認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 タオル特集

タオル特集

毎日の生活の中で必需品となっているタオル。何枚あっても困ることはなく、贈答品としても人気があります。ふわふわで柔らかく、さっと水分をふき取ってくれるタオルは本当に気持ちのいいものです。 ふるさと納税では、素材や品質にこだわった気持ちのいいタオルがたくさん用意されています。知る人ぞ知るブランドタオルから高級タオルまでそろっているので、ぜひお気に入りのタオルを見つけてください。

関東地方

一口にタオルと言っても、その素材からサイズまで実にさまざまな種類があります。フェイスタオルからお出かけ用のミニタオル、スポーツをする時のタオルと、用途に合わせて違ったタオルがあると便利です。
関東地方のお礼品の中にも、さまざまな種類のタオルが用意されています。
好きなスポーツチームのオリジナルグッズを見るとつい欲しくなるというスポーツファンは多いのではないでしょうか。
ふるさと納税のお礼品として、プロ野球チームのオリジナルタオルがあります。大判で使いやすいハンドタオルに加えて、キャラクターのデザインがかわいいミニブランケット、二段で電子レンジも使えるお弁当箱、チームロゴが入ったマグカップがセットになっています。野球少年なら絶対に欲しい、少年でなくても野球ファンなら外せないお礼品です。
またフットボールチームのオリジナルタオルもあります。チームのファンはもちろん、スポーツ好きの子どもへのちょっとしたプレゼントとしても喜ばれそうです。
最近は各地域の特徴をイメージしたご当地キャラクターが人気で、その地域でしか買えないというさまざまなオリジナルグッズが話題となっています。関東地方にもご当地キャラクターはいくつかあり、ほのぼのとしたかわいいらしいグッズが販売されています。
ふるさと納税でもご当地キャラクターがデザインされたタオルを用意しています。本来その地域に行かなければ手に入らない珍しいタオルを、寄付のお礼品としてもらうのもいいのではないでしょうか。文房具などとセットになっているものもあります。
さて、日本の伝統的なタオルといえば「手ぬぐい」です。手ぬぐいは鎌倉時代ごろから日本人の生活の中に浸透し始め、江戸時代、明治時代には生活必需品として日常的に使われるようになりました。手ぬぐいは、その使い勝手の良さが魅力で、当時から手拭きとしてだけでなく、ファッション小物としても親しまれていたそうです。時には、紐や包帯の代わりに裂いて使ったり物を包んだりと、さまざまな活用法がありました。例えば時代劇で、鼻緒が切れて困っている娘さんの下駄を通りがかった男の人が手拭いを裂いて直しているシーンを見たことはないでしょうか。
近年、その使い勝手の良さやレトロな雰囲気が新鮮と、若い人たちからも見直されています。伝統の絵柄に加え、さまざまな新しいデザインの手ぬぐいも出回っているようで、手拭きとしてだけでなく、スカーフ代わりに、プレゼントの包装に、インテリア小物としてなど、幅広い使い道が紹介されており、人気が高まっているそうです。
関東地方でもこの手ぬぐいの良さを多くの人に感じとってもらうために、昔ながらの手ぬぐいをお礼品として用意しています。昭和レトロな雰囲気の絵柄が逆に新鮮で注目をひきそう。かわいらしい絵柄のミニタオルもセットになっています。

中部地方

美味しい水として知られる富士山の伏流水をご存じでしょうか。富士山の伏流水は、富士山に降り積もった大量の雨や雪が地面にしみこみ、何十年もの時をかけて地中でろ過され、やがて地表へ湧き出したものです。どこまでも透き通る美しい水が湧き出る先は、富士山の構成資産として世界文化遺産にもなった忍野八海、1985年に日本名水百選に選ばれた三島の柿田川などが有名です。何重もの天然フィルターを通った伏流水は、その水質も優れていて、飲料水としても利用されているそうです。
水質によって色の違いに差が出るという染色には、軟らかい水が適しているとのこと。富士山の伏流水は軟水であるため糸の染色には好都合、美しい色に染め上がりました。この糸で作ったタオルは、青富士、赤富士をイメージさせる印象的なタオルに仕上がっており、贈り物としても十分な気品があります。
さて、タオルというと「ふわふわな肌触り」「コットン100%」といったイメージがありますが、意外な素材、リネン(亜麻布)を使ったタオルが用意されています。
リネンというと、夏素材で涼しいけれど、ちょっとゴワゴワ感があるといったイメージがあるかもしれません。しかし、リネンは中空構造であるため、吸湿性と速乾性に優れており、部屋干しでも簡単に乾くという利点があります。
この中空構造の糸が涼しさを感じさせるのですが、実は同時に「重ねると暖かい」という特質も持ちます。さらに、洗えば洗うほど柔らかくなり肌になじんでくるため、ヨーロッパなどでは年間を通して使える織物として親しまれているそうです。
このリネンで織り上げたタオル類はとにかく丈夫。どれだけ洗っても傷むどころか、洗うたびに柔らかく使い心地が上がっていくのですから、一度使ったら手放せません。イメージしにくいと思いますが、バスタオルも吸湿性がよい上にすぐ乾いて衛生的と、使い心地抜群。薄くて場所を取らないところも魅力の一つです。
リネンのタオルとは意外でしたが、次はさらに意外な紙のタオルをご紹介します。テンセルに和紙を織り込んだ繊維で作ったボディータオルです。和紙を使ってどうしたらタオルができるのか不思議ですが、浜名湖の漁網織りをもとに作られているそうです。昔ながらの古い織機を使い、丁寧に時間をかけて作られた和紙タオルは、肌に優しいボディータオルとしてメディアでも紹介されているとのこと。もちろん使い捨てではなく、長期間にわたって繰り返し使えます。和紙は雑菌が増えにくいためカビの繁殖を抑えられ衛生的で、さらに泡だちが大変よく、さっぱりとした洗いあがりと評判です。
子ども向けには、中部のご当地キャラクターをデザインしたタオルはいかがでしょうか?珍しいタオルも、ふるさと納税を通して気軽に手に入れることができます。
地元スポーツチームのオリジナルタオルは観戦チケット付き。温泉が豊富な中部地方らしく、温泉施設の入浴券と柔らかな肌触りのオリジナルタオルのセットもあります。品物をもらうだけでなく、実際にその土地を訪れて楽しむことができるというコンセプトがうれしいお礼品です。

近畿地方

タオルの産地というと、四国の今治市を思い浮かべる人も多いと思いますが、実は、タオル発祥の地は、こちら近畿地方の大阪泉州といわれています。
泉州でのタオル生産は130年もの歴史を持ち、「後晒し(あとさらし)製法」の伝統を守り続けて現在に至ります。泉州タオルの魅力は吸水性の高さと優しい肌触りにあり、さらに後晒し工程で汚れが落とされ、出来上がりが大変清潔という定評があります。
そんな泉州タオルの心地よさを、ふるさと納税を通してお試しください。
旅先で感動することの一つに「ホテルで使ったタオルの心地よさ」があります。ふわふわで柔らかな肌触りと、サッと水分を吸収しすぐ乾く快適さ。毎日こんな気持ちのいいタオルを使いたい、そんな気になったことがある方はホテルタイプの泉州タオルをどうぞ。少し長めのパイル地がふかふかで心地よく、吸水性も抜群です。お洗濯をしてもその柔らかさは変わらず、自宅でもホテルにいるような贅沢な気分を味わうことができます。
同じく泉州タオルのオーガニックコットンを使ったタオルケットもおすすめ。吸水性の良いコットンを使い、さらにタオルが織り上がった後で「晒し」という作業を行うことで、ふんわりした柔らかさを生み出しました。思わずほおずりしたくなるような優しい肌触りが魅力です。
あまり聞きなれない名前ですが、ハニカム織りという織物があります。「ハニカム」とはハチの巣のこと。その名のとおりハチの巣のような模様に織り込まれた生地で、その柔らかさには定評があります。このハニカム織りの泉州タオルは、吸水性に優れ乾きも早いため衛生的。生地がかさばらず毛羽落ちもないのでとても使いやすいタオルです。
さて、和の心を感じたい方は、本物の炭で染め上げたタオルはいかがでしょうか。本場紀州の備長炭を繊維に練り込んでから織り上げたという珍しい生地を使ったタオルです。染色とは違う本物の備長炭の色がしっかり表現されており、光沢のある炭色が高級感と和の心を感じさせます。炭による消臭効果も期待できるそうです。
奈良県というと大和古墳群(おおやまとこふんぐん)が有名で、一度は見ておきたい古代遺跡の一つです。この奈良の古墳をモチーフとしたタオルもかわいらしく、地域らしさのあるお礼品です。前方後円墳と円墳があしらわれたタオルは、ガーゼ生地とタオル生地のリバーシブル。次の古墳巡りの際は、このタオルをもって古代の浪漫に浸ってみませんか。
また、一度使ったら手放せないというシルクの浴用タオルもおすすめです。

四国地方

タオルの本場、四国にやってきました。四国といえば、誰もが知る今治タオル。120年の歴史を誇り、タオル生産地として伝統を守りながらも、最新技術を駆使して使い心地の良いタオルの開発に取り組んでいます。
ふるさと納税にも、さまざまな種類の今治タオルが用意されており、保証された使い心地をベースに、生地の織り方や色・デザインの違いが楽しめます。
真っ白で綿本来の柔らかさが感じられる基本の白いタオルから、ガーゼとパイルの二重織りのバスタオル、水玉模様とパステル調の色が女性向けのタオル、長めのパイルが柔らかいチェック柄のタオル、ビビッドでカラフルなタオル、高級リゾートホテルを思わせる重厚感のあるタオルなどなど、その種類は数えきれません。
ワンランク上のオーガニックコットンのタオルもあります。柔軟剤いらずの柔らかさで、パイル地とワッフル地の組み合わせにより、より軽く使いやすいタオルに仕上がっています。
贅沢な気分を楽しみたい方には、今治タオルブランドのバスローブはいかがでしょうか。コスチュームアーティストによる洗練されたデザインと、今治タオル特有の毛羽落ちがなく吸水性の高い素材が、上級クラスの心地よさを提供します。
赤ちゃん用のタオルやベストも今治タオルなら安心。その柔らかな肌触りに赤ちゃんもご機嫌でいてくれそうです。
今治タオルは、その柔らかさと吸水性の良さで知られる高品質タオル。ニューヨークのホームテキスタイルショーでも注目されているそうです。初めて手に取る人は、その肌触りと使い心地の良さに心から感動するとか。今まで憧れていながらもまだ使ったことのない方、ぜひふるさと納税を通して使用してみてください。
また、地元スポーツチームの観戦チケットとタオルマフラーのセットもあり、タオルマフラーをふりながら観戦すれば、チームやサポーターとの一体感が味わえます。

九州地方

九州は、表情豊かな海や山、温泉、そしてその温暖な気候から、年間を通して人気の観光地です。温泉があり、美味しいものもいっぱい。地域の特産品にもさまざまなものがそろっています。
そんな九州、熊本県の特産に、縁起が良いと言われる金魚があります。また、かつてタオル地の素材として一世を風靡した高級綿糸は「金魚」という名前。柔らかな風合いで使えば使うほど肌になじむという優れた素材でした。
この二つをコラボレートさせて、地元オリジナルのタオルが作られています。金魚の「縁起の良さ」にひっかけて縁起の良い伝統模様を取り入れた、縁起の良いタオルをお届けします。
九州のお酒というと焼酎ですね。大分県には酒造りにこだわる蔵元がたくさんあり、焼酎から日本酒まで生産されています。ふるさと納税では、大分県の本格焼酎とタオル・カップをセットにして提供している自治体もあります。
さて、大分県の方言「なしか」という言葉には、世間の一般常識の中にある矛盾を子どもが指摘するような、不思議なパワーがあるそうです。今回ご紹介するセットには、「なしか」を連発する子どもの日常が面白おかしく描かれた本もついていますので、くすっと笑いながらほのぼのとしたひと時を過ごすことができそうです。
見どころの多い観光地九州ですが、福岡県の大刀洗飛行場をご存じでしょうか。これは、大正時代に建設された日本陸軍の飛行場です。戦後、飛行場用地は農地などに転用され、現在は平和記念館にその遺品や資料が展示され、慰霊碑などが残されています。この大刀洗飛行場について記録されたDVD、Tシャツなどと併せて記念タオルが用意されています。歴史好きの方、飛行機好きの方におすすめです。
スポーツファンなら、九州をベースとするスポーツチームグッズは外せませんね。スタジアムのオリジナルタオルはメガホンなど他の応援グッズとセットになっており、ファンにとってはうれしい限り。
九州でもご当地キャラクターはやっぱり人気。キャラクターがプリントされたタオルに、Tシャツやキーホルダーなどがセットになっています。九州に行かなければ手に入れることができないタオルも、寄付のお礼としてもらえるとはうれしいことです。

日頃何気なく使っているタオルですが、お気に入りのタオルやこだわりのタオルはありますか?特にこだわりはないけれど、毎日使うから洗い替えにたくさん欲しいという方も多いのではないでしょうか。
しかし毎日使うタオルだけに日頃何気なく使っており、案外その素材やブランドなどを気にしている方は少ないかもしれません。
たかがタオル、されどタオル、実はタオルといってもその種類はさまざまで、材質や織り方によって肌触りや使い心地がずいぶんと変わってくるものです。満足できる好みの使用感を得るためには、素材選びが基本なのです。
タオルに使用される生地には、パイル地、シャーリング生地、無撚糸など、さまざまな織り方があります。
パイル地はタオルの基本ともいえる一般的な織り方で、ループ状の糸が弾力性と吸水性に富んだ、柔らかな肌触りの生地となっています。
シャーリング生地とは、パイル地のループの毛先をカットしたもので、ビロードのような滑らかな肌触りを特徴とします。吸水力はやや劣り、デザイン性を重視した製品やバスローブによく使われます。
無撚糸地は、ふんわりとした柔らかさが特徴の生地です。通常の生地は繊維をより合わせて作るのですが、無撚糸は繊維をよることなく仕上げるため、真綿にくるまれたような独特の肌触りと温かみを感じます。
この他に、軽くて吸水性の高いガーゼ地もあります。昔ながらの製法で、大変肌あたりが優しく赤ちゃん用の製品にも多く使われる生地です。また、でこぼこと立体的な織り方が特徴のワッフル織地もあり、こちらは表面積が多いため吸水性が高く、かつ乾きやすいという特性があります。四角いマス型の織地の立体感がおしゃれで、タオルだけでなくさまざまな用途に使われています。
材質はコットンが中心になりますが、同じコットンでも多種に及ぶため、素材自体の善し悪しが肌触りや使い心地を左右することも否めません。他にもリネン、マイクロファイバーなどを使ったタオルもあり、それぞれ特徴を持っています。
また、家の中で使うタオルから、スポーツ用のタオル、携帯用のタオルまで、用途と目的に合ったタオル選びも、心地よさを求める上でのポイントです。
さて、「モノづくり日本」という言葉があるように、日本の産業技術の高さは世界的に定評があります。タオル作りについてもしかり。
高い織機技術をもとに、日本らしいさまざまな工夫やアイデア、よりよい製品を目指した研究の結果生まれた高品質のタオルは、世界でも注目されているそうです。
愛媛県今治市は、タオル生産120年の歴史を誇ります。地域で生産されたタオルのうち、独自の品質基準検査をパスしたものだけが「今治タオル」ブランドとして認められるそうです。その柔らかさと吸水性の高さは別格で、高品質タオルの代名詞ともなっており、ニューヨークホームテキスタイルショーでは、今治のタオルメーカーが連続でグランプリを受賞しています。
歴史の長い今治タオルですが、実は、日本でのタオル発祥の地は大阪府の泉州地方といわれています。
泉州でのタオル生産は、130年以上前に始まりました。明治20年、日本タオル産業の創始者と呼ばれる里井圓治郎が、さまざまな苦労と研究の結果、独自の製法によるタオル作りに成功したのが始まりだそうです。
泉州タオルの特徴は、吸水性が高く、清潔で、柔らかな肌触り。現在でも伝統の製法を守り続け、変わらぬ質の高いタオルの生産が行われています。
このように、日本のタオル産業には歴史もあり、さまざまな研究の結果、誰もが心地よいと感じる高品質のタオルがたくさん生産されています。また、一口にタオルと言っても、フェイスタオルからバスタオル、携帯用ミニタオルやスポーツ観戦用のタオルマフラーまで多種多様。用途に合わせたさまざまなサイズやスタイルのものが作られていることは、日本の一つの文化ともなっており、日本のモノづくり精神を感じさせるものです。
ところで、タオルというと、贈答品でもらうことも多いのではないでしょうか。タオルは、毎日使うもので何枚あっても困ることはなく、どこの家でも使ってもらえるだろうということから、お歳暮、年始の挨拶、粗品などとしても、よく利用されるものの一つとなっています。印刷や刺しゅうなどによりデザインを施すことも比較的容易なので、記念品など工夫次第で広く利用できる便利なものでもあります。
日常使いに、贈答品に、幅広い用途に使えるタオル。時には自分へのご褒美として、こだわりのタオルで贅沢な気分を味わうのもいいのではないでしょうか。
ふるさと納税を通して、今まで欲しかったタオル、憧れのタオルをぜひ手に入れてみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ