認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 しらす特集

しらす特集

ふるさと納税のお礼品には、各地で水揚げされた新鮮な魚も選べます。そのままでおいしくいただけるしらすには、釜揚げしらすや生しらすなどの種類があり、産地ならではのおいしくて新鮮なしらすを家族で堪能できるでしょう。おいしいうえに栄養豊富なしらすを味わってみてはいかがでしょうか。

関東地方

茨城県の沿岸漁業で「しらす」は代表的な水産物のひとつであり、県内全ての漁港で水揚げされています。しらすはイワシなどの稚魚ですが、伊豆から房総付近で産卵され、黒潮に乗って茨城県沿岸に運ばれてきます。
一般的にしらす漁は2艘曳きで行われますが、茨城では1艘曳きです。網を落とすのも引くのも短時間なので、生きたまま揚がり、漁獲後すぐに氷でしめるため、鮮度のよいしらすを水揚げできます。水揚げしたしらすは温度管理をして工場へ運ばれ、すぐに加工されます。
茨城県で水揚げされたしらすは、ふるさと納税のお礼品に選ばれていますので、新鮮なしらすを手に入れてみてはいかがでしょうか。
神奈川県には、しらすのブランド品「湘南しらす」があります。湘南しらすは相模湾で水揚げされるしらすで、生産者が浜に戻るとすぐに加工・直売するので新鮮です。名物の「生しらす丼」を味わいに湘南まで訪れる人も多いです。

中部地方

静岡県は、しらす干しの生産量が国内1位、漁獲量は国内2位です(農林水産省「水産加工統計調査(平成28年)」「平成28年漁業・養殖業生産統計」より)。静岡県では複数の市町村でふるさと納税のお礼品にしらすが選ばれています。
静岡県には日本一高い山である富士山と、日本一深い湾である駿河湾があります。富士山からは栄養豊かな雪解け水が湧き、深海では湧昇流に乗った栄養豊かな海水が広がっているように、山と深海の恵みによって、しらすのエサとなるプランクトンが豊富です。黒潮に乗って静岡沿岸にやってくる稚魚たちは、栄養豊富な駿河湾でしらす漁に適した生後2カ月ごろまで育ちます。
静岡県のしらす漁の産地は浜松市(舞阪)から沼津市(静浦)で、生しらすや釜揚げしらす、しらす干しやちりめんの他、しらすを薄く延ばして干した「たたみいわし」も有名です。
愛知県も国内有数のしらすの産地として知られています。しらすの漁獲量は国内第3位で、しらす干しの生産量は国内第2位です(農林水産省「平成28年漁業・養殖業生産統計」「水産加工統計調査(平成28年)」より)。
お礼品にも愛知県で水揚げされたしらすが選ばれていますので、お好みのものを手に入れてみてはいかがでしょうか。

近畿地方

関西では大きなしらすが好まれるため、脂ののった秋しらすが人気です。また、関西独特の呼び名として、しらす干しを「太白」「太干ちりめん」「やわ干し」などのように呼ぶことがあります。
和歌山県は、しらす干しの生産量が国内有数です。主に紀伊水道沖や新宮沖で漁獲されていて、湯浅町は特にしらすの水揚げ量が多く、生しらす丼が食べられるお店も多数あります。
ふるさと納税のお礼品としても、さまざまな加工法のしらすがありますので、ご自宅で味わってはいかがでしょうか。
また、大阪で水揚げされるしらすは、ほとんどがカタクチイワシの稚魚です。プランクトンが豊富な大阪湾でとれるしらすは、味が濃くておいしいと評判です。大阪で水揚げされたおいしいしらすをお礼品として手に入れてみてはいかがでしょうか。

四国地方

讃岐うどんのだしに使われるイリコはカタクチイワシです。イリコの産地である香川県では、主に東讃地域で生しらすの急速冷凍品や釜揚げしらす、しらす干しが作られ、西讃地域では上乾ちりめんが作られています。
お礼品に生しらすや釜揚げしらす、ちりめんじゃこがあります。漁場からあまり離れずに漁をするので、傷みやすいしらすも鮮度がいいまま瞬間凍結が可能です。
太平洋に面する高知県は、日本近海のイワシ類の主な産卵場所で、しらすの産地です。高知県を代表する珍味に「どろめ」がありますが、これはイワシの稚魚のことです。つまり生しらすのことで、高知では昔から酢味噌や三杯酢で食べられてきました。今のように冷凍技術が発達していなかった時代、傷みやすいどろめは浜の漁師さんやとれたてが食べられる地域の人しか食べられない逸品だったそうです。
お好みのしらすをお礼品として手に入れてはいかがでしょうか。

生しらす

「しらす」というと白くてふんわりした釜揚げしらすを思い浮かべる方が多いでしょう。しらすは鮮度が落ちるのが早いので、水揚げ後はできるだけ早く釜揚げされることが多いのですが、冷凍技術の発達によって生しらすを新鮮なまま宅配することも可能となりました。ただし鮮度が落ちやすいので、解凍したらできるだけ早くお召し上がりください。
生しらすの食べ方は、ご飯にのせておろし生姜と醤油をかけて食べる「生しらす丼」が一般的です。シンプルな食べ方ですが、生しらすのおいしさが味わえるので、まずは定番の食べ方をおすすめします。生しらす丼以外では、生しらすのかきあげや、生しらすの酢味噌和えなどはいかがでしょうか。

釜揚げ

ほんのり塩味をつけた釜揚げしらすはご飯との相性がよく、熱々のご飯にのせるだけでおいしくいただけます。魚は骨があるから苦手というお子さんでも、しらすなら骨も内臓も気にしなくて良いので食べやすいでしょう。
しらすは赤ちゃんの離乳食にもよく使われます。軟らかい釜揚げしらすなら、塩抜きしてつぶしてからお粥に混ぜて「しらす粥」にしましょう。しらすは骨を気にせず食べさせられるので、乳幼児にも安心です。ちりめんじゃこよりも軟らかいので、赤ちゃんから高齢者まで、誰にとっても食べやすいでしょう。
しらすを冷凍庫に常備していると、さまざまなレシピに使えます。忙しい方も、しらすなら下処理もいらないので素早く調理できて便利でしょう。家族が喜ぶおいしい釜揚げしらすをお礼品から選んではいかがでしょうか。

しらすとは、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシ、イカナゴ、ウナギなど、体に色素がない白い稚魚の総称です。一般的にはイワシの稚魚を指し、その中で最も多いのがカタクチイワシです。しらすのとれたては透明な色をしているため、生しらすは透明な体をしています。しかし、茹でると白くなるので、釜揚げしらすは体の色が白いのです。
しらすには、とれたての新鮮な「生しらす」、釜で茹でた「釜揚げしらす」、釜揚げしらすを天日干しした「しらす干し」などがあります。天日干ししたものは「中干しちりめん」や「上干しちりめん」など、乾燥の度合いや地域によってさまざまな呼び名があります。

しらすの旬は春と秋です。春のしらすはサイズが小さめで柔らかいという特徴があります。一方、秋のしらすは冬に備えて脂肪を蓄えていますので、脂がのってぷりぷりしています。
カタクチイワシなどは沖合を回遊しながら産卵し、潮に乗って沿岸部に運ばれてきます。九州や四国沿岸で生まれたしらすは、黒潮に乗って北上します。しらすとして漁獲するのに適した2~3cmのサイズになるのは、産卵から1~2カ月後です。しらすはほぼ年中とれるのですが、産地は多いので地域によって旬の時期が異なります。

赤ちゃんの離乳食から育ちざかりのお子さん、骨粗鬆症が気になる世代のカルシウム補給まで、家族全員がしらすでおいしく健康管理ができます。ふるさと納税のお礼品で、おいしいしらすを手に入れてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ