認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 ラーメン特集

ラーメン特集

”ラーメン”は今や”RAMEN”と記述するほどワールドワイドなもの。そして日本人にとってラーメンは欠かせない食べ物です。 ふるさと納税のお礼品には、各地の実力派ラーメンがそろっていて、地元でしか食べることができないラーメンを入手することができます。ふるさと納税でとびきりのラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。

北海道

広大な自然に恵まれた北海道は、海の幸や農産物、乳製品など豊富な食材がそろう、まさに食の宝庫です。北海道のグルメの中でもラーメンは抜群の人気を誇り、「札幌ラーメン」や「旭川ラーメン」など全国的にも有名なラーメンがあります。
旭川市のお礼品の「旭川ラーメン」は、ご当地ラーメンブームの火付け役としても知られる、全国的にも有名なラーメンです。豚骨と魚介類を合わせた醤油ベースのあっさり目のスープと細めの縮れ麺が特徴です。奇をてらうことのない「昔ながらのラーメン」を思わせる「旭川ラーメン」は、大人から子どもまで皆に愛される味です。
北斗(ほくと)市のお礼品では北海道産小麦を使用したラーメンがあります。職人手打ちのコシのある麺と時間をかけて作られた優しい味のスープが織りなすハーモニーはたおやかで優しい味で、「しじみラーメン」「鮭節つけめん」「鯛塩ラーメン」など珍しいラーメンがそろっています。
名寄(なよろ)市には、雨の少ない乾いた気候を活かしてラーメンが作られています。名寄の代表する山からその名前を冠したラーメンで、低温で96時間かけて自然乾燥させた細麺は、コシがありつつ、のどごしはなめらかでスープとよく絡みます。お礼品では鶏ガラベースの醤油、コクのある味噌、あっさりの塩の三種類がセットになっています。
ちなみに「ピヤシリ」とはアイヌ語で「岩のある山」を意味します。山頂近くに岩が多いことから名付けられた山の名前、名寄の代名詞とも言えるのかもしれません。
珍しいラーメンとしては、浦河町の日高昆布を使ったラーメンがあります。北海道産小麦粉に北海道産日高昆布を練り込んだ麺は、自然乾燥によって熟成されて、もちもちの食感が楽しめます。「カニ塩」「鮭醤油」など北海道ならではのスープに、麺の昆布ダシが広がるコクのあるラーメンです。
日本最北の町、稚内(わっかない)市のお礼品は、北海道のいろいろなラーメンが楽しめるラーメンのセットがあります。宗谷の海から採れた「宗谷の塩」を使った塩ラーメンや、海鮮スープと無着色麺を合わせたラーメン、北海道産小麦を使った麺と豚骨ベースのカレースープがコラボしたカレーラーメン、地元産生クリームを使用したクリーミーなラーメンなど、バラエティ豊かなラーメンを楽しむことができます。

東北地方

ふるさと納税のお礼品には、各地の郷土色豊かなラーメンがそろっています。東北地方のラーメンは煮干しや鶏ガラを使ったあっさりとしたラーメンが多いのが特徴です。
日本で一番ラーメンが食べられているという山形県は、人口10万人あたりのラーメン店数全国第1位を誇ります。中でも有名なのが、昆布と煮干しを使った和風のスープが特徴の「酒田ラーメン」です。酒田市のお礼品には、2017年ニューヨークで開催された「Japan Fes」にて第三位を獲得した「酒田ラーメン」が選ばれています。
尾花沢市には山形発のご当地ラーメン「冷やしラーメン」があります。冷たい醤油ラーメンは、冷やしても油が浮かないように工夫されたスープが特徴で、中細縮れ麺との相性が抜群です。
秋田県横手市には麺の町十文字で生まれた「十文字中華そば」「十文字ラーメン」があります。煮干しや鰹節のダシがベースのあっさりとした醤油味のスープで、昔ながらの懐かしいラーメンが食べたい人におすすめです。
岩手県宮古市では地元で採れる海の幸を活かした「宮古ラーメン」があります。豚骨、鶏ガラ、煮干しをベースに時間をかけて作ったスープに、こだわりのチャーシューがセットになったラーメンと、ホタテをまるごと使ったスープにわかめ、ふのりが合わさった磯の香り満載の宮古ならではの「磯ラーメン」の二種類が選べます。
福島県西郷村(にしごうむら)では、甲子高原のおいしい水を活かして練り上げられた麺が美味しいラーメンがお礼品に選ばれています。ツルツル、もちもちとした食感の麺と、国産原料で作った二種類のスープ、福島県産「麓山高原豚」で作ったチャーシューとすべてにこだわったラーメンです。
福島県須賀川(すかがわ)市のお礼品は特産品「岩瀬きゅうり」のしぼり汁を使った珍しいラーメンです。冷やし中華用の麺と温かいラーメン用の麺の二種類があり、きゅうりのほのかな風味が楽しめる麺をぜひ味わってみてください。

関東地方

関東地方の各地でも個性豊かなラーメンのお礼品があります。千葉県勝浦市のお礼品には、2015年B-1グランプリでゴールドグランプリを受賞した実力派ラーメン「勝浦タンタンメン」が選ばれています。「勝浦タンタンメン」は地元の漁師さんが寒い冬、冷えた体を温めるために食べたラーメンが発祥で、みじん切りの玉ねぎの甘さと唐辛子の辛さが合わさった、身も心も温まるラーメンです。
栃木県では那須の天然水で練ったコシのある麺が特徴の生ラーメンがあります。コクのある二種類のスープや地元ブランド豚「那須郡司豚」で作った本格派チャーシューなど、全てにこだわって作られたラーメンです。
神奈川県中井町は豊かな湧水が出る田園地帯です。中井町のお礼品には明治10年に創業した老舗製麺会社が作る国産小麦粉使用のラーメンがあります。添加物を使用せず、電解水、高知県産の天海の塩、蒙古王かんすいなど、厳選した原料を使い、製粉から製麺まで職人がこだわり抜いて作った麺は、小麦の風味が生きたもちもちとした食感が特徴です。
珍しいお礼品としては、茨城県五霞(ごか)町のお礼品で提供されるラーメンがあります。国産米粉を使った麺に国産大麦若葉(粉末青汁)とオリゴ糖を練り込んだ麺はうっすらと緑色で、もっちりとしたコシとのどごしの良さが特徴です。小売店では販売されていないラーメンですが、ふるさと納税なら手に入れることができます。

中部地方

中部地方にも郷土色豊かなラーメンがそろっています。
中部地方のラーメンとして全国的にも有名な「高山ラーメン」は、岐阜県美濃加茂市や関市のお礼品に選ばれています。高山ラーメンといえば、細めの縮れ麺と油分が少ない鶏ガラベースの醤油スープで、あっさりとしたラーメンです。お礼品に選ばれているラーメンは、麺、スープ、チャーシューすべてにこだわった本物の味。ふるさと納税でぜひ本場の高山ラーメンを味わってくださいね。
同じく岐阜県の特産品として有名なのが高級和牛「飛騨牛」ですが、飛騨市のお礼品では飛騨牛のエキスを使用した「飛騨牛ラーメン」があります。醤油ベースのスープに飛騨牛エキスが入ったスープは、まろやかで濃厚な旨味が楽しめます。
長野県飯田市では明治30年創業の老舗製麺所で作られる生ラーメンがお礼品に選ばれています。長野県産小麦粉を使って作られたこだわりの麺を使ったラーメンは、煮干しでとったダシが効いた昔ながらの中華そばや、ゴマをたっぷり入れた濃厚ダレの担々麺などが揃います。中でも目を引くのが、地元の短期大学とコラボレーションしたつけ麺です。高野豆腐を粉末にして練り込んだ麺は、通常のラーメンよりも栄養価が高く、健康志向の方におすすめです。
富山県のお礼品には、東京ラーメンショーで5回の優勝を誇る「富山ブラック」があります。「富山ブラック」とはその名のとおり黒醤油を使った真っ黒いスープのラーメンで、もともとは汗を大量にかく肉体労働者の塩分補給用に、ご飯と一緒に食べるために作られたラーメンでしたが、現在では、見た目よりは塩分は控えめ、あっさりとしたコクのある醤油ラーメンとして人気を集めています。
富山県射水市のお礼品では「富山ブラック」と富山名産の白エビを使ったラーメンのセットがあります。

近畿地方

近畿地方のラーメンといえば、「和歌山ラーメン」が有名です。TV番組で全国の名だたるラーメンを押さえて「日本一うまいラーメン」に選ばれたことをきっかけに、全国に知られるようになりました。
醤油発祥の地である和歌山県らしく、白濁した豚骨醤油ベースのスープが特徴ですが、最近では澄んだ醤油系のスープなど新しい系統も生まれています。麺は細めのストレート麺で比較的柔らかめのお店が多いと言われています。
ふるさと納税のお礼品では、和歌山名産の醤油を使用したスープやにんにくを効かせたこってり豚骨醤油スープ、鯛のアラから取ったダシを効かせたスープなど、さまざまなバリエーションの和歌山ラーメンが楽しめます。
また、和歌山ラーメンは「名店」と呼ばれる行列のできるお店も多く、地元の人気店のラーメンを集めたセットがお礼品に選ばれています。いろいろなお店の味を食べ比べするのも楽しいですね。
兵庫県太子町のお礼品では、播州平野の小麦と、赤穂の天然塩、揖保川の水など地元の恵みを活かして作られた麺類のセットがお礼品に選ばれています。つけ麺や冷やし中華、カレーうどんなどが楽しめます。
また、いろいろなラーメンを楽しみたいという人は、京都、奈良、大阪の人気ラーメン店のラーメンのセットもおすすめです。各地の名店の味を自宅で楽しめるのもふるさと納税ならではですね。

中国地方

中国地方にも各地にご当地ラーメンがあります。
岡山県津山市の「津山ラーメン」は、地元産の山の芋を練り込んだコシのある細麺が特徴のラーメンです。豚骨と鶏ガラベースのスープに津山産の「レンゲはちみつ」を隠し味に入れるなど、特産品を活かしたご当地ラーメンに仕上がっています。ふるさと納税のお礼品には、津山ラーメンと地元産そばやうどんとのセットが選ばれています。
広島県の「広島ラーメン」はまだ知名度は高くないですが、高いレベルの店も多いと言われています。広島ラーメンは豚骨スープに固めの細麺という博多ラーメンの影響を受けつつ、鶏ガラや野菜などのまろやかさを加えた優しいスープが特徴です。
広島県大竹市のお礼品には麺一筋68年の老舗製麺所がつくる半生ラーメンがあります。冷風で一昼夜乾燥させ、しっかり熟成させた麺は、なめらかさとコシの強い麺に仕上がり「麺がうまい!」と評判です。スープにも瀬戸内のいりこや牡蠣を使うなど、広島の特徴を活かしたラーメンに仕上がっています。豚骨醤油ベースの「広島ラーメン」に加え、唐辛子が聞いた鬼辛ラーメン、塩ラーメン、胡麻ダレつけ麺、担々麺などバラエティ豊かなセットが楽しめます。
山口県柳井市では、山口県産の米粉や自然薯(じねんじょ)、こんにゃくなど国産原料にこだわったラーメンがお礼品に選ばれています。自然薯やこんにゃくには、食物繊維がたっぷりで健康志向の人におすすめ。小麦粉を使用していないので、小麦アレルギーの人でも楽しめるラーメンです。

九州地方

「博多ラーメン」や「熊本ラーメン」など、全国的にも人気の高いラーメンが多い九州は、ラーメンをお礼品に選ぶ自治体が最も多い地域です。九州のラーメンといえば豚骨スープを思い浮かべる人も多いですが、地域ごとにスープやトッピングなどに違いがあり、個性豊かなラーメンが楽しめます。
福岡県春日市のお礼品には、ラーメン用に開発した福岡県オリジナル小麦「ラー麦」を使用した博多とんこつラーメンがあります。「ラー麦」で作った麺は「歯切れがよい」「コシがある」と評判です。
また、春日市や太宰府市、大野城市では地元の名店のラーメンがお礼品に選ばれているので、自宅に居ながら人気店の味を楽しむことができます。
博多ラーメンのルーツとも言われているのが「久留米ラーメン」です。久留米ラーメンは博多ラーメンよりもスープが濃厚で、豚骨臭も強め。パンチのあるスープが人気です。久留米市のお礼品では地元でしか食べられない「久留米ラーメン」がもらえます。
また、九州のいろいろなラーメンを楽しみたいなら、九州ご当地のラーメンのセットがおすすめです。「博多ラーメン」「久留米ラーメン」「熊本ラーメン」「長崎あごだしラーメン」「鹿児島ラーメン」など個性豊かな各地のラーメンがそろっています。
「熊本ラーメン」もまた全国で名を知られる九州のラーメンです。博多ラーメンよりも太い麺と、鶏ガラを加えたマイルドなスープが特徴で、トッピングの焦がしたにんにくが香ばしく香ります。玉名市のお礼品では元祖熊本ラーメンと言われる名店のラーメンがお礼品に選ばれています。
「鹿児島ラーメン」は九州の中でも独自の路線を行くラーメンで、豚骨スープがベースにありながら、野菜や鶏ガラなどを使った、あっさり目のスープと柔らかめの太麺が特徴です。指宿市のお礼品では「鹿児島ラーメン」「黒豚ラーメン」「辛子高菜ラーメン」のセットがもらえます。

もはや日本の国民食とも言えるラーメンですが、皆さんもご存じの通りそのルーツは中国の麺料理にあると言われています。日本におけるラーメンの歴史としては、1667年日本で初めて水戸光圀公が中華麺を口にしたとの記録が残っていますが、その後中華麺が日本で広く食べられることはありませんでした。
明治維新によって、海外から日本に移り住んだ人たちが、海外の食文化を日本に持ち込むようになって、中華料理を初め外国の料理が少しずつ知られるようになります。そのような背景の中、1910年に日本初のラーメン店と言われる「来々軒」が浅草でオープンしました。来々軒のラーメンは、中国の麺料理を日本風にアレンジした現在のラーメンに近い形のラーメンであったと言われています。
その後、1923年に札幌初のラーメン店「竹家食堂」がオープン。1925年には福島県喜多方に「源来軒」、1932年大阪梅田のデパートに「支那食堂」、1937年九州の屋台ラーメン「南京千両」など、全国各地にラーメン店が次々と開店しました。
第二次世界大戦が始まると、原料不足などからラーメン店の多くは閉店を余儀なくされますが、戦後は各地の闇市でラーメンが人気となります。
その後、1940年代から1950年代にかけて、札幌の「味の三平」や久留米の「三九」、中野「大勝軒」など現在のラーメンの源流となるお店が開店し、ラーメンは徐々に人々の身近な食べ物として広まっていきます。
1958年、日本発のインスタントラーメンが発売されたことをきっかけに、「ラーメン」という呼び名が急速に全国に定着していきました。1971年にはお湯を注ぐだけのカップ麺も販売され、インスタントラーメンは、最も手軽な食べ物の1つとして人々に広く愛されるようになりました。
1980年代に入ると、町おこしの一貫として「喜多方ラーメン」が全国に広められたり、「荻窪ラーメン」がTV番組で紹介されて一気に知名度が上がったりと、各地のラーメンが全国的に注目されるようになってきます。そんな中、1989年には首都圏を中心に「とんこつラーメンブーム」が起こり、首都圏で博多ラーメンのお店が次々と開店するようになりました。
1994年には横浜にラーメン博物館が開館し、全国各地にあるラーメンの種類の多さや奥深さが広く知られるようになり、ますますラーメンの人気が高まっていきました。
その後、1990年台終わりごろから、「旭川ラーメン」をスタートに、全国の美味しいラーメンが注目され「ご当地ラーメンブーム」が起こります。
「ご当地ラーメンブーム」に続いては、「つけ麺ブーム」や「ドロ系ラーメンブーム」、「淡麗系ラーメンブーム」など数々のブームが続き、各地のラーメンはますます進化を続けています。最近では日本を訪れる外国人観光客にラーメンが人気で、2016年度観光庁の訪日外国人旅行者向けの調査によると、日本で満足した飲食として、寿司や肉料理と並んでラーメンが上位に入っています。
また、最近ではラーメンの人気は国内のみならず、海外でも「Ramen」という名前でラーメンが広まりつつあります。2013年には経済産業省が「クールジャパン戦略促進事業」の一つに、ヨーロッパへのラーメン店の出店を促進する事業を採択するなど、海外出店をするラーメン店は年々増え初め、ロンドンでは現在では100店舗以上のラーメン店があると言われています。現在ではヨーロッパ、アメリカだけでなく、タイ、シンガポール、インドネシアなど東南アジアへの出店も増え、日本文化を伝える「食」としてもラーメンは広く世界に知られるようになりました。
日本を代表する食べ物であるラーメンですが、一口にラーメンといっても、その土地ごとに、スープや麺、トッピングなどが異なり、二つとして同じラーメンはありません。
ふるさと納税のお礼品では、その土地で収穫された小麦を使ったこだわりの麺や、魚介や肉など、地元の特産品から取ったダシを使ったスープなど、その土地ならではのラーメンが数多く揃います。
日本では、蕎麦やうどんなど、古くから麺類が食されてきた歴史があり、各地に伝わる麺作りの技術を活かし、ラーメン用の麺が作られています。麺の品質はラーメンののどごしや食感を大きく左右する要素で、こだわりを持って作られた麺は、一口食べるとその違いに驚くほどです。
ふるさと納税のお礼品に選ばれているラーメンは、麺職人が作ったとびきりの麺がたくさんそろっています。「麺の美味しさ」にも注目してラーメンを味わってみるのもいいですね。
ラーメンの個性を決めるスープは、大きく分けて、醤油、塩、味噌、豚骨などがありますが、これらに野菜や鶏ガラ、魚介類など様々な食材を組み合わせることで、無限とも言えるバリエーションのスープが作ることができます。
日本各地にはその土地ならではの食材を活かして独自の進化を遂げたスープがたくさんあります。その土地で発展し、その土地に根付いた味のラーメンは、地域の風土や食文化を伝える品として、ふるさと納税のお礼品に選ぶ自治体も多くあります。
最近では全国各地に出店するご当地ラーメンのお店も増えてきましたが、まだまだ各地には、その土地でしか食べられないラーメンがたくさんあります。中には行列ができるほどの人気店もあり、自宅に居ながら、全国各地の名店のラーメンを楽しめるのもふるさと納税の醍醐味ではないでしょうか?
お気に入りのラーメンを作っている土地に寄付をするも良し、まだ食べたことのない各地のラーメンを試してみるも良し、各地に少しずつ寄付をして全国のラーメンを食べ比べるも良し、いろいろな楽しみ方でラーメンを味わってみてください。ふるさと納税を通じて、日本のラーメンの奥深さに触れてみませんか?

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ