認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 タオル特集

タオル特集

毎日の生活の中で必需品となっているタオル。何枚あっても困ることはなく、贈答品としても人気があります。ふわふわで柔らかく、さっと水分をふき取ってくれるタオルは本当に気持ちのいいものです。 ふるさと納税では、素材や品質にこだわった気持ちのいいタオルがたくさん用意されています。知る人ぞ知るブランドタオルから高級タオルまでそろっているので、ぜひお気に入りのタオルを見つけてください。

関東地方

関東地方のお礼品として、プロ野球チームやフットボールチームのオリジナルタオルや、ご当地キャラクターがデザインされたタオルがあります。本来その地域に行かなければ手に入らない珍しいタオルを、寄付のお礼品としてもらうのもいいのではないでしょうか。
日本の伝統的なタオルといえば「手ぬぐい」です。近年、その使い勝手の良さやレトロな雰囲気が新鮮と、若い人たちからも見直されています。手拭きとしてだけでなく、スカーフ代わりに、プレゼントの包装に、インテリア小物としてなど、幅広い使い道が紹介されており、人気が高まっているそうです。手ぬぐいの良さを多くの人に感じとってもらうために、昔ながらの手ぬぐいをお礼品として用意しています。

中部地方

富士山の伏流水を使用し美しい色に染め上がった糸で作ったタオルは、青富士、赤富士をイメージさせる印象的なタオルに仕上がっており、贈り物としても十分な気品があります。
リネン(亜麻布)で織り上げたタオル類はとにかく丈夫で、どれだけ洗っても傷むどころか、洗うたびに柔らかく使い心地が上がっていきます。バスタオルも吸湿性がよい上にすぐ乾いて衛生的で、薄くて場所を取らないところも魅力の一つです。
テンセルに和紙を織り込んだ繊維で作ったボディータオルは、浜名湖の漁網織りをもとに作られているそうです。昔ながらの古い織機を使い、丁寧に時間をかけて作られた和紙タオルは、肌に優しく、長期間にわたって繰り返し使えます。和紙は雑菌が増えにくいためカビの繁殖を抑えられ衛生的で、さらに泡だちが大変よく、さっぱりとした洗いあがりと評判です。
他にも、中部のご当地キャラクターをデザインしたタオルや、観戦チケット付き地元スポーツチームのオリジナルタオル、温泉施設の入浴券と柔らかな肌触りのオリジナルタオルのセットもあります。

近畿地方

タオル発祥の地は、近畿地方の大阪泉州といわれています。泉州でのタオル生産は130年もの歴史を持ち、「後晒し(あとさらし)製法」の伝統を守り続けて現在に至ります。泉州タオルの魅力は吸水性の高さと優しい肌触りにあり、さらに後晒し工程で汚れが落とされ、出来上がりが大変清潔という定評があります。
ホテルタイプの泉州タオルは、少し長めのパイル地がふかふかで心地よいタオルです。オーガニックコットンを使ったタオルケットはふんわり柔らかく、ハチの巣のような模様「ハニカム織り」の泉州タオルは吸水性に優れ乾きも早いため衛生的で、生地がかさばらず毛羽落ちもないのでとても使いやすいタオルです。
本場紀州の備長炭を繊維に練り込んでから織り上げた生地を使ったタオルは、備長炭の色がしっかり表現されており、炭による消臭効果も期待できるそうです。
奈良県の大和古墳群(おおやまとこふんぐん)をモチーフとしたタオルや、シルクの浴用タオルもおすすめです。

四国地方

今治タオルは120年の歴史を誇り、タオル生産地として伝統を守りながらも、最新技術を駆使して使い心地の良いタオルの開発に取り組んでいます。
真っ白で綿本来の柔らかさが感じられる基本の白いタオルから、ガーゼとパイルの二重織りのバスタオル、水玉模様やパステル調のタオル、長めのパイルが柔らかいチェック柄のタオル、ビビッドでカラフルなタオル、高級リゾートホテルを思わせる重厚感のあるタオルなどなど、その種類は数えきれません。
オーガニックコットンのタオルは柔軟剤いらずの柔らかさで、パイル地とワッフル地の組み合わせにより、より軽く使いやすいタオルに仕上がっています。
柔らかな肌触りの赤ちゃん用のタオルやベスト、今治タオルブランドのバスローブもお礼品として用意しています。
また、地元スポーツチームの観戦チケットとタオルマフラーのセットもあり、タオルマフラーをふりながら観戦すれば、チームやサポーターとの一体感が味わえます。

九州地方

熊本県の特産に、縁起が良いと言われる金魚があります。また、かつてタオル地の素材として一世を風靡した高級綿糸は「金魚」という名前で、柔らかな風合いで使えば使うほど肌になじむという優れた素材でした。この二つをコラボレートさせて、地元オリジナルのタオルが作られています。金魚の「縁起の良さ」にひっかけて縁起の良い伝統模様を取り入れた、縁起の良いタオルをお届けします。
さて、大分県の方言「なしか」という言葉には、世間の一般常識の中にある矛盾を子どもが指摘するような、不思議なパワーがあるそうです。今回ご紹介するセットには、「なしか」を連発する子どもの日常が面白おかしく描かれた本もついていますので、くすっと笑いながらほのぼのとしたひと時を過ごすことができそうです。
他にも、九州をベースとするスポーツチームのオリジナルタオルや、ご当地キャラクターがプリントされたタオルも用意しています。

タオルといってもその種類はさまざまで、材質や織り方によって肌触りや使い心地がずいぶんと変わってくるものです。タオルに使用される生地には、パイル地、シャーリング生地、無撚糸など、さまざまな織り方があります。材質はコットンが中心になりますが、リネン、マイクロファイバーなどを使ったタオルもあり、それぞれ特徴を持っています。
日常使いに、贈答品に、幅広い用途に使えるタオル。ふるさと納税を通して、今まで欲しかったタオル、憧れのタオルをぜひ手に入れてみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ