認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 日本酒特集

日本酒特集

日本酒は「本醸造酒」「純米酒」「吟醸酒(ぎんじょうしゅ)」「大吟醸酒」など、いくつかに分類されます。さらに、日本酒は米、水、酵母の3つが複雑に絡み合い、蔵元や地方によってさまざまな顔を見せてくれます。この機会に日本酒の魅力をさらに知っていただければと思います。

北海道

北海道といえば、サケ・カニ・いくらなど、魚介類をはじめとするおいしい食材で有名ですが、日本酒も銘酒がそろっています。
北海道北斗市のお礼品である純米吟醸酒は、やわらかな口当たりが好評で地元の人々からも愛されている逸品です。
ちなみに、銘柄はその土地の名称から付けられているのですが、その名の通り北斗産の酒米を使用しており、普段から慣れ親しんだお米を原材料としている点に地元愛を感じます。
他にもフルーティーな味わいとやさしい香りで人気を集めている純米酒もあり、そのやさしい味は女性や日本酒初心者の方でも飲みやすいマイルドな仕上がりとなっています。
アイガモ農法で栽培されている米「吟風(ぎんぷう)」を原材料として醸造されている純米酒もあり、原材料が地元産という部分にもこだわって製造されている日本酒です。
また、北海道産日本酒といえば、最近になり誕生した新しい純米吟醸酒も忘れてはいけません。平成28年の6月に誕生したばかりのニューフェースは、低温でじっくりと丹精込めて醸造された味わい深くキレのある仕上がりとなっています。
北海道の日本酒はまさに、広大な海や山を思わせるおおらかで迫力のある味わいで、一口飲めばみな感動することでしょう。
北海道へふるさと納税をすることで、そのお礼品として地元を代表する日本酒を手に入れることができます。
他の地域に住んでいてなかなか北海道まで足を運べないという方にこそ、ぜひとも味わっていただきたい北海道ならではの日本酒です。
この機会に北海道の香りを感じてみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北地方は年間を通して冷涼な気候なため、低温で醸成させる日本酒においてはこれ以上ない恵まれた環境といえます。
白神山地や北上高地など、高い山々に囲まれた環境で、その山からの澄んだ湧き水は貴重な原材料として東北産日本酒に使用されています。
また、秋田県・山形県・宮城県などお米の生産に力を入れている県では、日本酒用の酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)の製造にも力を入れています。
水とお米にこだわった東北地方の日本酒には、酒造好適米「秋田酒こまち」を使用した純米大吟醸原酒、那須連峰の澄んだ湧き水を使用した福島県産純米吟醸酒、青森産酒造好適米「華想い(はなおもい)」を使用した純米大吟醸酒など、魅力的な日本酒が数多く醸造されています。
他にも、全国的にファンも多い秋田県産大吟醸酒があり、県内でも指折りの奥羽山脈栗駒山系の伏流水を使用し上品な仕上がりとなっています。
また、青森県産酒造好適米「華やかさ」を使用した純米大吟醸酒は、ほどよい甘みが口の中に広がり、後味もスッキリしていて飲みやすい日本酒です。
東北地方は日本でも有数の日本酒製造地域であり、他県の職人には負けないくらい日本酒造りに熱いエリアです。
ふるさと納税を活用することにより、これほどまでに日本酒造りに一生懸命に取り組んでいる東北地方の日本酒を、数に限りはありますが、お礼品として選ぶことができます。
遠く離れたところで暮らしているなど、東北地方の日本酒になじみがないという方も、この機会に東北の味を堪能してみてはどうでしょうか。

関東地方

昔ながらの下町が今でも残る関東地方では、日本酒造りに精を出している酒蔵がたくさんあります。
関東地方というと、首都である東京があることから人口の密集している商業エリアというイメージも強いかもしれませんが、実は山も川もあり、日本酒造りに適した環境が整っています。
富士山系・筑波山系の湧き水は日本酒に使用されることも多く、鬼怒川や利根川の伏流水に関しては、日本酒造りにおける仕込み水としても利用されています。
このように山や川といった自然の恵みから恩恵を享受し、職人の手によりていねいに醸造されているのが関東地方の日本酒なのです。
関東地方には、日本各地の日本酒が集まってくるため、その中でも人気の日本酒は、どこに出しても引けを取らないほどの人気と実力を兼ね備えています。
他にも、千葉県勝浦市では地元の定番酒となっている地酒があります。冷やから燗(かん)まで楽しむことができる万能酒であり、「スローフードジャパン燗酒コンテスト2013」にて金賞を受賞したほどの実力です。
また、茨城県つくば市で「つくばコレクション」にも認定されている純米大吟醸酒は、約150年の歴史ある酒蔵で醸造されている名酒です。
上品な香りを楽しめるだけでなく、キレのある味わいは飲む人を感動させます。
他にもピリッと後味に辛みが残る清酒や、コクがあり後味スッキリな本醸造酒など、関東地方には紹介しきれないほど名酒があります。
ふるさと納税は地域貢献をするのと同時に、その土地の日本酒をたしなむことができるのも魅力です。
ぜひみなさんも一度は関東地方産の日本酒を堪能してください。

中部地方

中部地方には日本アルプスと呼ばれる3つの山脈があり、飛騨山脈(北アルプス)・木曽山脈(中央アルプス)・赤石山脈(南アルプス)の3つの山々に囲まれています。
その中でも中央アルプス最北端に位置する「霧訪(きりとう)山」のきれいな湧き水を使用した純米大吟醸酒は、信州が誇る名酒であり、お米本来の味わいを楽しむことができるだけでなく、フルーティーな香りも楽しめる一石二鳥な日本酒です。
新潟県妙高市が誇る日本酒は、寒冷地でゆっくりと時間をかけて熟成されたキレ味抜群な日本酒として、中部地方以外でも評価が高いことで有名です。
また、石川県白山市で製造されている山廃純米呑切原酒は、「呑切(のみきり)」という製造方法で造られています。
呑切とは、日本酒の製造過程において、「色」「香り」「味」の官能検査を行う上で必要不可欠な作業のことです。
原酒の特徴でもありますが、熟成される前の濃厚かつ深いコクを残しているため、他の製造方法では味わえないパンチのある日本酒となっています。
他にも、季節限定超辛純米酒、特選吟醸酒など、尾張地方の三英傑にまつわる名称の日本酒をはじめ、中部地方を代表する日本酒はたくさんあります。
地域限定品も多く、中部地方に足を運ばなければ味わえないものも珍しくありません。
ふるさと納税では中部地方の日本酒をお礼品として数多くとりそろえているので、この機会にふるさと納税をしてみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿地方といえば、日本でも有数の酒どころとして名高い灘(なだ)がある兵庫県が有名ですが、その他にも和歌山県・奈良県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府でも味わい深い日本酒が製造されています。
特に兵庫県では、伊勢神宮御料酒を全国で唯一献上している蔵元で造られている特別純米酒が有名です。
実はこの日本酒は兵庫県西宮市内でしか手に入れることができない、非常に希少価値の高い日本酒なのです。
料理との相性も抜群で、日本酒好きにはたまらない逸品です。
そして、日本酒といえば和歌山県も忘れてはいけません。
創業140年の歴史を誇る蔵元で醸造されている純米酒は、米のうま味を最大限に引き出したまろやかな味わいと、どっしりとしたコクがマッチした一度は飲んでおくべき日本酒のひとつです。
他にも大阪府の純米大吟醸酒は、選りすぐりの「山田錦」のみを使用して造られており、揚げ物や肉料理などと相性が良い日本酒です。
このように近畿地方では歴史も知名度もある日本酒が多く、歴史にまつわる名称の日本酒や人目を引くような名称など、ネーミングにも味にもこだわりを持っています。
ふるさと納税を行えば、自宅にいながらにして近畿地方の日本酒を楽しむことができます。
この機会に新たな日本酒を試してみてはいかがでしょうか。

中国地方

中国地方は瀬戸内海に面した温暖な気候に恵まれていますが、日本酒造りも盛んに行われています。
ちなみに、岡山県の「美作(みまさか)」は、もともと「美酒(みまさけ)」が転じて付けられたと言われているほどお酒とゆかりのある地域です。
そんな岡山県らしいネーミングの日本酒の数々は、のどごしがスッキリで飲みやすいと地元の人から愛されています。
また、県を代表する日本酒には、スッキリとした味わいにピリッとした辛口がやみつきになる逸品も多く、日頃から日本酒をたしなんでいる方でも満足できる味わいです。
みなさんは幻の酒米と呼ばれている「強力(ごうりき)」をご存じでしょうか?
栽培しにくいため戦後すぐに姿を消してしまった酒米ですが、復活して鳥取県の地酒として飲むことができます。
深いコクが出るのが特徴の強力を使用することにより、現代によみがえった純米吟醸酒の特徴もその深いコクにあります。
コクを出すのはそう簡単なことではなく、一口飲めば強力の迫力に圧倒されること間違いないでしょう。
他にも中国地方には、のどごしがまろやかでフルーティーなものや、スッキリとした味わいで飲みやすい純米大吟醸酒など、中国地方ならではの個性的な日本酒がたくさんあります。
ふるさと納税では中国地方の日本酒を豊富にとりそろえており、ふるさと納税をしたお礼品として受け取ることが可能です。

四国地方

四国地方には山岳地帯が多く、そこから流れ出てくる四万十川(しまんとがわ)や吉野川などの伏流水が四国産の日本酒にはふんだんに使用されています。
実は日本酒の80%は水でできており、名水のあるところにはおいしい酒があると昔から言われてきました。
冒頭でもご紹介しましたが、日本酒造りにはお米だけではなく水も大切な原材料のひとつです。
豊かな水に恵まれた四国の地も、温暖な気候とはいえ、日本酒造りをするのに適した環境と言えるのかもしれません。
高知県芸西村で古くから醸造されてきた純米大吟醸酒は、その豊かな自然のやさしさと職人の愛情が込められています。
口当たりも良く飲みやすい日本酒として地元でも愛されている逸品です。
また、愛媛県で製造されている大吟醸酒はフレッシュな味わいで、飲んだ人にしかわからない独特な風味がやみつきになる日本酒です。
このように独特な風味を持つ日本酒、個性的な味わいの日本酒と出合えるのもふるさと納税の魅力のひとつです。
他にも四国地方にはおいしい日本酒がたくさんあり、黒尊川(くろそんがわ)の恩恵を享受した酸味が特徴的な日本酒は、その個性的な味わいのとりこになってしまうほどの名酒です。
さらに、愛媛県今治市が誇るのどごし抜群の名酒、土佐の深層水を使用したさわやかな味わいの吟醸酒、徳島県阿波市で生まれたコクの深い純米大吟醸酒など、四国地方を代表する名酒がそろっています。
ふるさと納税はふるさとに貢献するだけでなく、そのお礼として地元の特産品・名産品の日本酒を受け取ることができます。
みなさんもぜひ四国地方産の日本酒をご堪能ください。

九州地方

九州地方というと、日本酒よりも焼酎のイメージが強い方も多いのではないでしょうか?
確かに年間を通して温暖な気候に恵まれており、低温で熟成させる必要のある日本酒造りには苦労してきた歴史もあります。
しかし、そんな九州地方だからこそ、どの地域よりも原材料や醸造方法にこだわり、どこにも負けない日本酒を製造しているというプライドがあります。
九州地方の日本酒には他では見られない個性的なものが多く、福岡県産の純米大吟醸酒といえば、その名を聞いたことがある方もいるかもしれません。
また、佐賀県では地元産「山田錦」を使用した純米大吟醸酒が人気を集めており、あくまで地元産にこだわった、独特な風味とコクが人気の日本酒です。
他にも九州地方には魅力的な日本酒がたくさんあり、独特な風味と深いコクが特徴的な特別純米酒など、製造元のこだわりがうかがえる日本酒が多いのが特徴です。
九州地方では他の県には見られない個性的な日本酒が多く、自分に合った日本酒を探したい、今までに飲んだことのないお酒を楽しみたいという方にこそ、ぜひとも飲んでいただきたい日本酒が勢ぞろいしています。
ふるさと納税ではお礼品として九州地方の日本酒も数多く取り扱っており、納税のお礼品として九州地方の選ばれし日本酒を自宅で楽しむことができます。

日本酒といっても、その原材料にどのようなお米を使うのか、どのような水を使用するのか、どのような酒母(しゅぼ)を使うのかによって、日本酒として完成したときの味わい・コク・のどごし・風味は大きく異なります。
まず初めに知っておくべき日本酒の知識として、原材料についてご紹介します。
日本酒のことを少しでも知っている方であれば、「お米」だと回答されます。
しかし、日本酒の原材料はお米だけではありません。
実は「米麹」や「水」も大切な原材料なのです。
それだけにいかに日本酒造りに適した米(酒造好適米)を生産できるか、いかに相性の良い酵母を使用するか、いかに上質な水を用意できるかなど、一本の日本酒が完成するまでにどれほどの労力が費やされているかは計り知れません。
また、日本酒はその醸造方法によっても細かく分類されます。
そもそも日本酒はビールなどと同じように、原材料を発酵させることによりアルコールを生み出しています。
原材料である玄米を「精米」することから日本酒造りは始まります。
近年、大手企業などが精米を大型のコンピューターで管理するようになり、これがきっかけで日本酒の大量生産が可能となりました。
そして次の過程では、「麹造り」が日本酒造りにおいてはポイントとなります。
これは蒸した米に黄麹菌(こうじきん)などを加える作業なのですが、この作業がでんぷんを糖へと変化させます。
この工程が日本酒になるために必要なアルコール発酵を発生させるのです。
ちなみに、泡盛などに使用される「黒麹菌(くろこうじきん)」や「白麹菌(しろこうじきん)」をはじめ麹菌にはたくさんの種類があり、どの麹菌を使用するかにより日本酒の味やコクなどの個性が決まります。
このように日本酒にはさまざまな工程があり、どのような醸造方法で日本酒を製造するかということが、それぞれの蔵元の腕の見せところでもあります。
そして「段仕込み(だんじこみ)」という仕込みに入っていきます。
日本酒造りの基本は3回仕込む「三段仕込み」ですが、中には「十段仕込み」を行うところまで登場しています。
この仕込み回数の違いは、単に回数が多ければ良い日本酒ができるというわけではなく、アルコール度数の調整という意味合いが強いです。
日本酒は「原材料」「麹菌」「仕込み」など、どのような醸造方法で製造されるかが非常に大切なことであり、時代とともに新たな方法も模索されています。
そんな歴史ある日本酒をより身近に感じていただくために、ふるさと納税ではそのお礼品として1,000種類以上の日本酒を全国各地から自由に選ぶことができます。
北海道から九州地方まで、各都道府県の選りすぐりの日本酒が顔をそろえました。
この機会にふるさと納税を活用して、各地の日本酒を味わってみてはいかがでしょうか。
また、各都道府県で地元産の米を使用して醸造方法にもこだわることにより、それぞれの県を代表する日本酒がこれまでにも数多く誕生してきました。
少しでもみなさんに日本酒を身近に感じていただくためにも、ここで日本酒の種類について軽くおさらいしておきます。
・吟醸酒、大吟醸酒、本醸造酒
本醸造酒よりもお米をていねいに研いで洗練されたものが吟醸酒であり、さらに研ぎ澄まされたものが大吟醸酒です。
研いだから良いというわけではなく、研ぎ方により出来栄えに影響するため、各蔵元のさじ加減で個性を出している部分です。
本醸造酒の特徴として、添加物(醸造アルコール)が入っているため飲み口は薄く辛口なものが多い点があります。
・純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒
これら純米と名の付く日本酒は、醸造アルコールが入っていないと考えてください。
つまり、お米と米麹のみで製造されたお酒ということです。
ちなみに、この醸造アルコールとは、でんぷんまたは糖質を原材料として発酵させ、さらに蒸留したアルコールを指しています。
こちらも吟醸酒と同じく、お米をどれだけ研いで仕込んだかによって純米吟醸酒か純米大吟醸酒になるのかが決まります。
純米酒の特徴として、添加物がないため飲み口は濃く、風味の強いものが多い点があります。
・特別純米酒、特別本醸造酒
これらには特別という名前が付いていますが、特別と付けてよいお酒の条件として、精米歩合が60%以下であることが求められます。
つまり、ていねいに研いだお米であることを意味しています。
手間暇がかかっているという点においては、比較的に値段が高価なものが多いです。
このように日本酒は分けることができます。
人それぞれ味には好みがあるため、名称や原材料で判断するのが正しいことでは決してありません。
吟醸酒しか飲めないという方もいれば、本醸造酒が一番良いという方もいます。
飲む温度も変わってきます。吟醸酒の多くは冷酒で飲むことを推奨していますが、純米酒なら常温、燗酒専用のお酒まであります。
近年は、日本酒に関してパーカーポイントを与えるなど、味覚や風味を数値化し、わかりやすくしています。国際的に通用するお酒が出現したことも確かです。
ただ、そういったことはあくまでも自分に合った日本酒を選ぶ参考程度に見ておくと良いでしょう。実際に舌で確かめ、日本酒を味わうということ以上に価値のある体験はないからです。
ふるさと納税という形で地域に貢献をすると同時に、好きな日本酒がいただけることほど幸せなことはありません。
この機会にふるさと納税で日本酒を楽しんでみてはどうでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ