認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 焼酎特集

焼酎特集

日本各地でさまざまな焼酎が製造されており、ふるさと納税を活用すれば、各都道府県の特産品・名産品である焼酎を余すことなく堪能できます。 これから焼酎をたしなもうという方にも、焼酎のことならおまかせという方にも楽しんでいただけるラインナップとなっています。 では、みなさんに日本各地のオススメ焼酎をご紹介します。

北海道

北海道といえば、近年の日本では有数のお米の産地として知られています。
良い焼酎を造ろうと思うと原材料である米にこだわることが必須条件であり、北海道ほどの米の収穫量の多い地域からすると、まさに焼酎を製造するのに適した環境であると言えます。
北海道では、焼酎を造る上で欠かせない酒造好適米の開発にも力を入れています。
酒造好適米とは、私たちが普段食べている主食用の米ではなく、日本酒や焼酎を造ることに特化した米を言います。
もちろん主食用の米でも焼酎を造ることは可能ですが、米は米でも酒造りに適した米を使用することにより、よりおいしい焼酎を造ることができるのです。
このように、ひとつひとつにこだわるからこそ、他地域の焼酎にも負けない北海道産の米焼酎が数多く生み出されてきました。
じゃがいもを原材料としたさわやかな味わいとほのかな甘みが特徴的な北海道産芋焼酎は、通常であればくせが強いと言われるじゃがいもを使用していますが、長年の研究によりじゃがいものうまみのみを抽出することに成功しました。
こういった研究の成果が、芋焼酎の特徴でもあった「強いくせ」と「強い香り」をコントロールし、芋焼酎をより飲みやすいマイルドな焼酎へと変えていきました。
また、北海道の焼酎といえば、原材料に黒米「きたのむらさき」を使用した本格的な焼酎も忘れてはいけません。
黒米きたのむらさきならではの香ばしい香りを楽しめるだけでなく、スッキリとした味わいも魅力的な焼酎です。
北海道という広大な自然が育んだ米やじゃがいもを原材料とした焼酎が多く、どれも個性的なコクや香りを楽しめます。
のどごしがスッキリした焼酎も多く、これから焼酎にチャレンジしたいという方にもおいしく飲んでいただけます。
ふるさと納税を活用することにより、自宅にいながらにして北海道産焼酎を楽しむことができるので、この機会にぜひお試しください。

東北地方

東北地方というと、焼酎ではなく日本酒のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。
なぜなら、焼酎は温暖な九州地方で盛んに造られており、日本酒は北海道や東北地方などの寒冷地で主に造られているからです。
その理由として気候が大きく影響しています。
もともと低温で品質管理をしなければならない日本酒は寒冷地で主に製造され、温暖な気候に恵まれた九州地方では蒸留酒である焼酎が盛んに造られてきました。

しかし、製造技術の進歩した現代では、これまでの概念をくつがえし、各地で焼酎の製造が積極的に行われるようになりました。
東北地方の焼酎の中には、フルーティーな味わいと芳醇な香りが魅力的な焼酎もたくさんあり、その優しい味が女性の人気を集めています。ふるさと納税のお礼品の中でも人気の焼酎です。
また、岩手県宮古市産米の「どんぴしゃり」を使用した焼酎は、口当たりがまろやかで焼酎を飲んだことがないという方でも楽しめるお酒です。
他にも深いコクが人気の焼酎やピリッと辛口な焼酎など、東北地方の特産物を原材料として使用した焼酎が名を連ねています。
その地方に与えられた環境の中で、地元で育てられた原材料を使用することにより、その土地ならではの個性的な焼酎を製造できます。
ふるさと納税を活用することにより、東北地方ならではの焼酎をお礼品として自宅で味わうことができます。
日本各地で造られている人気焼酎をその日の気分で選ぶことができるのも、ふるさと納税の良さと言えるでしょう。
みなさんもふるさと納税を有効活用してみてはいかがでしょうか。

関東地方

東京都を中心とする関東地方でも、焼酎の製造は盛んに行われています。
埼玉県を中心に製造されている焼酎は、まろやかで甘みのある味わいが特徴的で、飲みやすいことから女性や焼酎初心者の方から特に人気を集めています。
焼酎には地名やその土地の歴史的背景、製造主の想いが込められた名前が付けられることが多いです。
千葉県の九十九里浜で製造されている芋焼酎は、南白亀(なばき)川という澄んだきれいな水から栄養をたっぷりと吸収した「紅あずま」を100%使用して造られた本格芋焼酎です。
芋焼酎は一般的にかなり濃厚な味で独特の香りが特徴的ではありますが、それはひと昔前までの話であり、最近では焼酎の製造技術も進歩しているため、独特な香りの原因とされていた脂肪状の物質や芋の傷んだ部分やヘタなどを除去することにより、かつてのような強い香りのものは少なくなってきました。
焼酎を日ごろからたしなむ方でも、芋焼酎ならではの香りとコクのある味わいのファンになること間違いないでしょう。
ふるさと納税を活用することにより、関東でしか飲む機会のないような特産品・名産品と呼ばれる焼酎も手軽に手に入れることが可能です。
ふるさと納税をうまく活用して、あなたの焼酎ライフに新たな仲間を加えてみてはいかがでしょうか。

中部地方

みなさんは中部地方というとどのようなイメージを持たれますか?
中部地方といえば、静岡県から山梨県にまたがってそびえ立つ名峰「富士山」があります。
この富士山の澄んだ湧き水を使用した上品な焼酎が中部地方産焼酎の魅力のひとつでもあります。
山梨県の富士山近郊で製造されている焼酎は、金粉入りの麦焼酎、独特の香りがくせになる芋焼酎、ほのかな甘みがやさしい米焼酎とさまざまなバリエーションを楽しむことができます。
また、静岡県で製造されている芋焼酎は、地元産の無農薬で栽培された芋「紅あずま」を原材料に、水は富士山の伏流水を使用するこだわりの逸品です。
ともに富士山の自然の恵みをぜいたくなまでに享受した中部地方でも人気の焼酎であり、長野県では地元産の米を使用した、長野県の良さが凝縮された焼酎がたくさんあります。
そして、愛知県でも地元の芋を使用した本格的な芋焼酎、木曽川水系のきれいな水を使用した清須市を代表する地元産焼酎など、地元の人々に愛されている焼酎が多いのも魅力です。
ふるさと納税を活用することにより、中部地方に行かなければ味わうことのできないような焼酎を楽しめます。
現地は遠くて足を運べないという方にこそ味わっていただきたい焼酎です。
ぜひこの機会にご堪能ください。

近畿地方

近畿地方でも本格焼酎を楽しむことができるのをご存じでしょうか?
広大な土地を持つ和歌山県には、一級河川「熊野川」が流れており、熊野川は奈良県・和歌山県・三重県をつなぐ非常に大きな河川です。
この川の澄んだ伏流水を使用した和歌山県産焼酎は、熊野地方では初となる本格焼酎であり、上品な香りが特徴的で味わいはまろやかに仕上がっています。
また、三重県木曽岬(きそさき)町で製造されている麦焼酎は、もともとは地元の酒店でしか買うことができませんでしたが、時代とともに焼酎の販路は拡大されていきました。それでもなかなか入手しづらい地元限定の焼酎を、ふるさと納税を通じて手に入れてみませんか?
ピリッとした辛口が後を引くうまみを演出しており、もう少しまろやかさも欲しいという方は、お湯で割ってみるのも良いでしょう。
他にもコクが深いのに後味がまろやかな芋焼酎など、近畿地方には一度は飲んでおきたい焼酎がたくさんあります。
ふるさと納税を利用することにより、自宅にいながら近畿地方の焼酎を堪能できるようになりました。
みなさんもこの機会に近畿地方の焼酎を味わってみてはいかがでしょうか。

中国地方

瀬戸内海に面した中国地方では、年間を通して温暖な気候に恵まれており、焼酎造りに適した環境です。
おいしい焼酎の製造が盛んに行われている中国地方の中でも、名水が多いと言われている鳥取県では、鳥取砂丘や海に囲まれ、清涼感あふれる焼酎など、のどごしがスッキリで飲みやすいものが数多く造られています。
また、豊かな土壌と澄んだ空気が魅力的な岡山県では、幻の栗と呼ばれる哲西栗(てっせいぐり)を原材料とした栗焼酎や、後味スッキリな米焼酎など、恵まれた環境で大事に育てられた焼酎がそろっています。

そして、瀬戸内海の温暖な気候が育むぜいたくな焼酎は山口県でも製造されています。
山口県柳井市には平郡島(へいぐんとう)と呼ばれる離島があり、そこで栽培されている紅芋を使用した本格芋焼酎も人気を博しています。
芋焼酎にみられる独特な香りも少なく、くせがないため飲みやすい芋焼酎に仕上がっています。
このように、地元の恵まれた環境を生かして丹精込めて造られている焼酎は、全国にファンがいるほど人気です。
近畿地方や九州地方に住んでいても簡単に行ける距離ではありませんが、ふるさと納税を活用することにより、中国地方の焼酎を鮮度そのままで受け取ることが可能です。
まだ出合ったことのない新しい焼酎の世界へとあなたを誘ってくれるでしょう。

四国地方

四国地方といえば、温かな気候に恵まれた焼酎造りに適したエリアです。そんな環境で育まれた焼酎は、他地域のそれと比べても引けを取りません。
土佐の室戸沖の荒波にも負けない麦焼酎は、焼酎に海洋深層水を使用したまろやかな味わいの焼酎となっています。
海洋深層水とは、長い年月を経て生成される清浄性の高い深層水のため、焼酎に使用することにより、他とは比較できないほどまろやかな味わいを生み出します。
また、徳島県阿波市「阿波市の特産認証品」として登録されている本格米焼酎は、経済産業省から地域のブランドとして登録を受けている阿波山田錦を原材料として100%使用しており、丁寧にじっくりと熟成し造られているまさに特産品と言える焼酎です。
スッキリとした味わいが特徴的であり、地元の方だけでなく日本各地にファンがいる人気焼酎です。
愛媛県では、まろやかなのに深いコクとのどごしが特徴的な栗焼酎などがあり、四国地方全域で精力的に焼酎造りに取り組んでいます。
他県に住んでいるとなかなか味わうことができない四国地方の焼酎でも、ふるさと納税を行うことにより、そのお礼品としてさまざまな焼酎が自宅に届きます。
まだ味わったことのないという方は、ぜひ四国の焼酎をご賞味ください。

九州地方

ご存じの方も多いと思いますが、九州地方といえば、「焼酎」がもっとも盛んに製造されている地域として知られています。
特に南九州(宮崎県・鹿児島県・熊本県)を中心に焼酎の製造が盛んであり、焼酎について記したとされる最古の大工の落書きは、実は鹿児島県にある郡山八幡神社に残されていたものでした。
このように歴史的背景を見ても古来より焼酎と縁のある九州地方は、今でも国内シェアの多くを占めています。
そんな九州地方の焼酎には、佐賀県で製造されている全国的に人気の本格芋焼酎があり、モンドセレクション受賞歴もあるほど実力も備えています。
また、季節限定でさまざまな味のブランドが展開されています。
そして、宮崎県でも有名な焼酎が製造されており、使用する原材料により多少ネーミングを変えるなど、ファンをつかんで離さないための努力を惜しみません。
他にも熊本県で製造されている麹のうまみが際立つ米焼酎、芋焼酎にもかかわらずくせのないフルーティーな味わいの焼酎など、九州産の焼酎は個性と人気を兼ね備えています。
ふるさと納税をうまく活用し、みなさんも九州産の焼酎を味わってみてください。
きっとまた飲みたくなるに間違いありません。

焼酎は今も昔も大衆酒として広く親しまれています。
その歴史は古く、1559年に残された大工の落書きは有名です。
これは鹿児島の郡山八幡神社の改修工事を請け負った大工が落書きとして書き残したものなのですが、その中身は神社の座主が一口も焼酎を飲ませてくれなかったという愚痴でした。
このことからも当時から焼酎が大衆酒として広く世間に知られていたことが分かります。
そして江戸時代初期に書かれた「童蒙酒造記(どうもうしゅぞうき)」では、当時のお酒の価格や製造方法など、お酒に関するあらゆることが記述されており、量と質の両方から見て最高の傑作だと言われています。
このように歴史のあるお酒だからこそ、焼酎は現代でも広く親しまれています。
今では焼酎の原材料には数多くの穀物・植物が使用されており、各都道府県での特産品を使用した焼酎も製造されています。
興味深い原材料としては、ゴマ・大根・トマトなど、どのように製造しているのかいろいろと考えてしまいますね。
香りが豊かで後味がスッキリとした米焼酎は飲みやすく、初心者にもオススメの焼酎と言えるでしょう。ジャパニーズサケとして親しまれている日本酒との違いは、その原材料と製造方法にあります。
日本酒の特徴はご存じの方も多いかと思いますが、「米」を原材料としている点にあります。
米焼酎の原材料も米ですが、精米度が違います。日本酒は醸造過程で雑味となるタンパク質などを除去するべく、精米度を高めます。
一方、米焼酎は、日本酒でいうところの雑味がうまみとなります。そのため、精米度は日本酒に使用するものよりも低く、10~15%程度。原材料は同じでも、扱いや製造方法が大きく異なるため、日本酒と米焼酎は大きく異なるのです。
さらに、焼酎はというと、「米」だけではなく「麦」「芋」「黒糖」「落花生」「そば」「栗」など、さまざまな材料から製造されています。
違いは原材料だけではなく、蒸留の方法でも区別されており、甲類と呼ばれる「連続式蒸留焼酎」と乙類と呼ばれる「単式蒸留焼酎」に分けられます。
これだけの種類や方法により製造されているため、ひとつひとつ味やコク、さらには深みやのどごしも異なります。
2000年初頭に起きた本格焼酎ブームや、原材料である「さつまいも」の高騰による焼酎の値上がりなど、大衆酒であるがゆえに常に世間の注目の的でもありました。
そんな焼酎には米を原材料とする「米焼酎」、麦を原材料とする「麦焼酎」、芋を原材料とする「芋焼酎」などがあり、どれを選べばよいか分からないという方のために、カテゴリー別にまとめてみましたので、お礼品を選ぶ参考にしてみてください。
・米焼酎
その名の通り米を原材料とする焼酎ですが、私たちが普段食べている主食用の米とはまた違った米を使用しています。
酒造に適した酒造好適米という米を使用しており、その米の種類や蒸留方法・仕込み方法などによっても、米焼酎の味やコク、のどごしや風味は変わってきます。
その製造過程が日本酒に通ずる部分もあるため、日本酒好きなら抵抗なく飲める焼酎です。
のどごしはまろやかで、フルーティーな甘い香り。女性受けもよく飲みやすいのが米焼酎の特徴であり、思っていたよりもサラッと飲めてしまうため、これから焼酎デビューをしたいという方にもオススメです。
・麦焼酎
麦焼酎は麦を原材料としていますが、麦といっても大麦を使用しており、特徴はくせがなく飲みやすいことです。
一般的に認知され始めたのは、1970年代に大分県で製造された麦麹に麦を掛け合わせた麦焼酎のブレークがきっかけです。その後は日本各地でも親しまれるようになりました。
実は麦は焼酎だけではなく、ビール、ウィスキーなどにも使用されているほどお酒になくてはならない存在なのです。
そんな麦焼酎は口当たりも良く飲みやすいですが、種類によっては香りが強いものやコクのあるものまでいろいろで、その日の気分でさまざまな麦焼酎を楽しめるのが魅力です。
・芋焼酎
みなさんは芋焼酎というと、まず初めにあの独特な香りや味を思い浮かべるのではないでしょうか?
現在はその香りも自在にコントロールできる醸造技術を持っています。
もちろん芋焼酎でも強い香りや深いコクを魅力としているものもたくさん製造されています。あの独特の香りは、醸造過程に出る脂肪状の物質(脂肪酸エチルエステル)が酸化すると発生するもののため、この香りを好む向きもある一方で、貯蔵過程では焼酎の劣化にもつながるのでこれを除去するようになってきました。
さらに、独特な香りの一画をなすと言われているわずかなアンモニア臭も、芋の傷んだ部分やヘタの処理などが細かく行われていることから、かつてのようなくせのある焼酎ではなく、味わい深く香り豊かな個性の強い焼酎へと変わってきました。
原材料である芋はもともと糖度の高い野菜であるため、それをもとに作られた焼酎は強めの甘い香りが特徴です。
度数が強いものが多いのも特徴と言えるでしょう。そのため芋焼酎を楽しみたい方にオススメなのは、水やお湯で割る飲み方です。
水割りやお湯割りであれば、芋焼酎の良さを損なうことなくお酒本来の味を楽しむことができます。
米焼酎、麦焼酎、芋焼酎以外にも、「黒糖」「落花生」「そば」「栗」など焼酎にはバリエーション豊かな原材料が使われており、それぞれが味・コク・のどごし・風味に特徴があります。

焼酎にはさまざまな種類があり、その製造方法も素材によって創意工夫が見られます。さらに、焼酎のたしなみ方は飲む人によって個性があらわれます。
例えば、奄美群島で主に造られている黒糖焼酎ですが、地元の人の中には原材料である黒糖をなめながら黒糖焼酎をたしなむ方もいるそうです。地元ならではの粋な飲み方ですよね。
これまでは女性よりも男性に好まれる傾向の高かった焼酎も、今ではおしゃれなカクテル感覚で、女性が好んで飲む人気のお酒へと変貌を遂げました。
今や安定した人気を誇っている焼酎ですが、やはり遠く離れた地域で作られている限定的な焼酎は地元へ行かなければ手に入りません。
しかし、各都道府県のふるさと納税のお礼品には数百種類にもおよぶ焼酎の取り扱いがあります。
みなさんのふるさとへの貢献が、お礼として形あるものでお返しされることは何よりもうれしいことではないでしょうか。
取り扱っている焼酎も多いため、どの焼酎にしようかと悩む時もあるでしょう。
そんな方には、各都道府県で用意している焼酎の詰め合わせセットなどがオススメです。
いろいろな焼酎を楽しめるということだけでなく、未知の焼酎に出合える可能性があることもおすすめする理由のひとつです。
この機会にあなたにとって一生物となるすてきな焼酎と出合えることを願っています。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ