認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 泡盛特集

泡盛特集

沖縄県のお酒といえば、泡盛を思い浮かべる方も多いでしょう。泡盛はタイ米を原料にした蒸留酒で、アルコール度数が高いといったイメージがありますが、お茶やお湯で割ったり、カクテルのベースに用いたりと幅広い飲み方ができ、また料理の調味料としても使われています。ぜひ、いろいろな味わい方で泡盛をご賞味ください。

九州地方

泡盛は製法や原料などにオリジナリティが強く、現在は沖縄県以外の地域でも美味しい泡盛が造られていますが、歴史的な背景から、沖縄県内で造られた泡盛だけを「琉球泡盛」と呼んでいます。
沖縄の工芸品である手作りの陶器をシュロ縄で巻いた壺で3年以上熟成させた泡盛は古酒(クース)と呼ばれ、やわらかい飲み口と甘い後味でアルコール度数の高さを感じさせません。本格的な壺に入った泡盛のため、開封せずに何年も寝かせた後で開封すると、さらに芳醇な古酒として楽しめます。届いたお礼品の泡盛をそのままとっておいて、特別なお祝いの日に琥珀色になった古酒を一緒に飲むという楽しみ方をしてみるのはいかがでしょうか。また、いろいろな泡盛を詰め合わせたセットもあるので、自宅にいながら泡盛のさまざまな味を飲み比べ、自分好みの泡盛を見つけることもできます。

北谷町

北谷町(ちゃたんちょう)には、琉球王朝時代に泡盛の製造を許可されていた首里の赤田で酒造りを営んでいた本家からのれん分けし、その後120年以上にわたり脈々と技術と味を継承し続けている酒造所があります。少人数のスタッフで営んでいるため、無理な大量生産は行わず、出荷数を限定してでも味や風味にこだわり、丁寧に泡盛を造っています。最初は北谷町だけで取り扱われていましたが、現在は全国に多くのファンがいます。
北谷町にゆかりのある名前がそれぞれ付けられた泡盛の飲み比べセットは、どれも美味しくいただくことができます。古酒と一般酒を飲み比べても楽しめますし、同じ年月醸成させた古酒同士、一般酒同士でも、アルコール度数や製造方法、ブレンドの仕方によって味わいや香りが異なります。さまざまな泡盛を味わってみたい方や、自分好みの泡盛を見つけたい方、飲みやすい泡盛がほしいという方にぴったりのお礼品です。

うるま市

うるま市には、自然豊かな環境を生かして長年続く伝統的な酒造所が多く現存しており、古くから受け継がれる技術により美味しい泡盛が造られています。
うるま市を流れる河川の良質な水を利用し、ワインの貯蔵によく用いられるオーク樽で貯蔵した古酒と、タンク貯蔵の泡盛をブレンドすることで、洋酒のような甘い風味と、古酒特有の豊かなコクを兼ね備えた泡盛が戦後に誕生しました。
ふるさと納税では、この歴史的・文化的にも価値のあるお酒を、同じ酒造所で造られた3年古酒100%の泡盛とのセットでお礼品を用意しています。伝統的な蒸留製法、深い味わいを生む麹など、製造から原料にいたるまでこだわったお酒です。
また、贈り物やお部屋のインテリアにもぴったりな手頃な大きさの酒壺に入った3年古酒のお礼品は、甘く芳醇な香りとしっかりした味わい・コクを楽しむことができます。

泡盛は琉球王朝時代に造られるようになり、現在もなお、当時の伝統を受け継いで造られています。
泡盛は、熟成させればさせるほど香りも甘く、なめらかな口あたりになります。現在は全量が3年以上熟成している泡盛を古酒と定義しており、古酒年数を表記している泡盛については、表記年数以上の期間を熟成させた泡盛でなければなりません。また、熟成年数の違う古酒をブレンドした場合は若い方の年数で記載しなければならず、泡盛の一般酒に10%以上の古酒をブレンドした場合の「混和酒」もしくは「ブレンド酒」も、古酒がブレンドされている割合を表記する必要があります。20年古酒や30年古酒の味わいと香りの芳醇さは、世界からも高く評価されています。
沖縄県だけでも豊富な種類の泡盛が造られているので、お好みの泡盛に出合えるでしょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ