので、おやつにも。
香川県多度津町では、鮮度に徹底的にこだわった干ちりめんを用意しています。瀬戸内の海が育てた良質ないわしの稚魚を丁寧に乾燥させました。柔らかさと味わいのある干ちりめんをぜひ味わってみてください。

九州地方

島国日本では、海に囲まれたエリアというのは珍しくありませんが、九州の海には特徴があります。九州の地図を見ると、太平洋、東シナ海をはじめ、玄界灘、豊後水道、日向灘、天草灘、関門海峡など、個性あふれる海域に囲まれていることがわかります。暖流と寒流、激しい流れなど自然界の荒波が、九州の上質な海産物を生み出しています。
日本の食卓に欠かせない海苔の名産地の一つが佐賀県の有明海です。有明海産の焼き海苔は、その厚み、パリッとした歯触り、口どけのよさと、口に入れた瞬間に上質な味の違いを感じることでしょう。磯の香も抜群でうま味が豊富な食べ応えのある一品です。 

いりこの生産も盛んに行われています。ふるさと納税では、良質なかたくちいわしを新鮮なうちに加工したこだわりの一品をお届け。いりこのほかに、コクのあるだし汁がとれる焼あごもおすすめです。九州ではとびうおのことを「あご」とよび、焼あごは、とびうおで作った煮干しを火であぶって焦がしたもの。日本海沿岸や九州北部ではこの焼あごのだしが好まれており、お味噌汁やうどんのつけ汁などに使うと、香ばしい香りとコクで風味の良さが際立ちます。

鹿児島県など九州南部ではかつおが水揚げされ、新鮮で上質なかつおを材料とした鰹節が生産されています。手軽な削り節はもちろん、贈答用としても使われる上質の鰹節もおすすめ。カンナ式の懐かしい削り器とのセットもあるので、本物の鰹節の味を削りたてで味わってみては?かつおをたっぷりと味わえる職人手作りの味付け節も美味しいですよ。

自然豊かな九州では山の恵みも見逃せません。
クヌギ林の中で手間暇かけて育てられた干しいたけ「どんこ」をはじめ、様々な種類の乾燥きのこ、乾燥山菜などを用意しています。黒豆、小豆、蕎麦粉なども取り扱っているので、地元直送の山の味をぜひお試しください。

日本の伝統食品の一つである乾物は、先人たちの知恵と工夫が生み出した優れた保存食品です。
旬の時期に大量に収穫された食材を無駄にすることなく、長い時間かけて使いきるという、昔の人の賢さと堅実さを感じます。
天日干しで乾燥させた乾物は、保存が効くだけでなく、うま味と香りが凝縮し、栄養価もアップするため一石二鳥。また、ひじきのように生のままでは食べられない食材もひと手間かけて乾物としたことで美味しく食べられるようになったというのですから、昔の人は素晴らしい知恵の持ち主だったわけですね。
乾物の歴史は長く、万葉集にも登場しているとのこと。「蒸して乾物にした米(乾飯・かれいい)を長旅の携帯食とした」という意味あいの歌で、かさばらず軽い上に栄養がある乾物が、冷蔵技術の発達していない当時の貴重な食料として重宝されていたことを物語っています。
冷蔵・冷凍保存ができない時代の保存方法として生まれた乾物。しかし太陽の恵みにより与えらえた付加価値が乾物の魅力をアップさせ、有難い食材として一目置かれているのです。

上でも少し触れましたが、乾物は天日乾燥させることにより、その栄養価が大幅に上がったり、成分に変化がおきて新たな栄養分が加わるという特質を持ちます。同時に、素材の甘味やうま味が凝縮して美味しさが倍増するとのこと。
切干しダイコン、干しいたけなど、確かに生のものと比べると、その甘みやうま味がとっても濃くなっていますよね。
一昔前までは、乾物に対してどちらかというと地味なイメージがあり、いちいち水でもどしてからの調理が面倒、アレンジの仕方がわからない、調理がしにくいなどと、敬遠する人が多かった時期がありました。
しかし最近は、この優秀な乾物の魅力が広く伝えられ、幅広い年代の人たちから見直されてきているのです。また、現代の便利な調理器具の発達や、若いお母さん方の新しいアイデアとのコラボで、「より簡単に、より使いやすく、より美味しい」乾物料理が、巷に広まる嬉しい現象も起きています。

ふるさと納税でも、地方色豊かで上質な乾物がたくさん出品されていますので、これを機会にさまざまな乾物に親しんでいただければと思います。

海に囲まれた日本は海産物の宝庫。昆布やわかめ、ひじき、海苔などの海藻類や、煮干しや鰹節など、海の恩恵を受けた乾物がそろっています。
海藻類は低カロリーなうえに食物繊維やミネラル、ビタミンをたっぷり含む、栄養満点の食材。お味噌汁の実から煮物、酢の物、サラダまで、一つかみの海藻が栄養バランスをアップさせます。
昆布には、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布などいろいろな銘柄がありますが、天然昆布のほとんどが北海道で収穫されています。日本料理に欠かせないだし汁のうま味の素として、または煮物、昆布巻きなどの伝統料理として、日本の食卓に欠かせない乾物の一つです。
三陸海岸のある東北でも、海藻類をはじめさまざまな海産物の乾物が生産されています。中でもわかめの生産量が多く、三陸わかめとして全国的に支持されています。九州佐賀県の有明海沿岸では、有明海苔という上質な海苔が生産されています。
また、煮干しやちりめんなどカルシウムたっぷりの小魚類は、だし汁のうま味としてはもちろん、おつまみやおやつとしても喜ばれる乾物です。

山の恵みの代表格には干ししいたけがあります。干ししいたけも乾燥させることでうま味が凝縮し味わい深く、その栄養価も格段にアップします。戻した時の食感はアワビのように弾力があり、その戻し汁にはシイタケエキスがたっぷりと含まれるため、お料理のだしとしてすべて使えるという、いわば乾物の優等生。
傘の開ききっていない肉厚なシイタケを使った「どんこ」と呼ばれる干しいたけは、高級食材の一つとして贈答用にも使われます。
その他、定番の高野豆腐などに加え、巻きずしに欠かせないかんぴょう、お味噌汁やお鍋に入れてすぐに使える焼き麩類など、忙しい時やあと一品欲しい時などに心強い主婦の味方と言えるでしょう。何か一味足りないな~という時にも、一つかみの乾物がうま味を加えて味をひき立ててくれますよ。
小豆、黒豆、大豆などの豆類や、栄養価の高いごま、くるみ、きくらげ、食物繊維たっぷりでおやつにぴったりの干し芋なども便利です。素麺や蕎麦などの乾麺も、乾物の一種と言えるでしょう。
このように日本の伝統食品、乾物は、私たちの身の回りにすでに数多く存在するのですが、この魅力をもっともっといかそうと、新しい種類の乾物も出回ってきています。
乾燥ごぼう、乾燥れんこん、乾燥ゴーヤ、乾燥キンカンなどの乾燥野菜です。
乾燥させた野菜は、長期保存ができ、一段と美味しい上に栄養価も高く、何よりも使い勝手がいいと、人気が上がっています。
例えば、生のごぼうを買った場合、まず泥を落として皮をこそげ、アクを抜いてから調理すると、かなり手間がかかりますよね。人数の少ない家庭では一度で使いきれないということもあるでしょう。しかし、乾燥させたごぼうならアク抜きの必要もなく手軽で、使いたい分だけ袋や瓶から取り出し、残りは引き続き保存しておくことができるという、便利の一言。先人の知恵から生まれた乾物ですが、その利点はまさに忙しい現代人の生活にもマッチするという、優れものだったのです。
この乾燥野菜、市販のものはもちろん美味しく人気があるのですが、実は「家でも簡単につくることができる」ということで、さらに注目を集めています。
ごぼう、れんこんをはじめ、大根、にんじん、ゴーヤ、しいたけなど、余った野菜をお日様の下で干しあげるだけで、美味しく便利な乾燥野菜のできあがりです。天日干しには、良く晴れて空気が乾燥している日がベスト。また、早くしっかり乾燥するように、細切りや薄切りにするとよいでしょう。
甘くておいしい干し芋も、蒸したさつまいもを天日干しにするだけ。無添加自家製の愛情こもったおやつができあがりますよ。

乾物大好きな方も乾物初心者の方も、ふるさと納税を利用して、特産地ならではの上質な乾物をぜひお試しくださいね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ