認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 包丁特集

包丁特集

お料理には欠かせない包丁ですが、普段何気なく使っているという方も多いのでは?実は種類も豊富で、その目的や素材、使い心地もさまざま。よく知ってから選ぶことでぴったりの一本が見つかります。ふるさと納税には、伝統を受け継いだ良質の包丁が目白押しですので、長く愛用できるこだわりの一本をぜひ見つけてください。

中部地方

中部地方の岐阜県関市は刃物の都と呼ばれており、刃物作り700有余年の歴史と伝統を誇ります。関市の刃物は、鎌倉時代の日本刀作りが原点です。関の刀は、当時「折れず、曲がらず、よく切れる」と絶賛され全国的にもその名が知られていた名刀でした。その技術と伝統が現代に受け継がれ、今では「関の刃物」として世界的にも認められるブランドに発展しています。
関の刃物は料理の専門家も認める見事な切れ味や耐久性をもち、伝統的な業務用の包丁がたくさん生産されています。同時に、近代的なデザインを取り入れながら家庭でも使いやすい包丁作りにも力を入れています。
例えば、切れ味抜群の鋼をステンレスで覆ってさびにくくした包丁、女性が使うという視点から軽量化を図った包丁などが作られています。柄の部分も、握りやすいように膨らみをもたせる、丈夫で傷みにくい素材を使うなど工夫が施されています。
女性に人気のあるものは、オリーブ材を柄に使った包丁です。オリーブ材の自然な木目が洋風な雰囲気を醸し出し、握ったときの感触も柔らかく温かみを感じさせます。カフェ風キッチンになじむおしゃれな包丁です。
また最近では、刃と柄の部分が一体型でつなぎ目のないタイプも出回っています。刃の部分だけでなく柄もステンレスでできていることから、雑菌の繁殖が少なく衛生面でも優れており、水にも強いということから人気があります。
このように、古くから伝わる伝統と品質を守りながらも現代の生活にあった包丁をという職人さんの熱意が感じられるものが多いです。
プロ仕上げの刺身包丁やペティナイフ、日本の家庭で愛されてきた菜切り包丁、高級感漂うダマスカス模様の包丁もあります。

近畿地方

近畿地方、兵庫県の南部では昔から金物産業が盛んでした。大工道具の生産など16世紀末から発展してきた播州三木打刃物(※3)、刀の鍛造から始まり250年の歴史を誇るという播州刃物が知られており、現在でもその伝統を守り、優れた品質の刃物の生産が続けられています。
魚料理が得意で包丁にもこだわりたいという方は、舟行包丁はいかがでしょうか。伝統の製法と職人技を駆使し、昔ながらの鋼を使った逸品ですので、その切れ味は抜群です。刺身包丁もあり、難しいお刺身もスッと引くだけで美しい切り口にスライスできます。
最近は包丁の素材の幅も広がっておりさまざまな素材が使われていますが、実はこの昔ながらの鋼の切れ味は他に類を見ず、切れすぎて恐いと言われるほどです。
鋼の良さを残しながら家庭でもより使いやすくしたものもあります。ステンレスの軟材で鋼を挟み込んだ、まさに鋼とステンレスのいいとこどりの包丁です。表面はさびにくいのですが、鋼がしっかりと入っているためその切れ味は抜群で、さらに研げばいつまでもその切れ味を保つことができます。万能で誰でも使いやすい三徳包丁と、菜切り包丁が用意されています。
プロが使うような立派な包丁には憧れるものの、家庭で使うには軽くてお手入れが楽なものがいいという方は、家庭用に特別に開発された包丁セットはいかがでしょうか。600年の伝統を誇る大阪の堺刃物の包丁で、数々の賞を受賞しているブランドです。軽量で女性でも使いやすい上さびにくく、しかし品質は高級鋼で切れ味抜群という逸品です。
お料理が大好きでうどんやそばも手作りという方、お正月ののしもち切りが硬くて大変という方には、麺切りカッターやもち切り器という便利なお礼品もご用意しています。伝統の高級包丁で、スムーズに楽々切ることができます。

四国地方

四国の代表的な金物産業は、高知県の土佐打刃物です。土佐打刃物の歴史は江戸時代初期までさかのぼります。
森林が多く林業が盛んな高知県では、昔から木材伐採のための丈夫な刃物が必要でした。江戸時代にその需要が高まり土佐打刃物の生産量が増え、さらに生産者の切磋琢磨により品質の向上が図られたそうです。林業から発展した土佐打刃物は、性能の高さに加え耐久性があり、日本の伝統工芸品として認められる優れた品質を誇っています。
ふるさと納税のお礼品でも、四国が誇る土佐打刃物の包丁をたくさんご用意しています。用途が多彩で使いやすい三徳包丁は、始めの一本としておすすめです。ベテランの鍛冶職人が手掛けた切れ味抜群の三徳包丁は、高級鋼を素材としており、野菜、肉、魚と何にでも使える優れものです。ダマスカス模様が高級感を漂わせ、クルミの木の柄は堅くて丈夫です。
もう一つのあると便利な包丁が菜切り包丁です。菜切り包丁は日本に古くからある形の包丁で、野菜を切ることに適しています。広く取られた幅はキャベツや白菜などをザクザク切るときに使いやすく、切れなくなっても砥石で研ぐことでまた鋭い切れ味が戻ります。何度も何度も研いで長年使えるところも魅力です。
本格料亭などでも使用されている高級出刃包丁、柳刃包丁は魚やお刺身の調理を目的に作られていますが、プロだけでなく、家庭でも使いやすい仕様になっていますので、魚料理にこだわる方はぜひお試しください。
さて、丈夫で頑丈な土佐打刃物ですが、可愛らしい姿のナイフもあります。高知県はホエールウォッチングで知られるように、日本有数のくじらの生育地です。これにちなんだ、くじらをモチーフとしたナイフです。マッコウクジラ、ミンククジラ、ナガスクジラ、ニタリクジラ、ザトウクジラとそれぞれの特徴をかたどったナイフで、果物の皮むきから工作まで、さまざまな用途に利用できます。

九州地方

九州の包丁というと、長崎の蚊焼包丁(かやきほうちょう)が知られています。蚊焼包丁 は江戸時代から伝わるもので、焼き入れのときに必要な水と土が豊富な蚊焼地区で始まったことから名づけられました。その後長崎開港による南蛮文化と融合し、切れ味と粘りのある良質な刃物が生み出されたと言われています。一つひとつ手作業の職人技が生み出す包丁は、その鋭い切れ味はもちろん、手打ちならではの凹凸や波型の模様の美しさも魅力となっています。
蚊焼包丁の代表は、薄出刃包丁です。薄出刃包丁は小さめの魚をさばいたり、野菜を切ることに適しており、地元ではこれ一本あればよいと家庭で愛用されている包丁です。素材は鉄と鋼で、背中まできっちり入った鋼により、何度でも研いで長く使うことができます。昔のおばあさんが小さくなった包丁を大切に使っていたように、蚊焼包丁も一度手に入れれば半永久的に使うことができる包丁です。
野菜を切るのに適した菜切り包丁は、大きな野菜を切るときに大変使いやすいです。昔から日本に伝わる伝統的な形の包丁で、野菜はもちろん、のしもちや手打ちのうどん切りなどにもしっくりくる形をしています。日本の食文化とともに浸透してきた包丁の一つです。
その他熊本県の伝統工芸品に指定されている、奥球磨の刃物があります。奥球磨周辺ではもともと林業が盛んで、そのための道具を作る鍛冶屋が多く存在していたそうです。作られた道具は地元で消費されることがほとんどで、その出来の良し悪しもその日のうちにわかることから、腕の良い職人だけが生き残ってきたと言われています。長い年月をかけて磨かれた技術を受け継いだ伝統の包丁、加えて小刀、ペーパーナイフなどの豪華なセットとなっており、抜群の切れ味をさまざまな形でお試しいただけます。

菜切り包丁

菜切り包丁をご存じでしょうか。最近の日本の台所ではあまり見かけなくなり、若い方の中には見たことがないという方もいるかもしれません。
菜切り包丁は、名前の通り野菜を切ることを目的に作られたもので、家庭用に普及した包丁です。昭和の時代には各家庭に必ず一本あったであろう、ごく一般的な道具でした。
戦前の日本では、主な食料は米と野菜類で、肉を食べる習慣は少なく、魚を家でさばいて食べることもそう多くはなかったようです。そのため、野菜を切るための菜切り包丁一本あれば、食事の準備に事足りていたと考えられています。
ところが戦後、西洋の文化とともに洋風の食生活も取り入れられ、肉や魚が頻繁に食卓に上るようになると、菜切り包丁の需要は徐々に下がっていきました。
菜切り包丁の特徴は、その四角いフォームと直線的な刃です。現在主流となっている三徳包丁などのように刃が反っておらず、切っ先もありません。肉を切ったり魚をおろすためには鋭い切っ先とカーブが必要で、菜切り包丁では不便です。そのため、あえて菜切り包丁を使おうという人が少なくなり、一般家庭でもあまり見かけなくなったと言われています。
しかし実のところ菜切り包丁は初心者向けで、家庭の主婦にとって使いやすく作られているのです。
菜切り包丁の刃は薄いのですが、野菜をぶつ切りにする、刻むというところに重きを置いているのでとても丈夫です。また、刃が直線でまな板と並行なため刻みやすく、特にキャベツや白菜などの大きな野菜を切るときスムーズに扱うことができます。
また、直線状の刃は素人でも簡単に研ぐことができ、鋭い切れ味を保つことが容易です。良質な鋼でできた菜切り包丁であれば、何度も何度も研いで、その包丁が小さくなっても、半永久的に使うことができるのです。
とんとんと小気味よく野菜を切る菜切り包丁、メインの包丁とは別に家庭に一本置いて、その使いやすさを味わってみてはいかがでしょうか。

出刃包丁

数ある和包丁の中でも、特に頑丈で重くて武骨な容姿をしているものが出刃包丁です。魚をさばくことを目的に作られており、反り返った刃と鋭い切っ先が特徴です。
鋭い切っ先は魚の身に突き刺しやすく、また重たくて厚い刃で骨ごと断ち切ることができます。反った刃先は魚の身を骨から切り離したり、体重をかけて骨を押し切るのに有効で、効率的に魚をさばくために計算された形なのです。
出刃包丁には刃渡りの長さや大きさなどからいくつかの種類があります。刃渡り15cm以上の本出刃包丁から、少し薄めの相出刃包丁、小さめの魚をさばくための小出刃包丁などです。
一般家庭で出刃包丁を使う場合は、相出刃包丁や小出刃包丁が使いやすい大きさ、重さであり、おすすめです。
出刃包丁の材質は、ステンレスか鋼が主です。どちらも良さがありますが、鋼製のほうが研ぎやすいため、鋭い切れ味をいつでも復活させることができます。

牛刀

牛刀は西洋包丁の一種です。もともと肉の塊を切ることを目的として作られました。その形は日本の三徳包丁に似通っており、どちらか区別がつかないという人も多いかもしれません。
実は牛刀は西洋の包丁ですが、三徳包丁と同じように万能な包丁です。
牛刀の特徴は、細身で反りのある刃、鋭くとがった切っ先です。この刃の形は押し切りに向いた形です。反った刃先を利用して、体重をかけて押し込むように切っていく方法です。
大きな肉の塊を思い浮かべてみてください。牛刀の反りのある刃先をあて体重をかけてグイッと押し、また押す。このように力を入れて押し切ることができます。また、鋭くとがった切っ先で筋を切ったり、骨から切り離したりするときも便利です。
また、この反った刃ととがった切っ先があれば、魚をさばくことも可能です。そして刃の中央付近から根本にかけては直線状になっていますので、キャベツの千切りも十分こなしてしまうのです。
刃渡り18cmほどのタイプが一般的ですが、そのサイズは幅広く、業務用で40cm近いものまで作られています。
牛刀という名前を聞くと、いかにも牛肉専用のように聞こえますがそうではなく、西洋では肉のカットはもちろん、魚もおろし、野菜のみじん切りから果物の皮むきまで、これ一本でこなしてしまうそうです。
そういうわけで、牛刀と三徳包丁の区別がつかないという方も、実はそれほど気にする必要はありません。どちらでも同じような働きをしてくれますので、お好みで選んでみてください。

三徳包丁

三徳包丁は、一般家庭で大変よく使われている包丁です。おそらく、どこの家庭の台所にも一本はあり、誰でも見たことがあるごく普通のタイプの包丁です。
三徳包丁は昔からある和包丁とは違い、戦後日本の食文化の変化とともに生まれてきました。
もともと日本の食事は野菜が中心でしたので、菜切り包丁一本あれば食事の支度に困らなかったと言われています。ところが、戦後西洋の食文化が取り入れられ、肉や魚を食べる機会が増えてくると、菜切り包丁だけでは調理がしにくくなっていきました。
こうなると、野菜を切るときは菜切り包丁、肉を切るときは牛刀、魚を切るために出刃包丁と用途に合った包丁を使い分けることになるのですが、一般家庭でその度に使い分けることは少々面倒です。そこで、菜切り包丁と牛刀をかけ合わせた三徳包丁が考え出されたと言われています。
野菜を切るためには、菜切り包丁の直線的な刃が適しています。これに肉や魚の調理に必要な緩いカーブのあるとがった切っ先を融合させ、野菜も、肉も、魚も「三徳」全て一本で対応できる使い勝手の良い道具として誕生したのです。
どんな食材にも使用できる便利な三徳包丁。刃渡りは15cmから20cmで、小さいものを選べばお料理の初心者にもぴったり。これさえあれば、野菜の千切りも、魚の三枚おろしも、牛肉の筋切りも、全ておまかせの万能選手です。

ペティナイフ

ペティナイフは果物など小さなものをカットするための、小回りの利く包丁です。刃渡りは10cmから15cmほどで、主に果物の飾り切り、果物や野菜の皮むきなど、細かい作業をするときに適しています。
ペティナイフの良さは小回りが利くことなのですが、果物専用ということではありません。実はペティナイフは、サイズこそ小さいものの牛刀の一種であり、小さめの万能包丁として広い用途に使うことが可能です。
実際、一般家庭では、刃渡り10cmから15cmのペティナイフであれば、恐怖感もなく、気軽に使うことができるでしょう。ペティナイフのような小さめサイズを日常使いの一本にしたいという人も少なくありません。
牛刀の一種であるペティナイフは、小さいからと言って切れ味が劣るわけでもなく、小さめの野菜、果物はもちろん、スーパーのパック入りの肉や魚くらいなら問題なく切ることができます。大きな魚、大きな肉の塊、まるごとのキャベツや硬いかぼちゃなどを切るというときには不向きですが、通常の食事の支度の中では万能で、活躍の場が期待できる包丁なのです。
小さい分お手入れも簡単、切れ味が劣っても短時間で研ぎあげることができ、台所の小さなスペースにさっとしまうこともできます。
よく切れる包丁が欲しいけれど、大きすぎるものはちょっととお考えの方は、ぜひペティナイフをお試しください。

家庭で使っている包丁は、どのような包丁でしょうか?毎日何気なく使っているため、特別に意識して考えたことがないという方も多いかもしれません。
一日三度の食事の支度に欠かせない包丁にはさまざまな種類があります。まず和包丁、西洋包丁に分けられ、それぞれ用途別・大きさ別に何種類もの異なる包丁が存在しています。
和包丁は、繊細な日本料理に対応しながら発展した包丁です。魚をさばくための重くて頑丈な出刃包丁、柔らかい魚の身を美しく切るための刺身包丁、野菜をザクザクと切るための菜切り包丁などが代表的です。
明治時代に西洋の食文化が取り入れられると、西洋包丁も広まりました。西洋包丁は肉を切るために生まれ、発展してきたと言われています。牛刀や少し小さめのペティナイフ、ギザギザのパン切り包丁などが知られています。
日本の刃物文化は、日本刀の製造技術と深いかかわりがあります。
日本人はもともと体格が小さく、それに比例して力も弱いことから、日本刀に鋭い切れ味と硬さを求める傾向にありました。これは、西洋の剣は重さやしなりの良さ、さびにくさが重要視されていたことと比べると納得ができます。体格が良く力の強い西洋人は、重くてしなりのある剣を振り回すことができ、切れ味をそこまで追求する必要がなかったためと考えられます。逆に日本人にとっては、まさに切れ味が命であったと考えられているのです。
この切れ味を追求した日本刀が、現在の包丁の原点なのですね。
戦国時代に繁栄した刀作りは、江戸時代になると衰退し、さらに明治時代になると多くの刀匠が鍛冶になりました。そして、打刃物(うちはもの)と呼ばれる林業用の刃物や包丁を作るようになったと言われています。つまり、日本刀の製造技術で包丁が作られていたというわけです。
現在でも岐阜県、兵庫県、高知県、大阪府、福井県などで、その伝統技術と製法を守り続けた刃物作りが行われており、中には伝統工芸品として指定されている製品もあります。
日本刀が和鋼(わこう)、または玉鋼(たまはがね)と呼ばれる硬い鋼で作られていたように、伝統的な和包丁も鋼製が基本です。
鋼製の包丁の魅力は何と言ってもよく切れることです。また、砥石で研ぎやすく、切れ味が悪くなっても研ぐことで鋭い切れ味がよみがえります。そのため、使っては研ぎ、使っては研ぎを繰り返し、一生ものとして使えるという良さがあります。昭和の時代、何十年も使い込み、研いで小さくなった包丁を大事に使うおばあさんの姿は、珍しくはなかったものです。
ただ、鋼製の包丁は長く使わずに放っておくとさびてしまうことから、さびないステンレス製の包丁も出回っています。ステンレスは鋼に比べると切れ味や研ぎやすさは多少劣りますが、さびにくさで言えば断然優れているからです。鋼をステンレスで挟み込んだ、割り込みといういいとこどりの包丁も人気があります。
包丁選びは違いがよくわからず難しいものですが、素材や種類、特徴を知ることで、自分に合った包丁がわかってきます。毎日使うものだけに、こだわって選んだお気に入りを、一生ものとして大切に使いたいところです。
ふるさと納税には伝統を受け継いだ高品質の包丁がたくさんありますので、長く愛用できるこだわりの一本をぜひ見つけてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ