認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 文房具特集

文房具特集

おしゃれで使いやすい文房具をお探しではありませんか?かつては文房具といえばペンやノートなど紙に文字を書くための道具を指す言葉でした。しかし、現在では付箋やマスキングテープなど次々と新たな製品が登場し、日々その裾野は広がり続けています。ここでは各地から、そんな魅力あふれる文房具のお礼品をご紹介します。

東北地方

総面積の約70%を森林が占める東北地方は林業がさかんな地域で、日本三大美林と称せられる秋田スギや青森ヒバなど良質な木材の生産地として全国的に知られています。古くから和紙の製造も行われ、こうぞ(楮)を主原料として作られる陸奥紙(みちのくがみ)は、都で作られる紙と遜色ないほどの品質であったことから清少納言や紫式部をはじめとする多くの文化人に使用されていました。陸奥紙はふくよかな厚みと美しい光沢をもっているのが特徴で、懐紙などとしても使われていたと伝えられます。

関東地方

関東地方の文房具では、東京都の伝統工芸品にも認定されている「江戸筆」が有名です。江戸筆とは、元々は江戸周辺で作られていた筆のことですが、参勤交代にともなって全国からさまざまな職人が集まり、長年にわたって技術の交流や継承が行われたことから独自の特徴を持つようになりました。江戸筆には「練りまぜ法」という独自の技術が用いられており、毛をふのりで固めた「固筆(かためふで)」に対して全体が散毛状態の「捌筆(さばきふで)」に分類されます。捌筆は全体に墨を含ませて使用するため、終筆がかすれないのが特徴です。

中部地方

中部地方の文房具には日本三大筆の一つに数えられる「豊橋筆」があります。豊橋筆には江戸筆と同じく「練り混ぜ」という手法が使われており、墨を吸いやすく、長時間墨が筆の中に留まるという独自の性質を持っています。そのことから豊橋筆は現在でも多くの書道家が使う筆として知られています。

中国地方

総面積の約70%を森林が占める中国地方は、東北地方と同じく古くから和紙の製造が盛んな地域です。中国地方の和紙には「備中和紙」「津山箔合紙」「石州和紙」「因州和紙」など数多くの地域ブランドがあります。

四国地方

四国地方の文房具としては「土佐硯(すずり)」が全国的に知られています。土佐硯は約500年前、応仁の乱を避けて土佐に下った、時の関白 一条教房(いちじょうのりふさ)がその地で良質の硯石を見つけ愛用したと伝えられています。その後、土佐硯は長らく歴史の表舞台から姿を消し、幻の硯とまで言われてきましたが、昭和41年に良質の原石が再発見され、それ以降、県や地元などの取り組みによって四国地方の名産品として定着するようになりました。
土佐硯と並んで有名なのが愛媛県の大洲和紙(おおずわし)です。大洲和紙は江戸時代中期ごろから作られている、こうぞやみつまた(三椏)を原料とする和紙で、薄く漉(す)きむらが少ないという特徴を持っていることから、現在でも書道用紙として広く利用されています。

九州地方

九州地方は屋久島をはじめとして豊かな自然環境に恵まれた地域です。豊かな自然を生かした林業も昔から盛んに行われており、宮崎県は杉の生産量日本一を誇ります。和紙の地域ブランドについても八女手漉和紙(やめてすきわし)、宮地手漉和紙、宮崎手漉和紙、蒲生(かもう)和紙、鶴田和紙、備前名尾和紙など数多くあり、これらの和紙の手作り体験を九州地方の各地ですることができます。

日本各地の素晴らしい魅力を備えた文房具のお礼品が多数そろっています。地域の素材や技術を生かして作られる文房具は機能性が優れているだけでなく、見た目の美しさも兼ね備えています。ぜひとも、長く愛用できる文房具をふるさと納税を通じて見つけてくださいね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ