認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 食器特集

食器特集

日本の食器と聞いて、漆器や陶器、天然木の食器といった伝統工芸品が思い浮かぶでしょうか。ふるさと納税のお礼品には、そういった昔ながらの伝統的な食器に加え、新しい技術を駆使した、使いやすくスタイリッシュな食器の数々も用意されています。ぜひこの機会に、今まで知らなかった日本各地の食器と出会ってみませんか。

北海道

木でできた製品を使うと、家の中でも自然の息づかいを感じとることができます。手触りが滑らかで触れたときの感触も気持ちのいいものです。それが国産の天然木だったら、なおのこと温かみが感じられるのではないでしょうか。山林資源が豊富な北海道の大地で育まれた天然木は、反りや曲がり、大きな割れが起きにくい強く良質な木が多いため、北海道ではお礼品に、天然木で作られた食器が数多く用意されています。
「オニグルミ」は、他の木材ほどはっきりした木目模様ではなく淡い茶褐色の優しい雰囲気で、触るとスベスベした気持ちのいい肌触りの木材です。衝撃に強く狂いも少ないため、かつては大砲台にも使われたほど強く良質な木ですが、現在では手に入れることが難しい希少な木材となってしまいました。そんな貴重なオニグルミ材を贅沢に使って一枚もののカッティングボードに仕上げました。つぎ目がないため衛生面でも安心で、そのままプレートとして使っても食卓が華やかになります。
古材を手彫りして作った一点もののカトラリーセットもキッチンや食卓に温もりをもたらします。木材に合わせて手作業で作られるため、手にも優しくフィットするスプーンです。
もともと人気のあった旭川のガラス工芸と木工芸をどちらも楽しめる酒器も用意されています。木台の「エンジュ(槐)」材は「延寿」の意味を込めてお祝い事にもぴったりのグラス。優美な曲線のガラスの器と温かみのある木の台を合わせることで、ビールや焼酎がさらに美味しく飲めることでしょう。

東北地方

中央に奥羽山脈がそびえる東北地方は森林資源の豊富な地域です。
長野県の「木曽ヒノキ」、秋田県の「秋田スギ」とともに日本三大美林の一つに数えられる青森県の「青森ヒバ」は、冬の厳しい寒さと風雪に耐えながら他の木の3倍の歳月をかけてゆっくり育つため、材質は緻密で美しく、木目が非常に強固で細かいことから水にも強い、腐りにくい木材です。さらに、木材からは40種類あまりの成分をもつ精油が抽出されるため、カビや雑菌に対しても強力な抗菌作用を持っており、これらの特徴から食器にぴったりの素材と言えます。また、表面が繊細で包丁を傷めにくいことから、プロの料理人が使うまな板にも採用されています。
果物の生産が盛んな山形県では、実がならなくなり、役目を終えたさくらんぼやりんごなどの果樹が、職人たちの丁寧な手仕事によって器やマグカップに生まれ変わっています。
また、漆の名産地でもある東北地方では、多くの漆器が作られてきました。特に、300年以上の歴史を誇る津軽塗は、青森県を代表する伝統工芸品で、海外でも高い人気を博しています。2カ月以上の期間を費やし、全部で48もの工程で塗り重ねた漆を研ぎ出して模様を描くため、同じものは他に一つとしてない、複雑で奥行きを感じさせる丈夫な漆器に仕上がります。器だけでなく茶托や箸などもあり、そろえて使うと趣のある食卓になりそうですね。
青森県の小川原湖畔で作られている湖久焼(こきゅうやき)は、土の素朴さを生かした飽きのこない渋くてシンプルな器です。また、土の温もりを生かしながらも、虹をモチーフにした優しい色でカラフルな模様を描き、細部にまでこだわって作られた手作りのマグカップもあり、使えば使うほどなじんでくる一品です。

関東地方

埼玉県では、透明なガラスを着色ガラスで覆った「色被せガラス(いろきせがらす)」に、幕末から明治期にかけて活躍した地元ゆかりの浮世絵画家 河鍋暁斎(かわなべぎょうさい)の作品を、サンドブラストの手法を用いて彫刻しました。サンドブラストは、コンプレッサーにより圧縮空気で砂を吹き付けて表面を削る加工法です。全て手作業で一つ一つ丁寧に製作しています。二重になっているガラスの表面を深くカットすることにより下の透明なガラスの層が現れ、色のついたガラスとの美しいコントラストが浮かび上がります。
神奈川県の赤土粘土を使用し、深く落ち着いた色の釉(うわぐすり)を塗った器は、盛った料理がよく映えます。白化粧土で描いた模様は線が浮き上がり、素朴な器に繊細な美しさを添えます。ご飯茶碗や木の葉の形をしたお皿、蕎麦つゆをいれる器など、豊富な種類の食器が用意されています。また、電動式のろくろが登場する前には、椅子に座って手で回すろくろと、両足で順番に蹴って回転を持続させる蹴ろくろが使われていました。作り手の体が安定するため均一に作りやすい電動ろくろと違い、蹴ろくろでは整った形になりすぎないため、その時々によって異なる味わいがでます。また、速さを自分に合わせて微調整することが可能なので、細かい細工に向いています。ふるさと納税のお礼品には、繊細で立体的な動物がついた食器など、蹴ろくろで作った一点ものの器も用意されています。
宇宙航空分野の研究施設がある茨城県では、宇宙にまつわる絵が描かれたオリジナルマグカップがあります。

中部地方

中部地方は森林資源の豊かな環境で、漆がたくさん採れることから、「山中塗」や「輪島塗」「若狭塗」など、昔から多くの伝統的な漆器が作られてきました。また、良質な陶土にも恵まれているため、色とりどりの絵付けが美しい「九谷焼」や素朴な「越前焼」など、焼き物の生産もさかんです。
新潟県では金属加工がさかんに行われています。オールステンレス素材で厚みのある2重構造のビアタンブラーは口当たりが柔らかく、滑らかなのどごしが楽しめます。純銅製のタンブラーは熱伝導性に優れ、冷たい液体を注ぐと水滴が清涼感を演出し、ビールはきめ細かく泡立ちます。一点の曇りもなく磨かれたミラー仕上げのタンブラーや、日本酒に合うと言われるスズ製の盃、紫銅色のタンブラーなど、お好みのお酒や飲み物に合わせてタンブラーを選んでみてもよさそうですね。
石川県では、世界初となるガラスを作り出しました。100度の熱湯や電子レンジの使用が可能な耐熱ガラスに色付けをすることに成功したのです。特殊な技術で開発された、温度の急な変化で発色が変化するガラスの食器は、自然に現れる色彩がなんとも言えない美しさです。
また、山梨県で作られた、洗浄後すぐに乾くマグカップは日頃とても重宝します。デザインもこだわっていて、グッドデザイン賞を獲得しています。
積雪の多い日本海側を中心に、中部地方では昔から農閑期には副産物として数々の工芸品を作っていたため、歴史のある伝統工芸品も多く継承されています。また、最先端の技術による製品の開発や、現代のニーズに合わせた食器の製造も行われており、現在までしっかりと受け継がれた技術力の高さが根底にあるのを感じます。

近畿地方

京都府では、お茶席でも使われる上質の宇治抹茶を自宅でも気軽に楽しめる、茶道具とお抹茶のセットが用意されています。「京焼」の茶碗は季節を問わず使用でき、使い込むほど手になじみ、使いやすくなっていきます。ぜひご自宅での贅沢なひと時をお楽しみください。
江戸時代、京都と大阪を結ぶ淀川を往来する大型船に対して酒や食べ物を売る小型の「くらわんか舟」が存在していました。「くらわんか」は「食うこともできないほど銭を持っていないのか」という意味で、大阪夏の陣で徳川方の物資の運搬に協力したことから特権を与えられていたため、身分の高い人に向かっても「くらわんか」と叫ぶことが許されており、淀川の名物となっていました。食後の食器は要返却。この時に使われていた茶碗が「くらわんか碗」で、大阪府のお礼品になっています。素朴な雰囲気が現代の食卓にもぴったりです。
日本の漆器四大産地の一つに数えられる和歌山県の伝統工芸「紀州漆器」は室町時代に始まったとされ、400年以上の歴史があります。伝統を守るだけでなく、時代の変化にも柔軟に適応してきました。室町時代には木の碗をつくることから始まった紀州漆器は他府県の技術も導入し、明治時代になると分業制度を用いたり、椀、漆器膳、重箱を国内向けに、お盆を海外向けに製作したりするようになりました。戦後にはいち早くプラスチック容器を開発するなどの革新的な路線で成功を収めています。現在も従来品にとらわれず、新しいカテゴリーへの進出を積極的に行っています。

四国地方

江戸時代後期にタイや中国から伝わった漆器の技法を研究し、日本古来の技法を加えて新しい技法が生み出されました。現在ではその技法を受け継いだ数多くの漆器を総称して「香川漆器」と呼んでいます。丈夫でシンプルな使い勝手の良い漆器で、日常使用することによりさらに使いやすくなっていきます。
香川県に群生する孟宗竹(もうそうちく)で作ったご当地箸は、竹独特のしなりによって食材を簡単に挟むことのできる優れものです。
愛媛県で江戸時代に製造が開始され、250年の伝統を誇る「伊予桜井漆器」は、 各地の名匠たちから学んださまざまな技術を融合させて完成しました。第二次世界大戦で衰退しかけた技術の復興に職人たちが努力を続けています。伝統技法を駆使して作られた木製漆器のマグカップは独自の和の風合いを醸し出しています。また、内側を金・銀にすることでシックでありながらもゴージャスに仕上げたカップや、ガラスの一部に伊予桜井漆器の手法で塗りを施したグラスも用意されています。
高知県では、抗菌作用のある土佐ヒノキを手作業で削り天然塗料の柿渋で仕上げた、家族で使える安心の箸と手作り箸袋のセットが用意されています。お箸はたくさん物が食べられることから、健康や長寿を表す縁起物と言われています。土佐ヒノキの箸は一生物として愛用できるため、プレゼントや記念品にもぴったりです。
一本一本異なる木の個性を見極め、職人がろくろを使って丁寧に作った木製のボウルは、木目が美しく、食卓を彩ります。木質の強化を目的に作られた塗料を使っているので丈夫で、表面はオイル仕上げのため手入れもしやすく、木の魅力を存分に楽しむことができます。

九州地方

日本の最西端に位置する九州地方は、諸外国との距離も近く、昔日本が鎖国していた時にも唯一外国と交易していた地域です。朝鮮出兵の際に連れ帰った、日本よりも進んだ焼き物の技術を持つ朝鮮人陶工が、各地に窯を築いたり技術を教えたりしたとされています。そのため、九州地方では、他の地域ともまた違った焼き物の文化が花開きました。
江戸時代前期に、細川忠興(ただおき)が小倉藩(現在は福岡県)の藩主になった際に朝鮮人陶工を招き、窯を築かせて始まったとされるのが、江戸時代の茶人に好まれた「上野焼(あがのやき)」です。一時衰退しましたが後に復興し、1983年には通商産業大臣(現 経済産業大臣)指定伝統的工芸品に選ばれています。生地が薄く、非常に軽量なことが特徴で、使用する釉薬(ゆうやく=うわぐすり)も種類が多彩。窯の中で釉薬が溶けると鮮やかな模様を作り出すため、一つ一つの食器の模様はそれぞれ異なり、決して計算できない美しさが現れます。福岡県では、伝統的な食器からコーヒーカップなど現代的な用途のものまでいろいろ用意されています。
佐賀県で製造される「有田焼(伊万里焼)」は日本で最初に焼かれた磁器とされています。江戸時代初頭に朝鮮人陶工が磁器の原料となる陶石を発見して器を焼いたのが始まりで、その後一大産地に発展しました。磁器は砕いた陶石を原料に高温で焼成したもので、吸水性がなく叩いた時に金属音を発し、白くて強度の高いことが特徴です。鎖国中の17世紀半ばから長崎の出島を通じてヨーロッパに大量に輸出され、海外でも高い評価を受けてきた有田焼は、400年以上が経った現在も伝統を守りながら、さらに技法に磨きをかけています。
他にも、長崎県の「波佐見焼(はさみやき)」や鹿児島県の「黒薩摩焼」「白薩摩焼」、沖縄県の「琉球グラス」など、各地のさまざまな食器が用意されています。

戦後、食生活を中心に生活の欧米化が進んだ日本では、食器も洋風のものを使っている家庭が増えているようです。和食と洋食の決定的な文化の違いは、器を手に持って食べるかどうかという点ではないでしょうか。私たち日本人にとって食器を持って食べるのは当たり前のことに思われますが、実は他の国では食器を持たない文化の方が主流です。日本では昔から伝統的な漆器や陶磁器が各地で作られてきましたが、和食器には、持って食べるという習慣が反映されるため、欧米諸国とは全く異なる独自の文化を形成しています。第一に、和食器と洋食器では、元となっている原材料が異なります。和食器は粘土を比較的低温で焼いた陶器が中心ですが、洋食器は、ガラスになる成分を多く含む陶石を原材料にして高温で焼き上げた磁器が主流です。そのため、和食器の方が光を通さない分、素朴な温かみが感じられ、土が持つ独特の感触を通して自然を感じることができます。それに対して洋食器は半透明の乳白色をしていて、滑らかで美しく繊細な印象を受けます。また、高温で焼成する磁器の方が衝撃に強いという特徴があります。洋食器はナイフとフォークを使うため、器が硬くて傷つきにくい方が都合も良いのでしょう。それに対して、和食器は手に持つことを前提に考えられているため、食事中に疲れることのないよう、軽く作られているのです。洋食器はテーブルに置いたままにするため、重厚感のあるお皿も多くあります。
島国であることや、長い間鎖国を続け、外国とのかかわりを絶ってきたことが、様々な点で日本に独自の文化の発展を促しました。現在の和食器もその一つです。しかし、欧米化の波に完全にのみ込まれることなく、昔からの文化が今もきちんと継承され続けているというのは素晴らしいことではないでしょうか。和食器と洋食器、どちらにも利点があるので、用途によって使い分けると毎回の食事がいっそう楽しくなるでしょう。
また、国土の約7割が森林の自然豊かな日本では、天然木を材料にした食器も多く生産されています。木でできた製品を使うと、家の中でも自然のぬくもりが感じられませんか?実は、木から温かみを感じるのは、ただの雰囲気や気のせいではありません。木材は熱伝導率が低いため、食器に熱いものを注いで手で持った際も、急激に熱さを感じるということがなく、じんわりと手に伝わってくる暖かさを感じることができるのです。火傷をすることなく持つことができるため、お味噌汁を入れるお椀は木でできていることが多いですよね。また、手で作られた木製の器は、手触りが柔らかく、机を傷つけるような心配はありません。手に持ったときも気持ちいいフィット感があります。木材を濡らすとカビが生えてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、油分を多く含んだ木材は、表面の密度が高く水をはじくためすぐに乾くので、食器としてつかっても衛生的です。
ウルシ(漆)の木から採れる樹液を木や紙に塗り重ねて器を作る漆器の生産も昔から盛んに行われてきました。漆器自体はウルシが分布するアジア地域に広く見られますが、日本では独自の発展を遂げ、現在見るような複雑で繊細な工芸品になっています。
青森県の「津軽塗」は、天然木の津軽ヒバに何層もの漆を塗り重ね、模様が描かれるため、世に二つとない複雑な美しい文様が浮かび上がります。出来上がるまでに約50もの工程を経て作られる津軽塗は、特に寒さの厳しい津軽地方の忍耐力が感じられる一品です。
木の素材そのものを生かすことが特徴の「山中塗」は、同じ石川県内で作られている他の漆器に比べて大消費地である関西に近いことから、一般向けの廉価品の大量生産に踏み切りました。
同じく石川県で生産されている「輪島塗」は丈夫さが最大の特徴です。厚手の木地に生漆を塗って布を貼って補強し、下地を何層にも厚く重ねているためで、国内では現在も高級漆器として扱われています。また、その技術はバイオリン作りにも生かされるなど、器以外への応用も模索しています。
福井県の「若狭塗」は、近年放送されたドラマにとりあげられたことで改めてその技術に注目が集まっています。
また、漆を表面に塗ることで、いっそう美しさが増し、格段に長持ちするようになります。毎日使う食器は、やはり長く使いたいですよね。漆を何層にも塗り重ねている漆器なら、たとえ表面にキズがついたとしても、上から漆をもう一塗りするだけで隠すことが可能です。また、割れたり欠けたりしても、漆を接着剤代わりに使うことで簡単に修復することもできます。壊れても修理がしやすいという特徴は、漆器が長持ちするということにもつながります。酸や熱に強い漆器ですが、乾燥には注意する必要があります。そのため、通常の漆器は食器洗い機や電子レンジに対応していませんが、つるつるの表面は水で洗い流すだけで汚れが落ちるのでお手入れも簡単です。むしろ頻繁に洗うことで水分が補給され、漆器を長持ちさせることにもつながります。高級漆器だからといってしまいこまずに、使い込んでいくことで漆器は使いやすくなじんでいくのです。
日本には漆器や陶磁器など、伝統的な食器が数多く存在していますが、新しい技術を生かした食器もたくさん作られています。伝統を継承していくことも大切ですが、新しい文化を作っていくことは新たな伝統の第一歩かもしれません。日本には新旧問わず、まだまだご存じない食器が多くあるはずです。ふるさと納税では未知の文化との偶然の出会いもあり、きっと気に入る食器が見つかるでしょう。ぜひ探してみてくださいね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ