認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 鯛特集

鯛特集

「鯛」は縁起がよいとして古くからお祝い事には欠かすことのできない魚です。鯛をお供えする祭りも多く、全国各地でさまざまな調理方法が生まれ、郷土料理や伝統料理が食べられています。ぜひ「魚の王」と呼ばれる鯛の味をご堪能ください。

中部地方

北陸地方では、かつて京都に海産物を献上してきた文化があります。多くの料理人が切磋琢磨し、現在にも残る名産品が生まれました。そのひとつが、冬にとれる新鮮な小鯛を、天然塩と地元で醸造した酢と昆布とともに杉の樽に詰め込み、短期熟成をさせたものです。杉樽が余分な水分を吸収するために、旨味が凝縮され、熟成されて小鯛そのもののおいしさが引き出されています。季節や気温に合わせて調味料の配合具合を微妙に調整し、常に最高のおいしさをお届けできるようにしています。よく冷やしてそのまま食べても、寿司や、海鮮サラダ、お吸い物にしてもおいしくいただけます。
若狭湾でとれる「甘鯛」は、かつて帝に献上することも許されたといわれており、現在も京懐石の一品として登場することもあります。白身の淡白な中にもほんのりとした甘味が感じられる、味わい深く上品な魚です。塩のみで味をつけ、干したものは、甘鯛本来の旨味を堪能できます。鱗をつけたままさっと焼いたり、酒蒸しにしたり、味噌漬けや、粕漬けにしたものも絶品です。
伊豆大島周辺でとれる金目鯛は、漁場が港から近いことから鮮度がよく、脂がのっていて味が濃いのが特徴です。お刺し身やしゃぶしゃぶなどにして食べることで、素材本来の味を堪能できます。

四国地方

四国地方では、「真鯛」の漁獲・養殖がさかんに行われています。愛媛県の海は、黒潮が流れ込むことで常に新鮮な状態が保たれ、栄養素やミネラルが豊富に運び込まれている海です。美しく豊かな自然に恵まれた海で、栄養豊富なおいしい鯛が育っているため、1匹まるごと姿焼きにしてもおいしいです。天然塩で味をつけ、炭火でじっくりと時間をかけて焼き上げた鯛は潮の香りや風味、旨味をたっぷりと感じられる一品です。そのまま食べてももちろんおいしいですが、茶漬けや鯛めしに調理して召し上がっても格別なおいしさを味わえます。
新鮮な真鯛の皮にすり身をつなぎとして作られたちくわは、強い弾力があり、お酒の肴にぴったりです。火を加えると軟らかくなるため、お好みに合わせて食感を変えることができます。

九州地方

金目鯛を一夜干しにする際、古くから伝わる醸造酒を用いると、麹や酵母由来の酵素が生きるために、食材の旨味が引き出され、味に深みが出ます。さらに燻製させたあごだしに漬け込むことで、風味も豊かで白身の食感もホクホクとして、ほんのりとした甘味が感じられるようになります。金目鯛の本来のおいしさを存分に感じることのできる一品です。
真鯛を丁寧にスモークすることで、白身は、本来の艶やかな色を生かしながら、ほのかな桜色に染まります。旨味も凝縮されており、燻されたことによる独自の味を、お酒のおつまみなどとして楽しむことができます。
熊本県の天草の海では、美しい水やこだわった餌などで、健康でおいしい真鯛を養殖しています。姿形も美しく、色もきれいなので、お祝いの席にもぴったりです。西京味噌やアオサ風味に漬け込んで焼き上げたり、風味豊かな炊き込みご飯にしたりとさまざまな調理方法を試してみてください。
玄界灘の荒波に揉まれて育った天然の真鯛は、身が引き締まっており、ぷりぷりの食感を味わうことができます。

しゃぶしゃぶ

鯛のしゃぶしゃぶは、薄くスライスした鯛のお刺し身を、沸騰させた鍋のお湯にさっとくぐらせて、タレをつけて食べる鍋料理です。お湯に長く浸けてしまうと身が硬くなってしまうので、完全に火が通り切らない程度にさっとくぐらせるのがポイントです。素材の味を存分に楽しみたい方にぴったりの食べ方です。
昆布とあらのだしに、野菜やしいたけ等のきのこを加えた鍋や、新鮮な鯛の骨からだしをとったものに水の代わりに純米酒を入れると、しゃぶしゃぶをした際にさらに鯛本来の風味が広がります。スダチやカボスを食べる直前に搾るのもおすすめです。果汁の新鮮さで、風味がいっそう上品になります。
締めにお米を入れて雑炊にすれば、米粒が旨味を吸い、最後の一滴まで至極の味わいを堪能することができます。

鯛めし

鯛めしとは、お米を炊くときに鯛1尾を丸ごと炊き込んで作った炊き込みご飯のことです。鯛をあらかじめ焦げ目がつかない程度に焼いておくことで、魚臭さもなくなり、香ばしさをより感じられるようになります。醤油や塩、みりん、酒などを混ぜて炊くため、深みのある味を楽しむことができます。
2杯目をお代わりするときには、だしやお茶をかけてお茶漬け風にして食べても、また違った味わいを楽しむことができて新鮮です。
また、愛媛県の一部の地域の郷土料理では、鯛をご飯に炊き込むものとはまた異なる料理を「鯛めし」と呼び、親しまれています。鯛の刺し身を醤油やタレ、卵などに漬け込んで味をつけ、薬味を混ぜてご飯の上にのせた丼物のことです。
炊き込んだ鯛めしは比較的あっさりとしていて、お刺し身をのせる丼タイプの鯛めしは、比較的味が濃く、好みが分かれるかもしれません。ぜひ、どちらの鯛めしも食べ比べてみてください。

関東地方

千葉県の漁場では、脂ののった金目鯛が多く水揚げされています。金目鯛は、赤い体と金色の大きな目が特徴で、刺し身、焼き物、煮つけまで、いろんな調理方法に合う魚です。だし醤油で味つけした鯛めしも絶品です。頭や中骨からもおいしいだしがとれるため、あら汁として、余すところなく食べることができます。
千葉県沖でとれる金目鯛は全国的にも有名です。銚子沖は、暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかり合い、さらに利根川の栄養豊かな水が流れ込んでいることで、プランクトンが大量に集まっている豊かな漁場です。栄養豊富な餌を食べて育つ金目鯛には、年間を通して上質な脂がのっていることで知られています。
勝浦沖でとれる金目鯛は、釣り上げ直後の船の上から市場まで徹底して定温で管理を行い、高い鮮度を維持しています。身が引き締まり、脂がのっているので絶品です。
また、金目鯛は干物でもおいしく召し上がれます。桜島の火山灰で包むことでじっくりと水分を吸収させる伝統的な製法で作られた干物は、ふっくらと軟らかく仕上がり、独自の魚臭さも感じさせません。
黒い斑点のある鯛は、「えぼ鯛」、東京では「いぼ鯛」と呼ばれる魚で、干物が高級品として名高く、鮮度にこだわって厳選した魚を、仕入れたその日のうちに干物にします。
白身はふっくらとしており、脂のりがよいため、コクのある味を堪能することができます。グリルで温めると、ほんのりとした甘味のある懐かしい味がして、白いご飯にもよく合います。

近畿地方

近畿地方では、厳選した鯛のすり身を使った「鯛ちくわ」が人気です。一つひとつ手作りで丁寧に作られており、新鮮な鯛をふんだんに使った贅沢な一品です。
鯛の食感と風味を感じられます。食べる際に少し熱を加えれば、焼きたてのおいしさが味わえます。普通のちくわとは異なり、磯の香りが口いっぱいに広がります。わさび醤油をつければ、素材の味が引き立ちます。食感がプリプリとしているので、煮物などの料理に入れるのもおすすめ。存在感は抜群です。バター醤油で炒めても香ばしくいただけます。地元の天然塩で味つけしているため、お酒の肴にもぴったりです。
釣ったその日のうちに一夜干しにした甘鯛は、とても新鮮で贅沢な品です。味つけは天然塩で仕上げているため、旨味が凝縮されています。赤い皮と白身がとてもきれいな色をしているため、見た目にも美しく、お祝いの席にもぴったりです。白身はふっくらとしていて、ほんのりと甘味を感じる上品な味をご堪能ください。
また、とれたての魚をだしに漬け込んで、旨味を引き出すために、ほんの短時間だけ干したものは、旨味が凝縮されていて干物とは思えないほどのふわふわな食感を楽しむことができます。
西京漬は、味噌や酒粕、砂糖などを含ませることで魚本来の旨味を引き出す料理で、脂がのった鯛は、西京漬に適している食材です。身の中に西京味噌の味が染み込み、より一層深みのある味を堪能することができます。

刺し身

鯛は、鯛めしや鯛茶漬け、塩焼きにしたり、煮つけにしたりと、多様な調理方法で食べることができますが、旬の新鮮な鯛を手に入れることができたなら、「刺し身」で食べるのがおすすめです。シンプルで鯛本来のおいしさを存分に感じることができるためです。鯛は、淡白な白身に旨味が凝縮されており、甘味も感じられます。十分に脂がのっていながらもしつこすぎない上品な味を楽しむことができます。
鯛の刺し身を甘めのタレに漬け込んで、炊きたてのご飯にのせ、お好みの薬味を盛りつければ、漬け丼としてもおいしく食べられます。魚の旨味はそのままに、生臭さを感じさせず、プリプリとした食感を楽しむことができます。卵を割ってのせることでマイルドにするなど、味を変えながら食べるのも楽しみです。
また、脂の少ない「真鯛」は、カルパッチョにして食べるのもおすすめです。鯛との相性が抜群な、食物繊維とミネラルがたっぷり入った海藻ドレッシングのお礼品もご用意しています。新鮮な鯛の甘味をより実感することができます。
ポン酢や醤油をつけて食べれば、さっぱりしているので、暑い夏の日にもペロリと食べてしまうことができます。

日本を代表する魚である鯛は、縄文時代の遺跡からも骨が出土していたり、日本最古とされる歴史書である『古事記』にも登場していたりと、日本人が最も古くから食用としていた魚のひとつとされています。
また、歴史的、文化的な価値だけではなく、鯛の独自のおいしさも鯛の人気の理由のひとつです。白身は淡白ですが甘味とコクのある旨味が感じられる味が特徴です。新鮮なお刺し身もおいしいですが、熟成させるとよりコクや甘味が増すといわれており、味噌漬けや粕漬けなどもより味わい深くなると感じる方も多いようです。
また、鯛は白身魚ですが、豊富なコラーゲンが含まれているとされており、それがプリプリとした歯ごたえを生み出しています。コラーゲンは熱によって溶けるため、熱を加える調理方法を施した鯛の白身は軟らかくなり、刺し身として食べると歯ごたえが感じられます。調理方法によって食感の違いが楽しめるのも鯛の特徴です。

全国各地で親しまれてきた鯛は、さまざまな調理方法も生まれています。
中でも「鯛めし」は、『日本書紀』にも登場し、神功皇后が朝鮮に出陣する際に作られていたとされる、非常に歴史の古い食べ物です。
そんな鯛めしが発祥した地は、真鯛の漁業・養殖業が日本の中でも最もさかんな愛媛県とされています。愛媛県では2種類の鯛めしが存在することをご存じでしょうか?
松山市周辺では、「北条鯛めし」と呼ばれる、丸ごと焼いた鯛をご飯にのせて炊き込んでほぐしながら食べる、一般的なタイプの鯛めしが作られています。元々は家庭料理として作られていた料理のため、作り方はとてもシンプルです。2杯目はお茶やだしをかけてお茶漬け風にするなど味わい方もさまざまです。炊飯器でも手軽に作ることができますが、土鍋や釜を利用するとまた一味違ったおいしさを感じることができます。
宇和島市周辺では、また違った「宇和島鯛めし」という料理が鯛めしとして作られています。宇和島鯛めしは、ご飯に鯛のお刺し身をのせ、タレや生卵で味をつけ、薬味をかけて食べるタイプの鯛めしで、一般的に知られているタイプの鯛めしとは全く異なっています。タレで味をつけているため、濃厚な味わいで、丼物が好きな人にはぜひ食べていただきたい品です。海に囲まれていて、新鮮な鯛がたくさん手に入った地域だからこそ生まれた料理です。
鯛の旬は春といわれており、よりおいしい鯛を食べるなら、その時季にとれた鯛がおすすめです。5月の産卵に向けて1~2月ごろから栄養を蓄え始め、3~4月の産卵前が、一番身に脂がのる時期で、肉質にも弾力があり、特においしい時季とされています。この時季の真鯛は体が桜色に染まることと、季節に合わせて「桜鯛」と呼ばれます。赤くなる理由は、大量のエビを食べているからで、エビの殻に含まれる色素が鯛の身にも影響するためといわれています。

鯛は、子供の成長や、就職、昇進、結婚祝い、昇進、長寿の祝いなどさまざまな際に食されてきた、日本の文化の中でも重要な意味を持つ食べ物です。
ぜひ、ふるさと納税を通して、各地の鯛料理に触れ、日本の食文化を感じてみてくださいね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ