認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 塩特集

塩特集

日本料理にはもちろん、洋食や中華にも、料理において塩やだしは重要です。普段から口にしている塩やだしですが、産地によって製法が異なり、味わいも変わってくるといわれています。 ふるさと納税のお礼品として塩やだしを用意している自治体もありますので、地域に根付いた伝統的な製法の味比べをしてみてはいかがでしょうか?

北海道

北海道では、塩は現地で生産するのではなく、他の地域から移入して、海産物の加工に利用するものでした。一方で、北海道では豊富に採れる海産物を使っただしが多数存在します。
北海道の南部で採れる真昆布は、肉厚で甘みが強く、上品で澄んだだしがとれることで定評があります。真昆布と根昆布の旨みを引き出した「真昆布だし」や「根昆布だし」は、おでんや鍋物にはもちろん、野菜の浅漬けやドレッシングとして使っても美味しくお召し上がりいただけます。
十勝地方にある広尾町産の昆布は、日高昆布に分類されます。だしとしてはもちろん、そのまま食べても美味しいと人気の昆布です。
道東部の標津川を遡った鮭を使用し、伝統製法「手火山(てびやま)造り」で作った「鮭節」は、香りも豊かでいろんな料理に合う調味料です。この「手火山造り」では鰹節も作られており、伝統製法で作った鰹節と鮭節を合わせた「だしパック」もあります。

東北地方

岩手県には、三陸の海水から作った「宮古の塩」があります。自然豊かな本州最東端重茂半島沖で汲み上げた海水を使用し、平釜でじっくりと結晶化させた塩です。「宮古の塩」にはあら粒とこま粒の2種類があります。あら粒は溶けていく時にまろやかさが広がり、こま粒はパウダー状でやわらかい塩とそれぞれ特徴があります。
山形県では、海藻の「ホンダワラ」を用いて作った藻塩を用意しています。海藻を海水に浸しては乾燥させるという作業を繰り返してかん水を作り、最後に煮詰めて塩を結晶化させます。海藻から抽出される成分が含まれるため、色はベージュで、甘みや苦味、旨みが凝縮された深い味わいとなっています。

関東地方

千葉県の房州節は、南房総で江戸時代から伝わる製法「手火山式」で燻されます。江戸城下では「房熊節」と呼ばれていました。やわらかな香りと濃厚な旨みや甘みが特徴な和風だしである房州節は、味噌汁や煮物などの普段使いはもちろん、少し趣向を凝らした料理に使っても、ワンランク上の和食に変えてくれるでしょう。
同じ千葉県には勝浦漁港で水揚げされた近海一本釣り鰹を伝統の製法で作り上げた「勝ぶし」もあります。こちらは千葉県ブランド水産物にも認定されている鰹節です。

中部地方

福井県には、越前海岸から汲み上げた海水を天日と風の力で濃縮し、釜で煮詰めて作った純国産の自然海塩があります。家庭用から業務用まで幅広く使えるベーシックなものと、卓上用の小瓶に入ったもの、さらにはおにぎりの為だけに作られた塩もあります。
新潟県には、出雲崎勝見沖の海水を汲み上げて炊き上げた「ダイヤモンド海塩」があります。じっくりと時間をかけて炊き上げるので、塩の結晶が比較的大きく、旨みが多いので、料理にはもちろん、漬物などにもおすすめです。
静岡県には、「わさび塩」のご用意があります。主に静岡県産の本わさびを使用しており、素材の味を生か、わさびの風味をしっかりと味わえる調味料となっています。
石川県からは万能調味料と名高い「塩こうじ」をお届けします。こうじの原料である米には、石川県羽咋(はくい)市の「神子原米(みこはらまい)」を、水には能登海洋深層水を使用しました。

近畿地方

京都府からは、ワイナリーが作った珍しい塩「ワイン塩」をお届けします。天橋立の赤ワインと地元の海塩をブレンドした赤ワインの塩です。ワイン塩はステーキやミートローフ、フライドチキンなどの肉料理はもちろん、生野菜のサラダなど素材の味を生かしたい料理にもおすすめです。
兵庫県では「赤穂(あこう)あらなみ天日塩」をご用意しています。赤穂あらなみ天日塩は、太陽光と風で結晶化させた天日塩に、赤穂産のにがりを加えた塩です。まろやかな味が特徴で、さまざまな料理に美味しくお使いいただけます。

四国地方

高知県では、太陽と風の力だけを使って結晶化させた「土佐の塩丸」の天日海塩をご用意しています。やや細かい粒で用途を選ばない万能タイプの青丸と、粗めの粒で振り塩におすすめの塩丸があります。また、高知県黒潮町の海水を山の中腹に運び、手もみで旨みを閉じ込め、天日と風で結晶化させた「いごてつの天日塩」もあります。
愛媛県には「伯方(はかた)の塩」があります。伯方の塩は現在でもメキシコやオーストラリアの天日塩田塩を日本の海水に溶かしてかん水を作り、綺麗な塩水を原料にした塩を作っています。
香川県直島の特産品で、瀬戸内海の海水と太陽から生まれた完全天日塩「SOLASHIO」は、直島の天日のみを利用して作られた天然塩です。古くから塩を作ってきた伝統技術と、現代の知識を駆使して作られた塩は、甘みと味の深みを感じることができます。

九州地方

佐賀県からは、「伊都の塩」をご用意しています。長崎県五島灘の海水と九州産南高梅の梅肉からつくった「梅塩」、福岡県糸島沖に自生する海藻のあかもくを加えて焚きあげて作ったまろやかな「藻塩」、にがりの量を調節して作った「極味塩」などがあります。
沖縄県は塩の名産地です。沖縄県の塩は、マグネシウムやカルシウムが海に溶けた影響で比較的塩辛さがなく、まろやかで甘みがあり旨みが強いことが特徴です。お礼品として、宮城島で作られた「ぬちまーす」と「北谷の塩」が用意されています。ぬちまーすは、世界唯一の特許製法である「常温瞬間空中結晶製塩法」を用い、海のバランスをそのまま結晶にした塩です。塩分の比率が低く、代わりに海洋成分が豊富で、雪のように細かいパウダー状の性質が特徴です。「北谷の塩」は、独自の低温製法によって美味しさと塩辛さのバランスが取れたまろやかな味を引き出しています。沖縄県の海水100%の塩で、この塩を使ったお菓子も多く、沖縄県の土産品として有名になっています。

塩やだしは、料理に欠かすことができません。地域によって好まれるものも変わってきます。
輸送手段やインターネット通販が普及した今、全国各地から塩やだしを容易に取り寄せることができるようになりました。それでも全国には流通していないものもまだまだたくさんあります。
ふるさと納税を利用し、その地域特有の気候や伝統手法から生まれた塩やだしを、ぜひ味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ