認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 グラス特集

グラス特集

ふるさと納税のお礼品には、各地のガラス工芸家が作ったグラスがそろっています。グラスに木の台がついているもの、模様のモチーフがユニークなもの、漆の伝統技法をほどこしたもの、好きな文字を彫ってくれるものなど、個性的なグラスが数多く用意されています。自分にぴったり合うお気に入りのグラスを探してみませんか。

北海道

北海道からは、旭川市のガラスと木とのコラボレーションによる「木Glass(きぐらす)」というグラスが用意されています。木Glassは、旭川在住のガラス作家と木工作家の共同作業により作られています。片口やグイノミ、グラスなどの種類があり、ハンドメードの吹きガラスでできています。グイノミは、日本酒を一口で飲み干すための杯です。冬の厳しい旭川の軒先にできるつららをイメージしたデザインで、渦やひび、そして吹雪といった雪原風景を連想させる模様が入っています。グラスは、ちょうどビールやワインを飲むのに適した大きさです。
片口やグイノミ、グラスには、それぞれ槐(えんじゅ)*の木でできた木台がついています。槐は北海道が主産地とされる落葉樹で、「延寿」という字があてられることもあり、寿命が延びるとあって、プレゼントにも最適です。
*木材としては通常エンジュで流通していますが正式な和名はイヌエンジュで、本来のエンジュとは別の樹木です。
また、吹きガラスによるグラスはそのままで、福井県の伝統工芸である漆器を木台にしたセットも用意されています。木台の色は黒と古代朱の2種類がセットになっていて、艶消し加工により落ちついた上品な雰囲気になっています。
湿度の低い旭川市は、木材を乾燥させるのに適した気候です。そのような風土の中でガラスに魅了され、丁寧に酒器を作りだすガラス職人の技と、大自然が生みだした木が組み合わさった個性豊かなグラスをぜひ使ってみてください。

関東地方

埼玉県蕨市(わらびし)のお礼品には、同市ゆかりの河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の骸骨絵をモチーフにした色褪せグラスがあります。河鍋暁斎は、江戸末期から明治期にかけて活躍した絵師で、狩野派と浮世絵を学び、独特の世界観を生み出しました。
暁斎といえば何といっても、幽霊や骸骨の浮世絵や日本画が圧巻です。一見すると恐ろしいモチーフですが、暁斎は骸骨をユーモラスにいきいきと表現するなど、その表現技法は豊かで、彼の人柄がしのばれます。そんな数ある暁斎の作品の中からモチーフに選ばれたのは三味線を弾く骸骨。「人間、一皮むけば、みな同じ」といわれるように、暁斎は骸骨を通じて、あくせく働く人々に肩の力を抜いた生き方もあることを教えてくれます。グラスには、高圧のガスで砂をグラスに吹きつけて絵を彫刻する、サンドブラストという技法が使われています。
忙しい日常から開放され、暁斎の絵を眺めながらゆったりとした気分でグラスを傾けると、その日の疲れもとれることでしょう。

中部地方

静岡県には約450年の漆器づくりの伝統があり、お礼品には、駿河漆器の伝統的な技術を用い、グラスと和紙、漆そして金箔という4つの素材をマッチさせた上質の和紙グラスが用意されています。グラスの底部分に金箔を貼り、さらにその上から和紙を貼って、最後に漆を塗布したものです。グラスの内側から底を見ると、まるで金の花びらが開いたようなきらびやかさがあります。また、和紙独特の風合いとともに、漆器のしっとりとした肌触りが感じられるでしょう。贈答用の和紙グラスセット、普段使いとしての漆の冷酒器と酒杯セットなど、用途に応じて選べます。
福井県小浜市では、OBAMAガラスによる数種のグラスセットが用意されています。OBAMAガラスは、沖縄のガラス工芸をもとに、小浜の風土に合わせて、手になじみ、鮮やかで、質感のあるガラス作りを目指したものです。冬こそビールという方には冬ビールグラスセットがあります。鮮やかな青色のグラスに白い雪のような模様が入っていて、青空に雪が舞っているようなイメージのグラスです。側面を波打つ感じに仕上げ、軽量で持ちやすいように配慮されています。
ウイスキーのロックなどをたしなむ人には、冬のロックグラスセットがおすすめです。飲み口が分厚く、飲みやすくなっていて、ビールグラスと同じく、鮮やかな青に白い雪の模様が印象的。こちらも側面が持ちやすいような形状に仕上がっています。
また、グラスの側面がひだ状になっているグラスもあります。金色に光るガラスを黒の素地のグラスに巻きつけたブラックメタル調のほか、スカイブルーの素地にゴールド、ピンク、ホワイトの3色のガラスを巻きつけたものもあり、どちらも専用の桐箱入りなので、贈答用としても利用できます。

近畿地方

兵庫県上郡町(かみごおりちょう)では、地元で活躍する吹きガラス工芸作家の作品がお礼品として選ばれています。冷茶グラスには白ベースのものと青ベースのものの2種類があり、表面に銀箔を貼り、ひび割れ模様が描かれ、さらに透明なラインがランダムにほどこされています。どちらも涼しげな色調の、上品かつシックな仕上がりで、ふるさと納税では5客セットで用意されています。
また、グラスの下部が三角の形状をしている三角グラスには3タイプがあります。グラスの表面の銀箔の上にランダムな白ラインが入ったもの、銀箔の上に青と白のラインがランダムに入ったもの、グラスの下部に雲を表現した白い粒が入り、その上に青と水色の模様が流れるように入ったものがあり、どれもペアセットになっています。
和テイストがお好みの方には、赤いロックグラスがおすすめです。赤の同系色を2色混ぜ合わせた地色の表面に、金箔とピンクの粒が流れるように入っています。内側には白い粒が入っていて、外側だけでなく内側からも模様が楽しめます。
滋賀県長浜市からは、ハンドメードの吹きガラスが用意されています。オーロラグラスと名付けられたペアグラスで、底部は丸みをおびていて、その形状に合わせるように、ブルーとグリーン系、ブルーとピンク系の色がそれぞれのグラスの底に入っていて、オーロラのようなイメージを表現しています。

四国地方

愛媛県今治市には、伝統工芸の桜井漆器の技法を使ったクリスタルグラスがあります。日本の伝統美を表現した美しいグラスで、1997年度えひめ暮らしの工芸品デザインコンクールの木材・ガラス工芸部門でデザイン賞を受賞しました。桜井漆器の歴史は古く、250年前から漆器を作っていたことが文献に残されていて、時代に応じてさまざまな技法を編み出し、今なお伝統を受け継いでいます。お礼品はクリスタルグラスに漆をほどこしたオリジナル作品で、赤と黒2色のペアグラスが用意されています。
高知県西南部に位置する黒潮町からは各種グラスのセット。太平洋が眼前に広がることから、海や空、夏をイメージしたグラスです。ふるさと納税では、シリーズセットとしてミナモと水の環があります。ミナモは、潜った海のなかから見上げた景色が表現されています。直径・高さともに8㎝のロックグラスは、初夏を感じながらロックでお酒を飲むのにちょうどいい大きさです。水の環は、砂浜と海を表していて、空から降った雨が川になり、やがて海に注ぎ、また空へと戻る、そんな水の循環が感じとれる作品に仕上がっています。お礼品のセットには、ピルスナーとロックグラスがそれぞれ2個ずつ含まれています。

九州地方

福岡県香春町(かわらまち)からは、上野(あがの)焼の窯元で焼き上げた、陶器のグラスがお礼品として用意されています。ガラス製とは違い、陶器独特の土のぬくもりが感じられるグラスです。上野焼には釉薬(ゆうやく=うわぐすり)の種類が多く、窯変(ようへん)といって釉薬が溶けてさまざまな模様を作りだすのが特徴で、上野焼で作られた陶グラスは独特の風合いを生みだしています。どれひとつとして同じものがないといわれる陶グラスは、世界に一つしかない自分だけのオリジナルグラスになることでしょう。
鹿児島県徳之島町にはユニークなグラスがあります。鹿児島といえば薩摩焼酎が有名ですが、徳之島で造られた黒糖焼酎とセットになっているグラスには、好きな文字を彫ってもらえるサービスが付いています。「感謝」「ありがとう」「ご苦労様」など、思いを込めたメッセージを入れて黒糖焼酎とグラスのセットをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

グラスはよく使う身近な食器なので意識することは少ないかもしれませんが、生活する上でなくてはならないものです。
地域に根差したガラス工芸作家の息吹と熱意が感じられるグラスや、伝統工芸作家とのコラボレーションによる斬新なデザインの個性的なグラスは、プレゼントとしてもおすすめです。ふるさと納税を利用してお気に入りのグラスをぜひ探してみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ