認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 飛騨牛特集

飛騨牛特集

ふるさと納税のお礼品に、飛騨牛はいかがでしょうか。飛騨牛は、北アルプスの広大な大地や清らかな水、澄み切った空気といった自然の恵みを受けて、おいしく育った国産牛肉です。肉の味をダイレクトに楽しめるステーキ以外にも、ローストビーフやハンバーグなどの加工品もお礼品として人気です。

ハンバーグ

飛騨牛のお礼品は数多く用意されていますが、その中に飛騨牛を贅沢に使ったハンバーグもあります。たとえば飛騨牛販売指定店のハンバーグはなんと飛騨牛100%の豪華なもの。飛騨牛とパン粉、そして塩コショウやスパイスを使ってしっかり味つけがされているので、届いたら解凍して焼くだけで高級店の味わいを楽しめます。そのまま食べてももちろんおいしいですが、チーズを入れて焼いたり、煮込みハンバーグにするのもいいですね。また、A4等級以上のサーロインステーキとハンバーグが3枚セットになったお礼品もあります。こちらのお礼品は煮込みハンバーグソースも同梱されているので、簡単に調理することが可能です。ハンバーグだけでなくステーキも一緒に楽しめる贅沢なセットです。飛騨牛入りハンバーグは肉と塩コショウ、砂糖、卵、玉ねぎ、パン粉だけのシンプルな材料で作られているので、あまりいろいろなスパイスが入っていないほうが好きという方にもピッタリですね。飛騨牛の肉質はとてもきめ細かで柔らかいと言われています。硬い肉が苦手というお子さまや高齢者でも、ハンバーグであれば家族全員一緒においしく食べることができるでしょう。どのお礼品も一つひとつ丁寧に丹精込めて作られています。肉質もさることながら、シェフこだわりの製法で作られたハンバーグを心ゆくまで堪能してください。

ステーキ

飛騨牛をお礼品に選ぶなら、上質な肉の本来の味や食感をダイレクトに楽しめるステーキもおすすめです。
加工品であるハンバーグやローストビーフもいいですが、塊肉をそのまま焼いて、飛騨牛の肉質や甘味、旨味をそのまま味わってみませんか。岐阜県のお礼品には、飛騨牛のステーキがお礼品として多数用意されています。ステーキと言っても、ヒレステーキやサーロインステーキ、ロースステーキ、リブロースステーキなどさまざまな種類の肉があります。部位によって赤身の量や霜降りの具合などが違うので、好みに合った肉が必ずあるはずです。脂の旨味を堪能したい方は、サーロインステーキがおすすめです。飛騨牛のサーロインステーキのお礼品は、たとえばたっぷり5枚肉がセットになったお礼品などがあります。きめ細かい霜降りが特徴の飛騨牛のサーロインステーキは、肉質が柔らかで脂に甘味があります。1枚180gなので、ボリュームにも満足すること間違いなしですね。脂肪は少なくていいが、柔らかな肉質を味わいたいという方は、ヒレステーキはいかがでしょうか。ヒレの部分は牛の中でも少ししかとれない高級部位です。ご自身や家族で楽しむのはもちろん、贈答品やギフトとしても喜ばれるに違いありません。飛騨牛のヒレステーキは、とろけるような旨味に定評があります。脂も少なめで食べやすいので、お子さまから高齢者まで幅広い年代に喜ばれる逸品です。お世話になった方や親族へのプレゼントなどにも最適です。

すき焼き

飛騨牛を使ったお礼品は数多く用意されていますが、その中でも特に多いのがすき焼き用のスライス肉です。飛騨牛はステーキやハンバーグ、ローストビーフなどさまざまな食べ方がありますが、飛騨牛のすき焼きもおすすめです。飛騨牛のすき焼き用の肉は、ロース肉や肩ロース肉、細切れなどのスライス肉があり、贅沢に楽しみたい場合は、最上A5等級のスライスを選んでみてはいかがでしょうか。
A5等級というのは、肉の品質レベルの中で一番よい等級です。この最高レベルの贅沢な肉を使ってすき焼きを作れば、特別な食卓になりますね。とろけるような食感と、高品質な肉の旨味や甘味をぜひ堪能してみてください。飛騨牛と毛筆体で書かれた箱に収められたすき焼き肉もあります。届いて箱を開けた瞬間に美しい赤身の肉が詰められていて、見た目にもうれしいお礼品です。
赤肉が多いすき焼き肉は脂身が少なめなモモスライス肉なので、脂っぽい肉が苦手という方におすすめです。
飛騨牛の柔らかな肉質、とろけるような食感をすき焼きで味わってみてはいかがでしょうか。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶはさっと肉に火を通すシンプルな調理法なので、肉の旨味そのものがそのまま口の中に広がる料理です。だからこそ、しゃぶしゃぶに使う肉にはいいものを選びたいもの。そこで、ブランド牛である飛騨牛を選んでみてはいかがでしょうか。飛騨牛肩ロース肉のお礼品は、霜降り具合がすばらしく、指の温度で脂がとろけるほどです。肉本来の味を楽しむためにも、あまり熱を加えすぎずにさっとお湯に通して、口の中で十分に飛騨牛を味わってほしいお礼品です。
肉の色も鮮やかなピンク色で、食欲を刺激すること間違いなしです。口に入れた瞬間に、芳醇な牛肉の味わいが広がります。
飛騨牛のおいしさをしゃぶしゃぶで味わってみてはいかがでしょうか。

焼肉

牛肉の楽しみ方はたくさんありますが、焼肉は、家族や友達みんなでワイワイ楽しめる料理のひとつですよね。飛騨牛の焼肉用スライス肉は、ちょうど食べやすいサイズにカットされているので、届いたらすぐに焼いて食卓に出すことができます。お礼品として用意されている飛騨牛の焼肉は、いろいろな部位がセットになったバラエティー豊かなお礼品もあれば、A5等級にこだわったお礼品もあります。
霜降りが多い肉は、まるで芸術品のように美しく、目を見張るほどです。焼肉で飛騨牛のジューシーな味わいをお楽しみください。

切り落とし

飛騨牛のお礼品の中で、どの肉にするか迷っているという方は、切り落とし肉を選んでみるのはいかがでしょうか。ある程度の大きさと薄さにカットされているので、たとえば煮物や炒め物、牛丼の具、ハッシュドビーフ、ビーフカレーなどさまざまな料理に使用できる便利です。
A5等級の飛騨牛の切り落としという豪華なお礼品もあります。氷温熟成という、0~1.5℃でじっくり20~30日熟成させた切り落とし肉は、飛騨牛の旨味がさらに増し、肉質もさらに柔らかくなっています。肉自体がとてもよいものなので、焼いて食べても煮て食べても、牛丼やカレーなどの具にしてもおいしく食べられることでしょう。飛騨牛の切り落としなら、柔らかい肉質と芳醇な旨味や甘味を兼ね備えたよい肉なので、いつもの料理がワンランクアップすること間違いなしです。料理の幅も広がり、食卓が華やかになることでしょう。血統の良さもさることながら、豊かな自然環境で育った飛騨牛のおいしさを堪能してみてはいかがでしょうか。

岐阜県の特産品と言えば、朴葉味噌(ほおばみそ)や高山ラーメン、からすみや柿などさまざまなものがありますが、なかでも有名なのが飛騨牛です。飛騨牛は、岐阜県の飛騨地方で肥育される黒毛和牛のことです。定義としては、飼養期間が最も長い場所が岐阜県であること、そして飛騨牛銘柄推進協議会登録農家制度にて認定、登録された生産者により肥育されていること、14カ月以上肥育された黒毛和種の肉牛であること、日本食肉格付協会が実施する牛枝肉格付により肉質等級5等級、4等級、3等級と格づけされたものであること。これらすべての条件を達して初めて飛騨牛と認定されます。ただ飛騨地方で育ったというだけでは飛騨牛と名乗れないのです。その血統や等級ランクがしっかりと認定されたものだけが飛騨牛を名乗れます。飛騨牛と認定された牛肉には、飛騨牛表示ラベルが交付され、そこには肉質等級のランクや、生産者の名前や住所、個体識別番号、そして認定日が明記されます。お礼品として飛騨牛を選んだ場合、牛肉と一緒にこの飛騨牛表示ラベルが届くので、誰が育てた牛なのかを確認してみるのもいいですね。飛騨牛銘柄推進協議会のホームページでは、個体識別番号を入力することで、牛の性別や、生まれたときからのすべての産地の履歴、飼育期間や血統まで確認できます。お子さまと一緒にこの履歴を検索すれば、食育にもつながるかもしれませんね。また、これだけ厳重に大切に管理されてきた飛騨牛なので、お子さまから高齢者まで、安心して食べることができますね。飛騨牛の肉質はきめ細かで柔らかく、口の中でとろける食感が特徴といわれています。その飛騨牛を育んでいるのが、岐阜の豊かな自然です。岐阜県の北部には乗鞍岳や御嶽山など北アルプスの高い山が連なっており、きれいな水ときれいな空気、そして広大な大地があります。また、飛騨牛が肥育される飛騨地方は夏と冬の寒暖差が激しく、昼夜の気温差も大きい地域です。こうした気候があるからこそ、飛騨牛は肉に脂が細やかにさし、おいしく育つのです。さらには、育て方やえさにもこだわっています。育成牛は、良質で安全な草がお腹いっぱい与えられます。肥育期の飛騨牛には、厳選されたとうもろこしや大麦などの飼料を配合したえさが与えられ、出荷までの間、農協の認定を受けた農家が丁寧に愛情を込めて育てます。食用の鶏は約56日で出荷されますが、食用の牛は出荷まで約30カ月の間、手間暇をかけて育て上げられるのです。時間をかけることで、サシと呼ばれる脂身がほどよくのり、おいしい肉質に仕上がると言われています。飛騨牛の定義は、肉質等級が3等級以上のものとされていますが、岐阜のふるさと納税のお礼品には、最上位クラスである5等級の飛騨牛を使ったものも多く用意されています。国産和牛の中でも高い肉質と認められた肉を、特別な日の料理として味わうのもいいでしょう。また、両親や祖父母、仕事の得意先など大切な方への贈答品としても喜ばれることでしょう。
ふるさと納税のお礼品に飛騨牛を選ぶなら、ハンバーグ、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉、切り落とし、ローストビーフ、加工品まで、さまざまな種類から好みに合う食べ方を選ぶことができます。
選ぶ部位によって脂ののり方や味わいも違うので、飛騨牛のお好きな部位を選んでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ